白木屋コピペ。 話題の飲酒スタイル「ステーション・バー」 「白木屋コピペ」と比較して、飲酒に関する社会の変化を感じる皆さん

『白木屋コピペ』ってあるけど、居酒屋で3,000円も使えるのは十分稼げてるだろ。

白木屋コピペ

今朝の横浜は雨でした。 昨夜はクーラーをつけっぱなしだったので部屋の中は快適、気持ち良く目覚めたのですが、外の様子を見ようと窓を開けた瞬間、猛烈な湿気が押し寄せてきました。 きょう休もう…。 今週は出社してやるほどの仕事がなく、むしろ夏休みを消化しろと言われていたぐらいだったので、雨滴を見た瞬間に一気に出社する気が失せたわけです。 法的に定められた有休とは別に、夏期休暇が5日間あります。 先月に1日だけ休んだものを夏期休暇として申請したので、夏期休暇はまだ3日間も残っています。 これは法的に強力に守られている正社員だからできることです。 フリーターや契約社員(一部)では休んだら給料がもらえません。 雨が降っていたから休むなど、通常は考えられないでしょう。 ネット上で伝説となっている「白木屋コピペ」なるものがあります(長いのでページ下部)。 真偽はよく分かりませんが、超就職氷河期世代としては、決して他人事と思えない切実なものを感じます。 1990年代半ばから2000年代半ばに社会に出た人の中には、単に正社員として就職できなかった人のほかに、ガムシャラに働くサラリーマンになりたくないとフリーターになった人も多くいます。 メディアもわざわざ有名俳優を起用してフリーターを題材にしたドラマを作るなど「フリーターはカッコイイ、オシャレな生き方」として若者の間で認知されるよう仕向けていました。 お金が貯まるまでバイトして、お金が貯まったら仕事を辞めて海外旅行など遊びにいって、お金が無くなったらまたバイトして稼げば大丈夫、問題ない! 「夢のフリーター!」といったキャッチフレーズで、あらゆるメディアで特集が組まれていました。 私の高校の同級生でもフリーターになった奴がいて、当時は景気の良い話を聞きました。 大卒正社員の初任給が20万円で手取りは17万円ほどしかありませんが、フリーターであればフルタイムで新卒の年齢で30万円はもらえます。 まさにフリーターはカッコイイわけです。 しかし、正社員は毎年昇給していくのに対し、非正規などのフリーターは昇給という概念もなければ、ボーナスという制度もありません。 あっと言う間に追いつかれ、後はじわじわと逆転されるのみです。 当時の高校の同級生はいま、音信不通です。 私が就職してから何度か連絡しましたが、返事がこなくなりました。 いまでは年に1~2回、思い出す程度です。 仕事がある、有休がある、夏期休暇がある、休んだとしても出社したものとして給料をもらえる…世間一般では当たり前のことですが、実はとても幸せなことです。 お盆だから休めるということがいかに幸せなことであるか、痛感しています。 【伝説の白木屋コピペ】 なあ、お前と飲むときはいつも白木屋だな。 一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。 俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、 おごってもらったのが白木屋だったな。 「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。 金が余ってしょーがねーから」 お前はそういって笑ってたっけな。 俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、 お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。 「毎晩残業で休みもないけど、金がすごいんだ」 「バイトの後輩どもにこうして奢ってやって、言うこと聞かせるんだ」 「社長の息子も、バイトまとめている俺に頭上がらないんだぜ」 そういうことを目を輝かせて語っていたのも、白木屋だったな。 あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときもやっぱり白木屋だ。 ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。 別に安い店が悪いというわけじゃないが、ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。 油の悪い、不衛生な料理は、毒を食っているような気がしてならない。 なあ、別に女が居る店でなくたっていい。 もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、本物の酒と食べ物を出す店を いくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは? でも、今のお前を見ると、 お前がポケットから取り出すくしゃくしゃの千円札三枚を見ると、 俺はどうしても「もっといい店行こうぜ」って言えなくなるんだ。 お前が前のバイトクビになったの聞いたよ。 お前が体壊したのも知ってたよ。 新しく入ったバイト先で、一回りも歳の違う、20代の若いフリーターの中に混じって、 使えない粗大ゴミ扱いされて、それでも必死に卑屈になってバイト続けているのもわかってる。 だけど、もういいだろ。 十年前と同じ白木屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。 そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ。 wakabkx.

次の

話題の飲酒スタイル「ステーション・バー」 「白木屋コピペ」と比較して、飲酒に関する社会の変化を感じる皆さん

白木屋コピペ

なあ、お前と飲むときはいつも白木屋だな。 一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。 俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、 おごってもらったのが白木屋だったな。 「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。 金が余ってしょーがねーから」 お前はそういって笑ってたっけな。 俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、 お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。 「毎晩残業で休みもないけど、金がすごいんだ」 「バイトの後輩どもにこうして奢ってやって、言うこと聞かせるんだ」 「社長の息子も、バイトまとめている俺に頭上がらないんだぜ」 そういうことを目を輝かせて語っていたのも、白木屋だったな。 あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときも やっぱり白木屋だ。 ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。 別に安い店が悪いというわけじゃないが、 ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。 油の悪い、不衛生な料理は、毒を食っているような気がしてならない。 なあ、別に女が居る店でなくたっていい。 これや。 一番最初、お前と飲んだときからそうだった あの頃は浪人生でバイトもロクにできないお前に良くおごってやったっけ。 良い大学出て良い会社入る事だけが幸せか?俺は目の前で得れる金しか興味ないって 言うと、苦笑いしながら哀れんでたな、おごって貰ってる身分で。 お前が入社した頃はまだ景気も良くてバイトの俺のが稼いでたな。 ここ何年か、こういう安い居酒屋に来るのは俺と一緒のときだけだとお前言っていた。 俺が頼んだ安いツマミには一切手を付けず、ジョキのビールさえ飲まず お前は瓶ビールだけを飲んでたな。 何が入ってるか判らない、これは本物の酒と食べ物 じゃないと訳の判らないことを言っていた。 一流企業に入社して残業が大変なのか ノルマが厳しいのか知らんがちょっと神経質、いや精神病気味に見えて心配したもんだ。 公園で発泡酒でもいいのに店内で飲むってプライドがあるんだな。 お前の会社が倒産したの聞いたよ。 サブプライムなんとかで大損したしたのも知ってたよ。 新しく入った会社で歳下の上司にアゴで使われて、倍率も偏差値も低い世代の高学歴新入社員に 使えない粗大ゴミ扱いされて、耐えられなくて辞めてハロワ通いしてるのもわかってる。 だけど、もういいだろ。 二十年前と同じ白木屋で、十年前の過去の栄光を語るなよ。 検索: 最近の投稿• 最近のコメント アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

なあ、俺も白木屋のコピペと同い年になったな

白木屋コピペ

キャッシングで困った人の話 私の友人ででお金を借りて人生が変わってしまった友人がいます。 でお金を借りるまでは極々普通の生活をしていましたがパチンコや株にハマり仕事も疎かになり消費者金融でお金を借りて自転車操業のような生活をしていました。 結婚もし子供も2人いて私もたまにではありますが家族ぐるみのお付き合いをしていたものです。 消費者金融でお金を借りることができなくなりそれでもギャンブルなどがやめられずについにはでお金を借りるようになりました。 その頃から私にもお金の相談をよくしてくるようになりました。 即日借りれるお店です。 の方でも確実に融資を受けられます。 を専門に取り扱います。 不安な方でもお申し込みお願いします。 主婦でも安心して借りれます。 借金で苦しんでいる方は是非ご相談ください。 私も不思議に思い始めて一体どうしたのかを問い詰めることになりました。 するとでお金を借りてしまって返済に苦しでいるということでした。 というのが一体なんのか私はよく知りませんでした。 彼は非常に高金利な利息でお金を借りていました。 そして私が全てのお金を立て替えて払って今でも少しずつお金を返してもらっています。 彼は離婚は免れたものの家族の信用をなくしてしまって今一生懸命0から家族との信頼を取り戻しています。 例えどんなに苦労をしたとしてもなどの業者からお金を借りることはやめましょう。 他にも、などでお金を貸してあげると語り暴利な金利を取るの業者も多数いますので気をつけましょう。

次の