競艇 結果 一覧。 全24ヶ所の競艇場一覧【特徴・ランキングまとめ】

ボートレースまるがめ Official Site

競艇 結果 一覧

全国の競艇場の特徴一覧 競艇場は全国に24か所あります。 立地により競艇場の特徴が異なります。 そこで今回は競艇場ごとの主な特徴をまとめました。 競艇場 特徴 難水面 予想が難しい 予想が難しい 予想が難しい 予想が難しい 静水面 静水面 フライング多い インが強い 難水面 予想が難しい インが強い 予想がしやすい インが弱い 難水面 難水面 難水面 予想がしやすい インが強い インが強い 払戻し金が多い インが弱い 払戻し金が少ない 払戻し金が少ない インが勝ちやすい競艇場ランキング 競艇場ごとの特徴からインコースが特に勝ちやすい競艇場をまとめました。 インコースが勝ちやすい競艇場は予想がしやすいということです。 特に初心者は自分の知識を確かめる為にはちょうどいいと思います。 大村競艇場• 徳山競艇場• 芦屋競艇場 順番にその特徴をご紹介していきます。 1位:インの勝率トップの大村競艇場 大村競艇場は日本で1番1コースの勝率が高い競艇場です。 第1ターンマークの振りが小さいので、逃げが決まりやすく1コースに有利に働きます。 1号艇を軸に予想をするのがセオリーとなっています。 逆にインコースが負けるパターンもわかりやすく2号艇の差しが決まるかどうかです。 この差しが決まるパターンで多いのはレース時に 『追い風』が発生している場合です。 レース時の風向きも見た上で予想しましょう。 特徴として、第2ターンマーク付近で特有のうねりが発生するので、コースの雰囲気をよく知っている地元選手が強いケースが多いです。 2位:インに有利な番組編成が多い徳山競艇場 徳山競艇場は山の麓にあるので、ほぼ追い風しか吹かないというのが特徴です。 コースレイアウトは先ほどの大村競艇場のように1号艇に有利なつくりではありません。 それにも関わらずインコースが強いのは、競艇場の番組表の作り方にあります。 1号艇にA級選手などの主力選手を配置することが多いので結果としてインコースが強いというデータになります。 予想のコツは、比較的天候が安定している日は順当な予想方法でかまいません。 大村競艇場と同じく1号艇を軸に予想する買い方です。 強風の日には1号艇が第1ターンマークで流され2号艇の差しが決まる確率が高まるので波乱のレース展開となります。 風速が3mを超える日に差しが決まるケースが多いので、強風の日は勝負してみましょう。 3位:スピード戦が楽しめる芦屋競艇場 芦屋競艇場もインコースが強いですが、コースレイアウトや気候などではなく徳山競艇場と同じように番組編成による影響が大きいです。 淡水ということもあり、干満差もなく静水面の競艇場の1つです。 コースも広いので、全速で選手が攻めるスピード戦となることが多くなります。 基本的には1号艇に有利なレース展開となりますが、 風速が2m以上だと1号艇の勝率が下がる傾向にあります。 予想する際は1号艇の選手のランク以外に風速も確認しましょう。 また、スピード勝負となることが多いのでモーター性能が鍵を握ります。 モーター情報の確認も忘れずに行ってから予想をしましょう。 払い戻しが多い競艇場ランキング 次は払い戻しが特に多い競艇場について解説します。 払戻しが多いということは、1号艇の勝率が悪いということを意味します。 その分予想が非常に難しいので、初心者ではなく上級者にオススメな競艇場となります。 戸田競艇場• 江戸川競艇場• 平和島競艇場 順番に特徴をご紹介していきます。 1位:インが日本一弱い戸田競艇場 戸田競艇場はインコースが日本一弱いということで有名です。 第1ターンマークが右側に位置しておりちょうど3コースのライン上に位置します。 その為1号艇の選手は直線ではなく右斜めに走り出すことになります。 このコースレイアウトの関係で2~6号艇までのまくりが決まりやすく波乱のレース展開となります。 1号艇が1着をとる為にはスタートが鍵を握ります。 スタート展示や前日までの出走表を確認しスタートが上手く決まっているか確認してから予想しましょう。 もしスタートが上手く切れていないようであれば2号艇が有利になるため1号艇を軸に買うのはオススメしません。 2位:日本一予想が難しい江戸川競艇場 江戸川競艇場は 『風・干満差・川の流れ』という3つの要素が水面に影響を及ぼす為、日本一予想が難しいといわれる競艇場です。 河川上にコースがあるため川の流れと風向きがぶつかる場合は特に水面が荒れます。 河川の流れは上から下に一定ではなく、 満潮時と干潮時で向きが変わります。 満潮になるにつれて海水面が上昇しますので、下流から上流(海側から河川側)へと流れ、干潮になるにつれて上流から下流(河川側から海側)へという流れになります。 上記のような特徴を理解している選手でなければ勝つのは難しい為 地元の選手が有利な競艇場と言えます。 予想は難しいですが、追い風時に差しが決まりやすいので追い風の場合は1-2か2-1を軸にするといいかもしれません。 江戸川競艇場と同様にスタートが鍵を握るのでいいスタートを切れているかの確認は必須です。 それに合わせて当地勝率を確認し地元選手や得意な選手をチェックしましょう。 非常に難しいコースの為、単純に技術が高い選手に注目するのもいいかもしれません。 3位:6号艇が強い平和島競艇場 平和島競艇場は6号艇が強いという特殊な特徴がある競艇場です。 バック側での斜行を禁止している関係で差した艇が内側で伸びて決まるということが多くなります。 その為、センター勢が1位になることが多いので払い戻しが多くなります。 1号艇が逃げで決まるケースが少ない為、予想をする際はセンター勢に『マクリ』がうまい選手がいるかを加味します。 6号艇の1着率が1番高いことも考慮しますので、6号艇に地元のベテラン選手やモーターが絶好調の選手がいた場合には予想に入れましょう。 競艇場の水質一覧 最後に競艇場ごとの水質とその特徴についてまとめましたのでご紹介します。 ここでは競艇場によってどのような水面の特徴があるのかを理解してもらえればと思います。 淡水、海水、季節風、干満差などそれぞれ特徴がありますのでよく予想する競艇場の特徴だけでも頭に入れましょう。 競艇場 水質 水面の特徴 桐生 淡水 季節風(冬から春) 戸田 淡水 穏やか 江戸川 汽水 干満差の影響大 平和島 海水 満潮時水面のうねり有 多摩川 淡水 非常に穏やか 浜名湖 汽水 若干の干満差有 蒲郡 汽水 穏やか 常滑 海水 穏やか 津 淡水 季節風(夏・冬) 三国 淡水 うねり びわこ 淡水 うねり 住之江 淡水 非常に穏やか 尼崎 淡水 季節風(夏・冬) 鳴門 海水 干満差の影響大 丸亀 海水 干満差の影響大 児島 海水 干満差の影響大 宮島 海水 干満差の影響大 徳山 海水 干満差の影響大 下関 海水 干満差の影響大 若松 海水 干満差の影響大 芦屋 淡水 穏やか 福岡 海水(汽水) うねり 唐津 淡水 季節風 大村 海水 干満差の影響有.

次の

三国競艇場の特徴や予想・オッズ情報、ライブ動画やレース結果

競艇 結果 一覧

競艇データをエクセル化したい方はいらっしゃいますか? 小生は、過去数か月の競艇データをエクセルデータにして、 一元管理するのに多大な労力を払って来ました。 今回、IE制御、エクセルVBAとエクセル関数を利用して、 簡単にエクセル化することができ、ブログ公開しています。 需要がどの程度あるのか、どのような内容が良いのか、 知りたくて投稿しました。 よろしくお願い致します。 ハンドルネーム「イチョウのキワ」、 タイトル「競艇データをエクセルに」 で検索してみてください。 「競艇データをエクセルに 結果編 」 注 結果、環境を合作する予定です。 自分は競艇のデータ化をする気はありませんが仮にそれをやるとしたらExcelではなくAccessで作成します。 数レース程度ならExcelでも構わないと思いますが膨大なデータの管理ならAccessでデータベース管理する方が楽です。 特にVBAを使うとなれば書き込み処理でエラーになった場合にロールバックがないのでデータの原子性,一貫性が保てなくなります。 その為にバックアップを取ってから実行するなど面倒になります。 その上Excel関数で実現できる計算式はVBAのコードでも十分に実現できます。 Accessはデータを表示する為のフォームの作成が面倒ではありますがデータ量が多いならExcelでの管理は危険が伴います。

次の

【競艇】全国の競艇場一覧と特徴・インが強いのはどの会場?

競艇 結果 一覧

桐生競艇場(群馬県みどり市) 桐生競艇場はピットから小回りブイまでの距離が長いことから、 ピット離れが悪いとコース取りが不利になるといった特徴があります。 また、冬~春にかけて赤城おろしと呼ばれるクセのある風が吹くため、この季節は桐生競艇場をホームプールにしている選手が有利と言われています。 こういった走り難さからインコースの勝率は低く、 センターの勢の強さが目立つといった特徴があります。 また、1コースの勝率が下から数えた方が早いというほど低く、舟券の組み立てが難しいでしょう。 バックストレッチ側での斜行が禁止されていることから勝負が付きにくいといった特徴もあり、時にはゴールまで勝負がわからないこともあるんです。 差しが少なくマクリが多い競艇場で、全足ターンからの逃げかマクリか・・・といったレース展開が多いです。 また、レースでは風の影響が大きく、インコースとアウトコースの優位性がハッキリすることもあります。 また、レースはすべてナイター競走のため、ナイター経験者が有利といった特徴もあり。 また、海水を利用した競走水面ではあるものの、水門のおかげで干満差の影響が少ないという特徴があります。 1コースの優位性が低く軸にするのは難しいですが、高配当狙いに向いた競艇場と言えます。 また、1日の間に追い風と向かい風が変わる特徴もあり、舟券の予想は難しめの競艇場です。 また、住之江競艇場では唯一、ライナー調整という特殊な調整が行われているんですよ。 また、全国の競艇場の中で唯一、センターポールに対して1マークと2マークが一直線といったコースになっています。 1マーク進入部分のコースの狭さがインコースに対して不利に見えますが、勝率を見ると大した影響はないようです。 となると1コースの勝率が低いと思うかもしれませんが、水質が海水で向かい風が常にアウトコースに有利に働くわけではないため、軸としても安心できるレベルですよ。 基本的に1コースを軸に舟券を組み立てていけますが、海水を利用していることから干満差の影響によってはセンターから考えるのもアリです。 また、時間帯で風向きが変わるため、干満差を合わせてスタート勘が掴みずらいと言われています。 特に1コースの勝率は高く、2コースの連対率の高さから荒れる事が少ない傾向にあります。 また、風の影響によりスタートが難しくなるといった特徴があるため、風速などのチェックが必要です。 インコースに有利な追い風も、 風速が強すぎると逆にマイナスの影響を受けてしまいます。 また、サンライズレースを開催しており、1コース艇に階級の高い選手が置かれるのも高い勝率に影響していると考えられますね。 1コースだけの勝率を見るとインが弱い印象を受けますが、その分2コースや3コースの勝率が高いため、スロー勢全体の勝率が高いといった特徴があります。 インコースの優位性の変化は風の影響が考えられるため、追い風か向かい風かで判断するといいでしょう。 また、風の影響や独特のうねりといったクセがあることから、大村競艇場をホームプールとする選手が有利と考えられます。 数値に惑わされず選手や階級といった部分にも注目して、他のイン艇の情報も取り入れるようにしましょう。 勝率が高くても1コースに新人選手、2コースにベテラン選手といった構成になると結果が変わってくる可能性がありますよ。

次の