ビデオ カメラ パソコン 接続。 古いビデオカメラとパソコンを接続する方法。 パソコンにデータを取り...

カメラと接続する

ビデオ カメラ パソコン 接続

高速タイプのCardBusアダプターを使えば、データ転送がUSB2. 0より、さらに速いです。 0接続でも、PCカードスロット使用の場合でも、Everioの小型ハードディスクはパソコンからリムーバブルディスクとして認識されます。 ファイルのコピーは、小型ハードディスクのフォルダから、ファイルをパソコンにコピー&ペーストするだけでOKです。 動画・静止画・音声とも扱い方が同じなので、とても分かりやすいです。 パソコン側でEverioの小型ハードディスクが認識されたら、「フォルダを開いてファイルを表示する」を選択します。 小型ハードディスク内のフォルダが表示されます。 注: 上記のような表示が出ない場合は、「マイコンピュータ」内の 「リムーバブルディスク」をクリックして開いてください。 拡張子とは? ファイル名のうちの「. 」で区切られた一番右にある1〜4文字程度の文字列(3文字が多い)。 例えば、ファイル名が「EVERIO. TXT」の場合、「TXT」 または「txt」)を拡張子と呼びます。 Windows上では、拡張子は大文字でも小文字でも区別されません。 拡張子は、そのファイルの種類を示してます。 「TXT」はテキストファイル、「JPG」はJPEGという形式の静止画ファイル、Everioの動画ファイルは「MOD」という拡張子です。 パソコン上で拡張子が表示されず、不便を感じている場合は、下記を参照してください。 静止画は、「DCIM」の中の「100JVCSO」フォルダの中にあります。 拡張子はJPGです。 ボイスレコーダー機能で録音した音声は、「DCVC」の中の「100JVCMC」フォルダにあります。 拡張子はWAVです。 動画・静止画・音声ファイルのコピー先として、パソコンのマイドキュメントの中に日付でフォルダを作っておくと、あとで探すのにも便利です。 小型ハードディスクのフォルダ内にあるファイルの中から、コピーしたいものをマイドキュメントの日付フォルダにコピー&ペーストするだけでコピーできます。 拡張子付きでファイル名を表示する方法(WindowsXPの場合) 動画・静止画・音声など、様々な形式のファイルを扱う時には、Windowsの設定で、拡張子を付けてファイル名を表示するように設定することをお薦めします。 拡張子があれば、一見しただけでファイル形式を判断できます。 任意のフォルダの「ツール」から「フォルダオプション」を選択 「表示」を選び、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す すべてのデータをパソコンにコピーしたら、小型ハードディスク内のデータを削除しましょう。 削除の作業はパソコンから行わず、必ずEverio側で行ってください。 また、この時、USBケーブルは外しておいてください。 まず、削除ボタンを使って消去を進める方法があります。 「削除」では、動画・静止・音声ごとに削除が可能です この時、電源ダイヤルは の位置に 動画・静止画・音声が混在している場合は、小型ハードディスクを一気にフォーマットする方が簡単です。 この場合は、まずMENUボタンを押してメニュー画面を表示します。 USB2. 0による接続でも、PCカードスロット使用でも。 小型ハードディスクから直接記録型DVDディスクにコピーできるので、手間がかかりません。 小型ハードディスクの中身をフォルダごと記録型DVDディスクにコピーする 使用ソフト: WinCDR 8. この方法で作成したDVDデータディスクは、パソコンでは見られますが、一般のDVDプレーヤーでは再生できません。 動画編集無しで手軽にDVDプレーヤーで再生できるDVDムービーディスクを作成する場合は、をご覧下さい。 旅先などで、自分のパソコンが手元にない時は、ポータブルストレージがあると便利です。 データをコピーした後、小型ハードディスク内のファイルを削除して、次の撮影に備えましょう。 ポータブルストレージに小型ハードディスクを挿入する 一時的に、データをポータブルストレージにコピーしておく.

次の

動画・静止画をパソコンに取り込む

ビデオ カメラ パソコン 接続

Teamsでビデオ通話を始めるまで 必要なもの まず準備するものは下記のデバイスになります。 ・パソコン用のUSB接続が可能なWEBカメラ1台 ・ヘッドセット、もしくはマイクとスピーカー TeamsでWEBカメラが認識しているか確認してみよう まずパソコンにWEBカメラを接続し、Teamsで実際に自分が映っているか確認してみましょう。 Teamsの設定からデバイス、カメラを表示 右側の項目にデバイス名などが表示されています。 下部の「カメラ」の項目を見てみましょう。 WEBカメラがパソコンに接続され使用可能な状態であれば、デバイス名の下にプレビュー画面が映し出されています。 無事プレビューで映っていれば設定は完了です。 簡単ですね! 必ず確認しておきたいポイント WEBカメラを使用するときは、自分以外の周辺も映ってしまいますので、見られたくない物は事前に片づけておきましょう。 プレビュー画面でどのあたりまで周囲が映っているかここで確認しておくといいでしょう。 実際にビデオ通話を使ってみよう WEBカメラの設定と確認が完了したら、実際にビデオ通話を使ってみましょう。 自分の映像は右下にワイプで表示されます。 Teamsのビデオ通話で自分の映像が右下にワイプ表示 また通話中で自分側の映像を表示したくない場合は、画面中央のビデオカメラのアイコンをクリックすると非表示にできます。 Teamsで自分の映像を非表示にする ビデオ通話を使ってコミュニケーションをとってみましょう。 通話と映像でやり取りすることで、双方の表情読み取れたりコミュニケーションが広がり意思疎通がしやすいですよね。 複数人で映ることも可能なので、WEBカメラをお持ちでしたらぜひビデオ通話を使ってみてください。

次の

撮りためたDVビデオテープは、ビデオキャプチャー機器を使ってパソコンに取り込むべし!

ビデオ カメラ パソコン 接続

第32回目となる今回のお題は、 「miniDVテープの映像を残したい!」です。 かつて、家庭用ビデオカメラ向けに幅広く利用されていた 「mini DV」と呼ばれる規格の小型ビデオテープを使うビデオカメラ。 しかし、ビデオテープよりも取り扱いと映像の頭出しが容易な HDDやDVD、SDカードなどのメディアを利用するビデオカメラが主流となり、 mini DVは市場から姿を消してしまいました。 ビデオカメラの故障やテープの劣化で映像を見られなくなってしまう前に、 むかし撮影した、お子様の姿や数々の思い出を残したい。 そんな悩みはありませんか? 今回はmini DVテープの映像を保存するための【4つの方法】と 必要なアクセサリーをご紹介します。 それではどうぞ。 まず初めにチェックしたいこと 【ビデオキャプチャーケーブルを使う】 ビデオテープの映像・音声をパソコンに取り込んで保存できる。 そんな便利アイテムがビデオキャプチャーケーブルです。 パソコンに取り込めば、映像をそのまま保存するだけでなく、 BGMを付けたり、特殊効果を加えたりしてオリジナルのビデオが作れます。 この方法の注意点は、保存できる映像がSD画質に限られてしまうところ。 もともとがSD画質であるmini DVカメラの映像であれば変化ありませんが、 HDVカメラで撮ったHD画質の映像を取り込むと、画質が低下してしまいます。 メリット ・ほとんどのパソコンで利用できる。 ・デメリット ハイビジョン映像のまま保存できない。 【IEEE1394端子を使う】 この方法ではIEEE1394端子(iLink、FireWire、DV端子とも呼ばれます)を 使ってパソコンとビデオカメラを接続します。 DVカメラの映像はもちろん、HDVビデオカメラで撮ったハイビジョン映像を、 HD画質のままデジタル信号で伝送できることが特徴です。 映像をキレイなまま残すために、この方法を利用したいところですが、 ひとつ大きなハードルがあります。 それは、最近のWindowsパソコンにIEEE1394端子が搭載されていないこと。 デスクトップPCであればインターフェースボードを使って増設することで 解決できますが、拡張性の無いノートPCではそういきません。 まずは、お手持ちのパソコンにIEEE1394端子があるか確認しましょう。 【IEEE1394端子を使う】 こちらの方法であれば、HD画質のまま保存できます。 レコーダーの前面や背面にあるiLink(DV)と書かれた端子を使います。 同じ形状でもiLink(TS)端子は扱う信号が異なるため使えません。 パソコンでIEEE1394端子を使うことと同様、HD画質のまま保存できます。 やはりHDDレコーダーでもIEEE1394端子を搭載する機種が減っており、 利用できるモデルが限られてしまうところが難点です。 メリット ・画質をそのままに保存できる。 デメリット ・IEEE1394端子を搭載するレコーダーが少ない。 ビデオキャプチャーを使う.

次の