お腹 が 張る 理由。 お腹が張る原因は便秘だけじゃない!考えられる3つの病気と症状

妊娠中お腹が張る理由は?妊娠初期~妊娠後期まで時期別に解説

お腹 が 張る 理由

もくじ• 大豆や大豆製品の栄養や健康効果 大豆は畑の肉と呼ばれるほどの良質のたんぱく質を豊富に含んでおり、その吸収率も 納豆・豆腐でそれぞれ 91%、95%と非常に効率的にタンパク質を吸収できます。 他の豆類・作物と比較してもその栄養効果は非常に高いと言われています!さらに大豆そのままの食材を摂取しても、様々な種類の大豆の加工製品を摂取してもその効果は同じようにあることから人気の高い食材なんですよね。 大豆に含まれる主要な栄養成分は• 大豆レシチン• オリゴ糖• 大豆サポニン• イソフラボン• 不飽和脂肪酸 これらの栄養成分によって次のような健康効果が期待されます。 さらに豊富に含まれるビタミン類(ビタミンB2、ビタミンンE)ミネラル類によって次のような健康効果もあります。 大豆は豆の王様とも呼ばれる理由はまさしくこのような多くの効果を引き出すパワーがあるからです。 一般的に、健康な胃腸の機能も持っている方は摂取した食物はタイムリーに胃腸において消化され排泄されます。 しかし、胃腸の働きが弱まると食べ物の消化するスピードが遅くなり便秘の症状を引き起こします。 同じように、腸の働きが弱まることで、腸内に発生したガスを体外に排出することができなくなりガスが溜まることになります。 お腹が張る症状の元凶となる胃腸の働きが弱まる原因としては様々な要因が考えられますが、次のような主な要因が明らかになっています。 【暴飲暴食】 日常的に満腹感を感じる食事を続けることによって胃腸への負担がかかり消化不良となり、腸内ガスの排出もできなくなります。 【過度のストレス】 胃腸にとって、過度のストレスは大敵であり、胃腸の働きを低下させることがわかっています。 【加齢】 加齢に伴う老化現象の一環として胃腸の機能も若い時代とは異なり低下してきます。 このような自覚がなくて若いときと同様の食事量を続けていると胃腸に大きな負担がかかります。 加齢は避けては通れないもの。 早食いをしている方に多くみられる症状ですが、 食事をしている最中に唾とともに多くの空気を飲み込むことによって起こるお腹の張りです。 お腹の張りが一週間以上続くようであれば、病気が関係している場合がありますので、消化器内科などの専門医に受診しましょう! スポンサーリンク 【食べ過ぎ注意】大豆・大品を食べておならが臭くなる理由 大豆や大豆製品を食べておならが臭いという方がいますが、その多くの原因は 過剰なタンパク質の摂取と腸内に住んでいる悪玉菌の増加が関係しています。 臭い匂いの原因はタンパク質に含まれる窒素を含むインドール・スカトールと呼ばれる有機化合物です。 タンパク質は通常は消化される間にアミノ酸に分解されますが、タンパク質の過剰摂取によって腸内まで分解されずに到達すると悪玉菌によって窒素を含む有機化合物が産生されてしまいます。 つまりタンパク質が悪玉菌の餌となる状況が生まれます。 特に 納豆の取り過ぎでおならが臭いということ、よくあるのでご注意を! 大豆は畑の肉と呼ばれるほどの豊富なタンパク質を含んでいますが、納豆は大豆を発酵していますので、そのタンパク質を含む栄養価は大豆より豊富に含まれています。 一般的に日本人の成人男性の一日当たりのタンパク質の摂取量は50g、成人女性では40gです。 納豆1パックには7.5gのタンパク質が含まれておりこの量は牛フィレ肉の40gに相当します。 肉と魚などの食事で充分なタンパク質を摂取しているときには納豆を食べ続けていると、納豆菌本来の働きである腸内環境の改善とは逆に腸内にタンパク質を餌とする悪玉菌を増加させてしまい、臭いおならの匂い成分を作り出してしまうという皮肉な結果となってしまいます。 このような場合には、乳酸菌を食事に取り入れて善玉菌を増加させることによって腸内環境のバランスをとることが大切です。 まとめ 大豆と大豆製品の我々の体へ及ぼす効能効果は世界各国の様々な研究で立証されており、その価格的安さを考慮すると大豆と大豆製品は我々の日常の食生活にはなくてはならない食材として取り入れてください。 但し、大豆及び大豆製品などの過剰摂取によって起こるデメリットも良く理解したうえで、栄養のバランスを考えた毎日のレシピ作りが大切です。 また、日頃の体調維持には胃腸の働きと腸内環境を常に正常に保つことを忘れないように心がけてくださいね! 他にもこんな食材の食べ過ぎはよくありません。 もちろん買い物にでかけることが禁止されている訳ではありません。 ですが、できる限り安全に美味しいものを食べたいという欲求は消えません。 そこでお薦めなのが 『有機野菜や新鮮野菜の宅配サービス』 食材宅配サービスのメリットは、• スーパーや混雑したお店に行くのを避けられる• 買い物かごやカートなどを触らなくてもよい• 多数の人が触った商品を買わなくてもよい• レジや狭い店内で人との接触を避けられる• 有機野菜のため値段がスーパーより高い• セット売りで野菜を選べない•

次の

がん患者さんの「お腹が張る」という症状。考えられる原因と対策、治療法は?

お腹 が 張る 理由

妊娠時期を問わず、妊娠中にお腹が張る理由として以下の4つがあります。 動き過ぎ 仕事や家事で忙しいといった理由で動き過ぎると、子宮の収縮を促してしまい、これがお腹の張りにつながることがあります。 動き過ぎによる疲労も、お腹の張りを招くことがあるので注意が必要です。 動き過ぎが原因の場合は、多くの場合、痛みをともなわない不規則なお腹の張りを感じます。 皮膚のつっぱり 妊娠によってお腹が大きくなり皮膚が引っ張られることで、お腹に張りを感じることがあります。 便秘 妊娠によってホルモンの分泌量が変化したり、子宮が大きくなって腸を圧迫するようになり、食べ物の消化・吸収に時間がかかるようになるため、便秘になることがあります。 便秘が長引くと、腹痛のほかお腹が張ることがあります。 妊娠による便秘は妊娠初期に起こりやすいですが、体質によっては中期や後期にかけても起こることがあります。 羊水過多症 妊娠時期を問わず、羊水量が800mlを超えた場合を羊水過多といい、これにともない母体に症状が出てきた場合を羊水過多症といいます。 羊水過多症になると子宮容積が大きくなるため、お腹がパンパンに張ることがあります。 早産のリスクが高まるため、早めに産婦人科医に相談しましょう。 こんな傾向がある人は注意 妊娠時期を問わず、安静にすればおさまる心配の少ないお腹の張りもあれば、早めに産婦人科を受診すべきお腹の張りもあります。 以下のような傾向が目立つ場合は、産婦人科を受診することを検討しましょう。 ・張りに痛みをともなう ・出血もみられる ・お腹の張りの頻度や強度が増している ・発熱をともなう 妊娠初期は子宮の収縮が少ないため、基本的にはお腹が張ることはほぼありません。 ただし、妊娠初期は子宮が急激に大きくなる時期のため、子宮を支える靭帯が引っ張られる痛みとともに張りを感じる場合もあります。 このとき、しばらく横になることで張りがおさまるようであれば、まずは心配ありません。 妊娠のサインとしてのお腹の張り 妊娠初期にはさまざまな体の変化が起こります。 お腹が張るだけでなく、以下のような体の変化もみられた場合は、妊娠したサインである可能性も高いです。 ・基礎体温が高い時期が3週間以上続いている ・微熱が3週間以上続いている ・ちゃんと寝ているのに眠気が強い ・やる気の低下やイライラがみられる ・頭痛、吐き気、めまいなど不調がみられる ・トイレの回数が増えた 妊娠か確かめるためには、必ず産婦人科を受診しましょう。 妊娠検査キットは、あくまで妊娠を確認する補助的なものです。 切迫流産によるお腹の張りに注意 流産の一歩手前の状態を切迫流産といいます。 流産の約8割が、妊娠12週未満である妊娠初期に起こっているので十分な注意が必要です。 切迫流産の疑いがある場合、初期段階ではわずかな出血と軽い腹痛がみられるケースが多いです。 しかし人によって症状は異なるので、お腹の張りが起こることもあります。 妊娠12週までの切迫流産には有効な薬がなく、少量の出血がみられても医療機関で行える対処はありません。 まずは安静にして経過を観察するようにしましょう。 ただし、腹痛がひどくなるようであれば診療時間外であっても産婦人科を受診してください。 妊娠中期は、生理的な理由でお腹が張ることが多いです。 母体・胎児どちらも落ち着いた安定期であるという証でもあります。 こうしたお腹の張りは、しばらく横になることで自然と張りがおさまるなら、まずは心配ありません。 切迫早産によるお腹の張りに注意 早産になりかかっている状態を切迫早産といいます。 切迫早産は、周期的にお腹が張る、腹痛が起こることが多いのが特徴です。 お腹の張りの周期が1時間に2回以上、あるいは生理痛のときのように下腹部痛あたりがチクチク傷む場合は、特に危険な状態です。 また、切迫早産は妊娠週数が早いほど、胎児への影響も大きくなるおそれがあります。 切迫早産の疑いがある場合は、早めに産婦人科を受診してください。 妊娠後期は、特にお腹の張りが起こりやすい時期です。 これは、出産に向けての体の準備によるものです。 特に妊娠10か月の臨月は、お腹が張ることが多いです。 また、人によっては出産前に起こる前駆陣痛の段階でお腹の張りを感じることがあります。 常位胎盤早期剥離によるお腹の張りに注意 常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)とは、出産前に子宮の中で胎盤が剥がれてしまった状態です。 お腹の張りのほか、激しい腹痛が起こることもあります。 量は少なめですが、出血をともなうこともあります。 母子ともに危険な状態なので、早急に産婦人科を受診してください。 おわりに 妊娠中のお腹の張りは、原因を自分だけで特定するのが困難なケースも少なくありません。 見極めが難しいと感じたら、1人で悩まず産婦人科医に相談しましょう。 母子ともに健康に、マタニティライフを過ごしてくださいね。

次の

大豆・納豆でお腹が張る原因!食べ過ぎるとおならが臭くなる理由

お腹 が 張る 理由

「お腹が張る」ってどういうこと? そもそも、妊娠中のお腹の張りとはどういうものなのでしょうか? 実は、「お腹が張る」という言葉で表される症状は、妊娠期間によって少しずつ違いがあるのです。 例えば、妊娠初期に「お腹の張り」と言う場合、子宮が大きくなる過程で生じる、つっぱるような感じを表すことがほとんどです。 また、妊娠中期以降になってくると、赤ちゃんが動いたときや、妊婦さんが長時間歩いて疲れてしまったときなどに、一定時間お腹が硬くなった様に感じることが多くなり、これを「お腹が張る」と言います。 そして、出産が近づいた場面では、まさに陣痛を「お腹の張り」と表現することもあります。 このように、「お腹が張る」という言葉の意味がいくつもあるため、特に初産の場合は混乱する妊婦さんが多いのです。 実際に筆者もそのうちの一人で、妊娠期間によって症状が違うというところを理解していなかったため、マタニティ雑誌などを読んでいても、お腹が張るという意味がよくわかっていませんでした。 妊娠超初期にお腹は張る? 妊娠のいつの段階で使うかによって、「お腹の張り」の意味が変わってくることを紹介しました。 では、妊娠超初期の段階で、お腹が張るということはあるのでしょうか? 妊娠超初期とは、一般的に最後の月経から1か月間を指すため、厳密にいえばそのうちの半分くらいの期間は妊娠していない状態です。 妊娠3週くらいで受精卵が着床し、妊娠が成立することがほとんどなので、妊娠に関するホルモンバランスの変化なども起きてくるのはこのころからです。 よって、妊娠超初期の段階では、まだ実感が出るくらい子宮が大きくなることも考えにくいので、子宮の変化が直接の原因でお腹が張る、とは言い難いです。 一方で胸の張りに関しては、よりダイレクトにホルモンの変化の影響を受けやすいため、割と早い段階から変化を感じる人が多いようです。 もし、明らかに胸の張りが普段の生理前とは違う、と思ったら、妊娠を疑ってみてもいいかもしれません。 では、妊娠超初期にお腹が張っているように感じる場合は、何が原因なのでしょうか? 超初期にお腹が張る原因・対策は? 実は、妊娠超初期にあたる期間にお腹が張っている場合、子宮ではなく腸が原因となっていることが多いです。 なぜなら、前述のように妊娠超初期(3週以降)から、妊娠に関する女性ホルモンの分泌が盛んになり、妊娠していなかったときとは全体のホルモンバランスが全く変わってきます。 すると、交感神経・副交感神経などの自律神経が乱れがちになる場合があります。 自律神経に乱れが生じると、その影響で腸の働きが悪くなり、便秘を引き起こすことがあるのです。 直接的に子宮の変化が生じているわけではありませんが、間接的には妊娠が関係して、「お腹の張り」が起きるというわけです。 この場合のお腹の張りへは、一般的な便秘への対策が効果を発揮します。 水分をこまめにとり、便秘改善に効果が高いと言われる野菜や食物繊維を多く含む食材を料理に取り入れましょう。 筆者個人的には、おからがオススメですよ! また、軽い運動も便秘改善につながりますが、無理は禁物です。 病院には行くべき? 妊娠の可能性がある女性で、排卵日から計算して妊娠超初期にあたる時期にお腹の張りが見られる場合、本当に妊娠している場合もあります。 しかし、妊娠超初期と呼ばれる時期には、妊娠により分泌が始まるhCGホルモンの量もまだ少ないため、妊娠3週~4週の早い段階だと市販の検査薬などを使っても正しい結果が出ない場合の方が多いです。 妊娠しているかどうかが気になるだけの場合は、せめて次の月経開始予定日を過ぎるくらいまでは様子をみて、その頃に気になるようであれば、一度妊娠を調べてみましょう。 もし、お腹の張りが我慢できないような痛みである場合は、病院を受診してください。 超初期はまだ、妊娠と関係したお腹の痛みが出るのには少し早いですが、例えば子宮外妊娠となっていてそのまま放置してしまうと、最悪の場合卵管破裂などを起こし、大量出血してしまうケースもあります。 なので、いくら早い時期であっても、心配になるほどの違和感がある場合には、念の為医師に診てもらうようにしてくださいね。

次の