膀胱 が ん。 膀胱がん初期症状

膀胱がんの症状とは?初期症状から進行した場合の症状まで

膀胱 が ん

痛みがないにもかかわらず、目で見て判断できる血尿がある場合、の初期症状が疑われます。 さらに進行すると、や尿が出なくなるなどの症状が出ることがあります。 本記事では膀胱がんの症状について、九段坂病院 泌尿器科部長の加藤伸樹先生にお話を伺いました。 無症候性肉眼的血尿とは、痛みなどの病気が疑われる症状がないにもかかわらず、目で見てわかる血尿があるということです。 また、顕微鏡的血尿も膀胱がんの初期症状です。 顕微鏡的血尿は目で見てわからない血尿であるため、健康診断などではじめて明らかになる場合があります。 いずれにしても血尿がみられた場合には膀胱がんを疑い、診断を確定するためにさまざまな検査を受ける必要があります。 (血尿については記事1をご覧ください。 ) 血尿は一回でおさまる場合もある 膀胱がんの症状としてみられる血尿は、一回〜数回でおさまる場合があります。 そのため病院(クリニック)を受診しないまま、膀胱がんの早期診断の機会を逃してしまうことも少なくありません。 そもそも血尿は、血流が豊富である腫瘍表面の血管が破れ、出血することで起こる症状です。 破れた血管は時間が経つとかさぶたのようなもので塞がれ、止血しますが、このかさぶたがどのようなタイミングで剥がれてしまうかはわかりません。 再びかさぶたが剥がれるときには、下に新しい粘膜がつくられていて、しばらくは出血が起きない場合もあります。 このように、血尿は継続してみられるわけではないのです。 膀胱がんが進行するとあらわれる症状 膀胱炎症状 が進行すると、に似たような症状があらわれることがあります。 具体的には、頻繁に尿意を感じる 頻尿や排尿時に痛みをともなう 排尿時痛などです。 貧血などの全身症状 膀胱がんによる出血が続くと、をともなう場合があります。 また、全身のだるさ倦怠感や体重の減少といった全身症状も出てきます。 尿閉 腫瘍の出血によって膀胱内に血液の塊ができ、尿の流れが妨げられると、尿が出なくなります。 これは 尿閉と呼ばれ、膀胱がんが進行した場合の症状のひとつです。 肺症状 膀胱がんが肺に転移すると、息苦しいと感じる 呼吸苦や、痰に血の混じる 血痰といった症状があらわれます。 膀胱がんに痛みの症状が出る場合 尿の流れが妨げられることによる背部の痛み が進行すると、腫瘍によって尿の流れが妨げられることがあります。 それによって尿管や腎盂が拡張する「」を発症することがあり、背中に痛みがあらわれます。 転移による臓器や骨の痛み 膀胱がんが進行して広がると、骨盤部に痛みがあらわれます。 さらに遠隔転移によって、肺や肝臓などの臓器、骨に痛みがあらわれることもあります。 血尿が一度でもみられた場合には検査を受ける は、血尿がみられた際にきちんと検査を受けて早期発見さえできれば、膀胱鏡(膀胱用の内視鏡)による手術で病気を根本から完全に治すことが期待できます。 しかし、一回〜数回で血尿がおさまってしまった方のなかには、病院(クリニック)への受診に至らず、結果的に膀胱がんの発見が遅れてしまうというようなケースもあります。 記事4では、膀胱がんの検査について詳しくお話ししています。 膀胱がんの早期診断・治療のため、一度でも血尿がみられた場合には泌尿器科で検査を受けていただきたいと考えます。

次の

膀胱炎をしっかり治す:働くオンナの保健室:日経Gooday(グッデイ)

膀胱 が ん

腎臓で作られ尿管から運ばれてきた尿を溜めることと排出すること、これだけです。 腎臓の章で簡単に触れたように、膀胱は平滑筋という筋肉でできた風船のような袋状の臓器です。 尿が溜まってくると、膀胱の平滑筋が緩んで、どんどん膨らんでいきます。 相当膨らんでも膀胱の内圧は上がらないようにできています。 膀胱に尿が溜まったという刺激は末梢神経から脊髄、脊髄から大脳に伝わります。 膀胱には尿が溜まっているけれども、脳がまだ出さないでという指令を出し続けることにより、膀胱はどんどん膨らんでいきます。 すると「じゃあ、出しましょう」という命令が脳から下り、今度は膀胱が収縮して、尿を体外に排出することになります。 このような「尿を溜めて出す」という膀胱の重要な役割は、脳、脊髄、末梢神経からなる自律神経の支配によってコントロールされています。 このコントロール機能は後述する膀胱の異常と深い関係があります。 排尿障害の症状には、「尿を出す」ことに関わる症状と「尿を溜める」ことに関わる症状があります。 「尿を出す」異常に関わる症状は、「おしっこが出にくい」、「勢いがない」、「途中で途切れる」、「力まないと出ない」、「出るまでに時間がかかる」、「出始めてから終わるまでに時間がかかる」というものです。 昼間のおしっこが近い、あるいは、おしっこのために夜間に何回も起きる(夜間頻尿)といった症状です。 また、急におしっこがしたくなって漏れそうな感じがする「尿意切迫感」も尿を溜める異常による症状です。 さらに、おしっこが漏れてしまう「尿失禁」といった症状もあります。 血尿には目で見える肉眼的血尿と、目では見えないが検査で分かる尿潜血があります。 また、正常な尿は黄色で透明ですが、尿路感染などでは濁ります(尿混濁)が、これも重要な所見です。 このほか、膀胱に尿が溜まったときに痛みを感じることもあります。 痛みを感じる部位は、尿道の出口、尿道の奥、下腹部、会陰部などさまざまですが、痛みの状態や部位は病気の診断に役に立つこともあります。 間質性膀胱炎という、膀胱の特殊な炎症疾患では、排尿に関わる痛みが、尿道、下腹部、会陰部、膣、腰など多岐にわたり、骨盤痛症候群と呼ばれるようなものもあります。

次の

膀胱炎の症状・原因・治し方を泌尿器科医が解説。市販薬は効く?

膀胱 が ん

発症率も死亡率も横ばいといったところです。 膀胱がんは、膀胱がんの細胞が膀胱内で飛び移り(播種:はしゅ)、多発する特徴があります。 また、発がん物質にさらされる機会の多い職業や環境にいると、発がん性物質が蓄積して、膀胱の粘膜の一部が変異して前がん状態になっている場合があります。 膀胱がんは、基本的にはがんの部分を切除する手術療法が行われますが、膀胱がんのこうした特徴から、完全に切除しても、膀胱内の別の場所から再発したり、前がん状態になっていた部分ががん化したりすることが多いため、定期的に検査をする必要があります。 膀胱がんを早期に発見すれば、その治療は身体に負担の少ない方法で、がんの部分を切除することができます。 膀胱がんは、ゆっくり進行し、症状が出るまでに進行することがありますが、どのような症状に気を付ければ良いのでしょう。 思い当たるものがないか、チェックしてみましょう。 ゆっくり進行し、症状が出る頃には、大きく深く拡がっていることがあります。 ・血尿 突然、赤く染まった血尿に驚きますが、血尿以外に症状がない無症候性肉眼的血尿と呼ばれます。 膀胱内にできたがんが、前回の排尿時に刺激を受けて出血が起こります。 血液と尿が膀胱にたまり、次回の排尿の時に血尿となって出るのです。 排尿の度に血尿が出るとは限りません。 また、出血の量によって、血尿の色が違うこともあります。 ・膀胱刺激症状 排尿の回数が多くなる頻尿、排尿時の痛み、排尿しても残っている感じがする残尿感などを、膀胱刺激症状と言います。 尿道に繋がる膀胱の底の部分は、尿が溜まった時に、尿意を感じるセンサーの働きがあるため、膀胱の底の部分に膀胱がんができると、頻尿の症状がでることが多いようです。 ・水腎症 膀胱がんが進行して、筋層から深く拡がると、周辺の臓器に転移するようになります。 尿管を圧迫したり閉塞すると、尿が流れなくなり腎臓に水分がたまって大きくなる水腎症を発症することがあります。 水腎症になると、背中や腰に痛みが出ます。 背中や腰の痛みが膀胱がんと、直接結びつく方はいないと思います。 血尿など他の思い当たる症状があれば、泌尿器科で相談してみましょう。 ・喫煙 アメリカの大規模で長期間の調査の結果、喫煙は膀胱がんの発症と密接な関係があることがわかっています。 喫煙をする人は、喫煙しない人と比べて、膀胱がんになる割合が、男性は3. 89倍、女性は4. 65倍増えると報告されました。 また、喫煙する方では、膀胱がんの発症年齢が、5~6歳早いこともわかっています。 1日の喫煙の本数が少ないほど、また禁煙の期間が長いほど、膀胱がんの発症リスクが減少することも明らかになっています。 ・発がん性のある化学物質を扱う職業 化学物質の中には、発がん性があるものがあります。 そうした化学物質に接する機会のある職業、例えば染物工場などに従事する人に、膀胱がんの発症が多いことがわかっています。 ・慢性的な膀胱の炎症 膀胱の慢性的な炎症が下地となって発がんする可能性が考えられています。 膀胱結石、神経因性膀胱などの病気の他、抗がん剤のシクロフォスファミドや放射線療法が原因となる場合もあります。 該当する項目が少なくても、思い当たることがあれば、医療機関を受診しましょう。 表 膀胱がんセルフチェック ・50歳以上である。 また、生活習慣病、特に糖尿病と膀胱がん発症の関係が研究されています。 健康診断などで糖尿病と診断されたり、糖尿病予備軍として生活改善を指摘された方は、膀胱がんの発症リスクについても、頭に入れておきましょう。 膀胱炎の治療をしていてもなかなか治らない場合や、膀胱がんと同じ成り立ちの病気、加齢とともに増えてくる病気などがあります。 いずれにしても、しっかりと検査をして、何の病気であるか、確認しなければなりません。 ・腎盂・尿管がん 腎臓の中で作られた尿が集められるところを腎盂と言いますが、腎盂や尿管は、膀胱と同じ尿路上皮(移行上皮)という粘膜で覆われています。 そのため、腎盂・尿管がんは、膀胱がんと合併することの多いがんです。 腎盂・尿管がんは、膀胱がんと同様の症状のため、CT、MRI検査や、尿路造影検査などで診断します。 ・膀胱炎 血尿や頻尿、残尿感などの膀胱刺激症状、排尿時痛など、膀胱炎は膀胱がんと同様の症状があります。 膀胱炎の特徴は、女性に多く排尿の最後に強い痛みがあり、尿の濁りや尿に細菌が認められます。 水分をたくさん摂り、抗菌薬で治療しますが、特に50歳以上の男性で膀胱炎がなかなか治らない場合には、膀胱がんの可能性も考えたほうが良いでしょう。 ・過活動膀胱 高齢者に多く、急に尿意を感じる尿意切迫感が、主たる症状です。 その他、頻尿や、急な尿意でトイレが間に合わず、もらしてしまうという症状があります。 排尿に関係する脳や脊髄、末梢神経の障害が原因の場合や、膀胱の機能が低下して起きる場合などがあります。 また、男性では前立腺肥大症、女性では骨盤底筋の低下など、原因となる病気や状態がある場合には、合わせて治療を行います。 早く禁煙すれば、膀胱がんの発症リスクも低くなります。 喫煙は、膀胱がんだけでなく他のがんや、病気の原因としてもあげられていますので、禁煙するようにしましょう。 また、膀胱がんの発症は、生活習慣病との関係が研究されています。 過食や偏った食事など食生活の乱れや、運動不足、肥満がある方は、膀胱がんだけでなく、他の病気を予防するためにも、生活を改善するようにしましょう。 一回の血尿では膀胱がん疑いというわけにはいきません。 繰り返し検査が必要となります。 そうなると、なかなか時間が取れなかったり、億劫になってしまい、いつの間にか日にちが経ってしまうということもあるでしょう。 あの時、検査をしておけば・・・ということになりかねません。 まもーるくんでは、超早期からがんのリスク情報を、あなたに提供します。

次の