お待ちいただける。 ことばのレシピ 敬語実践の巻 「〜いただく」と「〜くださる」

待ってくれるように願う丁寧な言い方として、正しいのはどちらでしょうか...

お待ちいただける

「待って」と言う時の主体(主語)の違い 「待って」という言葉を使う時に、「自分が主体」か、「相手を主体」にするかで言い方が変わってきます。 自分の都合で待ってもらうわけです。 「お待ちいただけますか」を分解すると、「待つ」+「いただきたい」=「待つこと」を「していただきたい」と相手に要望しているので、主体は自分の方にあります。 「お待ちいただけますか」は主体は自分にあるのですが、丁寧にお願いしていることから、謙譲語と呼ばれています。 主導権は相手にあり、相手が待つ時間をくれるという意味で、尊敬語になります。 相手が〇〇してくださる=尊敬語 「待ってもらう」の丁寧な言い方は? 待ってもらうの丁寧な言い方の使い方の例としては、• もうしばらくお待ち下さい• もうしばらくお待ちいただけますでしょうか• もうしばらくお待ちいただけると助かります などの言い方があります。 あまりに丁寧すぎると日本語としてあまり使わない言葉になり、違和感が出てくるので、 自分が相手にお願いする場合の丁寧な言い方は、 「もうしばらくお待ちいただけますでしょうか」が、謙譲語としては一番シンプルにまとまっていると思います。 迷ったら「もうしばらくお待ちいただけますでしょうか」でOK! 相手からの許可を求める場合の丁寧な言い方は、 「申し訳ありませんが。 もうしばらくお待ち下さいますようお願いいたします。 」 などの言い方になります。 申し訳ありません。 と、枕詞をつけると効果的になりますね! まとめ 日本語って微妙なニュアンスが色々あって難しいですよね。 多少日本語がおかしくても、言葉の裏にある想いが伝わるので、普通にコミュニケーションは成り立ちます。 もし言葉の使い方に迷った時は、今回のように言葉を分解して、言葉の主語は自分か相手のどちらにあるのかと考えると理解できることがあります。 「お待ち下さい」 =「待つ行為」 を 「してくださいませんか」 =「主語は相手」 この方法は、他の言葉にも使えますので、是非使ってみて下さい!.

次の

「お待ちください」は正しい敬語なのか?意味と使い方、例文、類語を徹底解説

お待ちいただける

「今しばらく」はどれくらいの期間? 「今しばらく」は何分といった時間や何日といった期間ははっきりとはしていませんが、それほど長い時間でないことを表します。 「今しばらく」と言っておいて、長い間待たせてしまうと、相手が思っている以上に待たせることになってしまい、大変失礼になります。 一ヶ月以上の長時間もしくは長期間待たせてしまう場合は使用しないようにしましょう。 もし、長時間待たせてしまう場合には「多少お時間をいただきます」「お時間拝借してもよろしいでしょうか」などと、長く時間を要することがわかるフレーズを使うようにします。 「今しばらく」の使い方と例文 「今しばらく」は「すぐではないけれど、さほど時間がかからないさま」という意味合いで、やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われますよね。 「今しばらく」は「もう少し」と同じ意味ですが、「今しばらく」は丁寧な言い方なので、目上の人に対して使うことができます。 ただ、「今しばらく」を使用するときは、相手に待機や保留を求める状況のことがほとんどです。 それにより、相手に迷惑をかけている可能性があるので、「今しばらく」を用いる際は「申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください」などと お詫びの言葉を付けるようにしましょう。 例文 ・ただいまダウンロード中です。 今しばらくお待ちください。 ・ありがとうございます。 すぐにお返事いたしますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・乗っていた電車が事故の影響で止まってしまい、今しばらくは動きそうにない。 ・資金不足で、今しばらくはこの計画もこれ以上は進められそうにない。 ・今しばらくはこのまま隠れていて、脱走する機会をうかがうしかなさそうだ。 ・それが現実になるには、今しばらく時間がかかりそうだ。 こちらにおかけになって今しばらくお待ちください。 ・大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 現在ウェブサイトのメンテナンスを行なっております。 終了予定は午後4時となっていますので、今しばらくお待ちください。 「今しばらく」の類語との使い分け もうしばらく 「もう」は 「あとわずかの時間で、ある事態になるさま」「間もなく」「やがて」を意味します。 「もう終わります」「もう帰ります」などと言いますよね。 「もうしばらく」はすでに待たせた後にも関わらず、予想以上に時間がかかる場合に使います。 「今しばらく」と言うよりも「もうしばらく」と言った方が、待たせる時間が長いイメージになります。 少々 「少々」は 「すくないさま」「わずかなこと」「少し」を意味します。 「少々不満があります」「塩を少々、胡椒を少々」などと使いますよね。 「少々」は主に、 ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 主に2分間〜3分間、長くても5分間をイメージする感じです。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 会話や接客用語など、「少々」は幅広く使われている言葉です。 「少々」は「今しばらく」と似ていますが、「少々」の方が「今しばらく」よりも、相手を待たす時間が短いイメージになります。 「今しばらくお待ちください」の使い方 「お待ちください」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「ください」=丁寧語 で成り立っています。 「今しばらくお待ちください」といった場合は、 「すぐではないけれど、少しの間待ってほしい」というときに使います。 例えばメールなどで、相手からの問い合わせに回答する場合、まだ回答がはっきりしないときに「お急ぎのところ大変恐縮ですが、今しばらくお待ちください」と使用するのが一般的です。 「お待ちください」は敬語として正しい表現です。 ただ「お待ちください」は待つことを強いるようなニュアンスのため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 「今しばらくお待ちください」のその他の言い回し 今しばらくお待ちいただけますか 「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お待ちください」は「相手が待ってくれる」という意味で、「お待ちいただく」は「相手に待ってもらう」という意味です。 「ください」の場合は動作の主体は相手になり、「いただく」の場合は動作の主体は自分になります。 「今しばらくお待ちください」だと相手に待つことを強いているようなニュアンスになりますが、 「もう少しの間、お待ちいただけますか」は相手の意向を確認するような言い方のため、非常に丁寧な表現です。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため誤りになります。 今しばらくお待ちいただけると幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」ということを意味しています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 依頼をするときに使う「幸いです」は、「〜してくれるとありがたい」を意味します。 「今しばらくお待ちいただけると幸いです」は 「もう少しの間、待っていていただけるとありがたいです」という意味合いになります。 「今しばらくお待ちください」と頼むよりも「今しばらくお待ちいただければ幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えられます。 今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか 「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「もう少しの間、待ってもらってもいいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。

次の

リラックスしてお待ちいただける待合室【キッズスペースも完備】-袖ケ浦・木更津の歯科・歯医者なら中村歯科医院

お待ちいただける

自動スプレー装置ボトル 納期設定の割には早い納期でした。 使用勝手がもっと良いかと思ったがそれほど良いとは感じない。 先ずスプレーが細かい霧状かと思ったが全くドボドボの噴霧で手に付いた感じが液状で霧状ではないので使い勝手が悪い。 余ったアルコール液を保管ボトルに移し替えるのに移し替えが困難。 値段が高い割に利便性、使い勝手が悪い、ドボドボ噴射で受け皿が小さくはみ出してしまうなど値段に比して長納期でもあり評価出来る点が全く感じられず大失敗であった。 自動スプレーは他に安価でかっこよいものがたくさんあり実用的な物が他にある。 今回は大失敗であった。 容量も1リットルであって欲しかったし。 このレビューは参考になりましたか? 1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. jpg?

次の