クリスマス ツリー いつ 出す。 クリスマスツリーを出す時期はいつ頃?早いのはだめ?正しいのはいつ?

いつからいつまで?海外と違うクリスマスツリーの【3つのタイミング】

クリスマス ツリー いつ 出す

クリスマスの時期になると、毎年迷ってしまうのがクリスマスツリーを出す時期と片付ける日ですよね… 出す時期が早すぎると自宅に友人を招いた時に恥ずかしいですし、お子さんがいる家庭では少しでも長くクリスマスツリーを飾っておきたいもの。 またクリスマスツリーは収納方法で迷うことも多いので、簡単な収納方法があれば知りたい人も多いのではないでしょうか? 当記事ではクリスマスツリーを出す時期と片付ける日の理想、そして簡単なクリスマスツリーの収納方法を紹介します。 スポンサーリンク クリスマスツリー、出す時期はいつ? クリスマスツリーを出す時期は、11月30日に一番近い日曜日が理想です。 海外のキリスト教を信仰している方たちは、この期間に出す人が多いので、カトリックの考え方を取り入れるのなら、• ただ日本におけるクリスマスはキリストが降臨する日というより、きらびやかなお祭りイメージが強いのも事実。 クリスマスツリーを出す時期をカトリックに合わせないといけないわけではないので、実際はハロウィンが終わった後、街がクリスマスムードになる11月上旬から準備する人も多いです。 可愛い飾りが自宅にあるだけで楽しい気分になるので、小さなお子さんがいる家庭などは11月に入ってすぐ、クリスマスツリーを出すのも良いかもしれませんね! クリスマスツリー、片付ける日はいつ? 出す時期と違い、クリスマスツリーを片付ける日は海外を参考にできません。 というのも海外は年始にお祝いをする習慣がないので、クリスマスツリーは年が明けた後、1月6日までを飾られているのが一般的なところも多いです。 (カトリックでは1月6日を「顕現日」といい、東方の3人の博士がキリストに会いに来た日とされているためクリスマスツリーを片付ける日に適していると考えています) ただ日本はクリスマス(12月25日)を過ぎると、鏡餅やしめ飾りなどお正月に向けて和風の飾り物が身の回りに増えてきますよね。 クリスマスツリーと正月飾りが混ざると和洋で部屋の印象が混乱して不格好なので、 クリスマスが終わりお正月飾りをつけるまでが片付ける日の理想といえるでしょう。 我が家の場合、年末の大掃除のタイミングで一緒に片付けるので例年12月26~28日の間に片付けています。 スポンサーリンク クリスマスツリーの簡単な収納方法! 一言でクリスマスツリーといってもサイズは色々なので、サイズ別に簡単な収納方法をお伝えします。 大きなクリスマスツリー(高さ1メートル以上)の場合 衣装ケースや布団ケースなどクリスマスツリーがそのまま入る、もしくは1、2回の分解で収まるサイズの収納ケースに入れ、保管するのが簡単です。 最近は楽天などでクリスマスツリー専用の収納ケースも販売されているので、こちらを活用するのもおすすめ。 1メートル以上のクリスマスツリーの場合、部品を組み立てて作成したり自分でオーナメントをつけているものが多いので、元の箱にきっちり収納するのは大変なはず。 オーナメントはオーナメントのみで袋や箱にいれてまとめ、クリスマスツリーと一緒のケースに入れてしまいましょう。 (割れるものは新聞紙はクッション材などに包んだ後、袋や箱に入れるようにしてください) クリスマスツリーは収納ケースに入るギリギリのサイズまで分解して、なるべく分解せずにしまうと簡単に片付けられます。 押し入れなどに入れる時は他のもので押さえつけられ、変形しないよう気をつけて収納してくださいね。 小さめのクリスマスツリーの場合 1メートル以下の小さなクリスマスツリーなら、上から袋をかぶせてそのまま押し入れにしまうという超簡単・ズボラな収納方法で十分です。 出している時と同じ状態のまま収納すれば、来年準備する時はかぶせた袋をとるだけなので、準備・片付け共に一瞬で終わります。 ちなみに袋をかぶせるだけの簡単な収納方法は、家の間取りによっては大きいツリーにもおすすめできます。 納戸など収納スペースに余裕があるなら、以下のような特大サイズで分厚いビニール袋を購入し、クリスマスツリーにすっぽりかぶせておきましょう。

次の

クリスマスツリーを出す時期について

クリスマス ツリー いつ 出す

ハロウィンが終わると、クリスマスツリーや街路樹にイルミネーションが施されたり、ショッピングモールのディスプレイがクリスマス仕様に変わるなど、街は一気にクリスマスムードに切り替わります。 そんな雰囲気に触れると「うちでもそろそろクリスマスツリーを飾らなければ!」という気持ちになりますが、そもそもクリスマスツリーやクリスマスリースなどの飾りは、いつ頃から飾り始めるかご存知ですか? クリスマスツリーはクリスマス4週前の日曜日に飾る クリスマスは、本来イエス・キリストの生誕祭です。 キリスト教では12月25日の4週前の日曜日から12月24日(クリスマスイブ)までを、キリストが降臨するまでの準備期間である「待降節(アドベント)期間」としています。 その始まりが、毎年11月30日に一番近い日曜日であることから、海外ではこの日にクリスマスツリーの飾り付けを始める家庭が多いようです。 もちろん「絶対にこの日じゃないといけない」というような厳密な決まりはありませんが、日曜日という家族が集まりやすい日を起点としているのは、家族と過ごす時間を大切にする欧米の文化ならではと言えるのではないでしょうか。 クリスマスツリー以外の飾りはいつ飾る? クリスマスツリー以外の飾りと言えば、クリスマスリースやクリスマスオーナメントなどがあります。 これらもクリスマスツリーと同様にキリスト教の慣習にならうのであれば、11月30日に一番近い日曜日から飾り付け始めましょう。 しかし、こと日本においてはイベントからイベントへの切り替えが年々早くなってきているため、ハロウィンが終わってからまずはリースやオーナメントだけ、お部屋のインテリア小物のひとつとして飾っても、クリスマスへの期待感が高まるのでオススメです。 毎日ひとつずつオーナメントを増やしていくなどの工夫をしても楽しいですね。 クリスマス飾りをLEDライトでバージョンアップ! クリスマスツリーに飾られるもののひとつとして、キラキラ輝く電飾があげられます。 近年は豆電球タイプからLEDタイプへシフトしてきているため、省エネかつ火災等事故の心配も減り、ペットや小さなお子様がいるご家庭でも、夜通し安心して使えるようになりました。 あらかじめツリーに付属している電飾にプラスして、玄関やリビングの一角などをLEDライトでデコレーションすると、これまで以上にバージョンアップしたクリスマスの雰囲気を楽しめますよ。 本格派の方は、家の外壁やベランダをLEDイルミネーションでライトアップするのもオススメです。 その場合も、クリスマスツリーの飾り付けと同じく「11月30日に一番近い日曜日」に飾り始めることをひとつの目安としてみてください。 2017年は11月26日(日)を飾り付け開始の目安に 毎年クリスマスツリーを出すタイミングをなんとなく決めていた方や、直前に慌てて出していた方も、「11月30日に一番近い日曜日から飾り始める」ということを知っているだけでも、クリスマスツリーをいつから出そう?と悩むことはなくなるのではないでしょうか。 2017年のクリスマス4週間前の日曜日は11月26日(日)。 この日からクリスマスの飾り付けを始めることをひとつの目安として、長くクリスマスのワクワク感を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

クリスマスツリーをしまう時期 片付けはいつ アメリカの場合は?片付け簡単裏技も

クリスマス ツリー いつ 出す

クリスマスツリーはいつから飾るのが正解? 「いつ出す」「いつ片付ける」のがいいのかしら? 11月に入ると街やお店が一気にクリスマス一色になりますね。 前日までハロウィン仕様だったのに…とびっくりします。 街は11月からですが、お家のクリスマスツリーはいつから飾っていますか? そもそも、クリスマスツリーをいつ出す・いつ片付けるというのは決まりがあるのでしょうか。 お家のクリスマスツリーを飾る時期の参考にしてみてください!• クリスマスツリーはいつから飾る? クリスマスツリーはいつから出すのがいいのでしょうか? 元々、クリスマスとはイエス・キリストの生誕祭です。 12月25日のクリスマスまでの前4週間の期間を「アドベント」と言い、 海外では主に、その期間に入る11月30日に一番近い日曜日がクリスマスツリーを飾る時期となっています。 また、11月第四木曜日に「サンクスギビングデー」という収穫祭 感謝祭 がありますので サンクスギビングデーが終わった翌日の金曜日から飾る事も多いそうです。 この「サンクスギビングデー」は日本にはあまりなじみのないイベントかもしれませんね。 そこで日本では、クリスマスツリーを飾る時期は きりがよく12月に入ってからという慣習になっているようです。 海外では家族が集まってクリスマスツリーを飾り付けるそうですが、日本でもお子さんと一緒に、とかご家族でクリスマスツリーを飾り付ける方が多いですよね。 ですので、2018年であれば12月1 土 ~2日 日 でしたが 2019年は11月30日 土 ~12月1日 日 あたりがよいのではないでしょうか。 特に「クリスマスツリーを出すタイミングはこの日じゃなければダメ!」という決まりはありません。 皆さんで集まってワイワイと、 また、結構時間がかかる作業ですから 週末の時間に余裕のある時がおすすめではないかと思います。 クリスマスツリーをいつまで飾るのが正解? では、クリスマスツリーはいつまで飾るのかという疑問にお答えしていきましょう。 海外では、クリスマス当日が終わってもクリスマスシーズンは続いており、 1月6日の「エピファニー」という公現祭までの12日間がお祝いの期間となります。 ですので、翌日1月7日にクリスマスツリーを片付ける習慣になっています。 しかし日本では、クリスマスが終わると翌日にはクリスマスツリーを片付けてしまう家がほとんどです。 日本にはお正月がありますからね! 街はクリスマスが終わった翌日には、しめ縄や鏡餅などのお正月の飾り付けにシフトしていきますので 家のクリスマスの飾り付けやツリーも12月26日~27日くらいには 片付けるのがいいように感じます。 やはり、クリスマス当日を過ぎてもツリーが出ている様子を見ると 「いつまで出してるのかしら…」となんとなく気になってしまうことありませんか? ご近所にそう思われるのも気恥かしいので、 日本ではクリスマスツリーを片付けるのは、年末に入らないうちにするのがおすすめですよ。

次の