うごくイラスト。 Twitter用GIFアニメの作り方

【うごくちゃん】顔バレ画像は本物なのか!使用IDもまとめてみた

うごくイラスト

こんにちは!チーターです! 今回は、なんとなんと、CLIP STUDIO PAINTで、アニメーションに挑戦してみようと思います! けっこう前のアップデートで使えるようになったのに、どうせ使いこなせないや…と敬遠していたのですが… この度!やってみよう!と決意しました! まずはカンタンな「うごくイラスト」でGIFアニメーションを作っていこうと思います! うごくイラスト機能とアニメーション機能の違い 基本的な操作方法に違いはありませんが、「うごくイラスト」はセルの枚数に制限があり、24枚までのアニメを作成することができます。 それ以上の枚数でアニメーションを作成する場合は「アニメーション」でファイルを作成すると良いでしょう。 アニメーションで新規作成する時は、初期設定でいろいろできるので、長く本格的なアニメを作ろうとしている人に向いていると思います。 今回はカンタンなGIFアニメをつくろう! ということで、うごくイラスト機能でザクッとアニメ作成に慣れてみましょう!というわけです! もくじ• 1.新規作成 まずはデータのファイルを作成しましょう。 アニメーションを動かすための設定をすることができます。 ここの設定を忘れていると、作画のときに困ったことが起きやすいので、つまづいた時はここから設定を確認しよう。 動きが少ないアニメならオニオンスキンは上下1枚がオススメ! もっとダイナミックに動くアニメなら、オニオンスキンは少し多めにしておくと良いかも。 指定されていないアニメーションフォルダ内のレイヤーは、表示、編集できません。 タイムラインではこのフォルダが横一列のかたまりになります。 キャラクターが複数いたり、背景などと動きを分けたい場合はアニメーションフォルダを分けましょう。 クリスタでは、レイヤー1枚からレイヤーフォルダにまとめられたひとかたまりまでアニメーションセルに設定できます。 アニメーションセルとなるには、アニメーションフォルダの中に入っていることが一つの条件です。 今回は、[アニメーションGIF]で書き出すことになります。 セル画を描く パラパラ漫画を描いたことはありますか? 本のはしっこに絵を描いて、ページを落としていくと絵が動いていくように描いた漫画です。 その要領で、差分を数枚描きましょう。 今回はカンタンに、同じ動作を繰り返す絵を描いていきますので、まずはアニメーションセルではなく、 アニメーションフォルダ外のレイヤーに元絵となる絵を描きます。 これはアニメーション中で常に表示される絵となりますので、背景や、動きのない絵となります。 ネコさんののっぺらぼうができました。 次に、アニメーションセルに顔を描いていきます。 描画用に新規レイヤーを作成しましょう。 あ、あれー? 描くことができないぞ? 実は、 アニメーションフォルダ内のレイヤーは、セルの指定をしていないと表示されず、編集もできません。 先に「セルを指定」でタイムラインの中に入れてしまうことが必要です。 レイヤーフォルダごとタイムラインに指定できるので、指定されたフォルダー内に新規レイヤーやコピペをすれば、セルが指定された状態となり、表示、編集できるようになります。 動かす絵を描く 今回は「まばたき」と「口パク」をさせるよう差分をじゃんじゃん描いていきます。 オニオンスキンの有効化をしているので、下のレイヤーが透けて見えます。 これで差分もラクラク描けますね! 上のレイヤーも透かして見れます。 上下のレイヤーを同時に透かすこともできます。 まばたきの目はコピペしてオッケー!重なった部分は色が混ざって見えます。 タイムラインにアニメーションセルを指定する 作成したアニメーションセルを動かしたい順番に並べて配置 指定 していきます。 アニメーションセルを配置したい場所を選択して、 [セルを指定]アイコンをクリックすると、どのアニメーションセルを指定するかのウィンドウが表示されます。 また、一度指定したアニメーションセルは名前でリンクされており、別のアニメーションセルに指定したアニメーションセルと同じ名前に変更すると、そのセルが指定されることになります。 そのため、混乱の元になるので、同一アニメーションフォルダ内のアニメーションセル名には同名のものは避けましょう アニメーションセルに指定されたレイヤーフォルダの中のレイヤーやレイヤーフォルダであれば同名でも問題なし。 ・ 同じアニメーションセルを複数回使うこともできますので、同じ絵を別の場面で使用する時に複製する必要はありません。 ・ 同じ絵を数秒続かせる時は、同じ絵を続けて配置する必要はありません。 その絵が始まる1枚目のみ指定し、続かせる時間分セルの指定を空白にすると、次に指定されたセルにたどり着くまで表示が続きます。 再生して動きを確認してみよう 思い通りの順番にアニメーションセルを指定できたら、再生してみましょう。 動きも思い通りに動くでしょうか…ワクワクしますね! ちょっと再生速度を変更したいな…と思ったら、フレームレートを変更してみましょう。 1秒間に何枚のセルが流れるかの値なので、数値が高いほど速く再生されます。 アニメーションGIFで書き出ししたら完成! 再生してみて問題が無ければ完成です! アニメーションGIF形式で書き出しましょう! いかがでしょうか? コレくらいのアニメーションであればクリスタでカンタンに作ることができちゃいます! まだ使ったことがなかった!という人もぜひ、この機会に作ってみてくださいね!.

次の

【初心者向け】クリスタでLINEアニメーションスタンプの作り方流れ

うごくイラスト

こんにちは!チーターです! 今回は、なんとなんと、CLIP STUDIO PAINTで、アニメーションに挑戦してみようと思います! けっこう前のアップデートで使えるようになったのに、どうせ使いこなせないや…と敬遠していたのですが… この度!やってみよう!と決意しました! まずはカンタンな「うごくイラスト」でGIFアニメーションを作っていこうと思います! うごくイラスト機能とアニメーション機能の違い 基本的な操作方法に違いはありませんが、「うごくイラスト」はセルの枚数に制限があり、24枚までのアニメを作成することができます。 それ以上の枚数でアニメーションを作成する場合は「アニメーション」でファイルを作成すると良いでしょう。 アニメーションで新規作成する時は、初期設定でいろいろできるので、長く本格的なアニメを作ろうとしている人に向いていると思います。 今回はカンタンなGIFアニメをつくろう! ということで、うごくイラスト機能でザクッとアニメ作成に慣れてみましょう!というわけです! もくじ• 1.新規作成 まずはデータのファイルを作成しましょう。 アニメーションを動かすための設定をすることができます。 ここの設定を忘れていると、作画のときに困ったことが起きやすいので、つまづいた時はここから設定を確認しよう。 動きが少ないアニメならオニオンスキンは上下1枚がオススメ! もっとダイナミックに動くアニメなら、オニオンスキンは少し多めにしておくと良いかも。 指定されていないアニメーションフォルダ内のレイヤーは、表示、編集できません。 タイムラインではこのフォルダが横一列のかたまりになります。 キャラクターが複数いたり、背景などと動きを分けたい場合はアニメーションフォルダを分けましょう。 クリスタでは、レイヤー1枚からレイヤーフォルダにまとめられたひとかたまりまでアニメーションセルに設定できます。 アニメーションセルとなるには、アニメーションフォルダの中に入っていることが一つの条件です。 今回は、[アニメーションGIF]で書き出すことになります。 セル画を描く パラパラ漫画を描いたことはありますか? 本のはしっこに絵を描いて、ページを落としていくと絵が動いていくように描いた漫画です。 その要領で、差分を数枚描きましょう。 今回はカンタンに、同じ動作を繰り返す絵を描いていきますので、まずはアニメーションセルではなく、 アニメーションフォルダ外のレイヤーに元絵となる絵を描きます。 これはアニメーション中で常に表示される絵となりますので、背景や、動きのない絵となります。 ネコさんののっぺらぼうができました。 次に、アニメーションセルに顔を描いていきます。 描画用に新規レイヤーを作成しましょう。 あ、あれー? 描くことができないぞ? 実は、 アニメーションフォルダ内のレイヤーは、セルの指定をしていないと表示されず、編集もできません。 先に「セルを指定」でタイムラインの中に入れてしまうことが必要です。 レイヤーフォルダごとタイムラインに指定できるので、指定されたフォルダー内に新規レイヤーやコピペをすれば、セルが指定された状態となり、表示、編集できるようになります。 動かす絵を描く 今回は「まばたき」と「口パク」をさせるよう差分をじゃんじゃん描いていきます。 オニオンスキンの有効化をしているので、下のレイヤーが透けて見えます。 これで差分もラクラク描けますね! 上のレイヤーも透かして見れます。 上下のレイヤーを同時に透かすこともできます。 まばたきの目はコピペしてオッケー!重なった部分は色が混ざって見えます。 タイムラインにアニメーションセルを指定する 作成したアニメーションセルを動かしたい順番に並べて配置 指定 していきます。 アニメーションセルを配置したい場所を選択して、 [セルを指定]アイコンをクリックすると、どのアニメーションセルを指定するかのウィンドウが表示されます。 また、一度指定したアニメーションセルは名前でリンクされており、別のアニメーションセルに指定したアニメーションセルと同じ名前に変更すると、そのセルが指定されることになります。 そのため、混乱の元になるので、同一アニメーションフォルダ内のアニメーションセル名には同名のものは避けましょう アニメーションセルに指定されたレイヤーフォルダの中のレイヤーやレイヤーフォルダであれば同名でも問題なし。 ・ 同じアニメーションセルを複数回使うこともできますので、同じ絵を別の場面で使用する時に複製する必要はありません。 ・ 同じ絵を数秒続かせる時は、同じ絵を続けて配置する必要はありません。 その絵が始まる1枚目のみ指定し、続かせる時間分セルの指定を空白にすると、次に指定されたセルにたどり着くまで表示が続きます。 再生して動きを確認してみよう 思い通りの順番にアニメーションセルを指定できたら、再生してみましょう。 動きも思い通りに動くでしょうか…ワクワクしますね! ちょっと再生速度を変更したいな…と思ったら、フレームレートを変更してみましょう。 1秒間に何枚のセルが流れるかの値なので、数値が高いほど速く再生されます。 アニメーションGIFで書き出ししたら完成! 再生してみて問題が無ければ完成です! アニメーションGIF形式で書き出しましょう! いかがでしょうか? コレくらいのアニメーションであればクリスタでカンタンに作ることができちゃいます! まだ使ったことがなかった!という人もぜひ、この機会に作ってみてくださいね!.

次の

クリスタでGIFアニメをつくろう!動くイラスト機能

うごくイラスト

ユーザーが投稿した複数の画像を、指定した間隔で連続表示させることでアニメーションとして動作させている。 で連続表示させているため、画像形式は(動かない)、、で構わない(アニメーションGIFをそのまま投稿することもできる)。 なお、作品投稿ページ パソコン版 のうごイラフォームから投稿すると、漫画ビューアと同様に「うごイラ」のが自動で付く。 ピクシブ百科事典では 現在では、うごイラ作品をピクシブ百科事典のメイン画像や挿入イラストとしては使用できない模様。 その為、大百科の中にはうごイラにする前のイラストをメイン画像に採用している物もある。 同様の事典サイトである『大性典』ではこのような問題は発生していない。 また、GIFアニメの技術と、後述する一時停止機能を応用し、ちょっとした『もどき』を作ることも可能な模様。 投稿方法 うごイラで投稿するイラストは1イラストごとに表示時間(フレーム時間)を設定することができ、それぞれのイラストに表示時間を設定することで、イラストをアニメのように表示することができる。 ) 予め作成したGIFアニメを一括で投稿することも可能。 投稿・閲覧に際して 画像を(無理矢理)連続表示しているだけのため、アニメーションフォーマットの単一ファイルとして直接保存することはできず、「エクスポート」させる機能が実装される様子もない。 ただし、表示に使われている画像(をうごイラがブラウザ上で取得するのに使っている、JPEG変換された画像入りのZIPファイル)そのものを保存することはできる。 うごイラの再生中に左クリックを行うことで再生を一時停止することができる。 再生は1枚目から始まるが、最終枚に達しても、また1枚目から繰り返し再生し続ける()。 ストーリー性の強い作品の場合、「1枚目と最終枚は表示時間を長めにする」「最初や最後に切れ目になる画像(白紙、タイトル、アイキャッチ、スタッフロールなど)を入れる」などで、無限ループ感を弱める方がいいかもしれない。 全画面化機能にも対応。 ブラウザによっては(許可すれば)全画面でアニメーションを楽しむことができる。 右クリック保存をしようとするとうごイラ内部で使用されている長大な(画像自体をBASE64エンコードした)URLで表示されたりして結構面倒。 作品側で設定された各コマごとの再生時間などの編集情報毎保存したいのであれば融資開発のアドオンなどを利用しよう。 ただし、うごイラの仕様上、投稿時に全画像に一律JPEG変換されるため、データを保存する過程で再度GIF形式に変換される都合上、さらに画像が劣化するので注意。 Adblock Plusを利用した不快ユーザー非表示の小技がうごイラでは使えない。 JavaScriptを用いた保存方法 うごイラが動作しているページを表示した状態で、以下のJavaScriptを(JavaScriptコンソール上などで)実行するとよい。 window. location. context. ugokuIllustFullscreenData. src; JavaScript未対応、または特定のJavaScriptが動作しない一部のブラウザ、においては全くうごイラを閲覧できない(投稿もできない)。 閲覧ができた場合でも、「Uncaught ReferenceError: pixiv is not defined」が表示される場合はJavaScriptが機能してない可能性があるため、上記のアドオンなどの他の手段を使うほかない。 光が明滅する作品の製作・閲覧に際しての注意 「うごイラ」による作品は連続した画像でもって動きを表現するものであるが、この連続性に関連して「」記事にて「うごイラ」に関する注意が喚起されている。 「ポケモンショック」とは、あるアニメ作品において色と色の連続した効果を表現したところ、視聴者がその瞬間的に激しいの明滅によって「光過敏性発作」による激しい身体症状を引き起こしたという実際の事件の通称である。 嘔吐や激しい頭痛が現れ、への救急搬送あるいは搬送後に入院となってしまった事例もある。 さらに詳細部分は「 」記事を参照。 近年でも、放映に際し多重のが映像として流れる記者会見などの場面では注意喚起のテロップを流すようになった他、映像に陰影加工を施してその激しい明滅を軽減するなど対策も取られている。 「うごイラ」においてもその表現に特に激しい光の明滅として閲覧者に知覚され得るような連続がある場合、先の「光過敏性発作」を喚起してしまったり閲覧者の身体に悪影響を与える可能性がある。 「ポケモンショック」記事では、「うごイラ」を用いた作品の製作者にはフレーム速度変更や目に優しい配色 特に補色同士の組み合わせだと目に負担をかけやすい による刺激の低減を、閲覧者には作品閲覧に際して色彩や光の明滅等への注意を喚起している。 技術面や対策やさらに具体的な記述についても「 」を参照。 作品制作、閲覧の両者の立場からそれぞれに注意をしていきたい。 関連リンク• 各タグの名称は、サービスの名称である「うごイラ」をはじめ「うごく」、「ムーブ(move、ムービングなど)」、「アニメ」など、動くことにまつわる語と作品名や作品の特徴などが組み合わさった名称となっている。 また「うごく」をタグ名の基本とする名称の場合、「動く」と漢字表記にならず「うごく」と平仮名表記となるのは、サービス名称である「うごイラ」の該当部分が平仮名表記であることに対応する形であることに由来する様子である。 系統別 (アルファベット優先、50音順) タグ名 作品特徴 () 作品 風作品 風作品 風作品 作品 作品 もの作品 作品 ・作品 作品.

次の