すき家 モバイル オーダー。 【スマホでSukipassスキパスが自動割引!?】すき家モバイルオーダー

すき家の支払い方法

すき家 モバイル オーダー

モバイルオーダーサービスとは すき家のアプリを利用できるディバイスにダウンロードすることで 事前に決めたオーダーや席で決めたオーダーをテーブルのQRコードを読み込むことにより即座に決済と注文が出来るサービスです。 簡単に言うとスマホやアンドロイドですき家の公式アプリをダウンロードして利用環境が整えば通常利用可能なサービスです。 iPhoneでもアンドロイドでもすき家公式アプリで検索しダウンロードすることで利用が可能です。 使い方 使い方はすごく簡単でスリーステップで完了!!• アプリを開く• 注文を決める• 支払い方法を選択しテーブルのQRコードを読み込む!! これだけです!! スマホのこの作業だけで注文と決済が完了してしまうのです! 初期設定 もちろん、アプリをダウンロードしたからと言ってすぐに利用できるわけではありません最初に簡単な初期設定が必要です、初期設定というと難しく思えるかもしれませんが支払い方法の設定です ZENSHOクーカアプリ ゼンショーグループで利用できるお得なポイントや支払いが出来るアプリです!すき家公式アプリと連携させることによりより便利に使えます。 クーカカードはその場で簡単に作ることも 現金やクレジットでチャージするることも可能なのですき家に限らずゼンショーグループをよく利用する人なら持っていて損はありません。 (2019年11月26日にCooCaマネーのチャージを終了となりました。 電子マネーの利用も2021年11月30日までとなります。 ) カードの登録はクーカカード裏面にあるカード番号とPIN番号をアプリのこの画面に打ち込むだけです!カードが手元にあれば1分で完了です、残高があればすぐに利用可能です。 Sukipass 期間中ならいつでも70円引きのSukipas(スキパス)はこのアプリではすごく簡単に購入できます!ホーム画面のスキパスをクリックするとすぐにこのような画面になります。 OKを押すと決済され購入完了になりますが、注意点が表示の通り アプリで購入した場合Sukipass スキパス)はモバイルオーダーででしか利用できません!! 通常時にもモバイルオーダーでも両方使うためには通常のスキパスを購入して登録するほうがいいですね Sukipass(スキパス)の登録 スキパスのQR コードを読み込みだけで登録可能!! 通常のスキパスを持っている場合はQRコードで連携することが出来ます。 1分で牛丼並つゆだくがテーブルに届きました! 文章にするとややこしく感じますが、アプリを起動し電車移動中に牛丼、つゆだく並を選択して店内に入りテーブルのQRコードを読み取り牛丼が出てくるまで約1分とかなり早く感じました、そして今回は牛丼が届くと同時に会計も終了しているので食べ終わるとレジに行く必要もないのです。 会計済み伝票 定員さんが牛丼提供時に 会計済みを確認できる伝票も一緒にもらえます、正直初めて利用したのでちゃんと決済出来ているのか支払い済みのレシートで確認!! ちゃんと支払っているのかを定員さんに再度確認してのでレジ素通りすると定員さんのありがとうございました!!という声にほっとしました(笑) まとめ 今回利用して思ったのはクレジットカードやCooCaを利用するならかなり便利なアプリで、すき家公式アプリを使うだけで注文内容や割引クーポン、Sukipassuなども自動で割引対象になります。 使う側としては一番安くなる方法で最速に注文と決済ができ、 クレジットカードやCooCaカードで決済済みなのでレジで並んだりすることなく、テーブルで注文と会計を済ませることもできます。 支払いで現金のやり取り、電子マネー支払いでも一度店員さんとのやり取りがレジで必要ですがこのモバイルオーダーならお店に入ってお店を出るまで一切注文や支払いのやり取りは必要ないので お持ち帰りでも商品を受け取るだけと超便利です。 また、牛丼注文時につゆだくやつゆ抜きを注文するのに言いにくいという知人も結構いますので前もって選択できるのはすごく便利ですね。 (情報はあくまでも記事記載時のものなので詳細は公式ホームページご確認ください。

次の

マック、スタバ、すき家など。増えてきた「モバイルオーダー」を色々試す

すき家 モバイル オーダー

すき家モバイルオーダー レジ待ち0秒 牛丼チェーン店の「すき家」で、注文から支払いまでがスマホアプリで完結する「モバイルオーダー」がサービスが、2019年7月5日から全国の店舗(一部店舗除く)で開始されています。 店内で食事する場合でも、持ち帰り(テイクアウト)で注文する場合でも、モバイルオーダーが利用できます。 注文する際に店員とのやりとりが無くなりますので、混雑時でもスムーズに注文できるほか、オーダーミスの心配も減りそうです。 さらに、注文と同時に支払いが完了しますので、食事後にレジで精算する必要がなく、スムーズに食事ができるようになります。 ランチタイムなどで混雑しているときでも、レジ会計で並ぶ必要がありません。 モバイルオーダーは、店内のQRコードを読み取ることで、注文から決済までがまとめて完了する、一種のコード決済(スマホ決済)です。 モバイルオーダーの方法・流れ すき家でモバイルオーダーをする方法は、次のような流れとなります。 「すき家」のスマホアプリを起動 2. 「注文する」タブをタップ 3. 「店内」か「お持帰り」かを選択し、メニューの中から注文したい商品を選択 4. サイズ、オプション(つゆだく、つゆぬきなど)、セット商品(おしんこ、サラダ、サラダなど)などを選択して、「トレイに乗せる」をタップ (4までの手順は、お店に行く前に事前に操作することもできます) 5. 支払い方法を選択し、「QRコードを読み取る」をタップしたあとに店内の各座席にあるQRコードを読み取ると注文完了 あとは、そのまま待っていれば座席に商品が提供されます。 支払いはアプリ上で完了しているため、食事が済んだあとは、そのまま退店することができます。 Sukipass(スキパス)も使える モバイルオーダーでは、すき家のアプリ上で購入したSukipass(スキパス)を使うこともできます。 Sukipassは200円(税込)で購入でき、Sukipassを使うことで有効期間中は何度でも牛丼・カレーなどが70円引きとなります。 なお、アプリ上で購入したSukipassは、モバイルオーダーでのみ使えます。 また、店舗で販売されている紙製のSukipassをモバイルオーダーで使うことはできません。 モバイルオーダーの支払い方法など モバイルオーダーでの支払い方法は、クレジットカードまたはCooCa(クーカ ゼンショーグループの電子マネー)のみとなります。 そのほかの支払い方法(現金・電子マネー・コード決済・株主優待券など)は使えません。 紙のクーポン券を使うことはできません(すき家アプリ上の電子クーポンは利用可)。 各種ポイントカード(CooCa、楽天ポイントカード、dポイントカード、Pontaカード)を使うこともできません。 また、モバイルオーダーに登録できるクレジットカードは、本人認証サービスに対応したクレジットカードのみとなります。 クレジットカード会社のウェブサイト等で、本人認証サービスにあらかじめ登録しておく必要があります。

次の

すき家モバイルオーダーの使い方、スマホから注文・決済が一瞬で。

すき家 モバイル オーダー

Twitter 暑い日が続きますね。 しかし、牛丼だけでなく、カレーや丼物など幅広いメニューと24時間メニューで人気となり、現在、店舗数は国内店舗数ナンバー1、アジアにも進出しています。 47都道府県すべてにある、お馴染みの店です。 この「すき家」の名前の由来は「すき焼き」や「みなさまに好きになっていただきたい」という想いから付けられたと言われています。 ・店舗で注文 ・ドライブスルーで注文 ・モバイルオーダー、LINEポケオ モバイルオーダーは、すき家公式モバイルサイトよりメールアドレスを入力後、サイトにて注文します。 受け取りは注文から1時間後となっています。 また、LINEポケオもLINEのアプリより注文後、店頭で受け取るサービスです。 店舗にて決済をしなければなりません 店舗で食べることも可能です。 また、店舗やドライブスルーでの気軽に注文ができますので、混雑時以外はドライブスルーや店舗で注文することをおすすめします。 2020年2月時点で「出前館」には対応していません。 「すき家」がおすすめしている公式の通販ショップですので、近くに店舗がなくても家庭で「すき家」の味を楽しめます。 「すき家」の定期券のような「Suki pass」は、3回以上でもとが取れます。 頻繁に利用する人や、同じ会計でも3人まで値引きしてもらえるので大変お得なサービスです 名前の本人しか使えません。 購入方法は、店内のカードを会計時にに渡すか、持ち帰りの場合は「Suki pass」を作りたいことを伝えるとすぐに購入できます。 モバイルオーダーでは該当クーポンの商品を注文すれば自然に割引されますので、便利でお得な割引サービスです。 まとめ 牛丼チェーンの「すき家」には、牛丼をはじめさまざまなメニューや数多くの店舗があり人気のチェーン店です。 「Suki pass」をはじめ、ユニークなメニューやサービスありますのでぜひ、公式サイトをチェックして来店してみてください。

次の