ドレミ イタリア語 なぜ。 ドレミ(音名)の始まり。英語、ドイツ語、日本語の音名の読みも記載

なぜ日本では音階をイタリア語のドレミ~で表すのですか?日本の場合...

ドレミ イタリア語 なぜ

音名はなぜCからはじまりドがCでラはAなのか? 前回、色々な国の言葉での音名の表記について解説しました。 その中で ドレミファソラシ = C-D-E-F-G-A-B = ハニホヘトイロ というように、それぞれの音名にあてはまる色々な表記があるというお話をしましたが・・・ これってなんだか違和感ありますよね? なぜABC順ではなく、C-D-E-F-G-A-B という風にCから始まるのかと。 同じく日本語表記でも イロハニホヘト ではなく、ハニホヘトイロ なんて業界用語っぽくなってしまっています。 ザギンでチャンネーとシースー食うんじゃないんだから、普通に言えばいいじゃないか。 ド=AにしてしまえばキレイにABC順で A-B-C-D-E-F-Gになるし、同じくド=イにしてしまえばもっとわかりやすかったはずなのに。 ちなみに前回解説したのはこんな感じ。 前回解説した音名の表。 何故わざわざこんな風にしてしまったのか・・・ なぜCから始まるようにしてしまったのか。 これについは色々な説があり、慢性的に勉強不足な管理人にどれが本当なのかは実際わかるはずもないのですが、割と代表的でわかりやすい説を一つご紹介しておきましょう。 なお、上記解説図が何を言っているのかサッパリだぜ、という方はこのまま読み進めてもちんぷんかんぷんのままでしょうから、下記関連記事から前回の音名表記についての記事を先にお読みになってください。 一般的な音の始まりはドではなくラだった! 何故かって、 昔は一般的な音階の始まりの音が『 ド 』ではなく 『 ラ 』だったから。 今でこそ、音名の並びがドから始まる『 ドレミファソラシ 』 (ハ長調)が最も一般的ドですが、すごくむか~しには『 ラシドレミファソ 』と ラ から始まるのが最も一般的だったからです。 (イ単調) なので、当初は 『 ラシドレミファソ 』をアルファベットにあてはめて、A-B-C-D-E-F-Gと表記していました。 その後長い音楽の歴史の中でも色々あって、 ラ から始まるイ単調よりも ド から始まるハ長調の方がメジャーになり、その音の並びに合わせて音名を並べて書く時は『 ドレミファソラシ 』が一般的になりました。 それに合わせてアルファベット表記も順番を替えることになり、C-D-E-F-G-A-Bというなんだか不思議な順番になったのです。 日本語表記の場合 ここまでお読み頂ければ、日本語の場合ももうお分かりでしょう。 西洋の楽器や音楽が日本に伝わった際に英語圏の アルファベット順に当たるものがいろは歌だったので、いろは歌の出だしの『 イロハニホヘト 』をA-B-C-D-E-F-Gにあてはめました。 そして、そのままC-D-E-F-G-A-Bと同じ順番に並べなおしたため、 アルファベットでの表記同様『 ハニホヘトイロハ 』なんてデタラメな並びになってしまったんですね。 これがザギンでシースーの真相です。 ちなみにこの日本語表記、近年は『 ハ長調 』などと曲の調を表す時以外ではあまり使われていませんが、外来語=敵性語=悪とされていた戦時中は『 ハニホヘトイロハ 』での教育と使用が徹底されていたようです。 その様子はジブリ映画 火垂るの墓 の2人が身を寄せていたおばさんの家でピアノを弾くシーンなんかでも垣間見ることができます。 当時は野球のアウトやストライクですら そこまで! などの日本語に置き換えられていたそうですから、ドレミファソラシドも当然NGだったのでしょうね。 別段大して役に立つわけでもない豆知識、以上! 関連記事.

次の

ドレミファソラシドの意味とは?一体何語なのでしょうか?

ドレミ イタリア語 なぜ

この記事を流し読み• 音名の呼び方は国によって違う 日本語での音名 日本語では ハニホヘトイロハと呼びます。 ト音記号とかヘ音記号って聞いた事ないですか? 日本語で音部記号を言い表すときに使います。 または、ハ長調とイ短調など調性を言い表す時にも使います。 英語とドイツ語での音名 英語の音名では、 CDEFGABの順番。 ドイツ語の音名では、 CDEFGAHの順番です。 少しだけ違いますね。 英語もドイツ語もスタートの ドは Cで、そこから順番に並んでいます。 違いは7番目のシの音が、英語では B(ビー)でドイツ語では H(ハー)となっています。 ややこしくさせる読み(呼び)かた 英語のAとドイツ語のEは、発音がどちらも エーになります。 英語のCとイタリア語の シも少し紛らわしいですね。 話し言葉や会話の中でごちゃごちゃにならないように、相手に伝える場合はしっかりとコミュニケーションを取りましょう。 なお、コードネームは英語音名を基準としているのでB(英語)というコードネームはあっても、H(ドイツ語)というコードネームはありません。 それぞれの音名の呼び方 日本語 ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ イタリア語 ド レ ミ ファ ソ ラ シ 英語 読み C シー D ディー E イー F エフ G ジー A エー B ビー ドイツ語 読み C ツェー D デー E エー F エフ G ゲー A アー H ハー なぜか、日本ではこの4ヶ国の呼び方が色んな場面で使われています。 外国の文化だからか、日本語で統一して読んでいる所に出会ったことがありません。 英語読みだと音名から調号、コードまで統一された呼び方ができるので便利です。 音名と変化記号の意味 音名の意味 音名には 絶対的な音の高さを表すという意味があります。 実際に聞いてみて下さい。 ドレミファソラシドと上がっていくのと ドシラソファミレドと下がっていくのが聞けたでしょうか。 といった意味があります。 この様に区別する事で変化記号が付かない音名を 幹音(ナチュラルトーン)と呼び、変化記号が付いた音名を 派生音(デライブドトーン)と呼びます。 これを 異名同音(エンハーモニック)と呼びます。 ベース指板上の音名(ナチュラルトーン) おわりに 音名には国によって呼び方が違う事を書きました。 個々の音名や演奏記号に関してはイタリア語、調性に関しては日本語、コードに関しては英語と、日本では色んな国の呼び 読み 方を時々にするので、ややこしくなる場合があります。 違いと共通点をしっかり覚えてみましょう。 ではでは。

次の

ドレミ~・・・英語では何故Cから?

ドレミ イタリア語 なぜ

ドレミの起源については、参考URLの中盤より下をご覧下さい。 結論から申しますと、ドレミファソラシド、は音階、ハニホヘト…やCDEF…は、音名です。 参考URLによると、ドレミの起源としては、ある賛美歌の、それぞれのフレーズ頭の歌詞の最初の文字(え~い、日本語にならない!!!!)を並べたものが始まりということで、それぞれの音の高さを元に、現在のドレミ…という旋律が生まれたというのが有力説です。 今でこそ私たちは、ドレミを基準とした音楽にどっぷりと浸かっておりますので、何とも感じないのですが、当時初めてこの賛美歌を、またはそこから派生したドレミの音の動き方、上がり方を聞いた人たちは、さぞかし感動したのではないかと想像されます。 そう、すなわちドレミ音階とは、1つのオクターブを上がる(または下がる)時の、音の上がり方なのです。 でも、人々の耳は、「ドレミファソラシド」という音の上がり方を選びました。 きっとそれが、美しいと感じたからなのでしょう。 で、この「音階」は、どんな音の高さを「ド」と設定しても作ることができます。 しかし、ハニホヘト…やCDEF…は、「音名」です。 その鍵盤に、名づけられた音の高さの名前なのです。 あら不思議、今まで「ミ」と思っていた音が、「ド」に聴こえるじゃありませんか!決して、「ミファソラシドレミ」とは聴こえてくれません。 これは、ドレミの「ド」を、E音に設定した例です。 …文字で説明するのは、難しすぎますなあ…。 音名と、音階の違いです。 参考URL: 前回の質問にも答えさせていただいたものです。 多分書かれている方が専門家だと思うので、説明が少し飛んで詳しすぎる所もあり、わかりづらいかも知れませんが、なかなか素晴らしいサイトだと思います。 一度読んで見られることをお勧めします。 さて、『ドレミ』は『ABC』や『ハニホ』とは出来方が違うようですね。 なんたって出来た時代が違いますからね… ここで下に書いたサイトをご覧になってください。 これまたもっと専門過ぎて分かりにくいとは思いますが、このグレゴリオ聖歌からきた『ドレミ』は現在使われている平均律の『ドレミ』とは違うのだということを理解していただきたいのです。 現在使われている平均律にいたるまでにはいろいろな旋法があり、時代時代で変化してきたのです。 今の平均律での長調、短調が一般的になったのはバロック時代からです。 また、songbookさんが後半で書かれていることに関しては、日本でいう『固定ド』と『移動ド』の違いであって、その聞こえ方は人によって違うので一概には決められません。 ちなみに私は『固定ド』のため、ホ長調でもミ、ファシャープ、ソシャープ、ラ、シ、ドシャープ、レシャープ、ミと聞こえます。 小学校では階名唱をしましたね。 これは『移動ド』です。 最近ではどちらでもいいと言う学校も増えているようです。 話がいろいろ複雑になってきましたが、『ドレミ』にはいろいろな意味が含まれていて、その用途によって音は同じでも意味は違うのだと言うことを少し分かっていただければと思います。 参考URL:.

次の