ベルランゴ。 両側スライドドアのシトロエンBERLINGO(ベルランゴ)のローンチエディションが登場【新車】

日本で発売開始 シトロエン ベルランゴ BERLINGO 2019 写真・動画情報

ベルランゴ

新型MPV「ベルランゴ」(写真は欧州仕様車) シトロエン(プジョー・シトロエン・ジャポン)は10月18日、新コンセプトMPV「ベルランゴ(BERLINGO)」の特別仕様車「デビューエディション(Debut Edition)」を発表。 10月19日9時よりオンライン予約申込の受け付けを開始する。 価格は325万円。 ベルランゴは2018年2月のジュネーブモーターショーにて発表されたトールワゴンスタイルのモデルで、2020年第3四半期の日本正式導入を予定している。 今回、その正式導入に先立ち、特別仕様車のベルランゴ・デビューエディションとして先行発売するもので、デリバリーは2020年1月以降順次としている。 デザインは、現在のシトロエンのデザインコードの1つである2段がまえのポジショニングランプとヘッドライト、フォグランプなどをラウンドしたノーズ部分に配し、Airbumpをドアの下部に配した。 グループPSAの新世代プラットフォーム「EMP2」を採用することで、前進させたフロントウィンドウ、短く高く設定されたフロントエンド、取りまわしを向上させる短いフロントオーバーハングなどを実現、国内でも取りまわしがしやすいサイズとしている。 リアシートは幅の等しい3座独立式で、シートは個別に折畳みが可能なほか、3座それぞれにISOFIXフックを装備。 ラゲッジスペースの容量は5名乗車時でトノカバー下に597L、2列目シートを倒した最大積載状態では2126L(容量はVDA欧州参考値)。 また、ラゲッジスペースの奥行きは5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1. 88m、助手席を倒せば最長2. 7mの長尺物に対応する。 ボディカラーは「サーブル」「アクアグリーン」「ブランバンキーズ」の3色が用意される。

次の

CITROEN BERLINGO Debut Edition オンライン予約注文受付中

ベルランゴ

その現行型ベルランゴ、そして商用車のベルランゴ・バンが、すでに世界で合計20万台以上も販売されていることが分かった。 このうち、およそ15万台が2019年に売れたものだという。 つまりグローバルで見ると、コンパクトカーの「C3」に次いで、2019年に2番目に売れたシトロエン車がベルランゴということになるのだ。 3分の2が商用車 例えば、イギリスの場合はこれまでに2万台以上が販売され、乗用モデル(ベルランゴ)が4500台、商用車(ベルランゴ・バン)が1万台という内訳になっている。 ヨーロッパ全体では、3台のうち1台が乗用、2台が商用という登録状況。 シトロエン・ベルランゴ・デビューエディション ヨーロッパで人気を集めている現行型ベルランゴは、昨2019年、欧州市場においてセグメント・シェアの16%を占めるモデルに成長。 シトロエンの欧州部門を支える存在となっている。 日本においてはベルランゴは乗用モデルが導入されており、写真のデビューエディションを先行販売。 正規導入は2020年秋頃の予定と発表されている。 日本市場ではルノー・カングーと競合すると考えられるほか、国産ミニバン・ユーザーの取り込みに貢献することが期待されている。

次の

CITROEN BERLINGO Debut Edition オンライン予約注文受付中

ベルランゴ

シトロエンの『ベルランゴ』とプジョーの『リフター』。 いずれも2列5人乗り/3列7人乗り(本国仕様)のミニバンに属する兄弟車で、本国ではロングセラーモデルとして3代目が2018年に登場、現在も好評発売中だ。 しかし、日本ではまだ導入されていなかったこともあり、国内でもまだ知らない人も多いはず。 そんなベルランゴとリフターだが輸入販売元のプジョー・シトロエン・ジャポンが、まず2019年10月18日に特別限定車としてリフターの販売を開始。 一方のベルランゴもその翌日の19日にオンラインで特別仕様車『デビューエディション』の予約注文を開始したところ……、午前9時の開始からたった5時間半で予約台数に達してしまったため完売! そして第二弾となる11月30日に開始した予約販売もほぼ同じ時間で完売と、引く手あまたの人気モデルとなっているのだ! なぜ、これほど大人気となったのか? 日本のミニバンと何が違うのか? シトロエンベルランド&プジョーのリフターと、ライバルのルノーカングー、日産NV200バネットと徹底比較し、人気の秘密に迫る! 文/野里卓也 写真/ベストカーWEB編集部 ベルランゴの兄弟車、プジョーリフターデビューエディションの価格は336万円 なぜ、日本でもこれほど人気を呼んだのか、プジョー・シトロエン・ジャポンの広報部によると、 「本国でベルランゴが発売されていたのを知っている多くのユーザーから『日本にも導入しないのか』と、相当数の問い合わせをいただいていました。 今年に入り特別限定車として導入できないかと本国にかけあったところ、ようやく発売することができました。 日本ではルノーのカングーがこの分野(インポートモデルでサイズ感も価格も含め)一人勝ちになっていますが、それに挑みたいですね」。 ただし、型式認定は受けておらず並行輸入扱いで導入したため、台数も数に限りがあるという。 具体的な台数については「お答えしてない」そう。 搭載されるエンジンは109ps/15. 3kgmの1. 6L、直4 そんなに人気のモデルとは一体どんなクルマなのか? まずはベルランゴとリフターのボディサイズを見てみよう。 比較車両としてルノーの売れ筋モデル「カングー」と、国産では日産のNV200バネットを取り上げてみた。 最大のライバルたるルノーカングーは1BOXタイプの形ではなく、 商用バンの箱(荷室部分)をくっつけたようなフルゴネットデザイン。 NV200バネットは商用バンでワゴンも用意され、5人乗り、7人乗りをラインアップ。 ボディサイドのウインドウ形状などはベルランゴ&リフターによく似ている。 多少の違いはあるものの、ベルランゴとリフターはほぼ同じ大きさだ。 NVバネットは全長4430mmと4車種最も長いが、全幅は1695mmと5ナンバーサイズにとどまっているのが特徴だ。 NV200バネットに比べ100万円高、カングーよりも50万円以上高い。 気になるベルランゴとリフターとの価格差は装備にある。 アドバンスドグリップコントロールとデザイン性の高いセンターコンソールはリフターのみ装備されている。 この違いについて、プジョージャポンは、 「プレミアムブランドという位置づけもあり、先進装備を搭載したモデルを用意している。 ルノーはエントリーモデルとも言うべき位置づけではあるが、国産車や他ライバルと比べても遜色のない装備を持っている」とコメント。 天井部分に収納できるスペースがあり非常に便利 さて、ベルランゴ&リフターともに装備でユニークなのは大開口のパノラミックガラスルーフとリアゲートにガラスハッチを採用したこと。 後席までガラスエリアが広がっているので、乗車するみんなが開放感にひたれることは間違いなし! ガラスハッチはリアゲートを開かなくても中の荷物が取り出せるという、使ったことが分かる人にはもの凄く琴線に触れる便利な装備! それと注目して欲しいのは収納スペースがふんだんにあること。 いずれのモデルもルーフに小物や衣類などを収納できるスペースを確保。 荷室のルーフには後席からもリアドア側の両方から開閉することができる収納スペースを装備。 60Lもの大容量を確保しているというから普段の使い勝手に大いに役立つはず。 もちろんフロントまわりにも収納スペースが随所に確保されている。 通常の5人乗り状態のラゲッジスペース 6:4分割可倒式リアシートを倒せば長尺物も積める 現在リフターの実車を展示中。 2020年夏には本格的に日本導入! プジョーリフターの実車を見てその魅力を体感しよう さて、なぜ、これほど人気が出たのか? 珍しい1BOXタイプの輸入車MPVであること、そして先進装備が付いているのにもかかわらず、輸入車としてはお手頃な300万円ちょっとという価格であったこと、そしてディーゼルエンジンと最新のAT、そして工夫いっぱいの収納スペース。 国産ミニバンは真新しいクルマもあまり出ず、飽和状態にあったところへ、個性派MPVが出てきた……、そんなストーリーではないか。 実車の展示についてはリフターのみ2019年12月7日から全国のプジョーディーラーでキャラバンがスタートするというので、購入を検討している人は直接店舗へ訪れるのも良いだろう。 また、リフターの予約販売も現在オンラインで受け付けているそうなので、完売となる前に手に入れたい人はお早めに。 なお、予約完売となったベルランゴについては第1回分の納車が2020年初旬、2回目の分が同年春頃を予定しているという。 最後に、もうひとつ気になる話題を。 「2020年夏には両モデルとも本格的に導入を目指しています」(プジョー・シトロエン・ジャポン広報)とのこと。 東京オリンピックを直近に控えたこのご時世に黒船が再襲来といったところ! 国産モデルはご用心、ご用心。

次の