アナと雪の女王 英語タイトル。 英語シナリオで楽しむ[アナと雪の女王]

『アナと雪の女王』英語タイトルや英語の歌9曲を解説

アナと雪の女王 英語タイトル

この映画はデンマークの代表的な童話作家兼詩人であるハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「雪の女王」が原作です。 そのタイトルをそのまま英訳すると「The Snow Queen」になりますが、映画タイトルには採用されませんでした。 ディズニーが「Frozen」をタイトル名にした意味は、• 主人公の一人・エルサが使える 魔法の力によってアレンデール王国が氷の国と化すこと• 自らの力を制御できないことに悩み心を閉ざしてしまうこと• エルサの魔法の力が原因でアナとエルサの姉妹関係にわだかまりができること など 国や心を凍らせる、関係を凍結させるという内容を投影しています。 また、原作「雪の女王」と映画「Frozen」の雪の女王の役柄が違うことも「Frozen」とタイトルがつけられたことと関係があると考えられます。 原作「雪の女王」における雪の女王 エルサ は 主人公の少年を宮殿へ連れ去ってしまう女性です。 映画「Frozen」では雪の女王 エルサ は妹想いで他人を傷つけることを人一倍恐れる 優しい女性です。 雪の女王は自分の意志で少年を連れ去りましたが、エルサは魔法の力を制御できずに国を凍らせてしまったので 同じ女王でも性格や行動の違いがあることがわかると思います。 日本ではあまり原作「雪の女王」は認知されていませんが、海外ではアンデルセンの童話ということもあり、知名度があります。 このようなエルサのキャラクターの違いを前面に押し出すために、意図的に雪の女王との関連性を感じさせないタイトル「Frozen」が名付けられたと言えます。 海外と日本でタイトルが違う理由は何か? 海外では「Frozen」、日本では「アナと雪の女王」とタイトルが違いますが、その理由は言葉の文化の違いが見受けられます。 英語圏では言い切ることが重視されますが、 日本では抽象的に表現が好まれます。 また、CGアニメ作品では「千と千尋の神隠し」や「君の名は」というように、タイトルに「の」が入るものが日本でウケがいいということも考えて名付けられたのかもしれません。 一概には言えませんが、 洋画の原題はシンプルで、 邦画のタイトルは長いものが多いように思えます。 英語は 一つの単語で様々な意味を表現できますが、日本語では 一つの単語で表せる意味が限られています。 つまり、単語に対する価値観が外国と日本では少し違うのです。 アナと雪の女王の中国語や韓国版のタイトルの意味は? 映画「アナと雪の女王」の中国版や韓国版のタイトルやその意味はなんでしょうか? アナと雪の女王の中国語タイトルの意味は? アナと雪の女王の中国版タイトルは「冰雪奇缘」です。 中国版タイトルを日本語に訳すと 「冰雪」は「氷と雪」、「奇缘」は「不思議な縁」という意味です。 原題とも邦題とも異なり、「冰雪」はエルサを連想させますが「奇缘」は物語で描かれているクリストフやオラフ、スヴェンといった新しい出会いを指しているのでしょうか。 あるいは氷と雪の魔法によってエルサとアナのもつれた人間関係が再び再構築されていったという縁を指しているとも考えられます。 アナと雪の女王の韓国語タイトルの意味は? アナと雪の女王の韓国版タイトルは「겨울왕국 コウル ワングッ 」です。 韓国版タイトルを 日本語に訳すと「冬の王国」となります。 アレンデール王国に起こった出来事全体を指してタイトルが付けられています。 今回調べて私も初めて知ったのですが、日本よりも韓国のほうが映画の公開が二ヶ月も早かったらしいです。 このように日本だけでなく、中国や韓国でも「Frozen」の直訳ではなかったようです。 中国と韓国のどちらもそれぞれの国の言葉で歌われた主題歌がその国の人たちだけでなく外国でも好評で、街中でよく流れていたようです。 中国語は姚贝娜さん、韓国語はパク・ヘナ 박혜나 さんが歌っています。 他の国でのタイトルも氷や雪をイメージしやすい名前となっているように、中国や韓国も同様にイメージが湧きやすいタイトルになっています。 ディズニー映画で原題と邦題が違う作品は? ここでは「アナと雪の女王」のタイトルについて記載していますが、他のディズニー映画でも海外と日本でタイトルが違う作品がありました。 その中から5作品を選んでみました。 「塔の上のラプンツェル」• 「メリダとおそろしの森」• 「レミーのおいしいレストラン」• 「カールじいさんの空飛ぶ家」• 「ベイマックス」 の5作品のタイトルが違う理由について紹介します。 塔の上のラプンツェル:Tangled もつれた 「塔の上のラプンツェル」=「Tangled もつれた 」は、日本ではずっと塔の中で暮らしているラプンツェルの状況に着目しています。 それに対し、海外ではラプンツェルの魔法の髪の毛に着目して長くごわごわしてもつれあった髪の特徴をタイトルに取り入れました。 メリダとおそろしの森:Brave 勇敢な、勇ましい 「メリダとおそろしの森」=「Brave 勇敢な、勇ましい 」は、日本ではダンブロッホ王国の王女メリダが森の魔法にかかって熊になった母親を救うため、自らの運命に立ち向かうというおとぎ話を連想しやすいようになっています。 まさに日本人が好みそうなハリーポッターシリーズや千と千尋の神隠しのようなネーミングです。 海外では主人公メリダのキャラクター性に注目し、運命に立ち向かうメリダの姿を創造しやすいようにとタイトルが決められました。 レミーのおいしいレストラン:Ratatouille ラタトゥイユというフランスの野菜を煮込んだ料理 「レミーのおいしいレストラン」=「Ratatouille ラタトゥイユというフランスの野菜を煮込んだ料理 」は、日本では主人公のネズミ・レミーがフランス料理のシェフになる夢を叶えるというストーリーを重視しています。 海外ではストーリーに登場するラタトゥイユという料理と、ラット Rat をかけ合わせたタイトルになっています。 カールじいさんの空飛ぶ家:Up 上へ、幸せ 「カールじいさんの空飛ぶ家」=「Up 上へ、幸せ 」は、日本では現実には中々聞かない「空飛ぶ家」というキーワードで好奇心、興味を持たせています。 作品のイメージを掴みやすいように名付けられました。 海外ではカールじいさんの家が空高く上昇することだけでなく、冒険を共にする少年・ラッセルの成長 英語でgrow up についての意味も込められていると考えられます。 ベイマックス:Big Hero 6 ビッグ・ヒーロー・シックスという原案になったアメコミ 「ベイマックス」=「Big Hero 6 ビッグ・ヒーロー・シックスという原案になったアメコミ 」は、日本では、人の心と体の健康を守るケアロボットのベイマックスに着目したタイトルになっています。 海外では、6人のスーパーヒーローを主人公にした漫画作品『Big Hero 6』をモチーフにしたタイトルになっています。 まとめ ・アナと雪の女王の英語タイトルは? 英語タイトルは「Frozen フローズン 」アメリカで2013年に公開されました。 「Frozen」は「冷たい」「凍った」という意味の形容詞です。 「Frozen」は「Freeze」の過去分詞でもあるため、「 凍らされる」という意味も持ちます ・原題「Frozen」の意味・理由は?• 主人公の一人・エルサが使える 魔法の力によってアレンデール王国が氷の国と化すこと• 自らの力を制御できないことに悩み心を閉ざしてしまうこと• エルサの魔法の力が原因でアナとエルサの姉妹関係にわだかまりができること など 国や心を凍らせる、関係を凍結させるという内容を投影しています。 ・海外と日本でタイトルが違う理由は何か? 英語圏では言い切ることが重視されますが、 日本では抽象的に表現が好まれます。 ・アナと雪の女王の中国語タイトルの意味は? アナと雪の女王の中国版タイトルは「冰雪奇缘」です。 中国版タイトルを日本語に訳すと 「冰雪」は「氷と雪」、「奇缘」は「不思議な縁」という意味です。 ・アナと雪の女王の韓国語タイトルの意味は? アナと雪の女王の韓国版タイトルは「겨울왕국 コウル ワングッ 」です。 韓国版タイトルを 日本語に訳すと「冬の王国」となります。 ・ディズニー映画で原題と邦題が違う作品は?• 塔の上のラプンツェル:Tangled もつれた• メリダとおそろしの森:Brave 勇敢な、勇ましい• レミーのおいしいレストラン:Ratatouille ラタトゥイユというフランスの野菜を煮込んだ料理• カールじいさんの空飛ぶ家:Up 上へ、幸せ• ベイマックス:Big Hero 6 ビッグ・ヒーロー・シックスという原案になったアメコミ いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

アナと雪の女王の英語の歌詞は?『Let It Go』を動画で歌う日本語訳と日本語歌詞付

アナと雪の女王 英語タイトル

2013年に公開され日本でも大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』(原題:Frozen)から、英会話表現を紹介します。 魔法の力を持つ姉の女王エルサと、その姉を誰よりも信じる妹アナの2人のディズニープリンセスが物語の主人公です。 2人の会話を中心に劇中の英語を解説します。 「Let it go」は日本語では「ありのままで」と訳されていましたが、この意味についても詳しく解説しています。 ミュージカル映画なので歌も多いですが、ディズニー映画はセリフの英語の発音がクリアでシンプルな英語表現が多いので、英語学習教材として初心者にもおすすめですよ。 見る前にストーリーを知りたくないという方は、注意してくださいね。 Elsa: Anna, back to sleep. The sky is awake. So we have to play. できないよ 空が起きてる だから私も起きてる だから遊ばなきゃ 幼いアナが眠っている姉のエルサを起こしに来た時のシーンです。 起こしに来た妹に、エルサは back to sleep(眠りに戻りなさい)と言います。 物語の舞台は北欧の国を想像させるので、この空が明るいのは白夜(真夜中でも太陽が沈まず明るいままの現象)によるものと思われます。 Elsa and I were really close when we were little, but then one day, she just shut me out and I never knew why. エルサと私は小さい頃はすごく仲良しだったの でもある日突然私を避けるようになった なぜか分からないけど エルサ女王の戴冠式で、運命の王子様ハンスに出会い、意気投合したアナ。 彼に自分と姉のエルサのことについて話したセリフです。 初めの1文で使われているcloseは形容詞で「近しい、親しい」という意味です。 次の文にあるshut A 人 out は「Aを閉め出す」という意味です。 動詞のshut は「閉める」という意味ですが、out と合わせて「閉めて外にやる=閉め出す」という意味になります。 否定の意味を強調するneverを使って、「決してわからない、全然わからない」というセリフになっています。 Anna: What did I ever do to you? あたしが何をしたっていうの? Elsa: Enough, Anna. もうやめて、アナ アナがハンスとの結婚について話したところ、エルサは認められないと突っぱね、パーティーも終わりにすると告げます。 突然再び冷たくなったエルサにアナがくってかかるシーンのセリフです。 このアナのセリフにも強調のeverが使われているので、「私があなたに何をしたの?」というただの過去形の疑問文ではなく「私が一体あなたに何をしたというの?」と相手に詰め寄る一言になっています。 Hance: Are you sure you can trust her? 女王を信じられるのか? 君が傷つくのはいやだ Anna: She is my sister. She would never hurt me. 私の姉さんなのよ 絶対に私を傷つけたりしないわ 隠していた魔法の力を周囲に見せてしまい、お城から逃げ出したエルサ。 そのエルサを追おうとするアナにハンスが声をかけたやり取りの表現です。 このアナのセリフに使われている neverは強調の否定を表し、「絶対に〜ない、決して〜ない」という意味です。 その前の wouldは未来形を作る助動詞 willの過去形です。 未来形の過去形?とややこしく感じますが、過去形の助動詞は原形よりも直接的ではない意味になります。 ここでは「〜するだろう」という未来の推量を表していますが、willよりも確定・断定の程度は低くなります。 I belong here alone. I can be who I am without hurting anybody. 私は一人でここにいる 自分でいられるし誰も傷つけずに済む ようやく氷の城にいるエルサに会えたアナが一緒に帰ろうと言った時のエルサの一言です。 belongは「所属する」という意味の動詞で、後ろに名詞が続く場合は前置詞の toをつけて使います。 He belongs to the national soccer team. 「彼はサッカーの日本代表チームに所属している」というように使います。 2文目のwho I amは「私自身」という意味で、I can be myself でも同じ意味になりますが who I am の方がより「ありのままの自分」というニュアンスが丁寧に伝わる表現になっています。 I do. 大丈夫 僕わかる 愛っていうのは自分より人のことを大切に思うことだよ ハンスとの「真実の愛」によってエルサから自分にかけられてしまった魔法を解こうとしていたアナでしたが、それが失敗して途方にくれているところのオラフとの会話です。 このセリフでは「〜さえ」という意味の副詞 even が使われているので「愛が何かさえもわからない」という意味になっています。 これに対するオラフの一言、シンプルだけどズバリと愛の本質をついていますよね。 Elsa: You sacrificed yourself for me? 私のために自分を犠牲にしたの? Anna: I love you. 愛してるから 物語のラスト、自らの身を挺して姉エルサを守った妹アナ。 その後の姉妹のやり取りです。 sacrifice は「犠牲にする」という意味の動詞で、sacrifice A for B で「AをBのために犠牲にする」という表現でよく使われます。 この姉妹の『真実の愛』によって、アナの魔法は解けたのでした。 Let it go. 日本語タイトルは「ありのままで」となっていましたが、これはこの英文そのままの意味ではなく、この言葉の背景にある意味をくみ取った意味になっています。 Let it goを文の構造から見ていくと、let は動詞で「させてやる、することを許可する」という意味で、let A B 動詞の原形 で「AがBすることを許す、AにBさせる」という意味の表現になります。 これを当てはめると、let it goは「itが行くことを許す」、つまり「itを解放する、手放す」ということ。 では、この it は何かというと、映画のシーンではそれまでエルサが自分の内に閉じ込めて秘密にしていた魔法の力なんですね。 いかがでしたか?歌が大ヒットした映画『アナと雪の女王』ですが、劇中の英語のセリフにも注目して、ぜひ一度味わってみてくださいね。 [Ad-b].

次の

アナと雪の女王

アナと雪の女王 英語タイトル

英語のプレゼンのサポートのために渡米 西澤ロイ 氏(以下、ロイ):I enjoyed watching movies on the flight to Miami. 「西澤ロイの頑張らない英語」。 上村潤 氏(以下、上村):このコーナーは英語のコンサルタント兼カウンセラー西澤ロイが、英語に関するさまざまな話題を取り上げたり、英語を使って活躍している方にインタビューしたりするコーナーです。 ロイさん、おはようございます。 ロイ:おはようございます。 上村:もう年の瀬でございますね。 ロイ:はい。 上村:なんでもマイアミ。 今聞こえましたけど。 ロイ:はい。 今月の頭になるんですけども、ちょっとお客さんが、マイアミのカンファレンスで、英語でプレゼンをしたいと。 上村:ほうほう。 ロイ:それのサポートで、一緒に同行して、出張に行ってきました。 上村:英語で出張ですね。 マイアミ。 ロイ:そうですね。 マイアミ。 宿泊とかいろんなものを、もう全部付けて貰って、ラスベガスとセドナにまで行ってきたという。 上村:見ましたよ。 Facebookでお写真。 セドナが似合ってましたね。 ロイ:(笑)。 上村:なんだろう。 佇む姿といいますか、どうでした? セドナって。 ロイ:まあ、良かったですけど、弾丸ツアーで、1日で行って帰ってきたんで、もうちょっと、のんびりしたかったですけどね。 上村:でも、なかなかね、いろんな所行きたいけど広大ですもんね。 ロイ:うん、本当に、本当に。 上村:まあ、でも行けてよかった感じですかね。 行きと帰りで映画鑑賞 ロイ:飛行機に乗ると国際線とかって、日本で未公開の映画とかが見られるわけですよ。 上村:「watching movie」って言ってましたよね。 ロイ:そうそう。 上村:ですよね。 ロイ:「I enjoyed watching movies. 」って言って。 上村:はい。 ロイ:その映画を見ていて、『アナと雪の女王』もやってて。 上村:はい。 ロイ:まだ見てなかったんで、「あっ、これは見なきゃ」と思って。 上村:ほう! なにかの巡り合わせかと。 ロイ:そうですね。 行きの飛行機で1回見て、帰りの飛行機でもう1回見て(笑)。 上村:なるほど。 もう1回見なきゃと(笑) ロイ:はい。 なので、今日はそれをちょっとネタに喋りたいなと思ってます。 上村:はい。 好きな方は、もう何回も見ている映画だと思いますけどね。 ロイ:じゅんじゅんは何回ぐらい見たんですか? 上村:僕はそうですね、3、4回ぐらいですかね。 ロイ:ほうほう。 英語の勉強をしているじゅんじゅんだからこそ。 上村:ハードルが上がり過ぎじゃないですか?(笑) ロイ:あれ?(笑) 上村:でもね、お子さんが見ても楽しめる映画になっているんでね、かなり聞き取りやすいかなとも思いましたけど。 早いセリフは早いですけど。 ロイ:うんうんうん。 上村:けっこう、聞き取りやすかったかなとは思いますけど。 あれ? これ自分でハードル上げてるかな?(笑)。 アナ雪を使って英語クイズ! 上村:今日はそんな『アナと雪の女王』をテーマにお送りしていきたいと思いますが。 『アナと雪の女王』ね、みなさん知っていると思いますが、アレンデール王国という国の2人のお姫様のお話なんですけどね。 あまり言うとネタバレになるから言い辛いんですよね(笑)。 ロイ:うん。 確かに確かに。 上村:エルサとアナっていう2人のお姫様のお話なんですよね。 ロイ:はい。 上村:そんなお話ですが。 ロイ:今日どうやって、この『アナ雪』を取り上げようかなと思って、クイズを作ってみました。 上村:クイズ? ロイ:『アナ雪』英語テスト。 上村:ああ、英語がついちゃいましたねこれ(笑)。 ロイ:(笑)。 これをぜひ、じゅんじゅんにも、そしてリスナーのみなさんにも、考えていただいきたいなと思って、5問用意しました。 上村:おっ! ロイ:いっちゃっていいですかね。 上村:はい、どうぞ。 アナ雪の元のタイトルは? ロイ:まず1問目。 上村:1問目。 ダダン。 ロイ:『アナと雪の女王』の英語でのタイトルはなんでしょうか? 上村:おっ、これスタジオ前のリスナーの方でもわかる方、沢山いますかね。 『アナと雪の女王』の英語の題名? でも僕知ってるんですよ(笑)。 ロイ:じゃあ答えて貰いましょう! 上村:『Frozen』。 ロイ:正解! 上村:はい、良かったです(笑)。 これで間違っていたら、どうしようかなと思いましたけど(笑)。 ロイ:そうそう『Frozen』って凍っているんですよね。 上村:うん。 ロイ::だから日本語だと雪って訳されているんですけど、本当は氷なんですよね。 上村:ほう。 なにか話によると、最初は違う題名だったみたいな。 ロイ:ああ、そうなんですか? ほうほうほう。 上村:なんだっけな。 『Snow Queen』。 本当に。 ロイ:ふーん。 上村:なんだっけな、アンデルセン童話が原作なんですよね。 その題名が雪の女王ということで『Snow Queen』になる予定だったらしいですね。 ロイ:なるほど、なるほど。 上村:ただ、やっぱり『Frozen』になったとうことでね。 1問目正解でございます。 よかった。

次の