猫 に あげ て は いけない 食べ物。 猫に食べさせてはいけないもの・危険なもの・注意するもの

猫が絶対に食べてはNGな食材って?ジャンル別に分かりやすく解説!|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫 に あげ て は いけない 食べ物

飼い主さんは、自分の猫に必要な栄養素を摂取できる、もっとも適したフードを与えたいと思っていることでしょう。 とはいうものの、食卓の食べ残しや特別なおやつをあげたくなるかもしれません。 しかし、ある特定の食べ物は猫にとって害になる可能性があることを忘れてはなりません。 では、どんな食べ物が有害なのかについてご紹介していきます。 玉ネギ、ニンニク 玉ネギ、ニンニク、エシャロット、青ネギは、猫の赤血球にダメージを与え、貧血を起こすことがあります。 これらの食べ物が害になるのは通常、大量に摂取した場合ですが、オニオンスープの粉末やガーリックパウダーなど、玉ネギやニンニクが濃縮された状態で摂取した場合も、同様に健康に害を及ぼします。 食べた量や個体差にもよりますが、無気力、衰弱、食欲低下、白っぽい歯茎、オレンジから濃い赤の尿などの症状があらわれます。 猫がこれらの食材を食べてしまったことに気づいたら、すぐに獣医師に連絡し状況を伝え相談しましょう。 生卵、生肉、骨 人間と同様、猫が生卵や生肉を摂取した場合も、サルモネラ中毒や大腸菌中毒を起こすことがあります。 食べてしまった後に、嘔吐、下痢、無気力などの症状が現れることがあります。 また、サルモネラ菌や大腸菌は人間に感染します。 ですから、これらの生の食材を取り扱う時は、猫が近づかないようにし、調理後は正しい方法で手洗いするように心掛けなければなりません。 生卵には、皮膚や被毛にトラブルを起こす場合のある酵素が含まれています。 また、骨を食べさせるのも避けるべきです。 これらの食べ物は、のどに詰まったり、消化管を傷つけたり、歯を傷めたりする恐れがあります。 チョコレート、カフェイン入り飲料 チョコレートは犬にとって命にかかわる食べ物と、耳にしたことがあるでしょう。 実は猫にとっても有害なのです。 チョコレートにはテオブロミンと呼ばれる物質が含まれ、これが嘔吐や下痢、高体温、筋肉の震え、不整脈、腹部の不快感、激しいのどの渇き、発作を招きます。 カフェインもテオブロミンと同じグループの物質のため、カフェイン入り飲料も避ける必要があります。 猫がこれらを口にしたことに気づいたら、すぐに獣医師に連絡し状況を伝え相談しましょう。 ちなみにダークチョコレートの方がミルクチョコレートやホワイトチョコレートよりも危険性が高まります アルコール、生のパン生地 アルコール飲料やアルコールを含む食品も、危険な場合があります。 また生のパン生地は胃の中で膨張したり、アルコールを発生させたりします。 その結果、嘔吐、下痢、震え、方向感覚の喪失、呼吸困難、こん睡状態といった症状が現れます。 場合によっては死に至ることさえあります。 生のパン生地から遠ざけるようにしなければなりません。 たとえ少量でも、猫がアルコールを摂取したと思った場合は、すぐに獣医師の診察を受けてください。 牛乳、乳製品 たとえおいしそうに飲んでいたとしても、牛乳は必ずしも猫にとってよい食品ではありません。 猫は、牛乳に含まれる乳糖を消化するのが得意ではありません。 おなかの調子が悪くなったり、下痢を起こす場合があります。 多くの猫は、子猫の時に母乳に含まれる乳糖しか摂取したことがありません。 子猫が母乳を飲むのはほんの数週間のため、多くの場合、乳糖を再び摂取し、処理するための消化器系の機能が備わっていません。 一部の猫は問題なく牛乳を受け入れられますが、子猫の時の母乳を除き、牛乳を飲むのは消化器系のトラブルの恐れからお勧めできません。 ブドウ、レーズン ブドウやレーズンは、たとえ少量でも猫にとって病気の原因になります。 場合によっては、腎機能障害が急激に進むこともあります。 摂取してから12時間以内に嘔吐が起きることがあります。 24時間以内に起きる可能性のある徴候は、この他にも、無気力、下痢、食欲の低下、腹痛、排尿の減少などがあります。 はっきりとした理由はわかっていませんが、ブドウやレーズンは、猫の腎機能障害の原因になり、少量でも不調をきたす場合があります。 嘔吐や落ち着きのなさを繰り返すのが初期の徴候です。 こういった徴候が見られない猫もいますが、ブドウやレーズンを与えないこと、調理台や猫の届く場所に置かないことが最善です。 ドッグフード ドッグフードにはこれらの栄養素がキャットフードに比べてあまり含まれていないのです。 犬は、ビタミンAやたんぱく質の量が猫の必要とする量よりも少なくても生きていけるのですが、猫は生きていけません。 さらに犬は、タウリンやアラキドン酸を体内合成できるのですが、猫はこれらを食べ物から摂取する必要があるのです。 ちなみに猫でタウリン摂取量が不足すると、心疾患や視力、歯のトラブルが起きることがあります。 猫が有害な食べ物を口にしないようにするために 飼い猫の生活や健康は、どのような食べ物を食べているかによって左右されます。 健康に害を及ぼしたり、時には毒になったりする食べ物は猫が届かない場所に置くべきです。 バランスのとれた食事を用意してあげれば、ずっと健康でいるための手助けができます。 有害な食べ物を口にしないようにするための簡単なアドバイスをいくつかご紹介します。 食べ物は、猫が届かない場所に保存しましょう。 とくに好奇心旺盛な子猫には、扉を開けられないようにするための棚用ロックを付ける必要があるかもしれません。 調理や食事の最中は、調理台やテーブルの上に乗らないようにしましょう。 食卓の食べ残しをあげないでください。 週末や連休などはとくに、いつも以上の気配りが大切です。 この時期は周囲に心そそられる人間の食べ物が増えます。 この多くが猫のおなかにトラブルを起こしたり、害を与えかねないのです。 有害な食べ物を口にしたことに気付いたり、食べたことが疑われる場合は、すぐにかかりつけ獣医師の診察を受けてください。 こうした食べ物の中には、場合によってちょっと不快感が起きるだけのものもありますが、著しく健康を害するものもあります。 疑問に思った時は、獣医師に相談してください。

次の

絶対に猫に与えてはいけない食べ物【獣医師監修】

猫 に あげ て は いけない 食べ物

危険! チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという物質がホスホジエステラーゼと呼ばれる酵素の働きを阻害し、心臓の筋肉や神経に悪影響を及ぼします。 具体的には血圧上昇、頻脈、不整脈、興奮、震え、けいれん、昏睡などです。 大量に摂取した場合、6~24時間で死亡する危険性すらあります。 猫が積極的にチョコレートをねだることはほとんどないでしょうが、飼い主がチョコレートケーキを食べているときにせがんできても絶対に与えてはいけません。 テオブロミン含有量はホワイトチョコ<ミルクチョコ(1. 6~6. 危険な時期は2月のバレンタインデー、12月のクリスマスなどです。 医薬品によるペットの中毒• 抗ヒスタミン薬ペットにおける抗ヒスタミン剤中毒の大部分は軽度で鎮静や運動失調などで終わることが多い。 しかし肝機能障害を抱えている場合、中毒効果が高まる。 アセトアミノフェン臨床症状はチアノーゼ、呼吸困難、顔面浮腫、抑うつ、低体温、嘔吐など。 これらの症状は進行し、衰弱、昏睡、最終的には死に至ることもある。 イブプロフェン主な臨床症状は腹痛、貧血、黒色便、吐血、胃腸過敏、胃潰瘍など。 2015年4月には、イブプロフェンと同じく非ステロイド系抗炎症薬に属する「フルルビプロフェン」を舐めたことによる猫の死亡例が確認されたことから、アメリカ食品医薬品局(FDA)が緊急の警告を発している。 アスピリン中毒症状は抑うつ、嘔吐、食欲不振、呼吸速迫、発熱などで、摂取後4~6時間で出現する。 中枢神経が抑制されると筋肉の運動失調を招き、昏睡から死に至ることもある。

次の

【実は魚も?】猫に食べさせてはいけない危険な食べ物13選|人間の食べ物はあげちゃだめ!|ねここもり

猫 に あげ て は いけない 食べ物

猫に食べさせてはいけないものと、食べさせるときに注意すべきものを列挙します。 これらのうち、少量なら、あるいは加熱するなど少し手を加えれば、猫の体にとってむしろ有益な食品も多いのです。 良いものをバランスよく食べさせてあげてくださいね。 ネギ類【ダメ!】 【管理人 2008年】 ネギ科の植物全般=タマネギ、長ネギ、ニラ、ワケギ、らっきょう、アサツキ、ニンニク、など。 ネギ中毒=溶血性貧血をおこします。 ネギ類に含まれる アリルプロピルジスフィドという成分が血液中のヘモグロビンを酸化し、赤血球にグロビンの不溶性変性産物を作ってしまいます。 これにより、赤血球が破壊され、溶血性貧血の原因となります。 同時に、血液をつくっている骨髄のはたらきも悪化します。 これは、血液中のヘモグロビンの分子構造が、ネコとヒトでは異なるために起こる症状です。 ネギ中毒をおこすと、血色素尿(赤~褐色の尿)が出る、元気がなくなる、嘔吐、心臓の鼓動が速くなる、 ふらつく、黄疸、下痢などの症状があらわれます。 多くの場合は自然治癒しますが、幼猫・高齢猫や、体質・体調によっては重度の貧血状態に陥ったり、死亡することもありますので、要注意です。 アリルプロピルジスフィドの効力は加熱しても落ちません。 タマネギはハンバーグ・コロッケ・サラダ・シチューなどの多くの洋食に、また長ネギはみそ汁や煮物・すき焼きなど多くの和食に使われています。 愛猫が食べないよう、気をつけてください。 *一部の獣医師の中には 「少々のタマネギを食べたってどうってことない!大丈夫や!」という人がいますし、実際、毎日タマネギを1~2個食べて平気な犬もいるようです。 が、 個体差が大きく、中毒をおこしやすい子はタマネギスープを一舐めしただけで動物病院へかつぎ込まれることもあるそうです。 また拙サイトの掲示板にも、実際にあった話として、高齢猫がプランターのネギを食べて死亡したという 報告例がありました。 どの猫本にもネギ類は危険と書いてありますし、やはりネギ類は注意するに越したことはないと私は思います。 その理由は、 生のイカに含まれる チアミナーゼという酵素が、ビタミンB1(チアミン)を分解し、急性ビタミンB1欠乏症を引き起こす場合があるからです。 ビタミンB1欠乏症の初期段階では、食欲低下・嘔吐が、さらに進むと、瞳孔が開き、歩き方がフラフラになります。 症状が重くなると、痙攣をおこす・異常な姿勢をとったり大声で鳴き続けるなどが見られ、ついには昏睡状態に陥り死亡してしまいます。 チアミナーゼはイカだけでなく、生の魚介類の多くに含まれていますから、与えすぎにはご注意ください。 なお、チアミナーゼは加熱すれば効力を失います。 【いかイラスト:】 それ以外にも、イカやタコは消化が悪く、嘔吐や下痢・便秘の原因となる場合があります。 スルメは水を含むと数倍に膨らみますから、食べ過ぎると急性胃拡張等をおこす危険がある、と書いてある本もあります。 また、イカやタコはコレステロール値が高いのも注意すべき点です。 が、多くの猫がイカやタコを好みますし、猫の必須栄養素であるタウリンを多く含んでいるという長所もあります。 与えるときは加熱して、人間が量をコントロールしながら与えるのがよいでしょう。 これも根拠のある言い伝えなのです。 アワビの内臓に多く含まれる ピロフェオホルバイドaなどの光励起物質が猫の体内に吸収されると、光線過敏症の原因となります。 猫は全身を毛で覆われているおかげで、直射日光をあびても猫の皮膚までは光が届きにくいのですが、その中で、猫の耳は毛が薄いため、日光が皮膚からさらに毛細血痕まで届いてしまうのです。 そのため、耳が 光線過敏症をおこして激しい痒みが生じ、猫は耳を掻きむしってしまいます。 さらに、有害成分によって耳の組織が壊死するということもあります。 2~5月頃のアワビの内臓には特に注意です。 不飽和脂肪酸という成分により、青身の魚を過食すると、猫の脂肪が酸化して 黄色脂肪症(イエローファット)になります。 この病気になると、 猫の腹部や胸部、腹腔内などの皮下脂肪が酸化・変性して炎症をおこします。 猫にとっては、お腹から胸にかけて、痛みと熱をともなう硬いしこりができるので、普通に歩けなくなったり、さわられるのをいやがったりします。 ところで、不飽和脂肪酸は少量であれば猫にとって有益な成分です。 あのDHAも不飽和脂肪酸の一種です。 バランスの良い食事を心がけてください。 健康な大人や成猫が感染しても、ほとんど症状が出ない場合が多いのですが、それだけに感染に気づかない人が多く、日本でも、つい近年までは 成人の30%が感染していたといわれたほど、ありふれた病気です。 ですが、妊娠中の女性が初感染すると、胎児に重篤な症状がでる場合があります。 また免疫機能が弱っている人や幼猫が感染しても症状が出、最悪死に至ります。 豚肉は、このトキソプラズマの感染源となるシストの保有率が、他の肉類より高いのです。 シスト(トキソプラズマ原虫の卵みたいなものとお考えください)が含まれた生肉を猫が食べると感染する可能性があり、その猫の排泄物を人間がなんらかの理由で口にすると、人間も感染する可能性があります。 ただし、シストは熱に弱く、加熱すれば死滅します。 妊娠する可能性のある女性のいるご家庭で、猫さんに手作り食を与える場合は、特に輸入豚肉は必ずよく加熱してから与えましょう。 重症の場合は死亡することも。 [2012. 25追記] 研究結果では、『特にてんかん症の犬に発作が多く、体重1kgあたりテオブロミン88mg以上摂取すると死に至る』そうです。 (『』兵頭哲夫・柿川鮎子著、文春新書 p. 64)ただし、チョコレート製品によって、含まれるテオブロミンの量はかなり違うそうです。 肥満は猫でもよくありません。 肉食に特化したネコ科の動物は、進化の過程で甘味の感覚の必要性が薄れて行ったのかもしれない。 『ニュートン別冊 感覚ー驚異のしくみ』2016年3月25㈰発行 p. 150 ISBN9784315520385 猫という動物が遺伝的にも甘いものを好まないのであれば、ますます食べさせる必要はないでしょう。 また、お菓子には、甘さを引き立たせるため、 塩分も相当量ふくまれているものです。 塩分の過剰摂取にも注意が必要となります。 そのうち、約50件は重症で、7件が死亡にいたったとのこと。 猫については医学的報告はまだ管理人は眼にしていませんが、猫は犬より一般に解毒機能が弱いことを考えれば、注意すべきと思われます。 ドッグフードは、猫にとって十分な 良質タンパク質も、必須アミノ酸である タウリンもまったく不足しています。 タウリン不足が続くと、進行性網膜萎縮をおこし、最後には 失明します。 この病気でいちど網膜に障害が生じると、もう一生治りません。 視力に異常が出てからあわててタウリンを与えても、もとの視力には戻らないのです。 またタウリン不足は心筋症・神経の異常・生殖能力の低下なども引き起こします。 猫にはキャットフードを与えてください。 猫は、吸収アミノ酸の分解と糖新生に関係する肝臓内酵素の活性が常に著しく高い。 犬やラットでも高タンパク食摂取時はそれらの活性が比較的高いが、ラットのように雑食化した犬は、低タンパク食摂取時には貴重なアミノ酸が 無駄に分解されないよう、それらの酵素の活性を抑制できる。 しかし肉食動物であり続けた猫は、そのような適応能力を身につけなかった。 すなわち、猫では蛋白質摂取量に関係なくアミノ酸がエネルギー源や糖新生に利用されるため、蛋白質要求量が高いのである。 『』本好茂一監修 p. 33 猫はアミノ酸の代謝に関しても特異的なのだそうです。 その上、猫は犬よりミネラルやビタミンの要求量も多いとか。 詳細を知りたい方は、ぜひ本をお求め下さい。 とても為になる本です。 ネットは便利ですが、信頼でき頼りになるのはやはり、何と言っても本でしょう。 いずれもお奨めの本ばかりです。 機会があればぜひお読みください。 【書籍】• 矢沢サイエンスオフィス編• 須崎恭彦• 高野瀬順子• 本好茂一監修• 「食べてはいけない!ペットフード大解剖2」 堺栄一郎 【ウェブサイト】• Animal Cruelty Overview, Disaster Preparedness, Pet Care and Poison Control•

次の