エース本名。 ACE(エース)の年齢・身長・本名・出身・奥さんは?

那智の高校時代は野球部のエース!本名やプロフィールは?|FACTOPI

エース本名

Ace(エース)は、レインボーシックスシージ・ Year5 Season2(2020年6月)に追加予定の最新の攻撃オペレーターです。 ここでは、Ace(エース)の武器・アタッチメント・ガジェットの使い方や能力・役割・立ち回りのコツなど、Ace(エース)の攻略情報をまとめています。 Ace(エース)の略歴・年齢・名前の読み方• 名前(読み方):Ace(エース)• 本名:ハバード・ホーグランド• 年齢(誕生日):33歳(3月15日)• 出身国:ノルウェー、レルダルスエイリ• 登場:Year5 Season2(2020年6月/OPERATION STEEL WAVE)• 陣営:攻撃側• 難易度:1• スピード:2• アーマー:2• 主な役割:ハードブリーチ• 値段: Ace(エース)の武器・装備 Ace(エース)の武器(メインウェポン・サブウェポン)やそれぞれの武器に装着可能なアタッチメント・ガジェットを紹介します。 メインウェポン Ace(エース)のメインウェポンは、アサルトライフルとショットガンの2種類です。 それぞれのメインウェポンの特徴やクセを紹介します。 AK-12 アサルトライフル Ace(エース)のAK-12アサルトライフルは、Fuze(フューズ)と同じメインウェポンです。 AK-12アサルトライフルは、 ダメージ・連射速度・装弾数のいずれも優秀な強い武器であり、リコイルコントロールも難しくないため初心者から上級者までおすすめのメインウェポンです。 【AK-12 アサルトライフル おすすめのアタッチメント】• サイト:ACOG• バレル:コンペンセイター• グリップ:アングルグリップ• アンダーバレル:無し Ace(エース)のAK-12 アサルトライフルは中〜長距離戦向きの武器であるため、ACOGサイトを装着することをおすすめします。 また、リコイルコントロールをしやすくするためにコンペンセイターを、 腰だめからADSへの移行スピードを上げるためにアングルグリップを装着することをおすすめします。 なお、 Ace(エース)のACOGサイトはFuzeのスペツナズ用サイト(見づらい)ではなく通常ののACOGサイト(見やすい)である点も嬉しいポイントです。 M1014 ショットガン Ace(エース)のM1014ショットガンは、Thermite(テルミット)・Castle(キャッスル)・Pulse(パルス)と同じメインウェポンです。 攻撃オペレーターのショットガンの中ではダメージが小さく装弾数も少なめであるため、基本的にはAK-12アサルトライフルをメインウェポンとして装備することをおすすめします。 【M1014 ショットガン おすすめのアタッチメント】• サイト:リフレックス• アンダーバレル:レーザーサイト Ace(エース)のM1014ショットガンは、視界を広く確保できるようにリフレックスサイトを、腰だめの集弾率を上げるためにレーザーサイトを装着することをおすすめします。 サブウェポン Ace(エース)のサブウェポンは、ハンドガンのみです。 サブウェポンの特徴やクセを紹介します。 P9 ハンドガン Ace(エース)のP9ハンドガンは、Montagne(モンターニュ)・Twitch(トゥイッチ)・Lion(ライオン)・Doc(ドク)・Rook(ルーク)と同じサブウェポンです。 ハンドガンの中では ダメージが大きく装弾数も多いため、メインウェポンのサポート武器として使いやすいサブウェポンです。 ガジェット Ace(エース)のガジェットの選び方や使い方を紹介します。 ブリーチングチャージ Ace(エース)がブリーチングチャージを装備することで、ハードブリーチ・ソフトブリーチの両方の役割を担当することができるというメリットがあります。 スモークグレネード スモークグレネード持ちの防衛オペレーターは少ないため貴重です。 また、スモークグレネードを使ったディフューザー設置を基本戦術としている場合、割職のAce(エース)がスモークグレネードを持つことでオペレーター構成に大きな変化が生まれる可能性があります。 Ace(エース)の能力 Ace(エース)のアクアブリーチャーの能力や使い方について、またアクアブリーチャーを使うべきポイントと使うべきではないポイントについて解説します。 アクアブリーチャーの能力と使い方 Ace(エース)のアクアブリーチャーは、 補強壁や補強ハッチを段階的に破壊することができる投げて貼るタイプの能力です。 攻撃オペレーターの中で4人目のハードブリーチャー(割職)であるため、攻撃側の戦術に大きな変化をもたらす可能性が高い能力です。 なお、Ace(エース)はアクアブリーチャーを3つ持っているため、最大で3枚の補強壁にオペレーターが通ることができる穴を開けることができます。 アクアブリーチャーは3段階に分かれて発動する Ace(エース)のアクアブリーチャーは、 投げてすぐにオペレーターが通れる穴を開けることができる能力ではなく、3段階に分けて少しずつ破壊する能力です。 1段階目はHibanaのブリーチングペレットと同じサイズのオペレーターが通れないサイズの穴が開き、2段階目でオペレーターが通れるサイズに、 3段階目でThermiteのヒートチャージと同じサイズの穴が開きます。 破壊完了までの時間は約5秒と長め Ace(エース)のアクアブリーチャーは、 補強壁に貼り付けてから1段階目の破壊が完了するまでに約5秒の時間がかかります。 そのため、HibanaのブリーチングペレットやThermiteのヒートチャージと同じ様に、 Banditのショックワイヤー餅つきやインパクトグレネード餅つきに警戒が必要な能力です。 アクアブリーチャーを貼る高さによって破壊範囲が決まる Ace(エース)のアクアブリーチャーは、上から下に最大3段階まで補強壁を破壊することができる能力であるため、 アクアブリーチャーを貼った位置が低いと2段階目や1段階目で破壊が終了します。 投擲物のため発動の手順が少ない HibanaのブリーチングペレットやThermiteのヒートチャージは貼る・起爆するの2つの動作が必要な能力ですが、Ace(エース)のアクアブリーチャーは投げるだけでOKの能力であるため、 投げた後に飛び出しを警戒したり移動したりと次のアクションに移るまでのスピードが早いというメリットがあります。 また、 アクアブリーチャーを異なる補強壁に対して連続して投げることで、Banditのショックワイヤー餅つきが成立しづらくなる(少なくとも片方の補強壁は破壊できる)といった使い方もできそうです。 Ace(エース)の役割 Ace(エース)の基本的な役割や味方との連携の仕方について紹介します。 レインボーシックスシージの各オペレーターはそれぞれにしか果たせない役割を持っており、それぞれがその役割を果たすことでチームの勝利を確実なものにすることができます。 4人目の割職としての役割 新オペレーターのAce(エース)が追加されたことによって、攻撃側は最大で4人の割職をピックすることができるようになります。 特にAce(エース)は補強壁の破壊能力が高いオペレーターであるため、 これまでThermite(テルミット)だけでは担当し切れなかった補強壁を破壊することができたり、Hibana(ヒバナ)のブリーチングペレットを補強ハッチに特化して使うことができたりという変化が生まれます。 エントリーフラッガーとしても活躍できる Ace(エース)の メインウェポンのAK-12アサルトライフルは攻撃力・機動力の高い強い武器であり、スピード2・アーマー2のオペレーターであるため、Ace(エース)は割職だけではなくエントリーフラッガー(アタッカー)としての役割も果たすことができます。 Ace(エース)の立ち回りのコツ Ace(エース)を使うプレイヤーが押さえておきたい立ち回りのコツを紹介します。 基本の立ち回りはThermite(テルミット)と同じ Ace(エース)の基本的な立ち回りはThermite(テルミット)と同じです。 サポート職のThatcher(サッチャー)と共に行動し、補強壁を破壊するまで絶対に倒されない立ち回りが重要です。 立ち回り自体はシンプルであるため、Ace(エース)は 初心者の方も使いやすい攻撃オペレーターです。 単独行動での立ち回りも強い Ace(エース)とThermite(テルミット)をダブルピックする場合は、単独行動(一の動き)での立ち回りをおすすめします。 例えば、 Ace(エース)を別動隊として動かすことで、これまでは割られることの少なかった補強壁を迅速に破壊することができ、防衛側に新たなプレッシャーを与えることができます。 Ace(エース)が必要なマップ・活躍できる防衛拠点 Ace(エース)が必要なマップと活躍できる防衛拠点を紹介します。 レインボーシックスシージではマップ(防衛拠点)とオペレーターの相性を考えながら適切なオペレーターを選択することが重要です。 Ace(エース)はハードブリーチャー(割職)であるため、ThermiteやHibanaをピックすることが多いマップ・防衛拠点を中心に活躍することができます。 クラブハウス クラブハウスは、地下と2階の防衛拠点において補強壁を破壊することが重要であるため、Ace(エース)のアクアブリーチャーが活躍しやすいマップです。 特に 地下の防衛拠点の攻めでは洞窟割り・祭壇割り・キッチンハッチ割りなど多方面の補強壁と補強ハッチを破壊することで、防衛側を撹乱・殲滅するといった立ち回りができそうです。 オレゴン オレゴンは、地下と2階の防衛拠点において補強壁を破壊することが重要であるため、Ace(エース)のアクアブリーチャーが活躍しやすいマップです。 特に 地下の防衛拠点は攻め手が多く、割職を増やすことでこれまでに破壊することができなかった補強壁も破壊することができるようになるため、かなり攻撃側有利に展開できる可能性があります。 テーマパーク テーマパークは、すべての防衛拠点において補強壁を破壊することが重要であるため、Ace(エース)のアクアブリーチャーが活躍しやすいマップです。 Ace(エース)への対策 Ace(エース)に対して防衛側が取るべき対策やアンチ防衛オペレーターについて紹介します。 Ace(エース)の能力を無力化・弱体化したり自由に立ち回らせたりさせないことで、防衛側の勝率を上げることができます。 Ace(エース)への基本的な対策 Ace(エース)への基本的な対策は、 ThermiteやHibanaなど他の割職攻撃オペレーターへの対策と同じです。 補強壁をBanditのショックワイヤー等で強化する・インパクトグレネードやニトロセルで餅つきをするなどです。 Ace(エース)のアンチ防衛オペレーター Ace(エース)の能力を無力化・弱体化させるアンチ防衛オペレーターをまとめて紹介します。 Ace(エース)のアクアブリーチャー対策は、ThermiteやHibanaへの対策とほとんど同じですが、 投擲物であるため起動前であればJagerのADSやWamaiのマグネットシステムで破壊できる点に違いがあります。 Bandit(バンディット):ショックワイヤーで破壊できる• Kaid(カイド):エレクトロクロウで破壊できる• Mute(ミュート):シグナルディスラプターで起動を防ぐ• Jager(イェーガー):ADSで破壊できる(発動前)• Wamai(ワマイ):マグネットシステムで軌道を逸らすことができる(発動前) Ace(エース)は強い?弱い? これまでAce(エース)の武器・ガジェット・能力・得意マップ・対策など様々な情報を紹介しましたが、Ace(エース)は結局強いの?弱いの?という質問への回答は、 「全攻撃オペレーターの中でもトップクラスに強い」です。 Ace(エース)は割職とエントリーフラッガーの2つの役割を担当することができる攻撃オペレーターであるため、Year5 Season2の新シーズンではAce(エース)が猛威を振るう可能性が高いです。 また、Ace(エース)がマッチの勝利にどれだけ貢献しているかピック率と勝率との関係を紹介します。 Ace(エース)のピック率と勝率 Ace(エース)はYear5 Season2(2020年6月)に追加される最新の攻撃オペレーターであるため、Ace(エース)のピック率と勝率のデータはありません。 Ace(エース)のバン率 Ace(エース)はYear5 Season2(2020年6月)に追加される最新の攻撃オペレーターであるため、Ace(エース)のバン率のデータはありません。 Ace(エース)のエリートスキン Ace(エース)のエリートスキンは未発売です。 発売を楽しみに待ちましょう! --- 以上、Ace(エース)の武器・アタッチメント・ガジェットの使い方や能力・役割・立ち回りのコツまとめでした!Ace(エース)は武器・ガジェット・能力(アクアブリーチャー)のいずれも優秀な強い攻撃オペレーターであるため期待が膨らみますね!ご拝読いただきありがとうございました。

次の

エース清水とは (エースシミズとは) [単語記事]

エース本名

概要 [ ] ACEという名前は、学生時代部のキャプテン だったことに因む。 聖飢魔IIが影響を受けたとされるのとは無関係。 聖飢魔IIの設定に基づくプロフィールによれば、「100036年3月9日(紀元前98038年3月9日)、地獄のGod's Door(兵庫県神戸市)発生の初代、ドラマー退任後はギタリスト。 初期はも兼任していた。 元々は魔界に於いて、地獄中央情報局長官の職についていた。 」との事である。 聖飢魔IIのファン(信者と呼ばれる)や、公式設定ではエース清水長官、エース長官と、のを以って呼ばれる。 1998年の「ふるさと総聖飢魔II計画」では岩手県でのCM撮影においてスタッフからも長官と呼ばれるシーンがあり、長官の敬称は広く用いられている。 来歴 [ ] を始めたのは中学生時。 を聴いてプロを目指すことを決意したという。 大学在学時代よりプロ活動を開始。 感覚で市販の写譜や譜面起こしを始めるが、センスを買われたのか下書きだけではなく清書まで任され、発展して最終的にはギター、、などの教則本の執筆を行う。 一方で、のギタリストとして本格的にデビューする。 ただし、このバンドではレコーディングに参加はしておらず、ステージ上の演奏のみである。 その後、の エース清水長官としてにからレコードデビュー。 以降はから来たのミュージシャンという設定の元に音楽活動を展開する。 聖飢魔IIには(聖飢魔II風の暦ではB. 17)12月の結成時から(B. 16)10月まで初代ドラマーとして参加。 一時脱退するが、(B. 15)8月に3番目のギタリストとして復帰し、(D. 1)の解散まで務めた。 7)に期間限定で再集結した。 このとき「これが最後」と公言し、以後の再集結では参加していない。 又、聖飢魔II現役時のとには、音楽学校で教えていたこともある。 後者の時は、東京レコーディング・スクール。 ロング・セラーとなっているギタリスト向けの教則本がに発売され、現在は続編合わせて3タイトル刊行されている。 聖飢魔IIとしての活動の他、、としても活躍し、の解散後は ACEに改名。 のミュージシャンとして元のとユニットを結成し、兼として活動中、2012年までにオリジナル6枚を含むアルバム10枚をリリースしている。 2006年からはアコースティックギターによる弾き語りライブを始める。 2007年からは「アコースティック・ライブ 〜 the 単独犯」と題し都内のライブハウスを中心に、名古屋、大阪、京都、広島、福岡等全国のライブハウスで開催。 またアコースティックギターでのジョイントライブを、()、(元)、(元)、、()らと行っている。 人物 [ ] 歌手の両親を持つだけでなく、父方の祖父母である・静子も人気オペラ歌手であったという音楽一家の生まれ。 祖父の金太郎は昭和初期に早世しているため現在の知名度こそ低いが、大正期に全盛を誇ったの歴史にあってはと双璧と謳われた名歌手で、さらには日本のオペラの開祖の一人ともいえる人物である。 これについては当初は聖飢魔IIというバンドの性格上伏せていたが、テレビ番組「」に聖飢魔IIとして出演した際に本人が黒柳に対して明かした。 なお、は「シミキンの孫」と誤解していたが、シミキンとは、清水金太郎の門下生で喜劇俳優のの愛称であり、金太郎を指すものではない。 公式設定ではドラマー〜脱退〜ギタリストとして再加入という形になっているが、聖飢魔IIデビュー=プロデビューという他の聖飢魔IIメンバー(構成員と呼ぶ)と違い、既にプロミュージシャンとしてのキャリアを持っていたACEは、聖飢魔IIのデビューが決定し、デビューメンバーとしてオファーを受けるまでは「正式メンバーという意識もあまりなく、大学サークルのとして後輩のバンドに必要や要請があれば参加していた程度であり、加入・脱退・復帰という感覚もなかった」と近年語っている。 田代まさし司会のテレビ番組でが語ったところによると、ドラマーとしてなら参加してもよい、というACE自らの希望により初代ドラマー就任となったようだ。 プロギタリストという立場を考慮してのことだと想像されるが、デーモン小暮閣下曰く「ドラムを叩きたいお年頃だった」とのこと。 ただし、ACE本人談では多少異なっており、聖飢魔IIの創始者からドラマーとして勧誘されたためだと語っている。 聖飢魔IIのミサビデオ作品『オール悪魔総進撃!THE SATAN ALL STARS』に収録されている本人のコメントによれば「ダミアン浜田がさ、清水さん清水さん、ドラム叩きまへんか?とか言ってきてさ。 …そうだよ、俺最初ドラム叩いてたんだよな、嫌んなっちゃうよね(笑)」とのことである。 また、聖飢魔II在籍時において、他の聖飢魔IIメンバーよりも悪魔であるという設定をあまり気にせずに発言することが多い。 例を挙げればきりがないが「のさぁ、あの悪魔組曲とか、とかっていう発想は一体どこから出てくるのかねぇ。 面白い感覚を持ったやつだなぁと思って(笑)」等、気にしないどころか自らが悪魔であることを否定するような発言も多かった。 手先が器用で、聖飢魔IIデビュー当時の(と呼ぶ)は自ら材料を集め製作した。 やボリュームペダルを自作し使用していたこともある。 にキャパリソンギターズから発売されたギター、ACEシグネチャーモデル「SUSANOH(スサノオ)」には、3つのピックアップを操るためのACE考案のオリジナル・コントロールが搭載され、配線などその詳細は企業秘密とされている。 大変な読書好きであり、の著作は全て読破するファンである。 読むのみならず文筆にも才を示し、シンコーミュージックから出版された『』(雑誌ギグス12月増刊)には、都筑道夫へのオマージュでもある短編小説「ロシアンブルー」を発表している。 また、「」や「月刊アームズマガジン」といった雑誌にもコラム、レポートを連載していた。 漫画家とも広い交友を持ち、とは酒飲み仲間という縁から、石渡の作品に聖飢魔IIのメンバーをモデルとしたキャラクターが登場したり、聖飢魔IIのアニメ『』のキャラクターデザインを石渡が担当するなど仕事の面でも交流があった。 聖飢魔IIでは、最年長者であることもあり、他のメンバーからで話しかけられる、苗字に"さん"づけで呼ばれているなど、一定の敬意が払われている。 世を忍ぶ仮の姿で居酒屋で飲んでいた時、たまたま近くに座っていた俳優のとお互い何者かも知らないのに音楽の話で意気投合し、そのまま唐沢が自宅に遊びに来たというエピソードがある。 聖飢魔IIというバンドの特性上、音楽番組のみならず様々なバラエティにも出演。 司会のバラエティ番組ではパターゴルフでホールインワンを決め、Music Parkで日光江戸村に訪れた際に自ら江戸フェチと名乗るほどの豊富な知識を紹介したり、でも司会のを唸らせるようなトークのキレを見せるなどしている。 自他共に認められる程「ケンカを売られやすい体質」とのこと。 のファンとしても知られている。 デビューして間もない頃、誌上で行われたインタビューでの自動車は何に乗っているかという質問に対して「地球の空気を汚す行為だから運転はしない。 だから免許も持っていない」と回答している。 しかし、face to aceのシングル「CLOUDY DAY」のPVで彼がオープンカーを運転するシーンや「風と貝殻」のPVで機材車を運転しているかのようなシーンがある。 音楽性 [ ] この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2013年8月) 過去のテレビ出演や雑誌インタビューなどでは、本人は音楽・ロックに必要な技術・理論は大学に入ってから書籍などから独学で学んだという旨のことを語っている。 とはいえ、上述したような清水家の家庭環境にあって日常生活の中でに慣れ親しみながら育ったことから、根底にある音楽的素地についてはいわゆる通り一遍のロック小僧上がりのロッカーとは少なからず異なる一面があり、に傾倒するようになってからも一音一音のニュアンスや、トーナリティーを重視するスタイルを基本軸にしてきたギタリストである。 音色や和音に対するセンスの優秀さはやソロプレイ等に顕著であり、聖飢魔IIの中ではの先生といった立場であった。 これは同じギタリストでもロックスピリットを力強く顕示するスタイルのやとは正反対のプレイスタイルといえるものであり、特に87年から解散まで13年間にわたり組んだルーク篁とはステージ上のパフォーマンスでも好対照のギタリストであったが、互いの個性や方向性の違いを認め尊重しつつ、意識的に異なる持ち味を発揮することで上手に共存し、且つバンドの音楽性に大きな幅と奥深さを持たせることに成功した。 クリアで艶のあるギターの音色が特徴で、彼の奏でるエモーショナルなギターソロは、聖飢魔II後期より「エース節」と称されるようになった。 については不得意であるとインタビュー等で本人が何度か告白しており、実際に速弾きのプレイは少ないが、全くしないという訳でもなくや、を多用する速弾きを行う場合も稀にある。 また、『オール悪魔総進撃! THE SATAN ALL STARS』での『JACK THE RIPPER』などでのアドリブ・ギターバトルでは、他の場では殆ど見る事のないフルピッキングによる速弾きプレイを披露している。 また特に、フレーズの面白さは、ACEならではのものと言える。 そのため、音楽雑誌上で「作曲ソロ」と呼ばれることもある。 もっとも、最近ではface to aceのライブにおいてアドリブを演奏する姿も見られる。 作曲においても全体を重視する姿勢は変わらず、緻密に計算された曲を作り上げ、その特徴は「構築」と表現される。 湿り気と空気を感じさせる曲が多く、は、ACEの作る曲は特にが良いという形で高評価を与えていた。 上述した通りに聖飢魔IIの初代ドラマーでもあり、聖飢魔II時代はときおりリード・も担当。 face to aceではボーカルを務め、加えてベースギター、キーボードもこなすマルチプレーヤーである。 1993年にエース清水名義で発売したソロアルバム『』は、ACEの強い要望によりサウンドに(現:本田海月)を招き、ACEはギターとボーカルを担当した。 この時の好感触が後年のface to ace結成へと繋がることとなった。 作品 [ ] ACEの在籍する、または過去に在籍したバンドの作品については、以下のページに詳しい記述がある。 また、後述のの節に付記された各公式サイトも併せて参照のこと。 聖飢魔II -• face to ace - アルバム [ ]• エース清水名義での作品。 参加・提供 [ ]• イメージアルバム『Milky Way』 ()• 「Silent Eyes」「Emotion」曲提供• 小笠原ちあき『ちゃきちゃきはうすのサウンド・カーニバル』 ()• 「Dog Days〜真夏日〜」曲提供• 『』 ()• 「THOSE WERE THE DAYS」「AQUARIUS〜LET THE SUNSHINE IN 〜帰墟〜」ギター参加• 「地球戦士フリルマン」Mr. Sukebei名義でギター参加• サイレントメビウス『イメージソング〜XY』 ()• 「Wing of Heart」曲提供• 『HEARTLESS DANCE』 ()• タイトル曲提供• 大西結花『ONE WAY CALL』 ()• 「HEARTLESS DANCE」曲提供• ドラマアルバム『WARNING』 ()• 「Wing of Heart REMIX 」曲提供• RX『CHEMICAL REACTION』 ()• 「ORANGE RAIN」ギターソロ参加• イメージアルバム『』 ()• 「英雄不要論序説」「パンドラの箱」曲提供• 八木田麻衣『逢いたい人の名を Dear BOYS 』 ()• 全曲プロデュース• 八木田麻衣『キスと流星』 ()• 全曲プロデュース• 『NEVER STOP』 ()• 「DOUBT〜今日の貴方はよく喋る」曲提供• デーモン小暮『LOVE ROMANCE』 ()• 「FIGHT FOR YOUR RIGHT」聖飢魔IIとしてギター参加• デーモン小暮『DEMON AS BAD MAN』 ()• 「WILD LIFE」曲提供• 「REFERAIN OF LOVE」聖飢魔IIとしてギター参加• WITH『覇王咆哮』 ()• 全曲プロデュース• 『照魔鏡』 ()• 「TEARS IN THE RAINBOW」ボーカル参加• 山田まりや『ダイジョーブ』 ()• 「ウルトラマンじゃないから」曲提供• 山田まりや『Chou a la creme ()• 「ウルトラマンじゃないから」曲提供• 全曲聖飢魔IIとしてプロデュース• 奥村慎也『スタートライン』()• 「スタートライン」「ホームタウン」ギターソロ参加• 「スタートライン」のギターソロのみ収録されたボーナストラックがある• 『INDEPENDENT SOULS UNION』 ()• 「CATS IN THE CELLAR」作詞・ボーカル参加• 愛鈴-eri-『REASON』()• 「Lumber Rose」曲提供• A-SIDE『Rush'n Driver 〜キセキを起こせ〜』()• タイトル曲ギターソロ参加• トリビュートアルバム『爆風トリビュートComplete』()• 「」 カバー参加• 『LIVE OF LIFE』 ()• 「Blue Mirage」作詞・ボーカル参加• 「想い出の街」アコースティックギター参加• 『Super Rare Trax vol. 9』 ()• 「Every single day」 Aメロの詞曲とサビの詞をACEが、Bメロの詞曲とサビのメロディを曾我が担当。 2人のアコーステックライブのために共作した曲を曾我のみでレコーディングしたもの。 アレンジを「face to ace みたいにして」と曾我自身がアレンジャーに依頼した。 エース清水のロック・ギター・フォー・ビギナーズ (1996年、)• エース清水のパワー・アップ・ザ・ロック・ギター (1996年、VHS)• ACE直伝 ダイアトニック・コード活用術 (、) 書籍 [ ]• ギタリストのための研究〜鉄人への道〜byエース清水 ()• ギタリストのための音楽理論研究 鉄人への道 Part2 ACE著 ()• メディア出演 [ ] ラジオ [ ]• エースとの魔界接近遭遇(1993年5月 - 1994年2月、)• エースとルークの魔界接近遭遇 リターンズ(2020年6月1日(5月31日深夜。

次の

ACE(エース)の年齢・身長・本名・出身・奥さんは?

エース本名

Ace(エース)は、レインボーシックスシージ・ Year5 Season2(2020年6月)に追加予定の最新の攻撃オペレーターです。 ここでは、Ace(エース)の武器・アタッチメント・ガジェットの使い方や能力・役割・立ち回りのコツなど、Ace(エース)の攻略情報をまとめています。 Ace(エース)の略歴・年齢・名前の読み方• 名前(読み方):Ace(エース)• 本名:ハバード・ホーグランド• 年齢(誕生日):33歳(3月15日)• 出身国:ノルウェー、レルダルスエイリ• 登場:Year5 Season2(2020年6月/OPERATION STEEL WAVE)• 陣営:攻撃側• 難易度:1• スピード:2• アーマー:2• 主な役割:ハードブリーチ• 値段: Ace(エース)の武器・装備 Ace(エース)の武器(メインウェポン・サブウェポン)やそれぞれの武器に装着可能なアタッチメント・ガジェットを紹介します。 メインウェポン Ace(エース)のメインウェポンは、アサルトライフルとショットガンの2種類です。 それぞれのメインウェポンの特徴やクセを紹介します。 AK-12 アサルトライフル Ace(エース)のAK-12アサルトライフルは、Fuze(フューズ)と同じメインウェポンです。 AK-12アサルトライフルは、 ダメージ・連射速度・装弾数のいずれも優秀な強い武器であり、リコイルコントロールも難しくないため初心者から上級者までおすすめのメインウェポンです。 【AK-12 アサルトライフル おすすめのアタッチメント】• サイト:ACOG• バレル:コンペンセイター• グリップ:アングルグリップ• アンダーバレル:無し Ace(エース)のAK-12 アサルトライフルは中〜長距離戦向きの武器であるため、ACOGサイトを装着することをおすすめします。 また、リコイルコントロールをしやすくするためにコンペンセイターを、 腰だめからADSへの移行スピードを上げるためにアングルグリップを装着することをおすすめします。 なお、 Ace(エース)のACOGサイトはFuzeのスペツナズ用サイト(見づらい)ではなく通常ののACOGサイト(見やすい)である点も嬉しいポイントです。 M1014 ショットガン Ace(エース)のM1014ショットガンは、Thermite(テルミット)・Castle(キャッスル)・Pulse(パルス)と同じメインウェポンです。 攻撃オペレーターのショットガンの中ではダメージが小さく装弾数も少なめであるため、基本的にはAK-12アサルトライフルをメインウェポンとして装備することをおすすめします。 【M1014 ショットガン おすすめのアタッチメント】• サイト:リフレックス• アンダーバレル:レーザーサイト Ace(エース)のM1014ショットガンは、視界を広く確保できるようにリフレックスサイトを、腰だめの集弾率を上げるためにレーザーサイトを装着することをおすすめします。 サブウェポン Ace(エース)のサブウェポンは、ハンドガンのみです。 サブウェポンの特徴やクセを紹介します。 P9 ハンドガン Ace(エース)のP9ハンドガンは、Montagne(モンターニュ)・Twitch(トゥイッチ)・Lion(ライオン)・Doc(ドク)・Rook(ルーク)と同じサブウェポンです。 ハンドガンの中では ダメージが大きく装弾数も多いため、メインウェポンのサポート武器として使いやすいサブウェポンです。 ガジェット Ace(エース)のガジェットの選び方や使い方を紹介します。 ブリーチングチャージ Ace(エース)がブリーチングチャージを装備することで、ハードブリーチ・ソフトブリーチの両方の役割を担当することができるというメリットがあります。 スモークグレネード スモークグレネード持ちの防衛オペレーターは少ないため貴重です。 また、スモークグレネードを使ったディフューザー設置を基本戦術としている場合、割職のAce(エース)がスモークグレネードを持つことでオペレーター構成に大きな変化が生まれる可能性があります。 Ace(エース)の能力 Ace(エース)のアクアブリーチャーの能力や使い方について、またアクアブリーチャーを使うべきポイントと使うべきではないポイントについて解説します。 アクアブリーチャーの能力と使い方 Ace(エース)のアクアブリーチャーは、 補強壁や補強ハッチを段階的に破壊することができる投げて貼るタイプの能力です。 攻撃オペレーターの中で4人目のハードブリーチャー(割職)であるため、攻撃側の戦術に大きな変化をもたらす可能性が高い能力です。 なお、Ace(エース)はアクアブリーチャーを3つ持っているため、最大で3枚の補強壁にオペレーターが通ることができる穴を開けることができます。 アクアブリーチャーは3段階に分かれて発動する Ace(エース)のアクアブリーチャーは、 投げてすぐにオペレーターが通れる穴を開けることができる能力ではなく、3段階に分けて少しずつ破壊する能力です。 1段階目はHibanaのブリーチングペレットと同じサイズのオペレーターが通れないサイズの穴が開き、2段階目でオペレーターが通れるサイズに、 3段階目でThermiteのヒートチャージと同じサイズの穴が開きます。 破壊完了までの時間は約5秒と長め Ace(エース)のアクアブリーチャーは、 補強壁に貼り付けてから1段階目の破壊が完了するまでに約5秒の時間がかかります。 そのため、HibanaのブリーチングペレットやThermiteのヒートチャージと同じ様に、 Banditのショックワイヤー餅つきやインパクトグレネード餅つきに警戒が必要な能力です。 アクアブリーチャーを貼る高さによって破壊範囲が決まる Ace(エース)のアクアブリーチャーは、上から下に最大3段階まで補強壁を破壊することができる能力であるため、 アクアブリーチャーを貼った位置が低いと2段階目や1段階目で破壊が終了します。 投擲物のため発動の手順が少ない HibanaのブリーチングペレットやThermiteのヒートチャージは貼る・起爆するの2つの動作が必要な能力ですが、Ace(エース)のアクアブリーチャーは投げるだけでOKの能力であるため、 投げた後に飛び出しを警戒したり移動したりと次のアクションに移るまでのスピードが早いというメリットがあります。 また、 アクアブリーチャーを異なる補強壁に対して連続して投げることで、Banditのショックワイヤー餅つきが成立しづらくなる(少なくとも片方の補強壁は破壊できる)といった使い方もできそうです。 Ace(エース)の役割 Ace(エース)の基本的な役割や味方との連携の仕方について紹介します。 レインボーシックスシージの各オペレーターはそれぞれにしか果たせない役割を持っており、それぞれがその役割を果たすことでチームの勝利を確実なものにすることができます。 4人目の割職としての役割 新オペレーターのAce(エース)が追加されたことによって、攻撃側は最大で4人の割職をピックすることができるようになります。 特にAce(エース)は補強壁の破壊能力が高いオペレーターであるため、 これまでThermite(テルミット)だけでは担当し切れなかった補強壁を破壊することができたり、Hibana(ヒバナ)のブリーチングペレットを補強ハッチに特化して使うことができたりという変化が生まれます。 エントリーフラッガーとしても活躍できる Ace(エース)の メインウェポンのAK-12アサルトライフルは攻撃力・機動力の高い強い武器であり、スピード2・アーマー2のオペレーターであるため、Ace(エース)は割職だけではなくエントリーフラッガー(アタッカー)としての役割も果たすことができます。 Ace(エース)の立ち回りのコツ Ace(エース)を使うプレイヤーが押さえておきたい立ち回りのコツを紹介します。 基本の立ち回りはThermite(テルミット)と同じ Ace(エース)の基本的な立ち回りはThermite(テルミット)と同じです。 サポート職のThatcher(サッチャー)と共に行動し、補強壁を破壊するまで絶対に倒されない立ち回りが重要です。 立ち回り自体はシンプルであるため、Ace(エース)は 初心者の方も使いやすい攻撃オペレーターです。 単独行動での立ち回りも強い Ace(エース)とThermite(テルミット)をダブルピックする場合は、単独行動(一の動き)での立ち回りをおすすめします。 例えば、 Ace(エース)を別動隊として動かすことで、これまでは割られることの少なかった補強壁を迅速に破壊することができ、防衛側に新たなプレッシャーを与えることができます。 Ace(エース)が必要なマップ・活躍できる防衛拠点 Ace(エース)が必要なマップと活躍できる防衛拠点を紹介します。 レインボーシックスシージではマップ(防衛拠点)とオペレーターの相性を考えながら適切なオペレーターを選択することが重要です。 Ace(エース)はハードブリーチャー(割職)であるため、ThermiteやHibanaをピックすることが多いマップ・防衛拠点を中心に活躍することができます。 クラブハウス クラブハウスは、地下と2階の防衛拠点において補強壁を破壊することが重要であるため、Ace(エース)のアクアブリーチャーが活躍しやすいマップです。 特に 地下の防衛拠点の攻めでは洞窟割り・祭壇割り・キッチンハッチ割りなど多方面の補強壁と補強ハッチを破壊することで、防衛側を撹乱・殲滅するといった立ち回りができそうです。 オレゴン オレゴンは、地下と2階の防衛拠点において補強壁を破壊することが重要であるため、Ace(エース)のアクアブリーチャーが活躍しやすいマップです。 特に 地下の防衛拠点は攻め手が多く、割職を増やすことでこれまでに破壊することができなかった補強壁も破壊することができるようになるため、かなり攻撃側有利に展開できる可能性があります。 テーマパーク テーマパークは、すべての防衛拠点において補強壁を破壊することが重要であるため、Ace(エース)のアクアブリーチャーが活躍しやすいマップです。 Ace(エース)への対策 Ace(エース)に対して防衛側が取るべき対策やアンチ防衛オペレーターについて紹介します。 Ace(エース)の能力を無力化・弱体化したり自由に立ち回らせたりさせないことで、防衛側の勝率を上げることができます。 Ace(エース)への基本的な対策 Ace(エース)への基本的な対策は、 ThermiteやHibanaなど他の割職攻撃オペレーターへの対策と同じです。 補強壁をBanditのショックワイヤー等で強化する・インパクトグレネードやニトロセルで餅つきをするなどです。 Ace(エース)のアンチ防衛オペレーター Ace(エース)の能力を無力化・弱体化させるアンチ防衛オペレーターをまとめて紹介します。 Ace(エース)のアクアブリーチャー対策は、ThermiteやHibanaへの対策とほとんど同じですが、 投擲物であるため起動前であればJagerのADSやWamaiのマグネットシステムで破壊できる点に違いがあります。 Bandit(バンディット):ショックワイヤーで破壊できる• Kaid(カイド):エレクトロクロウで破壊できる• Mute(ミュート):シグナルディスラプターで起動を防ぐ• Jager(イェーガー):ADSで破壊できる(発動前)• Wamai(ワマイ):マグネットシステムで軌道を逸らすことができる(発動前) Ace(エース)は強い?弱い? これまでAce(エース)の武器・ガジェット・能力・得意マップ・対策など様々な情報を紹介しましたが、Ace(エース)は結局強いの?弱いの?という質問への回答は、 「全攻撃オペレーターの中でもトップクラスに強い」です。 Ace(エース)は割職とエントリーフラッガーの2つの役割を担当することができる攻撃オペレーターであるため、Year5 Season2の新シーズンではAce(エース)が猛威を振るう可能性が高いです。 また、Ace(エース)がマッチの勝利にどれだけ貢献しているかピック率と勝率との関係を紹介します。 Ace(エース)のピック率と勝率 Ace(エース)はYear5 Season2(2020年6月)に追加される最新の攻撃オペレーターであるため、Ace(エース)のピック率と勝率のデータはありません。 Ace(エース)のバン率 Ace(エース)はYear5 Season2(2020年6月)に追加される最新の攻撃オペレーターであるため、Ace(エース)のバン率のデータはありません。 Ace(エース)のエリートスキン Ace(エース)のエリートスキンは未発売です。 発売を楽しみに待ちましょう! --- 以上、Ace(エース)の武器・アタッチメント・ガジェットの使い方や能力・役割・立ち回りのコツまとめでした!Ace(エース)は武器・ガジェット・能力(アクアブリーチャー)のいずれも優秀な強い攻撃オペレーターであるため期待が膨らみますね!ご拝読いただきありがとうございました。

次の