持て余す 意味。 持て余す(もてあます)の意味と例文|国語辞典

持て余す(もてあます)の意味と例文|国語辞典

持て余す 意味

Brian: Really? What kind of novel are you going to write? But I think it would be fun to try to write one. ーーーーーーーーーーーーーーー ジェリー:もし暇な時間ができることがあったら、小説を書くつもりなんだ。 ブライアン:本当?どんなジャンルの小説を書くの? ジェリー:まだ分からないな。 でも、小説を書こうとするのって、きっと楽しいよ。 I love the holiday season. I can spend time with my family and eat and drink all day. Lisa: I envy you. I have too much time on my hands and become homesick. Lisa: Are you sure that it would be OK? Mark: Of course! ーーーーーーーーーーーーーーー マーク:クリスマスが待ちきれないよ!クリスマス休暇の時期が大好きなんだ。 一日中、家族と一緒に過ごせて、食べたり飲んだりできる。 リサ:うらやましいな。 私の家族は地球の反対側に住んでるから、クリスマスは、たいていひとりなんだ。 時間を持て余し過ぎて、ホームシックになるよ。 マーク:クリスマスのランチ、家に来ない? リサ:お邪魔じゃない? マーク:大丈夫だよ!クリスマスをひとりで過ごすなんて、だめだよ! まとめ.

次の

性欲をもてあますとは (セイヨクヲモテアマスとは) [単語記事]

持て余す 意味

「怠惰」は、そのような性情や様態を形容する形で、「怠惰な」もしくは「怠惰の」という用法が一般的です。 類語の「怠慢」は「怠慢だ」とも遣えます。 「無精(不精)」なら「不精をする」といった動詞的用法もあるのですが…。 ・怠惰な学生生活を持て余す…勉学に飽きて学業を疎(おろそ)かにしているので講義内容が手に負えない。 ・怠惰な時間を持て余す…不精な余り、そんなものぐさな暮らしさえ倦んでやりきれない悪循環ではあっても当人が「やめらられずに困る」かどうかまでは言い切れていないでしょう。 「もてあそぶ」には幾通りかの意味が含まれています。 ・「頑ぶ」…戯れるの意味では「頑愁(いつまでも続く物思い)」などもありますが、どうしても「頑迷」「頑固」のような「かたくな」という形容の色が濃く、「頑惰」など強情で怠け者であり続けるイメージがあります。 ・「弄ぶ」…手中で弄(いじ)って慰みにする、好き勝手にあしらう意味では怠惰を弁護し正当化するニュアンスを帯びていますが、「曲弄(キョクロウ)」「弄笛(ロウテキ)」のように楽器を奏して慰みとする意味合いから「弄月/玩月」として月を眺めその美を愛で楽しむ意味合いもあります。 ・「翫ぶ」…玩と同義の手の中で転がし楽しむ「翫好/玩好」に加えて、「翫(なら)う」意味で、なれて角が取れ丸くなる、繰り返しなれて何事も意に介しない「翫習」の意味が含まれています。 「翫歳(ガンサイ)」には「歳月をむさぼる。 わずかの安楽を楽しんで無為に年月をおくること」(「学研漢和大字典」)とあります。 これなら「怠惰の日々を翫(もてあそ)ぶ」となって、それなりに肯定の意味合いが表わされると思われます。 「怠惰」は「なまけてだらしないこと。 また、そのさま。 」という意味です。 「持て余す」は「取り扱い方や処置に困る。 もちあつかう。 それぞれ、「むずかるので持て余す」「暇なので持て余す」「長いので持て余す」という因果関係が成立しています。 ところが、「怠惰を持て余す」の場合、「なまけてだらしないことを持て余す」という意味不明の文になってしまいます。 意味不明になっているのは、「怠惰」が「持て余す」の目的語(対象)として位置づけられているからです。 「なまけてだらしないこと自体」を持て余すことはできません。 たとえば、「怠惰な彼を持て余す」などであれば、「怠惰なので彼を持て余す」という意味になり整合性がとれます。 なぜかというと、「怠惰」が『「持て余す」という結果』の原因として表現されているからです。 「もてあそぶ」の場合も同様で、「怠惰な時間をもてあそぶ」などのように表現しなければ文法的には不整合が生じることになります。 要するに正しい表現とは言えないということになるのですが、以上は、あくまで文法的に解釈した場合の話。 ただ、キャッチコピーや文学的表現の場合には許容範囲と思います。 その場合、読む人の想像力に任せられることになりますが、 「怠惰を持て余す」は、「怠惰な性格を持て余す」の略で、「なまけてだらしない性格に嫌気が差しているのだが、自分ではどうすることもできなくて取り扱いに困っている」という意味。 大体おっしゃるとおりかと思います。 「怠惰をもてあそぶ」は、「怠惰な時間をもてあそぶ」の略で、「なまけてだらしなく流れる時間に身を任せ、特に改善する意志も持たないまま、ずるずると自堕落な時間を遊ぶような感覚で過ごす」という意味。 のように解釈するのが自然でしょう。 肯定しているというより、居直っているニュアンスと思います。 A ベストアンサー わたしも4泊5日で台湾へ行ったことがあります。 香港も5日間くらいで行ったことがあります。 台湾では、台北だけでなく郊外や台北市内から 30分程度で行ける温泉街など、また台中(台湾第2の都市) に足を伸ばしてみるというのはどうでしょうか? 香港も6日もいると香港だけでは飽きますので マカオや他の島へ足を伸ばしてみるといいですよ~。 わたしはのんびりと観光するタイプなので温泉や 台中までは行く時間がありませんでしたので 足を伸ばしては九イ分だけしか行きませんでしたが それでも列車やバスを使って、時間を気にせずに 移動しての観光は面白かったですよ。 台湾のほうが日本語の通じる確立が高いですので わりと気が楽でした。 その分英語がほとんど通じませんでしたが。 治安も香港よりもいいと思います。 (香港もかなり治安は良いほうだと思いますけど) 観光名所は香港も台湾も「こんなもんだな」という 印象です。 さほど変わりはないとわたしは思って います。 街の中心部は台北はとても綺麗で、まるで日本の 名古屋みたいなところだなぁと思いました。 (笑) 個人旅行していると、列車やバスの移動の旅は いつも楽しいです。 どの国もそれぞれに特徴が あり、人間も様々で新しい発見があります。 それに台湾は食事の面では日本人の口に合う 食べ物がたくさんあって、食い倒れをしにいくだけでも 価値あり!というところです。 他の方の回答にもありましたが、からすみは本当に 安くておいしいですから、ぜひお買いになってみて ください。 日本でなら5~6千円するものが現地では 2千円くらいで買えてしまいます。 紅茶とウーロン茶 の中間のような感じのお味で、食事にもティータイム にもどちらにもよく合い、癖がなく飲みやすいです。 ホテルですが、同じランクのホテルを比較すると 香港より台湾のほうが安く泊まれます。 でこれまた日本語が通じる確率がかなり高いです。 北京へは行ったことがないので分かりません。 香港も5日間くらいで行ったことがあります。 台湾では、台北だけでなく郊外や台北市内から 30分程度で行ける温泉街など、また台中(台湾第2の都市) に足を伸ばしてみるというのはどうでしょうか? 香港も6日もいると香港だけでは飽きますので マカオや他の島へ足を伸ばしてみるといいですよ~。 わたしはのんびりと観光するタイプなので温泉や 台中までは行く時間がありませんでしたので 足を伸ばしては九イ分だけしか行きませんでしたが それでも...

次の

「暇」は「もてあそぶ」のではなく「もてあます」もの

持て余す 意味

「怠惰」は、そのような性情や様態を形容する形で、「怠惰な」もしくは「怠惰の」という用法が一般的です。 類語の「怠慢」は「怠慢だ」とも遣えます。 「無精(不精)」なら「不精をする」といった動詞的用法もあるのですが…。 ・怠惰な学生生活を持て余す…勉学に飽きて学業を疎(おろそ)かにしているので講義内容が手に負えない。 ・怠惰な時間を持て余す…不精な余り、そんなものぐさな暮らしさえ倦んでやりきれない悪循環ではあっても当人が「やめらられずに困る」かどうかまでは言い切れていないでしょう。 「もてあそぶ」には幾通りかの意味が含まれています。 ・「頑ぶ」…戯れるの意味では「頑愁(いつまでも続く物思い)」などもありますが、どうしても「頑迷」「頑固」のような「かたくな」という形容の色が濃く、「頑惰」など強情で怠け者であり続けるイメージがあります。 ・「弄ぶ」…手中で弄(いじ)って慰みにする、好き勝手にあしらう意味では怠惰を弁護し正当化するニュアンスを帯びていますが、「曲弄(キョクロウ)」「弄笛(ロウテキ)」のように楽器を奏して慰みとする意味合いから「弄月/玩月」として月を眺めその美を愛で楽しむ意味合いもあります。 ・「翫ぶ」…玩と同義の手の中で転がし楽しむ「翫好/玩好」に加えて、「翫(なら)う」意味で、なれて角が取れ丸くなる、繰り返しなれて何事も意に介しない「翫習」の意味が含まれています。 「翫歳(ガンサイ)」には「歳月をむさぼる。 わずかの安楽を楽しんで無為に年月をおくること」(「学研漢和大字典」)とあります。 これなら「怠惰の日々を翫(もてあそ)ぶ」となって、それなりに肯定の意味合いが表わされると思われます。 「怠惰」は「なまけてだらしないこと。 また、そのさま。 」という意味です。 「持て余す」は「取り扱い方や処置に困る。 もちあつかう。 それぞれ、「むずかるので持て余す」「暇なので持て余す」「長いので持て余す」という因果関係が成立しています。 ところが、「怠惰を持て余す」の場合、「なまけてだらしないことを持て余す」という意味不明の文になってしまいます。 意味不明になっているのは、「怠惰」が「持て余す」の目的語(対象)として位置づけられているからです。 「なまけてだらしないこと自体」を持て余すことはできません。 たとえば、「怠惰な彼を持て余す」などであれば、「怠惰なので彼を持て余す」という意味になり整合性がとれます。 なぜかというと、「怠惰」が『「持て余す」という結果』の原因として表現されているからです。 「もてあそぶ」の場合も同様で、「怠惰な時間をもてあそぶ」などのように表現しなければ文法的には不整合が生じることになります。 要するに正しい表現とは言えないということになるのですが、以上は、あくまで文法的に解釈した場合の話。 ただ、キャッチコピーや文学的表現の場合には許容範囲と思います。 その場合、読む人の想像力に任せられることになりますが、 「怠惰を持て余す」は、「怠惰な性格を持て余す」の略で、「なまけてだらしない性格に嫌気が差しているのだが、自分ではどうすることもできなくて取り扱いに困っている」という意味。 大体おっしゃるとおりかと思います。 「怠惰をもてあそぶ」は、「怠惰な時間をもてあそぶ」の略で、「なまけてだらしなく流れる時間に身を任せ、特に改善する意志も持たないまま、ずるずると自堕落な時間を遊ぶような感覚で過ごす」という意味。 のように解釈するのが自然でしょう。 肯定しているというより、居直っているニュアンスと思います。 A ベストアンサー わたしも4泊5日で台湾へ行ったことがあります。 香港も5日間くらいで行ったことがあります。 台湾では、台北だけでなく郊外や台北市内から 30分程度で行ける温泉街など、また台中(台湾第2の都市) に足を伸ばしてみるというのはどうでしょうか? 香港も6日もいると香港だけでは飽きますので マカオや他の島へ足を伸ばしてみるといいですよ~。 わたしはのんびりと観光するタイプなので温泉や 台中までは行く時間がありませんでしたので 足を伸ばしては九イ分だけしか行きませんでしたが それでも列車やバスを使って、時間を気にせずに 移動しての観光は面白かったですよ。 台湾のほうが日本語の通じる確立が高いですので わりと気が楽でした。 その分英語がほとんど通じませんでしたが。 治安も香港よりもいいと思います。 (香港もかなり治安は良いほうだと思いますけど) 観光名所は香港も台湾も「こんなもんだな」という 印象です。 さほど変わりはないとわたしは思って います。 街の中心部は台北はとても綺麗で、まるで日本の 名古屋みたいなところだなぁと思いました。 (笑) 個人旅行していると、列車やバスの移動の旅は いつも楽しいです。 どの国もそれぞれに特徴が あり、人間も様々で新しい発見があります。 それに台湾は食事の面では日本人の口に合う 食べ物がたくさんあって、食い倒れをしにいくだけでも 価値あり!というところです。 他の方の回答にもありましたが、からすみは本当に 安くておいしいですから、ぜひお買いになってみて ください。 日本でなら5~6千円するものが現地では 2千円くらいで買えてしまいます。 紅茶とウーロン茶 の中間のような感じのお味で、食事にもティータイム にもどちらにもよく合い、癖がなく飲みやすいです。 ホテルですが、同じランクのホテルを比較すると 香港より台湾のほうが安く泊まれます。 でこれまた日本語が通じる確率がかなり高いです。 北京へは行ったことがないので分かりません。 香港も5日間くらいで行ったことがあります。 台湾では、台北だけでなく郊外や台北市内から 30分程度で行ける温泉街など、また台中(台湾第2の都市) に足を伸ばしてみるというのはどうでしょうか? 香港も6日もいると香港だけでは飽きますので マカオや他の島へ足を伸ばしてみるといいですよ~。 わたしはのんびりと観光するタイプなので温泉や 台中までは行く時間がありませんでしたので 足を伸ばしては九イ分だけしか行きませんでしたが それでも...

次の