パナソニック株価。 パナソニックの株価が低迷…一体どこまで下がる?結局テスラの事業次第か?|投資の達人

パナソニック (6752) : 株価/予想・目標株価 [Panasonic]

パナソニック株価

関連銘柄• カサートアーバン• ziaino• WEAR SPACE• Wおどり炊き• VIGIN• VIERA• V!V!• UniPhier• TOUGHBOOK• TiMO• The Roast• Technics• Strada• Seekit• RULO• Panasonic WILDKNIGHTS• OTTAVA• LUMIX• Jコンセプト• Gyutto• Gorilla• GOPAN• Eolia• eneloop• Drive P@ss• DIGA• D-dock• cuble• AiSEG• AIR PANEL LED• 骨盤おしりリフレ• 頭皮エステ• 音波頭皮ブラシ• 至高の一膳• 美リック• 稲垣啓太• 福岡堅樹• 目もとエステ• 生きる家。 炭酸イオンエフェクター• 濃密泡エステ• 温感エステローラー• 松田力也• 松下電気器具製作所• 松下幸之助• 微凍結パーシャル• 家じゅうどこでもドアホン• 家じゅう「どこでもドアホン」• 大火力おどり炊き• 堀江翔太• 坂手淳史• 可変圧力おどり炊き• 住まいるサポ• ヴァル・アサエリ愛• レッツノート• レッグリフレ• レジロボ• ルーロ• ルミックス• リンクスタイルLED• リフォムス• リファイン• リビングステーション• リアルプロ• ラムダッシュ• ラシーネ• ラクシーナ• ユニフィエ• モディファイ• ポケットリフレ• ポケットドルツ• ボディトリマー• ボディシェーバー• ボウズカッター• ホームX• ホームアーキ• ベリティスプラス• プライベート・ビエラ• フェリエ• ファイバーミキサー• ピュアテック• ビューノ• ビューティートワレ• ビストロ• ビギン• ビエラ• パークナード• パワテック• パルック• パナ坊• パナソニックスマートアプリ• パナソニック ワイルドナイツ• バル・アサエリ愛• ハイシール• ネックリフレ• ナノケア• ナノイー• ナショナル坊や• ナショナル• ナイトカラー• ドルツ• ドライブパス• ドアモニ• デカゴリラ• デイカロリ• ディードック• ディーガ• テクニクス• ティモ• タフブック• ソイエ• ゼロエコ• スマ@ホーム• スマートコスモ• スマホで外でもドアホン• スマホで「外でもドアホン」• ストラーダ• スッキリポール• スゴラク• ジェットウォッシャー• ジアイーノ• シーライン• シーキット• ザ・ロースト• ザクティ• サロン ア・ラ・メゾン• ゴリラ• コンボ• コリコラン• コアトレチェア• ギュット• ギガファクトリー• キラテック• キューブル• キュー• カットモード• カサートプレミアム• カサート• オッターヴァ• オッターバ• エレックさん• エルメゾン フィカーサ• エルメゾン ネクスト• エルシーヴ• エボルタ• エネループ• エコ・コルディス• エオリア• エイジフリー• エアロボ• エアパネルLED• エアイー• ウツクシーズ• ウェアスペース• ウイルスウォッシャー• イオンフェクター• アラウーノ• アミューレオム• アミューレ• アクアファニチャー• みまもりメール• まつげくるん• ひとり贅沢テレビ• ながらマッサージャー• つどいえ• けむり当番・ねつ当番• けむらん亭• くるくるドライヤー• かんたんマモリエ• おやすみナビアプリ• おたっくす• おうちリフレ• いろりダイニング• パナソニックのみんかぶ目標株価は「1,085円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 1,000円 、証券アナリストによる予想では【中立】 予想株価 1,028円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 1,356円 と判断されています。 パナソニックは、【電気機器、洗濯機、家庭用燃料電池】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

[6752]パナソニックの株価・配当金・利回り

パナソニック株価

Panasonicは国内電機メーカー第3位 [6752]パナソニックは国内電機メーカーの中で日立製作所、ソニーに次いで、売上高 第3位です。 4位以下の三菱電機と、上位3社の差が大きいですね。 順位 企業名 売上高(兆円) 1 日立製作所 9. 4 2 ソニー 8. 6 3 パナソニック 8. 0 4 三菱電機 4. 5 5 富士通 3. 9 6 3. 9 7 東芝 3. 9 8 日本電気(NEC) 2. 9 9 シャープ 2. 4 10 リコー 2. 0 売上の約半分が国内 [6752]パナソニックの地域別売上は、 約50%が 日本国内となっています。 (公式IRより引用) 白物家電が主力 [6752]パナソニックの製品を部門別に見てみると、アプライアンスと呼ばれるいわゆる 白物家電が売上比率トップとなっています。 [6752]パナソニック 株価 ( 2020/07/18時点) [6752]パナソニックの 株価は、 1019.5円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約10.2万円です。 1年チャート 5年チャート [6752]パナソニック 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [6752]パナソニックの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/07/18時点) 配当金 [6752]パナソニックの 1株当たりの配当金は、 0円です。 100株保有の場合、 年間0円の配当金が支払われます。 配当利回り [6752]パナソニックの 配当利回りは、 0%(税引き前)です。 79685= 0% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [6752]パナソニックの 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [6752]パナソニックの 配当性向は、 0%です。 [6752]パナソニック 配当金まとめ 株価 1019.5円 年間配当 0円 最低購入額(100株) 約10.2万円 年間配当(100株) 0円 利回り(税引き前) 0% 実質利回り(税引き後) 0% ( 2020/07/18時点) [6752]パナソニック 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [6752]パナソニックの 配当金支払い実績です。 ここ5年程度で増配傾向が見られるようになっています。 配当利回りの推移 [6752]パナソニックの 配当利回りの推移です。 増配に伴い、利回りが上昇してきましたが、それでもまだ3%台です。 購入レベルに達しているとは言えません。 配当性向の推移 [6752]パナソニックの 配当性向の推移です。 おおむね40%以下の配当性向です。 無理のない配当といえます。 [6752]パナソニック 業績 売上高 [6752]パナソニックの 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [6752]パナソニックの 営業利益です。 (単位:百万円) 税引き前利益 [6752]パナソニックの 税引き前利益です。 (単位:百万円) 純利益 [6752]パナソニックの 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [6752]パナソニックは、日本を代表する総合電機メーカーです。 高配当投資の面からは、利回りがもう一歩不足しているといえます。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

パナソニック(6752)株価が割安な理由

パナソニック株価

QUICKレーティング QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 五つ星はプラス2、星ゼロはマイナス2を意味しています。 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。 アナリストは業績成長を予想しているからといって、必ずしも「買い」の投資判断(レーティング)をつけるわけではありません。 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 一方、業績が低迷していても、その低迷を織り込んで割安と思える水準まで株価が下がれば、逆に「買い」の判断を掲げることもあります。 調査担当のアナリストがいない場合は算出対象ではありません。 算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサス QUICKコンセンサスは、証券会社や調査機関のアナリストなどによる上場企業の業績予想の平均値(コンセンサス)です。 QUICKが独自に算出しています。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 調査担当のアナリストがいない場合は、コンセンサスは算出対象ではありません。 企業が業績予想を修正した際、新たなアナリスト予想が収録されるまでは、参考値として業績予想修正前の値が表示されます。 日本経済新聞の記者や会社側の予想値ではありません。 なお、コンセンサス予想の算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。 また、決算期変更などのケースを含めて更新タイミングがずれる可能性があります。

次の