ストアド プロシージャ と は。 SQL Serverのストアドプロシージャを作成する

SQL Serverのストアドプロシージャを作成する

ストアド プロシージャ と は

ストアドプロシージャとは、(DBMS)の機能の一つで、データベースに対する連続した複数の処理を一つのプログラムにまとめ、データと共に保存できるようにしたもの。 処理はDBMS側で行われ、外部からはを発行するのと同じ手順で実行できる。 や専用の言語を組み合わせて処理手順を記述しDBMSに保存すると、すぐに実行可能な形式に変換されて外部から呼び出し可能な状態になる。 複数のSQL文を組み合わせた複雑な処理を記述でき、一度の呼び出しでまとめて実行することができる。 やなどの制御構文、、など一般のコンピュータプログラムと変わらない高度な機能を利用できる場合もある。 外部のプログラムからSQL文を発行してデータを受け取り処理する場合に比べ、すでにSQL文のなどが済んだ状態で保存されているため高速に実行することができ、また、DBMSから呼び出し側へSQL文の実行結果を受け渡すのにかかる時間やも節約できる。 また、ストアドプロシージャの保存も実行もDBMS自体の機能であるため、呼び出し側のシステムやプログラミング言語などの種類や環境に依らず同じように利用できる。 SQLによる操作をストアドプロシージャ側にまとめることで、呼び出し側プログラムのソースコードからSQL文を排除して読みやすさやを向上させることも可能である。 また、汎用のプログラミング言語に比べ機能や、開発ツールなどの環境は劣るため、過度に処理内容をストアドプロシージャ側に寄せようとすることで却ってシステム全体の生産性や保守性を下げてしまう場合もある。 さくいん この分野のランキング 1位 【transaction】 2位 【migration】 3位 【query】 4位 【Structured Query Language】 5位 【Open Database Connectivity】 6位 【マイクロソフト・アクセス】 7位 【リレーショナルデータベース管理システム】 8位 【相互排他】 9位 【Microsoft SQL Server】 10位 【schema】 11位 【RDB】 12位 【Binary Large OBject】 13位 【master】 14位 【placeholder】 15位 【master data】 (姉妹サイト).

次の

ビュー、関数、ストアドプロシージャのSQLを取得するsp_helptext SQLServer

ストアド プロシージャ と は

「ストアドプロシージャ」って言葉はシステム関係、特にデータベースに携わっている多くの方は何となく聞いたことがあると思います。 このストアドプロシージャを用いるとデータベースの処理を一つずつ行うのではなく、ひとまとめの処理として実行できるようになります。 ストアドプロシージャは 条件分岐や 順次処理など、SQLでの処理を実行するプログラム機能をもちます。 CREATE PROCEDURE分でストアドプロシージャを定義し、それを呼び起こすことで、 一連の処理を消化します。 ストアドプロシージャのイメージ メリットは? ストアドプロシージャを使うことによる メリットは大きく 二つあります。 ストアドプロシージャは 一連の処理があらかじめデータベースサーバに登録されており、クラインとはそれを呼び出すだけで良いの、SQLの数だけ命令を出すときに比べサーバとクライアント間の通信量が減ります トリガとは? あるイベントがデータベースで起きたときに実行されるストアドプロシージャのことを トリガと呼びます。 トリガを使うと、あるテーブルに変更があった際に別のテーブルに対して連動する形で変更を行うことができます。 つまり、テーブルの行に対して、 追加・削除・更新のイベントが発生した時にそれとトリガとして使うことができます。 ただし、トリガは、一つずつ順番にしか処理できないので、トリガの実行数が増えると 処理が遅くなるという デメリットがありますので、キレイな設計が重要になりますね。 まとめ 今回は「 ストアドプロシージャとトリガ」についてまとめてみました。 ストアドプロシージャを使うと データベースの処理が高速化できるため、性能が重要なシステムにおいてはストアドプロシージャを上手に使う設計が必要になりますね。 また、トリガはストアドプロシージャの一種と呼べますが、なんでもかんでも設定するとデータベースの 性能が低下するので注意しましょう! 以上です!.

次の

ストアド プロシージャの変更

ストアド プロシージャ と は

ストアドプロシージャは、いくつかの方法で実行できるSQLステートメントのバッチです。 ほとんどの主要なDBMはストアドプロシージャをサポートしています。 ただし、すべてがそうするわけではありません。 詳細については、特定のDBMSヘルプドキュメントで確認する必要があります。 私はSQL Serverに最も慣れているので、それをサンプルとして使用します。 ストアドプロシージャを作成するための構文はかなり単純です。 CREATE PROCEDURE. これは、SQLインジェクションに対する優れた最初のステップです。 ストアドプロシージャには欠点があります。 基本的に、基本的な関連するメンテナンスです。 操作に。 各テーブルについて、挿入、更新、削除、および主キーに基づく少なくとも1つの選択があるとします。 つまり、各テーブルには4つのプロシージャがあります。 そして、それはあなたがおそらくそうするであろう重複がないことを前提としています。 これは、基本的なCRUD操作を自動生成するためにまたはその他の方法を使用することで、非常に多くのメリットが得られる場合です。 ストアドプロシージャは、特別なタスクを実行するために使用されるプリコンパイルされたSQLステートメントのセットです。 例: Employeeテーブルがある場合 Employee ID Name Age Mobile --------------------------------------- 001 Sidheswar 25 9938885469 002 Pritish 32 9178542436 まず、 Employeeテーブルを取得しています。 ストアード・プロシージャーは、作成されてデータベースに保管されたSQLステートメントのグループです。 ストアドプロシージャは入力パラメータを受け入れるため、さまざまな入力データを使用する複数のクライアントがネットワーク経由で単一のプロシージャを使用できます。 ストアドプロシージャは、ネットワークトラフィックを減らし、パフォーマンスを向上させます。 ストアドプロシージャを変更すると、すべてのクライアントが更新されたストアドプロシージャを取得します。 ストアドプロシージャでは、モジュール式プログラミングが可能です。 プロシージャを一度作成してデータベースに格納し、プログラムで何度でも呼び出すことができます。 ストアドプロシージャを使用すると、実行を高速化できます。 操作で繰り返し実行される大量のSQLコードが必要な場合は、ストアード・プロシージャーをより高速にすることができます。 これらは最初に実行されるときに解析および最適化され、ストアドプロシージャのコンパイル済みバージョンは、後で使用するためにメモリキャッシュに残ります。 つまり、ストアドプロシージャを使用するたびに再解析および再最適化する必要がないため、実行時間が大幅に短縮されます。 ストアドプロシージャは、ネットワークトラフィックを減らすことができます。 数百行のTransact-SQLコードを必要とする操作は、ネットワーク経由で数百行のコードを送信するのではなく、プロシージャでコードを実行する単一のステートメントによって実行できます。 ストアドプロシージャにより、データのセキュリティが向上します ユーザーには、プロシージャのステートメントを直接実行する権限がない場合でも、ストアドプロシージャを実行する権限を付与できます。 SQL Serverには、さまざまな種類のストアドプロシージャがあります。 システムストアドプロシージャ• ユーザー定義のストアドプロシージャ• 拡張ストアドプロシージャ• これらの手順を使用して、システムテーブル内の外部アプリケーション呼び出しのSQL Server関数をサポートするさまざまなタスクを実行できます。 ユーザー定義のストアドプロシージャは通常、ユーザーデータベースに格納され、通常、ユーザーデータベースのタスクを完了するように設計されています。 拡張ストアドプロシージャは、DLLファイルから関数を呼び出すプロシージャです。 現在、拡張ストアドプロシージャの使用は避けた方がよいという理由で、拡張ストアドプロシージャは推奨されていません。 通常、ストアドプロシージャは「SQL関数」です。 彼らは持っている: -- a name CREATE PROCEDURE spGetPerson -- parameters CREATE PROCEDURE spGetPerson PersonID int -- a body CREATE PROCEDURE spGetPerson PersonID int AS SELECT FirstName , LastName.... ストアドプロシージャは、ほとんどのSQLステートメントを実行し、スカラーおよびテーブルベースの値を返すことができ、SQLインジェクション攻撃を防ぐため、より安全であると考えられています。 このような状況を考えて、• データのあるデータベースがあります。 その中央データベースにアクセスするために必要なさまざまなアプリケーションがいくつかあり、将来的には新しいアプリケーションもいくつかあります。 インラインデータベースクエリを挿入して中央データベースにアクセスする場合は、各アプリケーションのコード内で個別に、おそらく同じクエリを異なるアプリケーションのコード内で何度も複製する必要があります。 このような状況では、ストアドプロシージャ(SP)を使用できます。 ストアドプロシージャを使用すると、多くの一般的なクエリ(プロシージャ)を記述して、中央データベースに格納できます。 これで、これまでのように作業の重複が発生することはなくなり、データアクセスとメンテナンスは一元的に行われます。 注意:• 上記の状況では、「すべてのアプリケーションと対話するために中央データアクセスサーバーを導入できないのはなぜですか?はい。 それは可能な代替策です。 しかし、• そのアプローチに対するSPの主な利点は、インラインクエリを使用したデータアクセスコードとは異なり、SPは事前にコンパイルされたステートメントであるため、実行が高速になります。 また、(ネットワーク経由の)通信コストは最小限になります。 それとは逆に、SPはデータベースサーバーに負荷を追加します。 状況に応じてそれが問題になる場合は、インラインクエリを備えた集中型データアクセスサーバーの方が適しています。 ストアドプロシージャは、単一の実行プランにコンパイルされたSQLステートメントのグループにすぎません。 一度作成してn回呼び出す• DROP PROCEDURE GetEmployee 「ストアドプロシージャとは」は、他の投稿で既に回答されています。 私が投稿するのは、ストアドプロシージャを使用する1つのあまり知られていない方法です。 それはあります grouping stored proceduresか numbering stored procedures。 構文リファレンス ; numberに従って 同じ名前のプロシージャをグループ化するために使用されるオプションの整数。 これらのグループ化されたプロシージャは、1つのDROP PROCEDUREステートメントを使用して一緒に削除できます。 最初にCREATE PROCEDURE 'SecondTest'; 1を実行する必要があります。 参照:• プロシージャをグループ化した後、それらを個別にドロップすることはできません。 この機能は、Microsoft SQL Serverの将来のバージョンで削除される可能性があります。 SQL Serverのストアドプロシージャは、入力パラメーターを受け入れ、出力パラメーターの複数の値を返すことができます。 SQL Serverでは、データベースで操作を実行し、呼び出し元のプロシージャまたはバッチにステータス値を返すストアドプロシージャプログラムステートメント。 SQL Serverでストアドプロシージャを使用する利点 それらはモジュラープログラミングを可能にします。 彼らはより速い実行を可能にします。 ネットワークトラフィックを減らすことができます。 セキュリティメカニズムとして使用できます。 パラメータを受け取り、クエリを実行して結果を返すストアドプロシージャの例を次に示します。 具体的には、ストアード・プロシージャーはBusinessEntityIDをパラメーターとして受け入れ、これを使用してHumanResources. Employeeテーブルの主キーを突き合わせて、要求された従業員を返します。 とても便利です。 ストアドプロシージャでは、ステートメントは1回だけ記述され、クライアントとサーバー間のネットワークトラフィックを減らします。 SQLインジェクション攻撃を回避することもできます。 アプリケーションで支払いを処理するためにサードパーティプログラムを使用している場合、ここでデータベースは必要な情報とこのサードパーティが承認したアクティビティのみを公開する必要があります。 これにより、ストアドプロシージャを使用して権限を設定することでデータの機密性を確保できます。 テーブルの更新は、ターゲットとするテーブルに対してのみ行われるべきですが、トランザクション処理とエラー処理を使用してデータの整合性を実現できる他のテーブルを更新するべきではありません。 データ型を持つ1つ以上のアイテムを返す場合は、出力パラメーターを使用することをお勧めします。 ストアドプロシージャでは、返される必要のあるものすべてに出力パラメーターを使用します。 整数データ型のみのアイテムを1つだけ返す場合は、戻り値を使用することをお勧めします。 実際には、戻り値は、ストアドプロシージャの成功または失敗を通知するためだけのものです。

次の