シューター装備。 [ディビジョン2] シャープシューター装備作ってみた!

シューター技能

シューター装備

スシコラの特徴 スプラシューターコラボ(以下スシコラ)は万能な武器です。 どのステージやルールでも使えます。 万能な武器である反面、色々な事をしないといけません。 前線を上げたり荒らしたりなど、打開の参加はステジャンで不意を付く位しかありません。 簡単そうに見えてかなり難しい武器です。 おすすめギア ギアは ゾンビ(復活短縮)か 防御がおすすめです。 最近の野良はゾンビが多いです。 ゾンビは対策のしようがありません。 スシコラで腕前をあげるならこちらもゾンビが必須になります。 もちろん防御ガン積みもありですが、やはりゾンビのがデメリットが少ないです。 ゾンビ装備の選び方 防御対策として、攻撃を0. 3積みます。 これで防御1. 3又は2. 0を突破可能となります。 ワカバイカTや ガチガサネがオススメです。 頭は イカノルディックが良いですね。 靴は キャンバスHiマッシュルームがオススメです。 追い討ちの時やブラスターに対しての詰めが早くなります。 機動力を捨ててさらにゾンビを積むのもありです。 防御装備の選び方 積むのであれば2. 0また又は1. 3など。 攻撃を積んでいないブラスターの爆風を2発耐えられる場合があります。 ただし防御装備は、 偽ブラ必須で揃えるのは難しいです。 機動力を捨てる覚悟でゾンビスシコラに相打ちはかなり痛いです。 スシコラで腕前を上げていくには、やはりゾンビが良いでしょう。 ハイブリッド装備 最近の環境でかなり刺さるのは、ゾンビと防御を合わせたハイブリット装備です! 具体的にはゾンビ1. 3防御1. 3とします。 対スシコラはもちろん、攻撃を積んでないブラスターやガロンにも多少有利になれます。 最近は自分もこの装備を愛用しています。 ゾンビのデスのデメリットと、防御の1体1での対面の強さを合わせた装備です。 とても使いやすいですが偽ブラが必須級です…。 機動力が要らないのなら、 頭: イカノルディック復活0. 3 服: ミントT防御1復活0. 3 靴: レイニーモスグリーン防御0. 3 純ブラで揃えられます。 クロブチが1. 2以上なら好みでそちらでも。 立ち回りについて ガチエリア エリアでは、味方の武器に合わせて立ち回りを変えましょう。 基本的には前線の荒らしと維持、チェリーやガロンの相手などを中心に立ち回ります。 味方の塗りが弱い場合には、積極的にエリアに干渉しましょう。 ガチヤグラ ヤグラでは、基本的に乗り続けることは出来ないと考えましょう。 ステジャンで飛び続け、ヤグラの前に出ましょう。 裏のブラスターも警戒しましょう。 ブラスターが落ちていれば、ヤグラの上で雷神ステップも効果的に使えます。 ガチホコ ホコは味方にもよりますが、積極的に自分から持っていきましょう。 もちろん味方が持ってくれればいいのですが、そう上手いことは行きません。 スシコラは潜伏もしやすいので、優先的に潜伏キルでホコを狙っていきましょう。 コツは必ずホコの前に出ることです! スパショがあるからと、後ろからの援護に回りがちですが、前に出て守りましょう。 まとめ 以上がカンストを目指すためのギアと立ち回りのスシコラ編でした。 最後に自分が使っているギアも参考に紹介させていただきます。

次の

シューター技能

シューター装備

85m 全備重量 62. 3t 出力 2020kw 推力 112600kg 概要 と社の共同開発プロジェクト、 『』に基づいて開発された可変型試作。 同計画の本丸とも言える可変機構装備のフラッグシップ機として誕生した機体で、旧出身の技術者アレクサンドロ・ピウスツキ博士を中心に開発が進められた。 これ以前にアナハイム社では、すでにやの開発が進行していたものの、前者はフレームの強度不足により計画が一時凍結、後者は可変機構の実証を優先したため実戦向きとは言えない仕様となっていた。 そのため、これらのデータをフィードバックし新たにブロックビルドアップと呼ばれる機体構造を取り入れた試験機『 プロトタイプZガンダム』が開発され、この機体にから得られたやによる可変機構やフライングアーマーのアイデアが盛り込まれた事により本機は完成した。 アナハイム社製可変システム『』による巡航形態への変形や豊富な武装等によって、後発のMSに引けを取らない高い汎用性を有しており、結成時には本機の配備を要望したとされている。 しかし、可変機構の採用は可動部増加や専用部品採用による整備性の悪化を招き、異なる2種類の形態を使い分ける必要により操縦系統が複雑化してしまった。 さらにフラッグシップとして開発された結果、そのまま量産することはできなくなったため、連邦軍とアナハイム社はやなど様々な方向で量産化のアプローチを取っている。 主なパイロットは、、など。 機体説明 かのと同じく 「時代を変える力を持つ」とまで称された機体ともあって、構造は当時としてもかなり先進的なものを持つ。 まず、可変を前提とした関係で各種エンジンやは胴体部から排除されて両脚部へと移動。 二基のジェネレーターはかつての開発時の技術が応用されており、片脚が破損しても、もう片方のジェネレーターで最低限の戦闘を続行可能とする程、ダメージコントロールに優れる。 腕部にはグレネードランチャーを内臓する他、高出力のエンジンも備えており、汎用規格のビーム兵器であれば常時フル出力での運用が可能とされている。 この装甲表面には後述の大気圏突入を想定して入念な耐熱処理が施されており、実戦ではそのまま耐ビーム・コーティングとして機能したとされる。 で試験運用されたフライングアーマーは左右に分割して標準装備となっているが、ウェイブシューターなど様々なバリエーションへと換装が可能で、これらを作戦に応じて換装する事で対応任務の拡大を図る事もできる。 このアーマーに挟み込まれる形でフレキシブル・バインダー等の発展系にあたるスラスター兼用のAMBAC稼働肢『ロングテール・バーニアスタビライザー』が固定配置されており、巡航形態時には脚部のスラスター共々、抜群の加速性能を発揮する。 これらの優れた機能を組み合わせて生まれた巡航形態 ウェイブライダーへの変形は機体本体を大気圏突入時の摩擦熱と衝撃波から保護し、モビルスーツ単独での大気圏突入を可能としそのまま1G重力下でも飛行可能と優れた性能を持つ。 無論、MS形態に比べると機動性こそ劣るがそのまま実戦に参加することも可能となっている。 以上の事から、RX-78のあらゆる環境に耐えうる汎用性を新次元へと昇華させた本機は、全領域支配対応機「 エリア・ドミナンス」の称号を与えられ、後世においては「パワーウェイトレシオはU. 0100年代の機体に匹敵する」とも評される等、 歴史に残る名機となった。 活躍 グリプス戦役中期から戦線投入され、エゥーゴの戦力の中心として活躍。 後に簡易サイコミュシステム「」を追加装備し、カミーユのニュータイプ能力を増幅させる事によって、操作系統にサイコミュを用いたを サイコミュ・ジャックによって行動不能にさせるなど、カタログスペック以上の性能を見せた。 続く第一次ネオ・ジオン戦争でも、カミーユを欠いた状態であったもののガンダムチームの戦力の一角としてによる攻撃で行動不能に陥るまで戦い抜いた。 また、第一次ネオ・ジオン戦争時には頭部を破壊され、代わりにして出撃した事もあった。 武装 頭部バルカン砲 頭部に搭載されている60mm口径の機関砲。 出力0. 65MWの近接格闘戦用ビーム兵装。 腰部サイドアーマー内に収納されており、ウェイブライダー時には出力1. 3MWのビームガンとして使用できるが、威力は低いため主に牽制などに使用される。 バイオセンサーの影響によって想定出力を超過したビームを発生させているが、詳しい発生原理は不明。 ビーム・コンフューズ 劇場版『Zガンダム』で登場した特殊攻撃。 左手に持ったビームサーベルを回転するように投げた後、回転するサーベルのビームに向かってビームライフルを当てる事でビームを拡散させる。 百式に向かって射出されたのを迎撃するために使用された。 一部の『』で本機固有のアビリティ ファンネル無効 として登場した他、『』ではがこれと同じ攻撃をビームナギナタで行っている。 グレネード・ランチャー 前腕部に4発内蔵された追尾機能付き小型短距離ミサイル。 オプションマガジンを装備すれば装弾数を19発まで増やせるが、変形時にマガジンを排除しなくてはならない。 用途に応じて弾頭を切り替える事も可能であり、奇襲用のワイヤー装備タイプなども存在する。 型式番号 XBR-M-87A2。 本機用に開発された最新型のビームライフルで、変形機構に対応するためにバレルの伸縮機構が内臓されている。 このため従来のビームライフルに比べると射程も長く、通常出力も 5. 7MWとランチャー系ビーム兵器に匹敵する威力を持つ。 また、ビーム・ジュッテの発展系として銃口からビーム刃を発生させる ロング・ビームサーベル機構が装備されており、近接戦時のフェイルセーフとして運用可能。 機体と同じく優秀な性能を持つライフルだった事もあり、後にほとんどの機構を引き継いだ制式量産型が開発され、・・等が主兵装として使用した。 ハイパーメガランチャー メガバズーカランチャーやネモのビームカノンの運用データを元に開発された高出力ビーム兵器。 通常出力は8. 3MW。 威力調節やジェネレーターの併用で連射間隔を縮めることが可能な他、装備自体にも推進装置が装備されている為、サイズに反して取り回しに優れる。 本兵装にもロング・ビームサーベル機構が装備されているが、機体の全高並に大きいため近接戦闘には向かず、フェイル・セーフティとしての側面が強い。 非使用時や変形時はシールドにマウントされる。 専用兵器と思われがちだが一定数が量産されているらしく、FSS所属のやスリーアローズ所属のが運用をしている。 シールド 左腕に装備される専用の防御兵装。 ウェイブライダー変形時に最重要となる機首を構成するパーツも兼ねているため、本兵装の損傷は 変形システムの使用不可に繋がるというデリケートな一面をもつ 事実、同変形機構を持つ後発の機体群は生産性や武装のプラットフォームとしての機能が優先されており、 防御機能は完全に省略されている。 反面、耐久力自体はズバ抜けて高く、緊急時に打突兵器として運用された他、最終決戦においてはウェイブライダー形態による突撃によって、の正面装甲を貫通し、パイロットであるへ直接攻撃を行っている。 0088 ガンプラ販売にあたり新たに設定された宇宙世紀0088年仕様のZガンダム。 別名称はZガンダム 後期型。 主なパイロットは。 時に改修されて形状変化したとされている。 形状が変更されたのは頭部、胴体部、上腕部、脚部外側スラスター及び装甲、機首シールド、フロントスカート、フライングアーマーと8割近い変更が見受けられる。 0097 宇宙世紀0097年仕様のZガンダム。 サンライズ監修・制作の「Gundam MS Graphica」にて登場した。 新規にテールスタビレーターに追加ブースターを装着。 また脚部に安定翼が追加されて形状が変化している。 このレッド・スネークは宇宙世紀0087年のユウリ・アジッサではなく、の可能性がある。 AEの担当にはジョニー用にの追加制作を要求していたが叶わず、このZガンダムを押し付けられる事になる。 宇宙で反連邦組織の手により横流しされたと思われる最新鋭の 0096年配備 や反連邦組織EARM(アーム)所属のMAを相手に戦いを繰り広げた。 この戦いはすべてアナハイム主導で行われており地球連邦軍は一切関知していない。 全三機が製作され、それぞれにタイプの頭部、タイプの頭部、タイプの頭部が搭載され、どのタイプの頭部がよりよい性能を示すかテストされた。 大気圏突入能力を廃し、大気圏内低空での飛行性や離着陸距離、航続距離の向上が図られている。 詳細はを参照。 詳細はを参照。 詳細はを参照。 リ・ガズィ 「」に登場。 詳細はを参照。 リゼル 「」に登場。 詳細はを参照。 フライングアーマーを外し、MS形態の機体装甲の強化を目的とした増加パーツを取り付けた形態。 流出したアナハイムのパンフレットにその機体紹介が存在するが、一説にはマニアによるフェイクである可能性が指摘されている。 詳しくは該当記事を参照 ストライク・ゼータ ムック「マスターピース ゼータ・ガンダム」に登場。 前述のホワイト・ゼータと同一の機体に大気圏内用の換装を施しテストしていた状態。 なお、「ストライク・ゼータ」の名称は宇宙世紀0088年上半期のアナハイム社株主向けの報告資料に記載されていたものだという。 ハーフ・ゼータ 「」に登場。 型式番号・正式名称共に不明。 ハーフ・ゼータの名称はパイロットのエドガー・エドモンド・スミスによって命名されている。 部分的にに近い意匠を有する為、基になった可変試作機は百式の建造時に利用されたものと同様の機体ではないかという説がある。 機首や主翼を巨大なシールドにまとめることで可変機構を簡略化している(後のリ・ガズィにのBWSに近い)が、主翼となるシールドが被弾しすぎると揚力を失って飛行不可になるという欠点を持つ。 その他、巨大なシールドを取り回すために非常に腕力が強いと言った、ある意味本末転倒な長所を持っているなど、試作機ゆえに性能に偏りがあり、総合的性能はネモの方が高いと言われながらも、戦争終結まで戦い抜いた。 武装はシールドにマウントされたマシンガン及びビームサーベル。 また、シールドの先端部にはシールド固定用の大型のバンカーを有しており、緊急時にはこれを敵に突き刺す事で攻撃手段とする。 ビルダーはコウエン・ユウセイ。 「炎」の名が示す通り、赤を基調としたカラーリングが施されている。 カレドヴルッフはの付録であった為に入手困難な幻のガンプラであったが、ユウセイの実家の倉庫に大量に保管されていた(ユウセイの父か祖父が大量に買い込んだものと思われる)為、それを専用装備としている。 また、プラフスキー粒子を排熱に応用する事で一時的に機体の運動性能を極限まで高める炎システムを搭載しているが、このシステムは機体に高い負荷が掛かる為、胸部インテーク及びフロントアーマーを換装し、脹脛にバーニアを追加した「重装版」でのみ使用可能となる。 ビルダーは。 HGUCZガンダムをベースにビルドされており、バトルでの実用性と観賞用の美しさを兼ね揃えている。 詳細はを参照。 A-Zガンダム に登場するガンプラ。 形式番号は 冗談ではなく 本当にこれが形式番号である。 各所に「A」をあしらったデザインやスカイブルーの機体色が特徴。 変形機構もそのまま残っているが、小型のダッシュシールドと大型のA-Zメガランチャーによって機体シルエットは大きく変化している(形状的にはに近い)。 武装はA-Zメガランチャー、メガランチャーを分離させたAメガライフル、Zメガライフル、ダッシュシールドに装備されたアンリミテッドサーベル、メガライフルをバックパックに接続して放つプライムキャノンなど。 本来は番組当初からの主役機であったのだがデザイン作業が難航し、窮余の策として前期主役機のが設定された経緯がある(前期OPの頭部やウェーブライダー形態のシルエットの挿入でその存在自体はほのめかされている)。 津山市の道の駅「久米の里」には、ファンの一人が製作した藤田一己版オリジナルデザインのZガンダムの立像が展示されている。 また、HGUCでは差し替え変形で再現されたのだが、リニューアル版ではプレミアムバンダイ限定でウェイブシューターVer. も発売されるという誕生の経緯から見れば逆転現象が起きている。 関連イラスト.

次の

【モンハンワールド(MHW)】パルサーシューターの派生と強化素材|ゲームエイト

シューター装備

加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤加藤で~す。 通常弾LV3の装填数が5と多く、攻撃期待値もそこそこ高いので通常ヘビィとして運用するのが良いです。 何故かというと、通常弾のクリティカル距離が3歩~15. 5歩、近距離射撃強化が適用される距離は0歩~7歩の間のみ。 つまり最大限活かそうと思うと 3歩~7歩の間合いを保つ必要がある。 スキル構成は通常弾の特性を活かし、弱点特効は確定。 次いで無属性強化、弾強化ももちろん確定です。 よってこうなります。 解説していきます。 通常弾強化…通常弾を無条件で威力1. 1倍にできる最強スキル 無属性強化…属性の無い武器の倍率を1. だいたいのモンスターが顔となりますが、正面に立つことは避けた方が良いです。 ブレスや突進の餌食となるので斜め前から狙い打てるようにしましょう。 以前紹介したレイ=ロゼッテスとは違い回し撃ちはしません。 通常弾3をひたすら撃ってリロードです。 狙撃竜弾は貫通弾と同じように体にできるだけ通るように撃つことで大ダメージを期待できます。 積極的に狙っていきましょう。 担いでいきたいモンスター…、クルルヤック、プケプケ、ロス、トビカガチ、、ツィツィヤック、パオウルムー、ドスギルオス、レイギエナ、オロン、、キリン、 多いなぁ 今作はまだまだモンスターが少なく、体の小さいものが多いので活躍の場はたくさんあると思います。 なんで装填数5やねん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 最後まで見ていただきありがとうございました!! 以前使っていたアカウントが 冤罪によって凍結させられてしまいました。 以前からヒョローして頂いていた方はこちらのアカウントをお願いします! 言ってくださればフォロバします!!! kabetan.

次の