ゲットー 意味。 ペールーセーウースーとは (ペールーセーウースーとは) [単語記事]

ワルシャワのゲットーにおける蜂起

ゲットー 意味

意味: 1. 町中の貧困地域。 特にスラム街で、マイノリティの人々が多く住み、犯罪が多発する地域のこと。 アメリカのゲットーと言えば、南中央ロサンゼルス、コンプトン(ロサンゼルス)、ブルックリン、ブロンクス、ハーレム(全てニューヨーク)など。 例:Thomas was scared to park his car in the ghetto. (トーマスはゲットーに車を停めるのを怖がった。 ) 2. 形容詞。 都会的な・大都市的な、の意味。 例:Michael tried to act cool and gangster by talking all ghetto. (マイケルは都会的に振る舞って話すことで、格好をつけた不良っぽさを演出しようとした。 ) 3. 形容詞。 貧しい・またはそういう生活をしている、の意味。 例:Your mom is so ghetto, she packs her purse full of food at all you can eat restaurants. (お前の母さん、凄く貧乏なんだろ。 食べ放題レストランで食べ残したやつ、全部持ち帰ろうとしてるぜ。 ) 4. 形容詞。 自家製(で、やけにチープで質も良くない)という意味。 但し、ある種のリスペクトを感じさせるもの。 例:Ice attached to your fan? (扇風機の風が来るところに氷を置いてあるのか?まさしくお手製のエアコンってわけか。 ) 5. Ghetto bootyといえば、爆尻のこと。 例:Naomi has a nice round ghetto booty. (ナオミはいい、真ん丸い爆尻をしてる。 ) 発音: ゲドゥ 画像ソース:giphy. com.

次の

ghettoの意味

ゲットー 意味

意味: 1. 町中の貧困地域。 特にスラム街で、マイノリティの人々が多く住み、犯罪が多発する地域のこと。 アメリカのゲットーと言えば、南中央ロサンゼルス、コンプトン(ロサンゼルス)、ブルックリン、ブロンクス、ハーレム(全てニューヨーク)など。 例:Thomas was scared to park his car in the ghetto. (トーマスはゲットーに車を停めるのを怖がった。 ) 2. 形容詞。 都会的な・大都市的な、の意味。 例:Michael tried to act cool and gangster by talking all ghetto. (マイケルは都会的に振る舞って話すことで、格好をつけた不良っぽさを演出しようとした。 ) 3. 形容詞。 貧しい・またはそういう生活をしている、の意味。 例:Your mom is so ghetto, she packs her purse full of food at all you can eat restaurants. (お前の母さん、凄く貧乏なんだろ。 食べ放題レストランで食べ残したやつ、全部持ち帰ろうとしてるぜ。 ) 4. 形容詞。 自家製(で、やけにチープで質も良くない)という意味。 但し、ある種のリスペクトを感じさせるもの。 例:Ice attached to your fan? (扇風機の風が来るところに氷を置いてあるのか?まさしくお手製のエアコンってわけか。 ) 5. Ghetto bootyといえば、爆尻のこと。 例:Naomi has a nice round ghetto booty. (ナオミはいい、真ん丸い爆尻をしてる。 ) 発音: ゲドゥ 画像ソース:giphy. com.

次の

ワルシャワのゲットーにおける蜂起

ゲットー 意味

映画にでてくるユダヤ人のゲットー地区と強制収容所について ナチス関係の映画をよく見るのですが、ユダヤ人が列車などで強制収容所に連れて行かれるパターンと、ゲットー地区に住んでいる描写がありますよね。 ゲットー地区が描かれているものだと、ポーランド?とかの言葉もよく見ます。 ユダヤ人を収容するためのゲットー地区は具体的にどこにあったのでしょうか。 地理に疎いのでいまいちわかりません。 また、ゲットーというのは大義の意味では強制収容所のことも含んでいると書いてあったのですが、実際に映画にでてくる強制収容所と、普通の町の中にあるゲットーの違いがよくわかりません。 ゲットーは高い壁に囲まれていて、脱走したり決まった時間以外の外出はダメとなっていたり、配給制だったりしますが、それ以外は生活そのものはゲットーの中ではある程度の自由はあるんでしょうか。 住んでいるのを見つかっただけで射殺されたり列車で連れていかれてガス室送りになったりする場合と、ゲットーに住んでいられる人の違いはなんですか?ゲットーの人も集団でガス室送りになるんでしょうか? どこの国に住んでるユダヤ人かで変わってくるのでしょうか。 なんとなくイメージとしてはゲットー地区に住んでいる人のほうがましなイメージがあるのですが・・ ワルシャワゲットーやクラカウ ゲットー、プラハのゲットーは昔からあったけどユダヤ人収容施設として使われました。 ドイツ在住のポーランド系ユダヤ人をポーランドに帰国させゲットーに押し込みました。 そこから順番に絶滅収容所に送りました。 バルト3国やベラルーシのユダヤ人はゲットーに集められゲットー内で銃殺されました。 ゲットーから脱出して助かった人もいます。 ウクライナの場合住民が極貧だったためにドイツ20マルク欲しさに次々に密告してくれるので即銃殺できゲットーを作る必要もなかった。 あんまり沢山密告したものだからチェルノブイリ原発が爆発した時ウクライナ人が言ったこと。 「あんなに沢山密告してユダヤ人を殺したから天罰でニガヨモギが天から降ってきたのだわ。 」 チェルノブイリはロシア語で苦よもぎと言います。 ヨハネの黙示録に「苦ヨモギの毒で地上の4分の1が死ぬ」と書いてありますね。 チェルノブイリ原発はユダヤ人村の跡地に建てたのです。 「あんたとこのユダヤ娘を密告してやるよ」「そしたら私は捕まるしあんたの夫が赤軍に入ってることも密告してやるよ」と言い返してたのです。 赤軍やポーランド人も密告の対象だったのです。 ユダヤ人を収容所に送った理由は。 女の髪の毛が欲しかったのです。 長い髪を集めて繊維製品を作ってたからです。 またユダヤ人は上等の歯をしてたためユダヤ人の金歯プラチナの歯が欲しかったのです。 死体だけでなくて生きた人間の口を開けさせ金冠を抜いていったそうです。 肛門や膣に宝石隠してる場合もあるので全員チェックしたのです。 森の中で銃殺ばっかりだと髪を切ったり金歯を抜いたりできないし、農夫が宝石盗みに来ます。 だから金持ちのユダヤ人の多いオランダベルギーのユダヤ人は絶滅収容所に送られたのです。 殺す前に金歯がないかチェックしてました。 ナチスは絶滅収容所にオランダ、べルギー、ハンガリーからユダヤ人が到着するとほくほくだった。 お宝をごっそり持ってくるからです。 一方ゲットーから送られてくるユダヤ人の場合宝石などすでに取られてて持ってくるのはシラミだけだった。 逮捕したユダヤ人を収容する施設が必要でキリスト教教会が利用されたのです。 ある日教会にガストラックが横付けされユダヤ人は全裸で80人押し込まれた。 トラックが走行中出た排気ガスが充満してユダヤ人は窒息死しました。 森の中に何箇所も巨大な火炉が作ってあってそこに死体を投げ入れ処分しました。 ポーランドの映画館や劇場も屠殺所に使われたのです。 ユダヤ人を2千人も押し込んで出口をふさぎ1週間水食料を与えないで放置する。 1週間後には全員死んでた。 最初のころのほうが片っ端から殺したのです。 ところが1943,44年になるとドイツも戦局がきびしくなりユダヤ人の労働力にすがるようになってきた。 ガス室送りの選抜も2週間に1回になります。 医療関係者、電気工、機械工、通訳、床屋とか特殊技術を持つ者は即戦力だった。 アルザスロレーヌとかオランダドイツ、イデッシュ語を使う東欧のユダヤ人に生還者が多い。 ドイツ語がわかるからです。 化学コマンドーで研究員として働けたユダヤ人もいます。 プリモレヴィみたいに。 ユダヤ人はユダヤ人番号を入墨されましたが番号が大きい数字の囚人ほどランクが低い囚人でカポの生贄だった。 偽造のアーリア人証明書を持つユダヤ人は民間労働者扱いされたり比較的安全な作業所で働けた。 オスカーシンドラーの工場とかナチス党員経営の工場や農場で働きながら生き延びたユダヤ人もいますね。 どこに送られるかで明暗が分かれたのです。 アウシュビッツは1%のユダヤ人は生還できてます。 ところがトレブリンカとかベウゼツとかは生還できてません。 そうですね。 高い壁には囲まれていました。 ゲット-でも悪知恵が働く人なら、物々交換してたかもしれませんね。 多分その頃になると、ドイツ人も人手不足で、ユダヤ人にある程度、管理させていたようです。 その頃になるとあまり射殺もされていなかったようです。 物資不足です。 アウシュビッツ何か有名ですが、空襲の中、石炭列車で移動するのは大変そうですね。 ゲット-ではガス室の設備がなかったようです。 だから私もゲット-の方がいいです。 どこに住んでいるかで、変わったのかは分からないです。 ロスチャイルドと言う人はゲット-も収容所に行かずに、すんだようです。 その後ユダヤ人は解放され、ゲットーはなくなりましたが、 「ユダヤ人自治区」というのは各地に点在する事になります。 第二次世界大戦の頃になると、 ナチスはユダヤ人を隔離し強制的な労働を強いる為にゲットーを復活させます。 ナチス占領下のポーランドでは、ユダヤ人自治区もそのまま強制収容所(ゲットー)となった他、新たに大規模な強制収容所が作られました。 さらにナチスはユダヤ人の絶滅計画を推し進めるようになり、 女・子供や労働力にならないと判断されたユダヤ人は 処刑されていく事となります。 これがホロコースト(大量殺戮)の場となったアウシュビッツ強制収容所などで、 それら処刑の場としての役目が強い強制収容所は「絶滅収容所」と呼ばれます。 つまり、 同じ強制収容所でも、より絶望的な収容所が絶滅収容所なのですが、 そもそもユダヤ人はまともな人間扱いされない状態でしたので、扱いについてはなんでもありであったということです。 映画でポーランドがよく出てくるのは、 アウシュビッツなどの絶滅収容所があった悲惨な場所だからです。 ユダヤ人達は、街の一角に作られたゲットーなどからアウシュビッツなど絶滅収容所としてのゲットーへ列車で移送されたのです。

次の