ワイモバイル iphone8 発売日。 ワイモバイルのiPhone事情を調べてみた!大手キャリアとの料金比較も

ワイモバイル、「Xperia 8」を10月25日に発売

ワイモバイル iphone8 発売日

画像引用元: 新規申込の方はさらにお得! この度ワイモバイル公式より、特別キャンペーンを用意していただきました。 PayPayボーナス6,000円分のプレゼントが適用されるキャンペーンは通常ですと「他社からの乗り換え」のみ対象なのですが、下記ページからの注文だと「新規申込」もキャンペーン対象となります。 ぜひ、チェックしてみてください。 iPhoneの新機種発表は一種の社会現象ともいえ、今回米国時間の9月10日に正式発表された新機種iPhone 11も例に漏れず大きな反響を呼んでいます。 9月13日から予約は開始され、実際の販売日は9月20日となっています。 これまで新作iPhoneの発売時には長蛇の列が発生しているため、今からスケジュール調整をしている方もいらっしゃるでしょう。 最新機種iPhone 11は2018年発売の前モデルiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxの後継機種という位置づけとなっています。 項目 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 ProMax サイズ mm 高さ 幅 厚み 150. 3 144. 1 158. 1 重量 194g 188g 226g ディス プレイ 6. 1型 Liquid Retina HD 5. 8型 Super Retina XDR 6. 5型 Super Retina XDR 容量 64GB 128GB 256GB 64GB 256GB 512GB 64GB 256GB 512GB 防沫 耐水 防塵性能 IP68等級 カメラ デュアル カメラ 超広角 広角 トリプルカメラ 超広角・広角・望遠 カラー ブラック グリーン イエロー パープル PRODUCT RED ホワイト ゴールド スペースグレイ シルバー ミッドナイトグリーン ゴールド スペースグレイ シルバー ミッドナイトグリーン 備考 ワイヤレス充電対応 近年のAndroid機種に見られる軽量薄型と比較すると若干大きく重く感じますが、前機種と比較するとほぼ変化はありません。 販売キャリアもドコモ、au、ソフトバンクにApple (SIMフリー版)と、こちらも従来通りのラインナップとなっています。 iPhone 11はこれまでのシリーズでも採用されたことのあるデュアルカメラですが、ハイエンドモデルであるiPhone 11 ProとiPhone 11 ProMaxは シリーズ初のトリプルカメラを採用しています。 1,200万画素の広角、超広角、望遠と3種類のカメラで、以前から高い性能を誇るiPhoneのカメラをさらに進化させた形です。 また、インカメラにおいてもこれまで最大700万画素だったものが今回よりアウトカメラと同じく1,200万画素となり、Android機種にも見られる流行が組み込まれています。 iPhone 11のカメラ性能は 数10万を超えるデジタルカメラと同等の性能を誇っているため、カメラ面だけでも購入価値は高いといえます。 加えてiPhone 11はiPhone 7以来の豊富なカラーバリエーションもあり、従来のiPhoneファンならずとも注目の新機種となっています。 ワイモバイルでiPhone 11を使用する手順 画像引用元: 世界的注目度も高いiPhoneシリーズの最新機種であるiPhone 11ですが、基本的にはドコモ、au、ソフトバンクの大手3大キャリアとAppleからの購入となります。 現在スマホ業界では大手キャリアの他に第4の選択肢として格安スマホがありますが、どうしても格安スマホで取り扱っている機種は1世代前の機種である場合が多くなっています。 とはいえ、最新機種のiPhone 11を格安スマホで利用したいというユーザーは一定数いると考えられ、そうしたユーザーは ワイモバイルでのiPhone 11の利用をおすすめします。 ワイモバイルでiPhone 11を利用するための手順は下記となります。 iPhone 11のSIMフリーモデルを購入• ワイモバイルでSIM単体を契約する• 持ち込んだiPhone 11に契約したSIMカードを挿す• ワイモバイルの初期設定をする ワイモバイルはSIM単体での契約が可能で、 iPhone 11のSIMフリーモデルさえ購入して最寄りのショップに持ち込めばこれといって大きな問題はありません。 しかし、SIMのサイズだけは間違えてしまうと取り返しがつかないので、iPhone 11を利用するのなら必ず nano SIMを購入するように注意が必要となります。 iPhone 11のSIMフリー版の購入か乗り換えか ワイモバイルでiPhone 11を利用する際の基本は、 本体を購入した後にワイモバイルへiPhone 11を持ち込んでSIM単体の契約をすることとなっています。 通常、iPhoneを購入する場合はキャリアとなりますが、SIMフリー版のiPhone 11はApple Storeで購入することが可能です。 簡単な方法としてはSIMフリー版を購入することですが、本体を入手するのであればSIMフリー版にこだわる必要はありません。 現在ドコモ、au、ソフトバンクの大手3大キャリアを利用しているユーザーでも、 機種さえ購入してあれば、乗り換えでSIM単体契約をしてワイモバイルで使用可能になっているからです。 ただし、その際にはキャリアでのSIMロックを解除する必要があるため、SIMフリー版と比較すると費用と手間が余計に掛かってしまうため注意が必要です。 月額利用料金はキャンペーンでお得に iPhone 11を格安スマホであるワイモバイルで使用する上で最も高いメリットは、やはり 大手キャリアよりも安い月額利用料金といえます。 ワイモバイルのSIM単体契約プランは3つあり、それぞれの料金を下記の表にまとめました。 また、現在ワイモバイルではSIM単体での契約に対して最大24ヶ月の割引キャンペーンを行っていて、• スマホプランSなら総額9,600円• スマホプランMまたはLであれば総額14,400円 が割引されます。 さらに契約翌月から12ヶ月間1,080円割引されるワンキュッパ割も加算されて、通常よりもお得感が強い状況となっています。 しかし、ワンキュッパ割はこれといって問題はないのですが、 SIM単体契約の割引の対象は、• 乗り換え のどちらかになっています。 またソフトバンクからワイモバイルへは乗り換え対象外となりますので合わせて注意してください。 とはいえiPhone 11をワイモバイルで使用する最大のメリットが安い月額利用料金である以上、 これらのキャンペーンを活用できるのはタイミングとしては非常に良いものと考えられます。 PayPayボーナス6,000円分のプレゼントが適用されるキャンペーンは通常ですと「他社からの乗り換え」のみ対象なのですが、下記ページからの注文だと「新規申込」もキャンペーン対象となります。 ぜひ、チェックしてみてください。 最大のメリットは前述でも紹介したように大手キャリアと比較した際の月額利用料金の安さによるものです。 しかし、安さだけであれば多くの格安スマホ業者がある現状でワイモバイルを利用する理由としてはそれほど強くありません。 実際にiPhone 11をワイモバイルで利用することで得られる金銭面以外でのメリットは下記2点になります。 格安スマホ業界で随一の通信速度と安定性• キャンペーンによるデータ容量の増加 これらのメリットはワイモバイルの特色ともいえ、同じ格安スマホであり、同じようにiPhone11を利用できたとしてもワイモバイルを利用するのは、 他社にはないものをワイモバイルが持っているからに他なりません。 通信速度で他社と差をつけるワイモバイル ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアと格安スマホを比較した場合、よく取り上げられるのが料金面ですが、通信速度という面では大手キャリアに軍配が上がります。 通常、格安スマホは大手キャリアの回線を借りて運用されています。 大手キャリアと比較すると同一回線であっても格安スマホの回線は一定量絞られていることが殆どです。 そのため、料金面では優れている格安スマホですが、回線面が弱いために常日頃から大容量の通信をするユーザーにしてみれば例え料金が安くなっても敬遠しがちとなります。 しかし、そうした格安スマホの中でもワイモバイルは大手キャリアの1つであるソフトバンクのブランドとしての側面があり、 回線面においても他の格安スマホよりも優遇されています。 もちろん、都市部や地方などで回線の太さに違いはありますが、通常の状態での ベンチマークは大手キャリアの回線とほぼ変わらないため、通信速度はワイモバイルのメリットといえます。 今ならキャンペーンでデータ容量増加 格安スマホにおけるデメリットは前項で紹介した通信速度もありますが、通信容量もまた大手キャリアと比較した際の格安スマホのデメリットといえます。 格安スマホは料金こそ大手キャリアと比較した場合安くお得に使用することができますが、多くの格安スマホはデータ容量が細かく分かれています。 中には、プランによってはメリットである料金面を削ってしまう場合もあります。 ワイモバイルのSIM単独契約のプランであれば最大容量のスマホプランLは月14GBとなっています。 しかし、ワイモバイルで行っている通信データ容量の無料増加キャンペーンに申込めば 格安スマホの弱点の1つであるデータ容量を無料で増やすことができます。 キャンペーンによって増加するデータ量は下記となります。 5倍の増加ができます。 これは格安スマホの中でも破格の数字といえ、前述の通信速度も合わせれば、月額利用料金がお得な格安スマホのメリットを生かしつつ、大手キャリア並みの使用が出来るということになります。 また、同じ格安スマホでもワイモバイルは様々なメリットがあるため、ただ月額利用料金を抑えたいというだけではなく、よりお得にiPhone11を使用したい人は狙い目の方法といえます。 もちろん、全ての面で大手キャリアと比較してワイモバイルが優れているというわけではありませんが、 他の格安スマホ業者と比較するとお得であるのは紹介した通りとなっています。

次の

ワイモバイルでiPhone 11を使う方法|手順と月額利用料金を調べてみた

ワイモバイル iphone8 発売日

iPhone6Sの発売日 見事に予想を外しました、iPhone6Sの発売は10月6日で決定です。 今のところ10月上旬というところまでしかわかっていません。 しかし、過去の傾向から考えると金曜日発売になると思われるので、 6日か13日になる可能性が高く、6日だとプレスリリースから間がないことから10月13日を本命と予想 します。 きっと6Sの発売日にはiPhone8をしのぐ行列が、全国のワイモバイルショップにできていることでしょう。 iPhone6Sの容量 容量は2パターンで32GBと128GBです。 32GBと128GBの料金差は月額500円となっているので、24ヶ月で12000円の料金差というところ。 まぁ妥当な料金差というところですかね。 ちなみにiPhoneSEだと32GBと128GBの差は月額300円で、24ヶ月で7200円差と128GBにお得感があります。 そのうちiPhone6Sの128GBも安くなることを祈りましょう。 デュアルレンズ搭載スマホと比較するとカメラ性能は劣るかもしれませんが、3Dグラフィック性能のスコアはSnapdragon820に肉薄しますからね。 WQHDやFHD機種と比較してディスプレイの解像度が低い分CPUにかかる負荷も軽減されますし、iPhone6Sは3Dゲームも難なくこなせる優秀なスマホですよ。 ワンキュッパ割はソフトバンクから乗り換えた場合のみ適用なので、機種変更の場合は例えばSプランなら1・2年目とも5780円 なのでご注意を。 これならワイモバイルで機種変更するより、いっそのことソフトバンクのiPhone7に乗換えるという手もあります。 SIMフリーiPhone6S+格安SIMとの料金比較 AppleストアでSIMフリーのiPhone6Sを購入し格安SIMで使う場合と、ワイモバイルで購入する場合の料金を比較してみましょう。 AppleストアでSIMフリーのiPhone6Sは32GBが50800円、128GBが61800円となっています。 まぁ若干高いくらいならネットの通信速度も時間帯や場所を問わず快適で、ショップも全国に1000ヶ所以上あるワイモバイルに軍配が上がりそうなものですが、もうちょっとお得感があるといいのになぁと私は思ってしまいました。 個人的な予想だと12月のクリスマス商戦あたりには、各プランもう500円ほど料金が値下がりするんじゃないかと踏んでます。 ワイモバイルは新発売は割と高めに出して、徐々に料金を下げていくやり方が好きですからね。 UQモバイルもiPhone6S発売へ ワイモバイルの後を追うように、UQモバイルからもiPhone6Sの発売が発表されました。 こちらの発売日も10月上旬予定だそうです。 UQモバイルも料金を発表しましたが、ワイモバイルの料金に合わせてきました。 はじめは両キャリア共に様子見といった感じでしょうか。 ソフトバンクから乗り換えるならUQモバイルの方が、2年間毎月500円安くなります。 まとめ• ワイモバイルからついに4. 7インチのiPhone6Sが取り扱い開始!• 発売日は10月6日に決定• 料金的には強気の姿勢!!! という感じですね。 発売日やらなんやら、新しい情報が入り次第更新したいと思います。

次の

ワイモバイルでiPhone 11を使う方法|手順と月額利用料金を調べてみた

ワイモバイル iphone8 発売日

これから解説するのはあくまで著者の予想です iPhone8発売はない? 私もよく「ワイモバイルでiPhone8はいつ販売開始になるの?」という質問を受けます。 私は当初 「ワイモバイルでのiPhone8発売は2019年12月」と予想していました。 ですが、年が明けても発売は発表されていません。 完全に予想を外してしまいました。 ワイモバイルのiPhone発売はアップル発売の2年後 そもそも、これまで iPhoneはAppleで発売された2年後にワイモバイルで発売されている、という傾向がありました。 iPhoneは、アップルでの発表後にまずドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアで発売され、その後にサブブランドや格安SIMで発売されるのが慣例です。 ワイモバイルで発売されたiPhone6SもiPhone7も、アップルおよびドコモ・au・ソフトバンク発売から2年後にワイモバイルで発売されました。 (SEはApple発売から1年後) 発売日 iPhone XR Apple 2018年 10月26日 ワイモバイル 2020年 10月頃? iPhone SE 第2世代 の影響も? iPhone SE 第2世代 の発売もiPhone8に影響しているかもしれません。 iPhone SE 第2世代 はiPhone8と同じハードウェアを用いています。 ただし、CPUはiPhone11と同じA13で、A11を搭載しているiPhone8よりも性能は断然高いです。 価格はiPhone8の方が断然安いとはいえ、iPhone SE 第2世代 も4万円台で購入できます。 今iPhone8を買うならiPhone SE 第2世代 の方が断然おすすめです。 いまワイモバイルでiPhone8を発売しても果たして売れるのか?という疑問もあります。 iPhone8発売の可能性もあり ただし、iPhone8発売の可能性も残っています。 iPhone8は2020年初頭までApple Storeや3キャリアでも販売されていましたが、現在は販売が終了しています。 売れ残った新品在庫がワイモバイルやUQモバイルなどの格安SIMキャリアに回ってくるかもしれません。 iPhone8 Plus発売は微妙 ワイモバイルでのiPhone8発売の可能性はなきにしもあらずだと思っていますが、iPhone8 Plusが発売されるかは微妙です。 iPhone6S Plus・iPhone7 Plusはワイモバイルでは発売されませんでした。 iPhone8が発売される場合も、おそらくiPhone8 Plusは発売されないと予想しています。 今すぐワイモバイルでiPhoneを使う方法 これまで解説したとおり、iPhone8はなかなか発売されません。 しかし、今すぐワイモバイルでiPhone8を使いたい方もいらっしゃるでしょう。 そんな方も安心です。 ワイモバイルではアップルストアで購入したiPhone8はもちろん、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone8も使えます。 本体サイズが同じiPhone SE 第2世代 が発売された影響で、iPhone8の価格はかなり安くなりました。 性能は今でも十分なので、これからiPhone8を使うのもおすすめです。 今すぐiPhone8を使う手順 ワイモバイルで今すぐiPhone8を使う手順は以下の手順のみです。

次の