時候 の 挨拶 一覧。 【季節別・月別】メールや手紙にすぐ使える!「時候の挨拶」文例集

時候の挨拶

時候 の 挨拶 一覧

1月(睦月) [ ]• 寒風の候• 謹賀新年• の喜び• 厳寒のみぎり• 酷寒のみぎり• 寒気厳しき折柄• 初春とはいえ• 厳しい寒さ• 一面の銀世界• 寒さ厳しき折柄• 例年にない寒さ• いよいよ寒気がつのり• 星も凍るような寒い夜• 寒気ことのほか厳しく• 雪の晴れ間• 積雪は軒につかえ• を踏んで• 水道の蛇口も凍る寒さ• ビルの谷間を抜けるの音• 冬来たりなば春遠からじ 2月(如月) [ ]• 梅鴬の候• 春寒の候• 厳寒の候• 春まだ浅く• 立春とは名のみの寒さ• 冬の名残りがなかなか去らず• 寒気は冴えかえり• 春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く• 余寒厳しき折柄• 暦の上に春は立ちながら• 三寒四暖と申しますが• とか言われる季節• いくらか寒さもゆるみ• のつぼみもそろそろ膨らみ• 何となく春めいて 3月(弥生) [ ]• 軽暖の候• 早春の候• 春暖の候• 風はまだ寒く• 寒さも緩み• 春寒しだいに緩み• 春暖快適の候• 春の彼岸の頃• 春色とみに濃く• 春寒料峭のみぎり• 日増しに暖かさを増し• 小川の水もぬるみ• つぼみも膨らむころ• 桃の蕾もふくらみ• 日増しに暖かくなり• 急に春めいて• 木々の緑日ごとに色めく季節• 若草萌ゆる候• 一雨ごとの暖かさ• 日毎にのどかになり• 菜の花は今が盛り 4月(卯月) [ ]• 春風駘蕩の候• 陽春の候• 春暖の候• 春陽麗和の好季節• 春たけなわ• 花曇りの昨今• 春もたけなわの日和• 花便りも伝わる今日このごろ• うららかな好季節を迎え• 春光うららかな• 桜花爛漫• 春の愁いにとらわれ• 春宵一刻千金の候• 春も深くなり• の季節となり• 春も半ばを過ぎ• 惜春の思いは深く• 若草萌える季節• もえる季節 5月(皐月) [ ]• 軽暑の候• 新緑の候• 新緑の色増す季節• 新緑の野山に萌える今日この頃• 風薫るこのごろ• 風薫る五月の空にが• 若葉の目にしみる候• 緑濃く• 緑したたる• 大空にこいのぼりの躍るころ• 吹く風も夏めいて• 青田を渡る風• の香り• の花が咲き誇り• 初夏の風もさわやかな頃となり• の色増す頃 6月(水無月) [ ]• 長雨の候• 青葉の候• さわやかな初夏の季節• 梅雨がうっとうしい折から• 時候不順の折• うっとうしい梅雨の季節• 長かった梅雨もようやくあがり• 爽やかな初夏を迎え• 初夏の風に肌も汗ばむ頃• 樹々の緑深くなり• 若のおどる• 暑さ日増しに厳しく• 空には白い雲が浮かび• 暑気日ごとに加わり• 日の光も青く 7月(文月) [ ]• 盛夏の候• 向暑の候• 大暑の候• 爽快な夏• まぶしいほどの夏• 海山の恋しい季節• 楽しい• 連日厳しい暑さ• のにぎわうころ• 炎暑のみぎり• 日々暑さ厳しき折から• 肌に心地よく• 天続きで• 草木も生気を失い• の入りとなり• 近年にない暑さが続き• の声に更に暑さを覚え• 一雨欲しいこのごろ 8月(葉月) [ ]• 残暑の候• 晩夏の候• 残暑厳しき折から• 残暑凌ぎ難き候• あけの暑さは厳しく• 立秋とは名ばかりの暑さ続き• 青草を蒸すような強い日射し• 残暑なお厳しい折柄• 秋暑厳しき折柄• 秋にはまだ遠く• 秋立つとはいえ• 朝夕涼味を覚えるころ• 夜空に秋の気配を感じるころ• 客の姿も少なくなり• 暑さも峠を越しいよいよ秋• 虫の声に秋も近づいた事を感じる昨今• まだまだ暑い日が続いておりますが 9月(長月) [ ]• 初秋の候• 新秋快適の候• 爽秋の候• 去り難く• も無事に過ぎ• 爽やかな季節を迎え• 朝夕はめっきり涼しく• 朝夕日毎に涼しくなり• 虫の音美しい• 秋の気配が次第に濃くなって• 新秋快適のみぎり• 秋色次第に濃く• の姿に秋を感じる頃• 野山もにわかに秋色をおび• を迎え 10月(神無月) [ ]• 秋晴れ• 秋冷の候• さわやかな好季節• さわやかな秋晴れの続く• 秋涼爽快のみぎり• 秋気肌にしみ• 秋涼爽快の候• 秋色日毎に深まり• 日増しに秋も深まり• 燈火親しむの候• 木々の梢も色づいて• となり• 親しむの候• 空は深く澄み渡り• 夜長の頃となり• 冷気は日増しに加わり• 天高く馬肥ゆるの候 11月(霜月) [ ]• 寒暖不順• 暮秋の候• 薫る今日このごろ• 菊薫る候• ゆく秋の寂しさ身にしみるころ• 秋気いよいよ深く• 秋も一段と深まり• 鮮やかな紅葉の候となり• 舗道にが散る頃• の今日此頃• 朝夕一際冷え込むころ• 吐く息も白くなり• 夜寒の折柄• 冷気日ごとに加わり• 日毎冷気が加わり• 追々寒さ向かいますが• 冷雨が降り続く 12月(師走) [ ]• 歳晩の候• 初冬の候• 寒気厳しき折柄• 寒気いよいよ厳しく• めっきり寒くなり• あわただしいとなり• 師走に入って一段と寒く• もいよいよ押し詰まり• 何かとご多端の折柄• 吹きすさぶころ• 今年もいよいよおしつまり• 年末御多忙の折から• 年もせまり何かとご繁忙のこと• 寒さもひとしお身にしみるころ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

時候の挨拶/結びの挨拶一覧 1月〜12月 文例集 by 直子の代筆

時候 の 挨拶 一覧

およびこの日〜小暑まで 時候の挨拶の言葉、季節の挨拶の言葉、時候の言葉 春 4月 (4月) 陽春の侯、桜花の候、春暖の候、惜春の候(せきしゅん) 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 春もたけなわの頃となりました。 葉桜の季節となりました。 新入生のランドセルが春光に踊る季節となりました。 今年も燕(つばめ)が飛来する季節になりました。 5月 (5月) 新緑の侯、薫風の候(くんぷう)、立夏の候、晩春の候、 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 五月の空が気持ちよく晴れわたっています。 風薫る季節となりました。 田んぼの蛙が鳴きはじめました。 緑芽が日増しにその色を増しています。 田を渡る風が気持ちの良い季節となりました。 6月 (6月) 梅雨の侯、入梅の候、紫陽花の候、向暑の候、 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 長雨に紫陽花の花も濡れています。 長かった梅雨もあけ、初夏の風が爽やかな季節となりました。 一日の長さがずいぶん長く感じられる頃になりました。 清流に鮎が踊る頃となりました。 夏 7月(7月) 盛夏の侯、猛暑の候、大暑の候、炎暑の候、夏祭の候 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じる頃になりました。 天の川がひときわ美しい季節となりました。 七夕の笹がわずかな風に揺れています。 連日厳しい暑さが続いています。 海開きの便りが聞かれる頃になりました。 海山が恋しい季節になりました。 空の青さが真夏の到来を告げています。 入道雲が空に映え、まぶしい夏の到来を告げています。 暑さ厳しき折 8月(8月) 残暑の侯、秋暑の候、晩夏の候、立秋の候、処暑の候 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 残暑お見舞い申し上げます 連日厳しい残暑が続いています。 秋まだ遠く、厳しい残暑が続いています。 立秋を過ぎ、暑さもようやく峠を越したようです。 吹く風に、ゆく夏の気配を感じる頃となりました。 9月 (9月) 初秋の侯、野分の候、白露の候、秋分の候、秋桜の候、 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 秋祭りの子供達が楽しそうに駆けてゆきます。 朝の空気に爽秋の気配が感じられる頃となりました。 燕(つばめ)が南の空に帰ってゆきます。 朝夕はめっきりしのぎやすくなりました。 秋涼の風が野山を吹き渡ってゆきます。 時候の挨拶の言葉、季節の挨拶の言葉、時候の言葉(つづき) 秋 10月 (10月) 秋冷の侯、菊花の候、霜降の候、紅葉の候、仲秋の候、灯火親しむ候、 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております。 今年も田畑の実りがおいしい季節になりました。 スポーツの秋、味覚の秋となりました。 芸術の秋となりました。 天高く馬肥ゆる季節となりました。 いよいよ秋も深まって参りました。 11月(11月) 晩秋の侯、向寒の候、立冬の候、落葉の候、深秋の候 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 吐く息の白さに、秋の終わりを感じる頃となりました。 街路樹もすっかり葉を落とし、ゆく秋の気配に寂しさを感じる季節となりました。 鋪道の落ち葉が冷たい雨に濡れています。 庭の紅葉も終わりを告げ、すぐ近くに冬の気配を感じる頃となりました。 向寒のみぎり 12月 (12月) 初冬の侯、師走の候、歳末の候、冬至の候、大雪の候、 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。 師走に入り何かと多忙な日々が続いております。 年の瀬の、寒さの身にしみる季節となりました。 年の瀬の、寒気いよいよ厳しい季節となりました。 一年で最もあわただしい季節になりました。 師走に入り寒さも本格的になりました。 今年の師走は一段と冷え込むようです。 冬 1月 (1月) 厳寒の侯、初春の候、大寒の候、新春の候、小寒の候、 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 松もとれ、厳しい寒さが続いています。 松の内も過ぎ、寒気ことのほか厳しく感じられます。 年が明け、まだ来ぬ春が待ち遠しく感じられます。 新年早々ではございますが、 寒中お見舞い申し上げます。 2月 (2月) 余寒の侯、立春の候、春寒の候、節分の候、春浅の候 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 春とは名ばかりの厳しい寒さが続いています。 梅のつぼみも膨らみ、日中はいくらか寒さもゆるんで参りました。 余寒厳しい毎日が続いています 立春を過ぎ、本格的な春の訪れが待たれる頃となりました。 雪深い当地では、立春とは言え真冬の寒さが続いています。 3月 (3月) 早春の侯、春暖の候、浅春の候、春寒ゆるむ候、 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 旅立ちの春を迎え、日増しにあたたかさを感じています。 ひな祭りを終え、縁側の陽射しにも暖かさを感じる頃となりました。 桃の節句を過ぎ、今年の春は例年になく穏やかです。 啓蟄を過ぎ、小川の水もぬるんで参りました。 春分を過ぎ、桜の開花が待たれる頃となりました。 手紙の構成と書き方 つづき 順序 解説 2. 本文 3. なるべく具体的に書くのがおすすめ 5. 【例文】 「今後ともよろしくお願いします」 「これからも御指導のほどよろしくお願いします」 「変わらぬご交誼のほどよろしくお願い申し上げます」 など。 「ご自愛ください」は代表的な文例。 お礼状だけでお返しの品はありませんという意味です。 通常の手紙なら、不要です。 似たような文章に「取り急ぎお礼まで」がありますが、「取り急ぎ」がつくと、相手によってはより一層略式であることが強調されてしまう印象になります。 目上の相手には使わない方が無難です。 [結びの言葉・結びの文ワンポイント] 目上の相手あての場合や丁寧な文章にする場合には…「略儀ながら書面にて失礼申し上げます」などと書き添えると丁寧です。 「略儀ながら」は、「礼儀としては略式になりますので、まことに恐縮ながら」という意味です。 そのような場合には「お礼まで」や「取り急ぎお礼まで」などの一文は書きません。 につづく.

次の

【季節別・月別】メールや手紙にすぐ使える!「時候の挨拶」文例集

時候 の 挨拶 一覧

時候の挨拶8月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文を見ていきます。 8月は暑い夏、真っ盛りの時期ですね。 お盆や花火大会、海や夏休みなど楽しいイベントもたくさんある時期です。 でも、その一方で猛暑となったり、熱中症や夏バテで体調を崩しやすいなど、注意しないといけない季節でもありますよね。 そんな8月には、 「暑中見舞い」や 「残暑見舞い」といった相手の健康などを気遣うお手紙の形もあります。 では、相手とのやり取りをするお手紙の中で、その 時候の挨拶で8月の上旬・中旬・下旬にどういった言葉が使われるのか? 今回は、その 8月の時候の挨拶で使われる 書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩について。 また、暑中見舞いや残暑見舞いの手紙についても触れてまとめました。 時候の挨拶 8月下旬 秋暑の候、早涼の候、処暑の候 *それぞれの時候の言葉に続けて「~の候」「~の折」「~のみぎり」というように続けて表現する。 漢語調の時候の挨拶を使うと、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 時候の挨拶の季節感のズレ 時候の挨拶に使う言葉は旧暦に基づいているので、今の季節感とは違いを感じるところもあると思います。 例えば「厳寒の候」「酷寒の候」などは主に1月に使います。 本当なら2月が季節的に一番寒い時期なので、2月にも 「厳寒の候」とか使えそうですが、二十四節気の 「大寒」が1月にあるため2月中旬や下旬では使いません。 そして2月は「立春」があるので暦の上では「春」となります。 例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。 その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。 時候の挨拶8月の上旬~中旬にかけて また二十四節気に加えて 「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。 時候の挨拶の8月の上旬~中旬にあたる 立秋の時期には 初候(8月7日頃) 涼風至(すずかぜいたる) 涼しい風が吹き始める頃を言います。 次候(8月12日頃) 寒蝉鳴(ひぐらしなく) 蝉のひぐらしが鳴き始める頃を言います。 末候(8月17日頃) 蒙霧升降(ふかききりまとう) まとうように深い霧が立ち込める頃を言います。 時候の挨拶8月の中旬~下旬にかけて そして、 時候の挨拶の8月の中旬~下旬にあたる 処暑の時期の七十二候には、 初候(8月23日頃) 綿柎開(わたのはなしべひらく) 綿を包む萼 ガク が開き始める頃になります。 *柎 はなしべ とは、花の萼 ガク のことで、綿を包む萼が開き始めることをいいます。 次候(8月28日頃) 天地始粛(てんちはじめてさむし) 空と大地の暑さがようやくおさまり始める頃になります。 末候(9月2日頃) 禾乃登(こくものすなわちみのる) いよいよ稲が実り、穂を垂らす頃を言います。 こういった言い回しは「和文長の時候の挨拶」の言い回しの際に使いやすいと思います。 機会があれば、ぜひ取り入れて自分だけの文章を作ってみてくださいね。 というようにつながっていきます。 例えば、 【漢語調】 納涼の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 【和文調】 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いておりますが、皆様、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。 などというような感じですね。 基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして8月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。 そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。 では、 時候の挨拶で8月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。 時候の挨拶8月上旬の書き出し例文• 厳しい暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 酷暑の候、皆様、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。 暑さますます厳しき折から、お見舞い申し上げます。 猛暑の候、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 蝉の鳴き声も勢いよく聞こえる毎日です。 ご壮健でお過ごしのことと存じます。 時候の挨拶8月中旬の書き出し例文• 暦の上では秋を迎えましたが、まだまだ暑い日が続きます。 そちらはお変わりありませんか。 立秋の候、お変わりなくご活躍のこと、お喜び申し上げます。 連日の熱帯夜ですが、お元気でいらっしゃいますか。 晩夏の候、ご壮健でお過ごしのことと存じます。 盆踊りの季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 時候の挨拶8月下旬の書き出し例文• 残暑いまだ去らぬ毎日が続きますが、ますますご活躍のことと存じます。 早涼の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。 ようやく暑さの峠も過ぎ、すごしやすい気候を取り戻しつつあります。 処暑の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 お盆は帰省されたと伺いましたが、故郷はいかがでしたか。 あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。 【8月上旬】 連日の暑さで体調を崩されぬよう、お体には十分お気をつけ下さい。 【8月中旬】 残暑厳しい日が続きますが、くれぐれもご自愛ください。 【8月下旬】 すごしやすい季節ももうすぐです。 どうかお身体にお気をつけくださいませ。 これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。 では、その 時候の挨拶で8月の上旬・中旬・下旬と参考になる 結びの例文をまとめました。 時候の挨拶8月上旬の結び例文• 残暑厳しい毎日ですが、くれぐれも健康にはご留意ください。 寝苦しい夜が続きますが、お体に気を付けて。 お盆の帰省の際には、混雑と暑さでお疲れにならぬようご注意下さい。 今年も冷えたスイカなど用意しておりますので、帰省された際には、ぜひお立ち寄り下さい。 まだまだ暑い日が続きますが、お体を大切にお過ごしください。 時候の挨拶8月中旬の結び例文• 残暑厳しき折、くれぐれもご自愛ください。 今年の暑さは例年以上に長く残るようでございます。 ご自愛専一にお過ごしください。 忙しい日が続くと思いますが、お体には十分気をつけて下さい。 連日の猛暑で夏バテなどなさらないよう、どうかお身体にお気をつけくださいませ。 今年は冷夏で例年になく涼しいですが、風邪など引かれませんようお気をつけ下さい。 時候の挨拶8月下旬の結び例文• 涼しい秋の気配を感じます。 お元気でご活躍下さいませ。 夏の疲れが出る時節です。 体調を崩されませんようお気をつけください。 秋風が吹き、いくぶん暑さも和らいできました。 このまま無事に夏を乗り切りましょう。 夏季休暇も終わりリフレッシュできたと思います。 お互い気を引き締めてがんばりましょう。 朝夕はしのぎやすくなりましたが、油断されずどうかお体を大切になさって下さい。 こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 スポンサードリンク 8月の時候の挨拶に入れる季語 8月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の 「風物詩」や 「気候」、 「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 では、まずは8月の風物詩について紹介しますね。 時候の挨拶に8月の風物詩を入れる 時候の挨拶の中に8月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。 そんな8月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。 【風物詩】 夏休み、夏の甲子園、帰省、お盆、盆踊り、花火大会、お墓参り、残暑見舞い、海、プール、日焼け、熱中症、日傘、エアコン、扇風機、きもだめし、終戦、ねぶた祭り、五山の送り火、ビール、そうめん、とうもろこし、かき氷、冷やし中華、アイスクリーム、すいか 【気候】 夕立、入道雲、台風、残暑、処暑、立秋、真夏日、猛暑日 【自然】 カブトムシ、クワガタ、蚊、ひぐらし、セミ、とんぼ、カンナ、やまゆり、りんどう、鳳仙花、ひまわり、朝顔 これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。 機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。 暑中見舞いと残暑見舞いについて 暑中見舞いとは、暑さが厳しい季節に相手の体調を気遣って出す季節のお便りです。 今では、お中元などと一緒に出すケースも多くあります。 そんな 暑中見舞いの時期ですが、8月7日頃に立秋を迎えるので、 参考ページ 残暑見舞いは、相手から来た暑中見舞いの返事にも使えるので便利です。 ぜひ、活用してくださいね。 あとがき 時候の挨拶で8月の上旬・中旬・下旬でのそれぞれの言葉について。 そして8月の時候の挨拶の書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩。 また、暑中見舞いや残暑見舞いの手紙についても触れてまとめましたがいかがでしたか。 漢語調では礼儀正しい感じになるし、和文調の時候の挨拶ではやわらかい言い回しにも礼儀正しい挨拶にも出来るので便利です。 うまく風物詩や七十二候などの季語の言葉も織り交ぜながら、8月の時候の挨拶の参考にしてください。 その他の月の時候の挨拶についても別ページでまとめてあるので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

次の