バジリスク絆2弦之介ミニキャラ。 バジリスク絆2 通常時のモード示唆演出

SLOTバジリスク絆2 スロット新台 スペック/解析・天井・設定差/設定判別・ロングフリーズまとめ

バジリスク絆2弦之介ミニキャラ

3つのポイント 絆2の通常時は内部モード、内部状態、テーブルの3つのポイントが存在。 良いテーブルが選ばれれば、モードも優遇され、高確や超高確に移行しやすい。 結果として、BC・BTに当選しやすくなる。 テーブル• 内部モードを管理する16種類のテーブル。 このテーブルよってBCスルー後の内部モードを決定。 テーブルは有利区間移行のタイミングで抽選。 基本的に6スルー後にモードDに移行しBC当選でBT確定。 テーブル5のみ7スルーまで存在。 内部モード• 通常時はモードA〜モードDの4種類。 モードが高いほどBC当選時のBT期待度UP。 BC当選でモード移行抽選。 内部状態• 内部状態は低確・高確・超高確の3種類。 高確、超高確時はレア小役成立でBC・BT当選率UP。 超高確中はハズれなどレア小役以外からの当選率もUP。 」が表示された時に、リール左横のサブ液晶画面をタッチするとボイスが発生。 セリフ テーブル期待度 弦ノ介「出立の刻じゃ」 全テーブル示唆? 朧「では参りましょう」 弦ノ介「怪しき気配じゃ」 8・9・13・14・15・16 朧「何かが起こる予感がします」 8・9・11・12・13・14・15・16 絆ランプ点灯 15・16 モード詳細 朧終了画面 終了画面 次回モード期待度 通常パターン 通常パターン 星空よりもモードBorCに期待 モードB以上確定 モードC以上確定 モードD確定 演出 モードA モードB モードC モードD 星空 50. 【陽炎】 後ろを向く < ため息 < 左肩を出す < 両肩を出す < 妖艶なポーズ モードDの可能性大• 【天膳】 去る < 不機嫌 < 微笑 < 笑う < 大笑い モードDの可能性大 ステージ移行矛盾• 【弦之介】 後ろを向く < 書を出す < 刀を抜く < 刀を構える < 刀を構える+オーラ大 超高確濃厚• 【朧】 転ぶ < 扇子を出す < 舞の構え < 舞う < 舞う+回転 超高確濃厚 状態移行抽選 高確以上当選率 モード 共通ベル 弱チェ 強チェ その他 モードA 10. 共通ベル・弱チェリー時の高確以上移行率 モード 共通ベル 弱チェ モードA 10. モード 共通ベル 弱チェ 強チェ その他 モードA — — — — モードB — — — — モードC 0.

次の

【演出情報最新版!】Pバジリスク~甲賀忍法帖~2

バジリスク絆2弦之介ミニキャラ

信頼度 ストック個数別信頼度 1個 8. ) 4. 3~36. ) 8. ) 8. ) 8. ) 8. ) 26. ) 40. ) 47. 0~57. ) 56. ) 67. ) 86.

次の

バジリスク絆2 天井 スペック 解析まとめ

バジリスク絆2弦之介ミニキャラ

セリフの示唆内容 AT終了時に有利区間ランプがつくゲームでサブ液晶をタッチすると、弦之介or朧のボイスが発生します。 そのセリフによって、次回のテーブルを示唆しています。 示唆内容は下記です。 テーブルによるセリフ選択率 テーブル15or16が選ばれた時は「怪しき気配じゃ」or絆ランプ点灯「旅の支度が整っております」が大半 66. (A: 青、B: 緑、C : 橙、D: ピンク) 初期モードBから始まるテーブル選択率は 設定1…81. 設定2の方が上位テーブル選択率が高い。 上位セリフのテーブル選択率 絆ランプ点灯 「旅の支度が整っております」 選ばれるテーブルは下記 設定毎のテーブル選択率とテーブル別ボイス選択率から絆ランプ点灯 「旅の支度が整っております」 時のモード選択率を計算した結果が下記です。 設定1 テーブル 選択率 テーブル15 66. 期待値を計算するまでもなく、これが出たら必ず有利区間リセットまで打ちましょう。 怪しき気配じゃ 選ばれるテーブルは下記 怪しき気配じゃ発生時のモード選択率を計算した結果が下記です。 設定1 テーブル 選択率 テーブル8 13. 普通は8割がモードBから始まる下位テーブルが選ばれますので、 テーブルに関しては相当優遇されていると言えます。 何かが起こる予感がします 選ばれるテーブルは下記 「何かが起こる予感がします」発生時のモード選択率を計算した結果が下記です。 設定1 テーブル 選択率 テーブル8 7. セリフ別の期待値 モードCが前作に比べて弱い 期待値を評価する前に少し書いておかないといけない点として、モードCが前作の絆と比べてかなり弱くなっています。 前作はモードCをBC1回当選まで打つだけで期待値2440円でした。 自己算出 今のモードCは前作よりかなり弱いので、安く見積る必要があります。 0スルー時のモード滞在比率 もう少し期待値を評価する前に余談として、BC間ハマりでBT突入率が上がる要因を0スルー時のモード滞在比率を通して考えてみます。 0スルー時は初期モードBが圧倒的に多い。 Cの方が当選率が高いので、前半の方がCで当たっている割合が高い。 ここだけを考えると、確かにそうなんですが、そもそも初期C比率がかなり低いので、初期状態に当選割合をかけて評価しないといけない点を考慮すると、そこまでC比率が高くなりません。 BからCへチャンス目で昇格するので、ハマればハマるほどC以上の可能性UP 元々のB比率が高いので、この昇格の影響が結構強い。 奇数設定でのチャンス目からの昇格率は33. これらを加味すると、実際のC以上比率はBC間でハマればハマるほど高くなっていくのではないかと思っています。 厳密計算はしてません 前作はそんなことなかったと思っている人がいると思いますが、前作はモードAの割合が高かった影響で絆2とは少し状況が違います。 絆2はモードDがとにかく重要で、如何にこれに上げれるかが重要ですが、ハマればハマるほどDの割合も大きくなるので、これがBC間でハマれハマるほどBT当選率が高くなる理由だと思っています。 「怪しき気配じゃ」発生時の期待値 少し脱線しましたが、それぞれのセリフを評価していきます。 先ほどの「怪しき気配じゃ」発生時のテーブル選択率にテーブル毎の期待値を掛け合わせることで期待値を見積もることが可能です。 なお、テーブル毎の期待値については厳密に見積もることができないので、何パターンか用意してみました。 同じモードからのAT突入率は設定1と設定2ではほとんど差がなく、テーブルに設定差を設けています。 同テーブルならAT突入時の期待枚数は設定1の方が多いので、厳密に計算するとこの期待値の差はもう少し狭まります。 したがって、基本は設定1の期待値を基準にして考えるのが無難です。 個人的には設定に期待できる店なら打つラインとしています。 絆2は少し確定が出にくいですが、出た時の期待値の上乗せや確定が出なくても高設定を打てている可能性を考慮すれば、自分が行くホールなら十分に打って良いラインだと思っています。 怪しき気配じゃ発生率も高設定の方が高い もっとテーブルの期待値は低いぞorもっと高いぞって思っている方もいると思います。 セリフ別のテーブル選択率を載せていますので、これにテーブル毎の期待値を掛け合わすだけで簡単に見積もれますので、色々考えてみてください。 「何かが起こる予感がします」発生時の期待値 これは期待値が高いテーブル15or16の選択率が低く、期待値が低いテーブル11or12の選択率が高いです。 怪しき気配じゃで打つかどうか迷うラインなので、 これは計算するまでもなく打てないと思って良いと思います。 まとめ テーブル別ボイス選択率が解析で新しく情報として出たので、「怪しき気配じゃ」と「何かが起こる予感がします」を評価してみました。 厳密な見積もりはテーブル期待値を算出しないとできませんが、打てるかどうかの大体の見積もりはできると思いますので、この記事を参考にしてぜひ考えてみてください。

次の