地下水 汚染。 地下水汚染

地下水汚染(ちかすいおせん)とは

地下水 汚染

地球上の淡水資源の大半を占め、世界人口の4分の1、約15億人が、日本でも国民の4分の1、約3000万人が飲料水の水源としているがなどでされること。 1970年代後半に半導体工場が集中する米国カリフォルニア州のシリコンバレーで、半導体の洗浄に使う による地下水汚染が発生した。 この地下水を飲用していた付近住民に流産や先天性奇形などの健康被害が引き起こされ、ハイテク産業による地下水汚染として「」とも言われた。 80年代には日本でも、兵庫県の東芝太子工場、千葉県君津市の東芝コンポーネント君津工場などで、VOCによる地下水汚染が発生。 その後、全国各地のハイテク産業立地都市で次々と発覚した。 千葉県や神奈川県秦野市などは、地下水汚染防止条例を制定。 環境庁 当時 も89年に地下浸透禁止の改正、91年の土壌環境基準の設定、94年に「土壌・地下水の調査・対策指針」の策定、97年の地下水環境基準の設定、2003年の施行などで対応した。 このほか農業用の過剰施肥による類による地下水汚染も80年代以降、農村部や離島などで多発している。 畑明郎 大阪市立大学大学院経営学研究科教授 / 2007年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 ハイテク産業で多く使われるが貯蔵タンクなどからもれ,地下に浸透して引き起こす。 環境庁は1982年度以降毎年,全国の地下水の水質汚染実態調査を実施している。 第1回の1982年度は全国15都市の井戸1360本について18の測定を行い,28%の井戸からが,27%からが検出された。 1983年12月,兵庫県太子町にある東芝工場の洗浄工程の建物からトリクロロエチレンがもれて付近の民家の井戸水を汚染していることが分かった。 また1988年には千葉県君津市でIC工場に貯蔵されていた溶剤がもれ,地下水中に含まれるトリクロロエチレンが水道水の暫定水質基準の2000倍を超えていた。 トリクロロエチレンとテトラクロロエチレンが水道水の水質暫定基準を超えている井戸は環境庁の地下水汚染実態調査の結果,調査対象の2〜3%を占めている。 1989年6月,ハイテク工場による地下水汚染を防ぐため,の改正により規制が強化された。

次の

土壌・地下水汚染対策

地下水 汚染

砒素に汚染されたチューブウェル 1980年に中国・新疆ウイグル自治区、1982年にインド・西ベンガル州、1987年にタイのロンピブン村、1989年に中国・内モンゴル自治区で砒素中毒患者が発見されました。 その後、バングラデシュで約3,500万の人びとが砒素に汚染された水を飲んでいることがわかり、他の国でも調査が始まりました。 その結果、地下水の砒素汚染は、アジアの大河流域で、共通して起こっていることがわかってきました。 中国の黄河流域、ベトナムのレッドリバー流域、カンボジアとベトナムのメコン川流域、ミャンマーのエーヤワディー川流域、ネパールとインドのガンジス川流域、パキスタンンのインダス川流域、ガンジス川とブラマプトラ川とメグナ川の3つの大河が合流してできたデルタの国バングラデシュなどです。 こうした河川をさかのぼると、世界の屋根ヒマラヤ山脈にたどりつきます。 ヒマラヤ山脈はおよそ4,500万年前、漂流していたインド亜大陸とユーラシア大陸が衝突し、ユーラシア大陸の南にあったテチス海が隆起してできたといわれています。 大昔は海底だったヒマラヤの岩石に砒素が含まれていて、長い年月の間に岩石は風化し、大河に運ばれて中・下流域に堆積しました。 砒素は、酸化・水酸化鉄や粘土に吸着されたり、植物が枯死してできた泥炭に取り込まれたりして地下に眠っていました。 20世紀の後半になって、飲料水が地表水から地下水に転換するのにともない、眠っていた砒素がチューブウェル(管井戸)で汲みだされて、住民の健康を脅かすことになりました。 地下水を灌漑に使っている地域では、砒素による土壌や農作物の汚染も懸念されています。 地下水砒素汚染のメカニズム 地下に安定した状態で眠っていた砒素がどうして地下水に溶けだしたのか? そのメカニズムに関して、「酸化説」と「還元説」の2つの説があります。 酸化説は、砒素汚染地の地層から砒素を付随する硫化鉄が見つかったことを根拠にして、乾季の灌漑用地下水の大量汲みあげによって地下水層に空気がおりていき、その酸素が硫化鉄を酸化することで、硫化鉄は3価の鉄と硫酸イオンに分解し、そのときに付随していた砒素が離れて地下水に溶けだす、というものです。 この説に対し、井戸水から硫酸イオンが検出されないことや、井戸水は酸化ではなく還元状態にあることなどから異論がだされ、「還元説」の主張が強まりました。 還元説は、砒素濃度の高い井戸水が同時に高濃度の鉄を含んでいることや、地下を還元的な環境にかえるバクテリアの活動に着目して、地上から浸透してきた汚水やし尿や肥料などを栄養素とするバクテリアが活性化して、鉄を3価から2価に、砒素を5価から3価に還元する結果、酸化・水酸化鉄に吸着されていた砒素が解き放たれて地下水に溶けだす、というものです。 現在、アジアの地下水砒素汚染のメカニズムは還元説で説明されています。 は、 近年、チューブウエルで地下水をくみあげて飲料や灌漑に使い始めてから、アジアで砒素汚染が深刻になったと警告しています。 同書には、世界銀行が2004年4月にネパールで開催した「砒素ワークショップ」における報告をもとに作成した下表が掲載されています。 アジアの地下水砒素汚染の重大さがわかります。

次の

福島第1原発 汚染水との闘い:日本経済新聞

地下水 汚染

地球上の淡水資源の大半を占め、世界人口の4分の1、約15億人が、日本でも国民の4分の1、約3000万人が飲料水の水源としているがなどでされること。 1970年代後半に半導体工場が集中する米国カリフォルニア州のシリコンバレーで、半導体の洗浄に使う による地下水汚染が発生した。 この地下水を飲用していた付近住民に流産や先天性奇形などの健康被害が引き起こされ、ハイテク産業による地下水汚染として「」とも言われた。 80年代には日本でも、兵庫県の東芝太子工場、千葉県君津市の東芝コンポーネント君津工場などで、VOCによる地下水汚染が発生。 その後、全国各地のハイテク産業立地都市で次々と発覚した。 千葉県や神奈川県秦野市などは、地下水汚染防止条例を制定。 環境庁 当時 も89年に地下浸透禁止の改正、91年の土壌環境基準の設定、94年に「土壌・地下水の調査・対策指針」の策定、97年の地下水環境基準の設定、2003年の施行などで対応した。 このほか農業用の過剰施肥による類による地下水汚染も80年代以降、農村部や離島などで多発している。 畑明郎 大阪市立大学大学院経営学研究科教授 / 2007年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 ハイテク産業で多く使われるが貯蔵タンクなどからもれ,地下に浸透して引き起こす。 環境庁は1982年度以降毎年,全国の地下水の水質汚染実態調査を実施している。 第1回の1982年度は全国15都市の井戸1360本について18の測定を行い,28%の井戸からが,27%からが検出された。 1983年12月,兵庫県太子町にある東芝工場の洗浄工程の建物からトリクロロエチレンがもれて付近の民家の井戸水を汚染していることが分かった。 また1988年には千葉県君津市でIC工場に貯蔵されていた溶剤がもれ,地下水中に含まれるトリクロロエチレンが水道水の暫定水質基準の2000倍を超えていた。 トリクロロエチレンとテトラクロロエチレンが水道水の水質暫定基準を超えている井戸は環境庁の地下水汚染実態調査の結果,調査対象の2〜3%を占めている。 1989年6月,ハイテク工場による地下水汚染を防ぐため,の改正により規制が強化された。

次の