おしりの黒ずみ解消。 ピーリングでおしりの黒ずみは解消できる?種類と成分から解説

おしりの黒ずみの原因と対処方法|黒ずみバイバイ

おしりの黒ずみ解消

Contents• おしりの黒ずみの原因 普段の生活の中には、おしりの黒ずみを作ってしまう原因がたくさんあります。 まずは原因を探ることで、しっかりとした対策がおこなえますよ。 メラニンや摩擦による色素沈着によるもの おしりの黒ずみでもっとも多い原因が メラニンによる色素沈着です。 摩擦など肌が刺激を受けると、黒い色素であるメラニンを分泌させ肌を守ります。 通常、肌はターンオーバーと呼ばれる肌再生によって、肌内部に発生してしまう黒い色素のメラニンが少しずつ肌の表面へ押し上げられて排出されます。 しかし、ターンオーバーが乱れると古い角質は剥がれ落ちにくくなり、メラニン色素は肌内部に残った状態が続くため黒ずみとしていつまでも残ってしまうのです。 乾燥や摩擦による過角化によるもの おしりが部分的に黒ずみが目立つ場合、 過角化が原因の可能性が高いです。 過角化とは 皮膚の表面にある角質が分厚くなる現象です。 肌が乾燥したり摩擦により刺激を受けてしまうことで、バリア機能が低下します。 外部刺激を受けないために角質を厚くして肌を守ります。 過角化したおしりは黒ずみが目立ちやすいため、白い肌を取り戻すために入浴時にゴシゴシとナイロン製タオルなどを使って洗ってしまってませんか? しかし、これは肌へ余計な刺激を加えてしまうため、ターンオーバーが乱れて黒ずみがさらに深刻化します。 かぶれや炎症によるもの 女性のおしりはとてもデリケートな肌質なため、• 生理用ナプキンによる刺激やムレ• ムダ毛処理• 過角化により毛穴が閉じた などが関係し、かぶれや炎症を引き起こしやすくなります。 肌のかゆみを抑えるために、爪を立ててしまうこともあるでしょう。 しかしこれは、炎症などを悪化させ色素沈着になる原因でもあるので、 むやみに肌へ刺激を与えるのは危険です。 ホルモンバランスによるもの 生理前や妊娠中におしりの黒ずみは強くなりやすいのですが、この原因は ホルモンバランスの乱れです。 ホルモンバランスが乱れると新陳代謝が正常におこなわれず、ターンオーバーが乱れてしまいます。 ホルモンバランスが整えばおしりの黒ずみも緩和されますが、 妊娠中や産後などはしばらく不安定な状態が続くため、どうしても黒ずみは目立ってしまいます。 睡眠不足など生活習慣の乱れ 眠っている間に成長ホルモンは一番多く分泌されるため、 睡眠不足が続いてしまうとターンオーバーを乱してしまいます。 睡眠時間が短いだけではなく、浅い眠りが続く場合もしっかりと体が休まれていないため、おしりの黒ずみは目立ってしまいます。 忙しくて1日3度の食事をしていない• ダイエットなどで栄養バランスの乱れたメニューが続いている こういった状況も、おしりの黒ずみの原因になります。 たんぱく質やビタミン類などの栄養には、ターンオーバーを正常に機能させる効果があるため、乱れた食生活が続くとおしりの肌にも影響を与えてしまいます。 間違ったお手入れをしている 「おしりのお手入れ?」と思われる方が多いと思いますが、おしりの皮膚はとても繊細なため、手抜きの肌ケアは黒ずみを作ってしまう原因のひとつです。 入浴時に泡をしっかり落としきれていないと、毛穴トラブルを引き起こして炎症により色素沈着を起こします。 また、おしりの黒ずみを改善するために美白成分配合の化粧品で肌ケアをする方も多いでしょう。 しかし、おしりの皮膚にとって刺激が強すぎたり、保湿が不十分な状態でケアしてしまうと、おしりは刺激を受けてしまい黒ずみを強めてしまうので注意が必要です。 自分でできるおしりの黒ずみ対策 おしりの黒ずみは、できれば自分で対策したいですよね。 誰かに見られる前にキレイなおしりを整えられるケア方法で、いつ見られてもいいように整えておきましょう。 下着の素材やサイズに気をつける 下着のサイズはおしりの大きさに合わせて決めるのが一般的ですが、小尻に見せるために通常より小さめのショーツを履いて過ごす人は要注意です! おしりに合わないサイズを履き続けると、肌が圧迫されて血の巡りやリンパの流れが悪くなってしまいます。 おしりに酸素や栄養が行き渡りづらくなり、老廃物が溜まって炎症を引き起こしやすくなるので、圧着するような下着選びには気をつけましょう。 おしり部分は露出度が低く湿気が溜まりやすいので、下着の素材は通気性の良いコットン100%がおすすめです。 総じて通気性の良い素材は皮膚にもやさしいため、刺激による肌トラブルも守ってくれます。 長時間のおしりの圧迫は避ける 一日中座りっぱなしの生活は、おしりを圧迫してしまうことから、黒ずみを作る原因になりかねません。 血行不良やメラニン色素の過剰分泌により、黒ずみが目立ちやすくなるのです。 仕事や学校などで、座り続けなくてはいけない状況もあるでしょう。 それでもできるだけ、2時間おきに立ち上がって休憩を取るようにして下さい。 また、お尻部分に穴の開いたドーナツ型のクッションを使用するなどして、おしりへ刺激を与えないように工夫してあげましょう。 保湿・補水をしっかり おしりの皮膚はモチモチしているため、保湿も補水も必要なく思いますが、顔などと同じ構造なので水分ケアはとても大切です。 特におしりの皮膚が分厚い過角化や、乾燥している場合は保湿ケアをしっかりしてあげましょう。 厚くなってしまった皮膚を柔らかくすることで古い角質層は剥がれ落ちやすくなり、少しずつですが黒ずみが改善されます。 乾燥しやすい秋や冬の保湿ケアは、特に徹底しましょう。 常に清潔を保つ 清潔に保つといっても、おしりをゴシゴシとナイロン製タオルで洗ったり、1日に何回も入浴するなどはいけません。 おしりは普段は下着で隠されているため、外部刺激に弱く、洗いすぎやケアしすぎは逆効果を与えてしまいます。 黒ずみを作らせないためにも、泡でおしりを優しく洗うことを意識して、石けんやボディソープなどのすすぎ残りがないようにしっかりと洗い流しましょう。 規則正しい生活習慣で過ごす 体がしっかり休まるように眠るために、就寝前にパソコンやスマホなどを見て目に刺激を与えないようにしましょう。 朝起きて疲れが取れていないときは、眠りが浅い可能性があります。 前の日の疲れが残らないように、睡眠前の行動を改善することもおしりの黒ずみを改善させるポイントです。 また、肌のターンオーバー機能を正常化させるためにも、 栄養バランスに優れた食生活をするように心がけましょう。 おすすめは和食を中心としたメニューで、外食などで和食がない場合はサラダや味噌汁などが付いた定食を選ぶようにしましょう。 セルフ脱毛はしない おしりに生える毛によって、黒ずみを目立たせてしまう場合もあります。 自分一人でもカミソリなどを使っておしりの脱毛ができますが、大変危険ですので止めましょう。 カミソリは肌の表皮を毛と一緒に削ってしまうため、脱毛後の肌は外部刺激から守ろうとメラニン色素の過剰分泌を引き起こします。 おしりの皮膚へ負担のかからない脱毛や保湿ケアをしっかりせずにいると、黒ずみは解消されません。 炎症やかぶれの原因にもなるため、セルフ脱毛は絶対に止めるようにしましょう。 皮膚科でおこなうおしりの黒ずみ対策 おしりの黒ずみが目立つことがコンプレックスに感じるのなら、皮膚科でしっかりとしたケア対策をしていくことが理想的です。 皮膚科ではどんな黒ずみ治療をおこなっているのか、特徴などについて確認していきましょう。 ケミカルピーリング ケミカルピーリングは、皮膚に酸性の薬品を塗布し、 分厚くなってしまった角質層などを柔らかくし、新陳代謝の働きを活性化させて黒ずみを解消します。 自宅でもピーリング石鹸などを使えば黒ずみ対策をおこなえますが、皮膚科で取り扱っている薬剤は、7回ほどの治療で効果が実感できます。 皮膚が弱い人は薬剤によりかゆみや炎症などを引き起こしてしまうケースがありますが、使用前に必ずパッチテストなどをおこなって検査をしますので安心です。 レーザー治療 特殊な熱エネルギーを黒い色素であるメラニンへ働きかけることによって、黒ずみを解消していきます。 数回ほど メラニン色素へレーザー治療をすることで、角質層に残ったメラニン色素が減少します。 早ければ1カ月ほどで効果が実感できます。 レーザー治療は出力が高く、メラニン色素だけに集中して熱エネルギーを加えるため、少し痛みを感じてしまう人がいます。 場合によっては局部麻酔などを使用しますので、痛みが怖い時や感じる時はスタッフへ伝えましょう。 外用薬 黒ずみの原因であるメラニン色素を作らせない ハイドロキノンや、肌のターンオーバー力を高める ビタミンA誘導体(トレチノイン)などの塗り薬があります。 ただし、ハイドロキノンは紫外線などを吸収しやすいため、塗布した状態で肌を露出してしまうと黒ずみを強めてしまう可能性があります。 家庭用の美白成分としても使用されていますが、皮膚科で処方される薬剤は濃度が高いため、黒ずみを悪化させないためにも用量などの使用方法は医師の指示に従ってください。 内服薬 肌のターンオーバー周期が遅いなど、おしりの黒ずみが解消されない場合は、体内から改善できるように内服薬が処方されます。 主に処方される内服薬の成分がこちらです。 ビタミンA• ビタミンC誘導体• ビタミンE• ビタミンH(ビオチン)• トラネキサム酸など アミノ酸の一種である トラネキサム酸は、肝斑治療にも使われる美白成分です。 トラネキサム酸は 黒ずみが発生する原因である物質のプロスタグランジンやエンドセリンなどの働きを抑えたり、できてしまった黒ずみを解消する効果があります。 まとめ おしりに黒ずみができる原因はたくさんありますが、日常生活に少し気を配るだけで改善できるものが多いです。 体の内側と外側のダブルケアなら早期解消されるので、まずは今できることからスタートしてみませんか?.

次の

【医師監修】お尻の黒ずみの原因と皮膚科での治療方法

おしりの黒ずみ解消

消毒 を目的とした、クロルヘキシジングルコン酸塩液です。 一時的には、綺麗になる場合もあるので有名になったのだと思いますが、継続して使うなら、ニベアを使うことをオススメします。 お尻の黒ずみをとるにはやっぱり皮膚科に行くと早く治る? お尻はなかなか自分では、ケアしにくい場所でもありますよね。 一生懸命ケアしていても、手が届いてなかったりで思うようにできない事もあると思います。 そこで皮膚科に通って治すという方法があります。 他人におしりの黒ずみを見せるのは恥ずかしいかもしれませんが、相手はプロの方なので、きちんと自分にあった方法で、自宅ケアよりも早く処置してくれるので安心できます。 皮膚科では主な治療方法が2つあります。 レーザー治療で黒ずみをとる方法 まず一つ目はレーザー治療で黒ずみを取る方法です。 おしりに光治療レーザーを当てて、メラニン色素を破壊するという方法です。 1回5万円程度で治療が受けられます。 また、レーザー治療は肌の弱い人だと、炎症してしまうこともあるので、一度相談してみることが大切です。 ケミカルピーリングで治す方法 二つ目は、ケミカルピーリングといって、病院で処方される薬を使用して徐々に治していくものです。 塗り薬と内服薬の二種類があり、自分の黒ずみ方や原因によって外側からケアするのか、内側からケアするのか決めてもらいます。 また、病院で処方してもらえる薬は個人輸入しないように気をつけましょう。 なくなったらきちんと皮膚科で、処方してもらってください。 妊婦さんは治療を受けられないことがほとんどなので、産後落ち着いてから受診するようにしてくださいね。 黒ずんだお尻を解消するクリームの効果は? 黒ずみは、メラニン色素があることで発生するものです。 そのため、メラニン色素を抑える美白成分の入っているクリームが有効だと言えます。 そして、お尻は古く乾燥した角質が残りやすい場所になっています。 なので、分厚くて固い角質層が、保湿の邪魔をしていることから、お尻専用のクリームを使用することをオススメします。 お尻の黒ずみ解消クリームの効果とは? お尻専用のケアクリームは、• 黒ずみ• ニキビ• たるみ のケア専用クリームです。 プチノンの美容成分をしっかり浸透させて内側からも乾燥やたるみに働きかけて肌の柔らかさを取り戻してくれます。 しっかり保湿をして美容成分を送り続けることで、ふっくらした肌へと導いてくれるのです。 定期コースは30日の返金保証付きです。 お尻の黒ずみの原因ってどんなこと? お尻は、下着や洋服の摩擦などですぐに黒ずんでしまう部分でもあります。 摩擦や圧迫が原因に! 肌は刺激をうけるとメラニンを生成してしまうので、摩擦だけでなく、座った時の圧迫などでも色素沈着してしまうのです。 お風呂などでゴシゴシとおしりを洗ったり、きつい下着をつけて強く刺激してしまうと、シミが深くまでできてしまい、治すのに時間がかかるとも言われているのです。 下着の素材を変えて対策! 座る時間を短くすることは、お仕事上、難しい方もいると思いますので、まずは肌に優しい素材の下着や洋服に変えてみてください。 天然素材のものを選び、なるべく摩擦や刺激を避けることが大切です。 保湿して乾燥するのを防ぐ対策! そして保湿をきちんと行っていないと、どんどん黒ずみが進行していってしまいます。 乾燥や刺激を受けた肌は、それらから肌を守ろうとして、ターンオーバーを早めてしまいます。 それによって角質が分厚くなってしまい、おしり全体がゴワゴワしたり、黒ずみがひどくなったりします。 なので日頃からきちんと保湿をして、乾燥を予防する必要があるのです。 保湿をする際も、お肌を傷めないように、優しくケアしてあげることが大切になります。 妊娠や出産が原因の場合は? 後は妊娠や出産など、ホルモンバランスによるものが原因で、お尻が黒ずんでしまうこともあるようです。 妊娠や出産が原因の場合は、出産後体が落ち着き、ホルモンバランスが元に戻ってくるので自然に治ることが多いと言われています。 お尻の黒ずみを解消する正しいケア方法とは? おしりの黒ずみは、ほかの部位に比べて角栓が固く、取りにくいとされています。 そのため日頃から日常生活の中で意識をしながら生活をしたり、ケアをすることで良くなっていきますので、焦らずに丁寧に解消させていきましょう。 どうしてもこの日に黒ずみを隠したい!など急用な場合は、• ファンデーション• コンシーラー で隠してしまうことをオススメします。 ですが、これは正しいケア方法ではありませんので、最後はしっかり汚れを落としてケアすることが大切です。 お風呂でのケアとお風呂上りのケア方法! では、正しいケアの方法をご紹介します。 黒ずみ解消にはとにかく保湿が大切なのです。 ですのでお風呂でのケアとお風呂上りのケアを毎日怠らないようにすることで、徐々に解消されていきます。 お風呂での洗い方 まずお風呂で体を洗う際は、ゴシゴシ擦るのではなくて、よく泡立てた泡で、優しくマッサージするように洗います。 そして、シャワーの温度にも気をつける必要があり、熱すぎず冷たすぎずのぬるま湯で洗い流しましょう。 洗い残しがあるとそこから汚れの原因になってしまうので、洗い残しのないようにしっかりとすすぎます。 お風呂上りのケア方法 そしてお風呂上りは化粧水やおしりのケアクリームをつかって、すぐに保湿し、天然素材の下着を付けましょう。 このケアを毎日続けることによって、だんだんと綺麗なおしりになってきます。 是非試してみてください。 お尻の黒ずみをとるにはレーザー治療が有効? 肌の負担を考え、ダメージを最小限に抑えるならレーザー治療がオススメです。 レーザー治療は、黒ずみの原因である色素に照射し、破壊していったり古い角質を剥がしとる方法なので• 即効性がある!• 最速にできる! という方法で黒ずみケアを短期間でおこない悩みを解消することができます。 アフターケアまで行ってくれるので、自分では何もしなくても良いのも嬉しいポイントです。 保険の適用外なのでデメリットは費用面! ただ、おしりの場合は、一度では完全に綺麗にはできないので、5回ほどレーザー治療を受けることが多いようです。 そして黒ずみは、病気ではありませんので保険適用外になります。 レーザー治療は1回3万円程度必要なので、総額15万円程度かかる事を頭に入れておいてください。 黒ずみのレーザー治療は自由診療なので、値段はあくまでも目安です。 もう少し差がある皮膚科もあるので、一度カウンセリングなどを受けてから、治療することをオススメします。 このように、レーザー治療には即効性があり、有効なことはお分かり頂けたでしょうか。 デメリットも含め検討してみてください。 自分のおしりがなぜ黒ずんでいるのか原因を突き止めそれに合ったケアをしていくことで、改善されていきます。 後は、口コミが充実しているものを選ぶようにしたり、続けられる値段であることも大切ですね。 継続して使用できるものを選ぶのがポイント! おしりの角栓は固く皮膚もゴワゴワしています。 そのためお尻の黒ずみは、ほかの部分に比べると治りにくいと言われています。 最低でも1、2本は使い切ってしまうと思うので、無くなったら続けて買える値段のものを選びましょう。 お尻の黒ずみが綺麗になってきても、予防として使う方も増えてきています。 なので継続できるものをきちんと選ぶ必要があります。 また、市販薬にプラスしてお風呂や、お風呂を出た後にもしっかりケアをしてあげると、より効果が期待できます。 市販薬を塗るタイミングも大切で、オススメのタイミングとしては、入浴後すぐに塗ることです。 お風呂で開いた毛穴から汚れを落とすように優しく洗い、お風呂から出てすぐに化粧水や市販薬で引き締めます。 そうすることでだんだんと黒ずみが改善されてきますので、是非試してみてください。 あまりお金をかけずお尻の黒ずみを治す方法! あまりお金をかけずに黒ずみの効果を実感したい方は、美白化粧品を使って、治していく方法をオススメします。 美白化粧品だったら、どれでもいいという訳ではなくて、おしりの黒ずみに適したものや、症状に特化したものを選んでケアするということです。 それをきちんと見極めることができれば、一発で効果のある化粧水に出会うことができるので、コストもかかりませんよね。 それでは、美白化粧水を選ぶポイントをご紹介します。 美白成分には、大きくわけて、• メラニンを薄くする成分• メラニンの生成を抑制する成分 の二つに分けられます。 この二つの成分は、どちらかが欠けると一気に黒ずみへの効果が下がってしまうため、バランス良く保つことが必要なのです。 いくらメラニンを薄くしても、メラニンが次々と発生し続けている状態では良くなりませんよね。 その逆ももちろんあります。 よって、化粧水を選ぶ際にはこの二つの美白成分が、バランス良く含まれているものを選びましょう。 そもそもきちんと、お肌に浸透しないと効果がありません。 おしりは特に、皮膚が分厚いので化粧水などが浸透しにくい部位となっているのです。 成分がナノ化されているものを選ぶことによって、肌内部にまで化粧水が届きやすくなり、その分効果も早く出てくると言われています。 セラミドは保湿成分ですが、これは新たに黒ずみを作らないためにも必要な成分です。 ケアしているのにどんどん新しい黒ずみが出てきたら意味がありません。 なので予防もしっかりしつつ、ケアしていくことで新しい黒ずみを発生させずに、きちんとケアすることができるのです。 まとめ いかがでしたか? おしりは特にケアしにくい部分ではあります。 皮膚が分厚く、固いのでなかなかほかの部位よりも、効果を実感できるのが遅いと思いますが、しっかり毎日正しいケアを行うことで、必ず綺麗になります。 決して諦めたりせずに、自分に合ったケア方法を見つけて、実践していってください。

次の

これが、肌の黒ずみ解消法です

おしりの黒ずみ解消

股が黒ずんでしまう原因とは 黒ずみというのは、肌にメラニン色素が沈着することで起こります。 メラニン色素と言えば、紫外線によるダメージで生成されるものというイメージがありますね。 しかし、肌にダメージを与えるのは紫外線だけではないのです。 摩擦が起こったり、蒸れて雑菌が繁殖したりすることでも生成されますし、何もケアをしなければ色素沈着が起こります。 そこで、股にメラニン色素が沈着してしまう原因をご紹介するので、自分に当てはまることがあれば改善していきましょう。 ホルモンバランスの乱れ 女性の体をコントロールしている女性ホルモンは、肌にも大きく関係しています。 例えば、エストロゲンは肌のうるおいを保つ働きがあり、プロゲステロンは皮脂の分泌を促す働きをしています。 これらのバランスが整っていることで、肌は新陳代謝を繰り返して健康な状態を保っています。 その代わり、ホルモンバランスが乱れると、新陳代謝が滞ってしまい色素沈着を引き起こします。 また、妊娠や出産によって乳首が黒ずむことから分かるように、女性ホルモンのバランスが崩れると肌の黒ずみが起こりやすくなります。 出産にまつわるバランスの乱れであれば肌の黒ずみも自然に改善されますが、生活習慣などで乱れている場合は色素沈着の状態が続きます。 ホルモンバランスが乱れる生活習慣とは? ホルモンバランスというのは、ちょっとしたことで影響を受けて分泌量のバランスが崩れます。 具体的に言うと、睡眠不足や運動不足、ストレス、栄養の偏った食生活がホルモンの分泌バランスを崩す原因になります。 中でもストレスは、女性ホルモンの分泌に一番影響を与えます。 ストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れるのですが、自律神経とホルモンの分泌の指令を出す視床下部は隣同士にあります。 そのため、ストレスで自律神経が乱れると、ホルモンの適切な分泌が行われなくなるのです。 スキニー系パンツをいつも履いている 最近は、ゆったりしたワイドパンツやロングスカートが人気ですが、普段はスキニー系パンツを履いていると言う方も多いでしょう。 体にフィットするスキニーパンツは、着やせ効果もありますし、動きやすいので普段使いにはぴったりですね。 ですが、フィット感が強いので股に対しての圧力が強いのです。 股の部分に遊びがないので、動くたびに摩擦が起こりますし、座ったりすると圧がかかります。 この状態で何時間も過ごすと、股には慢性的に摩擦が起こるため、その刺激でメラニン色素が大量に作られてしまうのです。 サイズの合わない下着にも要注意 下着がゆるいと履き心地が悪いですが、きつすぎると黒ずみの原因になります。 下着は常に股の部分を締め付けているので、サイズが小さすぎると、それだけで股の部分を圧迫します。 さらに、歩いたり座ったり立ったりというように生活活動をしていれば、強い摩擦を引き起こします。 例えスキニー系のパンツは履かないとしても、下着だけはいつも履いていますから、サイズには気をつけましょう。 もし、サイズが合わない下着を履いているのであれば、もったいないとしても捨ててしまうのが正解です。 デリケートゾーンのムダ毛の自己処理 脱毛サロンなどでは、脇のムダ毛についで人気の脱毛部位となっているデリケートゾーンは、自己処理をしている方も多いでしょう。 今は季節に関係なく、身だしなみとしてデリケートゾーンの処理をするのがスタンダードになっています。 ですが、身だしなみのはずのムダ毛処理のせいで黒ずみが出来てしまうこともあります。 カミソリでの処理はもちろん、毛抜きも皮膚には大きなダメージを与えるので、メラニン色素が大量に生成されます。 さらにデリケートゾーンは他の部位よりもターンオーバーに時間がかかるため、色素沈着しやすいのです。 ムダ毛処理による炎症も黒ずみを引き起こす カミソリでムダ毛を処理すると、皮膚に表面には細かい傷がつきます。 また、毛抜きで抜いた場合も、ムダ毛の太さや抜いた向きによって毛穴周りが裂けてしまいます。 ムダ毛処理をしていなくても、かゆみが起こって掻いたりすると肌が傷つくこともあります。 そこに雑菌が入り込むと、炎症が起こり皮膚組織がダメージを受けてメラニン色素が生成されてしまうのです。 もともと股の部分は蒸れやすく、デリケートゾーンには雑菌が多いので、目に見えない傷でも炎症を起こしやすいため注意が必要です。 股の黒ずみを解消する4つの方法 股が黒ずむ原因を見てみると、どれも自分に当てはまっていると言う方も多いのではないでしょうか。 どれか一つは当てはまることがあるのが一般的なので、黒ずまない方が逆に珍しいとも言えますね。 黒ずんでいない人というのは、黒ずみ対策をしっかりしています。 ですので、ここでは効率よく股の黒ずみが解消できる方法をご紹介していきます。 どれも効果的なので、一つに絞らず、できることにはすべてチャレンジしてみましょう。 ケアに使う美白アイテムは、顔に使っている美白化粧品でも構いません。 ただし、商品によっては美白成分の濃度が高く、刺激が強い可能性があります。 股の部分は常に下着などで摩擦を受けているため、状態によっては肌よりも美白成分の刺激を強く受けてしまいます。 ですので、安全に美白を行うためにはビキニライン専用の美白クリームを使いましょう。 美白クリームの正しい使い方 ビキニライン専用の美白クリームであっても、正しい使い方をしないと黒ずみを解消できません。 正しい使い方のポイントは、決められた量を使うことと毎日必ずケアをすることです。 美白クリームはお値段が高いので、量をケチってしまうと言う方もいます。 しかし、量が不足していると美白成分が十分に行き渡らないので、美白効果がありません。 また、塗ったり塗らなかったりでは、日々の摩擦やダメージから回復できないので、必ず毎日塗るようにしてください。 このままの状態では、美白クリームを使っても美白成分が角質に浸透しません。 そもそも、古い角質が蓄積した状態ではターンオーバーが滞るので、黒ずんだままになってしまいます。 この状態を改善するには、ピーリングで角質ケアをするのが一番です。 ただ、スクラブなどでピーリングをしてしまうと、かえってダメージを与えることになるので、肌に優しいケミカルピーリングにしておきましょう。 肌が柔らかくなるまでは 週に2回程度、ごわつきがなくなったら 10日か2週間に1回ピーリングをすれば、ターンオーバーも正常化していきます。 ターンオーバーに必要なのは、肌のうるおいと新しい肌細胞の生成です。 ですので、食べ物から摂取する栄養素も必要不可欠になります。 ターンオーバーの促進効果が高いのは、ターンオーバーをサポートする ビタミンAや肌の健康を維持する ビタミンB群、抗酸化作用に優れている ビタミンEです。 基本的には、色の濃い野菜や果物を食べていれば、ターンオーバーの働きを助ける栄養素を摂取できるので、食事にたっぷり取り入れましょう。 サプリメントに頼るのもOK 健康で美しい肌を保つには、規則正しく、栄養バランスの整った食事をすることが重要です。 しかし、忙しい毎日の中では、ついコンビニ食や惣菜パンで済ませてしまったり、外食が多くなってしまうこともありますね。 残念ながら、いくら野菜を食べてもレストランやコンビニのサラダでは、十分な栄養が摂れません。 食事でのサポートが難しいという場合は、サプリメントで栄養補給をしましょう。 サプリメントであれば、効率よく必要な栄養を摂取できるので、食事が不規則でも黒ずみ改善を目指せます。 ただし、サプリメントはあくまでも補助食品ですから、できるだけ規則正しい食生活を心がけてください。 どんな肌トラブルであっても、ケアの基本は保湿で、股の黒ずみケアも例外ではありません。 肌が乾燥するとターンオーバーが遅くなるだけではなく、肌が持っている回復力や治癒力も低下します。 また、ダメージに対しても弱くなり、余計にメラニン色素が生成されやすくなります。 そこで重要となってくるのが、股の部分をしっかり保湿することです。 もともと角質が厚めで乾燥しやすい部分ですから、しっかり保湿クリームを塗りこんで乾燥から守りましょう。 ベタつく、使い心地が悪いという場合は、ジェルタイプなどベタつきづらいアイテムで保湿をしてください。 日常生活を見直し股の黒ずみを予防する 股の黒ずみは、基本的に日常生活の中に原因があります。 そのため、日常生活を見直して、原因となっていることを改善する必要があります。 原因をそのままにしておくと、どんなにケアで黒ずみを解消できても再発してしまうので気をつけましょう。 ちょっとしたことでも、気をつけるだけで黒ずみのリバウンドを防げます。 また、まだ黒ずんでいない場合は予防対策にもなるので、黒ずんでいない方にもおすすめです。 デリケートゾーンのムダ毛処理はカットだけにする 水着の季節になれば、デリケートゾーンのムダ毛処理は必須ですね。 しかし、 カミソリでも毛抜きでも黒ずみを引き起こす要因になるので、自己処理の場合はムダ毛を短くカットするだけにしましょう。 もしどうしても綺麗に処理をしたい、という場合は、脱毛サロンやクリニックで脱毛をするのがベストです。 カミソリなどを使って自己処理を続ける限り、黒ずみもずっと続きます。 今黒ずんでいない方も、今後必ず黒ずんでしまいますから、自己処理ならカットだけ、ラインを整えたいなら脱毛をしてください。 ごしごし洗わないこと 股の部分やデリケートゾーンは、ニオイや蒸れが気になるので清潔に保ちたいですね。 ですが、ナイロンのボディタオルなどでごしごし洗うのはNGです。 力を入れて洗うと、それだけで 強いダメージを与えてしまいます。 股の部分は汚れが溜まりやすいですが、洗う強さは関係ありません。 ボディソープをしっかり泡立てて、顔を洗うときと同じように優しく洗うだけで十分に汚れは落とせます。 また、石鹸成分が残るとニオイやかぶれの元になるので、すすぎも丁寧に行いましょう。 締め付ける下着や衣類はできるだけ履かない 下着は履かないわけにはいきませんが、それだけに締め付けの度合いに注意しましょう。 できるだけ締めつけがなく、軽く肌にフィットするぐらいのサイズを選んでください。 もし抵抗がなければ、股の部分を締め付けないボクサーショーツにするのもおすすめです。 また、毎日スキニーパンツなど股を圧迫する衣類を着るのは止めましょう。 スキニーパンツを履いた次の日はスカートにするなど、 慢性的に圧を与えないことがポイントです。 規則正しい生活習慣を身に付ける 食事からは、ターンオーバーや肌の健康に必要な栄養素を摂取できます。 また、睡眠中は 細胞の修復や再生を行う成長ホルモンが分泌されます。 運動をすると、全身の血行が促進されるので、ターンオーバーの促進や栄養を行き渡らせることができます。 このように、生活習慣は体の健康だけではなく肌の健康にも大きく影響しているので、黒ずみを作らないためには規則正しい生活習慣を身に付けましょう。 股の黒ずみを解消する方法まとめ 股は、もともと皮膚が薄くデリケートなので、ちょっとした刺激が黒ずみを引き起こします。 下着や衣類の摩擦を完全に避けることはできませんし、肌と擦れてしまうのもしょうがないことです。 ですが、しょうがないと言ってケアをしなければ、年齢とともに黒ずみはどんどんひどくなってしまいます。 股の部分も、白く美しい状態に整えるのは女性としての身だしなみですから、しっかりケアをしておきたいですね。 黒ずみやすい部分だからこそ、ケアをするとその効果をしっかり実感できます。 生活に取り入れやすいケアであれば続けるのも簡単ですから、自分に合った方法を見つけて黒ずみを解消していきましょう。

次の