新型 コロナ 収束 いつ。 独自・新型コロナの収束はいつ?世界各地を緊急取材 テレビ朝日【ビートたけしのTVタックル】|JCCテレビすべて

五輪延期1年で大丈夫? いつ収束、だれも明言できず [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ 収束 いつ

新型コロナの収束見込みはいつ?スペイン風邪当時と比較して 状況が違うので単純に比較はできませんが、100年前のスペイン風邪が収束まで2年以上かかったことから考えて、新型コロナウイルスの収束はまだ当分先のようです。 1年以上かかるかもしれません。 当時と今の状況の違いを見てみます。 医療の進歩 100年前はスペイン風邪がウイルス感染であることも分からず、顕微鏡で見ることもできませんでした。 今は医療が進歩したことにより、原因や実態調査が行われ、ワクチンの開発も進められています。 しかし、WHO事務局長が3月27日の時点でワクチン開発は少なくとも1年から1年半かかると述べています。 の記事です。 海外との出入国の増加 100年前は海外との移動手段は主に船であり、一般人はほとんど行き来がなかったと思われます。 現在では飛行機での出入国が爆発的に増え、それが感染拡大に拍車をかけています。 しかし、今の状況で出入国禁止の国も増え、自由な行き来ができない状態が続けば、感染の拡大は抑えられるでしょう。 「1918年のインフルエンザ・パンデミック(1918年1月~1920年12月、通称スペインインフルエンザ、日本語では スペイン風邪)は、H1N1型インフルエンザウイルスが関与した2つのパンデミックのうちの最初のものである。 2番目は2009年の豚インフルエンザ。 1番目当時の世界人口18~19億人の約27%に当たる5億人が世界中で感染し、その中には太平洋の孤島や北極圏の人々も含まれていた。 死者数は1,700万人から5,000万人、場合によっては1億人と推定されており、人類史上最悪の伝染病の1つとなっている。 歴史的・疫学的データは、パンデミックの地理的起源を確実に特定するには不十分である」 100年前にこんなパンデミックが起きていたとは。 スペイン風邪だからヨーロッパだけかと思ったら日本もかなりの被害があったようで驚きました。 ただ、外国では乳幼児や若い人の死亡も確認されているので、今後どうなるかは分かりません。 Japanニュースのの記事を参考にさせていただきました。 スペイン風邪の日本の死亡者数と流行った期間 スペイン風邪が日本で始まったのが1918年5月以前で、完全に収束したのが1920年過ぎ。 収束に約2年かかっています。 このスペイン風邪の日本での被害は、 当時の人口5600万人に対し、45万人が死亡、死亡率は0. 統治下の朝鮮と台湾の死亡者を合わせると74万人 スペイン風邪が日本で流行った理由 1918年当時日本は台湾を統治中で、台湾に巡業した3人の力士が肺炎等によって死亡した事が発端のようです。 同年5月には、横須賀軍港に停泊中の軍艦に患者が発生し、横須賀市内、横浜市へと広がりました。 船から感染拡大したのが今回の新型コロナウイルスのケースと似通っていますね。 スペイン風邪の日本での被害 スペイン風邪は日本全国に広がりましたが、特に重工業地帯で人口が密集していた京都・大阪・神戸で死亡率が高かったようです。 中には1000人の村のほとんどの人が罹患し、村が壊滅したケースもあったそうです。 当時の自治体の対策 1919年(大正8年)1月、当時の内務省衛生局は一般向けに「流行性感冒予防心得」を出し、スペイン風邪への対処を大々的に呼びかけていました。 その内容は、人込みを避ける、マスク着用、学校休校など、今の対策と驚くほどに似通っていたそうです。 スペイン風邪の収束 日本で1918年5月からはやり始めたスペイン風邪は、1920年を過ぎると自然に鎮静化しました。 それは、スペイン風邪を引き起こしたウイルスが日本の隅々にまで拡大し、もはやそれ以上感染が拡大する限界を迎え、スペイン風邪にかかり生き残った人々が免疫抗体を獲得したからだという事です。 まとめと感想 スペイン風邪という名前は聞いていましたが、100年前に日本でもかなりの被害があったことは知りませんでした。 そして当時の人たちが情報もなく実態も分からない病気の広がりにどんな思いで日々過ごしていたのかを考えると、本当に大変だったと思います。 世界は感染症の被害に何度もあってきたのですね。 これだけテクノロジーが発達した今でも新しいウイルスが出てくると解決まで時間がかかってしまいます。 いま中国で別の感染症が流行する兆しもあるそうです。 心配ではありますが、今まで収束しなかった感染症はないので気持ちを強く持ち続けることが必要と思いました。

次の

「日本では4月以降、新型コロナウイルスは生き延びにくい」は本当か|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

新型 コロナ 収束 いつ

sponsorlink 新型コロナウイルス終息の条件 新型コロナウイルスの「終息」とは、感染患者が1人もいない状態のことである。 過去にもコロナウイルスが猛威を振るったが、「終息宣言」が出ている。 過去のコロナウイルス感染症の「終息宣言」 SARS(重症急性呼吸器症候群) SARSは2002年11月に、中国広東省仏山 フォーシャン 市で流行が始まる。 2003年7月5日にWHOより「終息宣言」が出された。 MERS MERSの韓国での感染拡大では、2015年5月中旬から感染した患者が出た。 韓国政府は2015年12月24日をもって終息宣言を発表。 新型インフルエンザ 2009年の新型インフルエンザの感染拡大では、4月にアメリカやメキシコで、ブタ由来のウイルスが、人から人に感染する例が複数確認された。 8月10日、WHOは世界的な大流行は終結したとして、パンデミックを解除した。 この潜伏期間を前提として、SARSやMERSと同じ基準によれば、 28日間、新たなウイルス患者が出ないことが終息宣言の条件になると考えられる。 但し、これは北半球の話。 『 北半球の気候が温暖になりウイルスの広がりがいったん収束しても、これから冬を迎える南半球で感染拡大が続けば、北半球に再度ウイルスが移り、「感染のサイクル」が作られる恐れがある。 新型コロナウイルスの場合、人口の7~8割が感染する必要があり、現実的ではない(=封じ込めと真逆)。 となるとワクチンの接種となるが、ワクチンの開発は始まったばかり。 東京医大の浜田篤郎教授(渡航医学)は「最終的にはワクチンができるまで流行を繰り返すのではないか」とした上で、 終息まで「二年程度はかかる」と予想する。 新型コロナウイルス終息時期は予測できない SARSウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子は、90%近く同じであるという。 であれば、夏ごろに終息する可能性がある。 しかし、事はそう単純ではない。 それは夏(季節性)だから終息したのか、封じ込めが効果を発揮したのが夏だったからなのかに明確な答えが出ていない為だ。 また、新型コロナウイルスの封じ込めがどこまでうまくいくかによっても変わって来る。 新型コロナウイルス終息時期がいつになるかは、新型コロナウイルスが季節的かそうでないかによって異なる。 新型コロナウイルスが季節的なものである場合 新型コロナウイルスの封じ込めが上手くいき、新型コロナウイルスが季節的なものであれば、夏ごろに終息する可能性がある。 但し、それは北半球の話。 今度は南半球で感染が拡大し、その感染が北半球に及ぶ可能性があるので、安心はできない。 新型コロナウイルスが季節的なものでない場合 新型コロナウイルスが季節的なものでなければ、終息はワクチンの開発を待つしかない。 これには2年程度かかる見込み。 この場合、新型コロナウイルスの終息宣言は来年以降になる。 新型コロナウイルスはどうすれば終息するのか? 新型コロナウイルスを終息させるには以下の方法が考えられる。 封じ込めには限界がある。 集団免疫 集団免疫には人工の7~8割程度が新型コロナウイルスに感染する必要があり、現実的でない。 季節(高温多湿) 「インフルエンザウイルスなど一部のウイルスは、気温が低く空気が乾燥していると感染が拡大しやすい」とされているが、新型コロナウイルスもそうなのかについては分かっていない。 免疫力を高める 新型コロナウイルスに感染した人が全て重症化する訳ではない。 その差は「免疫力」にある。 いかに「免疫力」を高めるかが今後の課題となる。 ワクチン 新型コロナウイルスに最も有効なのがワクチン接種だ。 しかし、ワクチンの開発は始まったばかり。 ワクチンが出来るまで1年~2年程度かかる。 我々が今取るべき新型コロナウイルス対策は? 個人レベルで出来ることは限られる。 感染を拡大しない まず、感染を拡大しないことだ。 マスク着用、アルコール消毒の徹底、密閉した空間、人と至近距離での接触は避ける。 しかし、このことについて触れた記事やニュースは見当たらない。 免疫力を高めるのは何かをしてすぐ効果を発揮するものではないが、健康と免疫力は切っても切れない関係なので、これを機に免疫力を高める生活習慣を意識することが大事だ。

次の

シンガポールの研究者が予想 日本の新型コロナ感染の収束はいつか ロシアの予想も

新型 コロナ 収束 いつ

【関連記事】• 新型コロナウイルス感染症は、封じ込めなどによって一部の地域で部分的に収束したとしても、人の移動を前提とした現在のグローバル資本主義社会においては、他の地域からの持ち込みによって再燃するリスクを常に抱えることになる。 そのため、封じ込めによる全世界的な収束は実現困難で、集団免疫を獲得する以外に収束させる方法はない。 集団免疫とは、全人口の一定数が感染症に対して免疫を有することで、1人の感染者が新たに何人に感染させるかという「基本再生産数」を1未満にし、感染拡大を抑える戦略である。 新型コロナウイルス感染症に当てはめると、基本再生産数が2. 集団免疫を獲得するには2つの方法が存在する。 ワクチンと自然感染である。 ワクチンは比較的安全かつ迅速に免疫を付与することが可能で、方法としては最適だろう。 ただし、順調に進捗したとしても開発には12カ月以上必要とされ、広く投与可能となるにはさらに時間がかかる。 また、ワクチン開発には安全性の問題やウイルスの変異による効果減弱化の懸念がある。 ウイルスの感染や増殖を防ぐ「中和抗体」を投与してもウイルス量がすぐに低下しない患者も報告されており、ワクチンではより強い中和抗体を作り出すことが必要となる。 このためワクチン開発は難航することも予想される。 もしワクチン開発に失敗した場合はどうなるか。 その場合にとり得る方策が自然感染である。 自然感染は意図的に人々を感染させて集団免疫を獲得する方法であり、感染爆発や重症患者増加による医療崩壊リスクを常に抱えることになる。 そのため、この戦略では重症化や感染爆発をいかに抑えるかが肝要だろう。 自然感染の戦略をとった場合、先進国において収束まで早くても2年から3年、長期化すると5年以上は掛かるという試算もあり、長期化を覚悟する必要がある。 以上をまとめると、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的な大流行)は、1年から5年程度の部分的な収束を経た上で、ワクチンもしくは自然感染による集団免疫が成立した時点で収束する、というのが合理的な道筋となる。 それは、免疫の成立や持続性に関する問題に起因する。 ウイルスに感染しても、免疫ができない、または短期間で免疫が弱ってしまう場合、集団免疫は獲得できない。 最近、軽症で回復した患者のうち3割程度で免疫が十分でなかったとの報告や、再感染の可能性があるとの報告が出てきている。 集団免疫の獲得に失敗するシナリオも念頭に置く必要がある。 その上で3つのシナリオを提示したい。 新型コロナウイルス感染症の「疫学的収束」シナリオ(アーサー・ディ・リトル・ジャパン作成) 疫学的な部分的収束から収束に移行する期間については、シナリオの分岐が考えられる。 ワクチン開発の成否でシナリオが分かれ、次に自然感染による集団免疫獲得の成否でシナリオが分かれるだろう。 もしワクチン開発が成功し早期に実用化されれば、早期かつ安全に集団免疫を獲得可能となり、感染は1年から2年で収束する。 この場合、経済活動の停滞によるダメージは最も少なくすることができる(より良いシナリオ、アップサイド)。 一方で、前述の通りワクチン開発については副作用リスクなどの障害もあり、早期の開発が成功しない可能性もある。 その場合、自然感染によって集団免疫を獲得するシナリオにシフトすることになる。 その場合、集団免疫の獲得までは先進国でも3年から5年程度を要することになり、長期的な経済の低迷が懸念される(標準シナリオ、ベース)。 そして、さらに悪いシナリオとして考えられるのは、免疫の減弱化や不成立などによって集団免疫が獲得困難なケースだ。 この場合は全世界的な収束が5年以上期待できず、感染爆発のリスクを抱える部分的収束状態が常に続くことになる。 そうなればさらに長期的に経済活動が制限されるため、経済的なダメージは計り知れず、現在の資本主義的な社会システムを根本から見直す必要に駆られるだろう(より悪いシナリオ、ダウンサイド)。 結論としては、いずれのシナリオにしても少なくとも1年から2年、長期化すると5年程度もしくはそれ以上の期間にわたり、移動制限などの措置を取らざるを得ない。 もはや新型コロナウイルス感染症が拡大する前の生活はそう簡単には取り戻せず、今後の企業活動についても大きな戦略の転換が求められることになるだろう。 では実際にこれらをどのように達成すべきなのだろうか。 経済活動の制限は、主に移動制限・都市封鎖に起因するため、移動制限や都市封鎖の程度や期間を最小限にする必要がある。 これを達成するには、感染者の増加をある程度許容できる体制を構築せねばならない。 そのためには「医療資源をいかに拡大させるか」と「感染者増加に伴う重症患者の増加をいかに抑制するか」が肝要となる。 医療資源の拡大については、人工呼吸器・マスクの増産などで政府が対応を開始しているが、医師・看護師の絶対数に限りがある上、院内感染による病院閉鎖による医療資源の減少も懸念されるため、拡大余地には限度がある。 双方ともに軽症患者の重症化予防に寄与し、重症患者の割合を相対的に減らすことが可能となるため、感染が拡大しても医療資源に余裕ができることになる。 もしこれらが達成され、感染者の増加をある程度許容できる体制となれば、移動規制などの程度・期間を最小限にでき、経済活動に対する影響度を軽減できる。 (アーサー・ディ・リトル・ジャパン プリンシパル 花村遼、同コンサルタント 田原健太朗) [日経バイオテクオンライン 2020年4月30日掲載].

次の