妊娠線 隠す。 妊娠線は消える?産後に妊娠線を消す方法5選!

妊娠線・肉割れ 恵比寿美容クリニック

妊娠線 隠す

母乳育児中のママなら、1回は使ったことがあるかもしれない馬油ですが、この馬油に「妊娠線を消す力がある」と噂されています! 今回は「馬油で本当に妊娠線が消えるのか?」について、ご紹介します。 スポンサーリンク 妊娠線を消すにはオイルがおすすめ? 妊娠中、何かしらの妊娠線予防ケアを行ってきた方は、多くいらっしゃいます。 そして、その努力の甲斐なく、妊娠線ができてしまった方も、多くいらっしゃいます…。 妊娠線は、時間の経過とともに、目立ちにくくなりますが、赤紫色から白くなるにしたがって、キラキラ光るようになります。 あの白く光ってしまうスジが、目立つのです! 白く光る妊娠線を薄くするためには、オイルを使った保湿ケアが効果的なんだそうですよ! オイルと言っても、メーカーによって成分も様々ですが、オイルには大きく分けて2つのタイプがあります。 ミネラルオイルは、石油を精製して作られたものです。 スキンケアに使用されるミネラルオイルは、肌への安全性が高いので「ベビーオイル」として、販売されているものもあります。 そんな方は、植物性のオイルがお勧めです。 植物性オイルには、ホホバオイル、オリーブオイル、ココナッツオイル、マカデミアナッツオイルなどがあります。 また、これらがブレンドされて作られているものもあります。 オイルの種類によって「肌の内部まで浸透するもの」や、肌の内部まで浸透せず「肌表面に膜を張るもの」などがあります。 妊娠線を薄くするには、肌の乾燥を防ぎ、肌の新陳代謝が上げる必要がありますので、「肌の内部まで保湿するオイル」を選んで下さい。 また、オイルは水分が少ないので、水分を肌の奥まで浸透させるために、お風呂上りの水分が残っている肌に塗るようにしましょう。 オイルには、独特なにおいがするものがあったり、サラッとするタイプ、ベタつくタイプなど、使い心地もいろいろあります。 妊娠線を薄くするには、日々のお手入れを続けることが肝心なので、好みのタイプを見つけることが大切です。 馬油で妊娠線が消える!? 妊娠線を目立ちにくくするには、オイルが有効なのは、ご紹介した通りです。 特に、オイルの中でも「馬油は妊娠線を消す」とも言われています。 馬油とは、馬の皮下脂肪からとった馬の脂のことです。 馬の脂は、人の脂と脂肪酸の構成が似ているため、人の肌に馴染みやすく、肌の内部にまで浸透するという特徴があります。 馬油は、殺菌作用や炎症を抑える作用があるので、昔から傷ややけどの治療にも使われて来ました。 馬油が持つ「肌の内部まで保湿する」「炎症を抑制する」という特徴によって、妊娠線によって傷ついた肌を修復し、肌の生まれ変わりを早めることできるため「妊娠線を消すことが期待できる」と言われているのです。 とは言え、馬油はあくまでも「馬の脂だけ」です。 無添加であることは嬉しい反面、それ以外の肌への栄養分が入っていないということです。 「馬油では物足りない」「妊娠線が薄くならない」「オイルは使い難い」という方は、を使った方が、効果が現れやすいと思います。 (「」「」に関連記事を書いています。 衣類に馬油がつくと、シミになる可能性があります。 靴下をはく必要があります。 まとめ 私は産後すぐ、母乳をあげる際の「乳首のケア」に馬油を使っていました。 「乳首が切れて痛いときに、馬油を塗ってラップでパックしておくと治りが早くなる」と言われ、授乳のたびに、乳首に馬油を塗っていました。 当時は、授乳回数が多くて、傷の治りが早かったかどうか、馬油の効果はあまり実感できませんでしたが…。 確かに馬油は伸びがよく、肌に馴染みやすいのですが、独特なニオイが気になって、私はどちらかというと苦手でした。 今では、その独特なニオイを取り除いた「無臭の馬油」や「バニラの香りの馬油」なんかもあるそうです! 妊娠線を薄くするには、何と言っても「保湿」が大切です。 肌が潤うことで、肌の生まれ変わりが早くなり、新しい肌が作られます。 私の妊娠線は、もちろん消えることなくピカピカ光っていますが、産後数年経った今でも、毎日クリームを塗っているせいか、だいぶ目立たなくなってきましたよ! スポンサーリンク -• よく読まれている記事• 最近の投稿• カテゴリー• 112• 126• 100• アーカイブ アーカイブ• 母乳育児 ブログランキング.

次の

妊娠線が気になる!薄くする方法と隠す方法をまとめてみた

妊娠線 隠す

こちらでは妊娠線を消すクリームをランキング形式でご紹介しています。 妊娠時のお肌の1番のトラブルと言えば妊娠線ですよね。 一旦、出来てしまったら妊娠線を消すのは難しいと言われています。 でも ママ達から妊娠線を消すクリームとして人気の商品がいくつかあるんです。 妊娠線予防クリームと言われていますが出来てしまった 妊娠線を薄く目立たなくする事も出来るんですって! 妊娠線ケアは予防だけでなく改善にも効果的なんですよ。 産後に妊娠線が消えないと思っている方も諦めないで試してみては如何ですか? 妊娠線を消そうとするとレーザー施術やダーマローラーなどありますが費用も高いですし何より怖くないですか? トラブル発生した時の事を想像するだけで私の選択肢にありません。 妊娠線予防や妊娠線が出来てしまった人にもおすすめ出来るママ達から人気の妊娠線を消すクリームを 価格や特徴、成分や使い方など比較です。 商品ごとの個別のページでは詳細を書いていますので参考に見て下さいね。 ベルタマザークリーム ベルタマザークリームは妊娠線を消すクリームランキングで1位です。 美容皮膚科の 女性医師が監修している安心の妊娠線予防クリーム。 2年連続で、 モンドセレクション銀賞も受賞しています。 あの「 スキンケア大学」でも、妊娠線ケアクリームとして紹介されています。 元モーニング娘の 保田圭さんも愛用中なんですって! 無添加で赤ちゃんの保湿クリームとしても使って大丈夫。 国内生産でGMP認定工場で作られています。 ブランド内にはベルタ酵素、ベルタ葉酸サプリ、ベルタプエラリア、ベルタ育毛剤など。 BELTAのスタッフには20代〜60代で出産・授乳経験者が多く、 お客様サポートは充実! アルバイトや外部のコールセンターではなく全て社員の方達です。 17時までに注文すると当日発送してくれるのですぐにボディケアがスタートできます。 BELTA(ベルタ) 販売会社:株式会社ビーボ 東京都港区北青山3-3-5 東京建物青山ビル5階 価格 備考 評価 通常価格:6,980円 定期購入:初回 550円(税込)、 2回目以降4,980円(税込) 120g(30日分) AFC マタニティークリーム AFC マタニティークリームは妊娠線消すクリームランキングで2位です。 累計販売実績62万本突破しています。 楽天ランキング1位も獲得しているんです! 成分と特徴 ・葉酸:めぐりサポート ・ヘスペリジン: 血流対策 ・ライマメ種子エキス・ダーマクロレラ:肌にうるおいを与えて滑らかに ・アラントイン:肌を整える お腹以外のバストやボディケアに使えます。 赤ちゃんにも使えるんですよ。 妊娠線・肉割れボディのデコボコを諦めないでね。 今からでも間に合いそうですよ。 mitete 株式会社エーエフシー 静岡県静岡市駿河区豊田2-4-3 価格 備考 評価 通常価格:1本3,080円(税込) 定期購入3本: 9,240円(税込)8,250円(税込) お徳用ポンプタイプ:7,392円(税込) 120g(約30日分) ノコア アフターボディトリートメントクリーム ノコア アフターボディトリートメントクリームは妊娠線を消すクリームランキングで3位です。 特徴は妊娠線を消すことに特化したクリームです。 妊娠線を 防ぐより消す効果をお望みの方に断然おすすめ! アフターケア専門のクリームなんです。 クリーム1本から買えるので、まずは1本購入してみては如何ですか? 高品質の美容成分が配合されているので価格は高めと感じるかも? 成分のフラーレンは ノーベル化学賞受賞成分です。 抗酸化力はビタミンCの172倍! 合成界面活性剤、パラベン、アルコール、鉱物油、動物性原料、合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、サルフェート、PGは入っていません。 ノコアの1番人気はお得な浸透ケアセット 10日間の全額返金保証つき NOCOR(ノコア) 株式会社フューチャーゲート 東京都渋谷区広尾5丁目23-5 長谷部第1ビル 2F 価格 備考 評価 通常価格:6,980円 定期購入:2本12,960円 ノコア浸透ケアセット定期購入:10,870円 ・アフターボディトリートメントクリーム:150g(約30〜45日分) ・ヒートブースターボディマッサージVCオイル:100ml (約30〜60日分) For fam(フォーファム)ボディミルク For fam(フォーファム)ボディミルクは妊娠線消すクリームランキングで4位です。 弱酸性・無添加・天然由来成分です。 香料・着色料・パラベン・エタノール等を全て不使用となっています。 アルコールアレルギーでも使えます。 東尾理子さん愛用なので、きっと石田純一さんも使っているという事ですね。 ポンプ式で定期購入はありません。 現在、発売記念キャンペーン中。 使いやすいポンプタイプ。 楽天の「妊娠線予防クリームランキング」で1位獲得 純国産・オーガニック・12の無添加・高保湿の「4つの安心」 99%以上天然由来成分。 特に注目すべき保湿成分は、サクランとアクアキシル。 ヒアルロン酸の10倍の保湿力と長時間保湿。 5ヶ月分) キラリボーテ キラリボーテは妊娠線消すクリームランキングで6位です。 医師も認めたストレッチマーク解消成分配合 防腐剤やパラベン、合成香料・着色料不使用。 定期コースには 初回180日間の返金保証付き コンシェルジュサポートもついてます。 助産師と先輩ママの協力で生まれたクリームです。 小児病院の皮膚科医のもと開発です。 「 妊娠線を消すのなら?」と聞けば「 ベルタのクリーム!」と返ってくるぐらい、 ママのマストバイ商品となっています。 はっきり言って、妊娠線を消すのはクリームだとちょっと大変です。 あきらめて、レーザー治療などに通うママもいます。 でも ベルタマザークリームを試してからでも、遅くはありません。 赤ちゃんがいると外出もままならないもの。 子育てはお金もかかります。 クリニックに行く前に、まずはベルタマザークリームで徹底ケアしてみては? 「 子どもが1歳になるまでに妊娠線を消す!」「 ママになってもビキニでビーチに出る!」 そんな夢を思い描きながら、自宅でベルタマザークリームを塗ってみてください。 美ママライフが、すぐそこにやってきますよ。 1.ベルタマザークリーム、人気の秘密は「あの成分」! 妊娠線を消すことを熱望するママに、ベルタマザークリームは人気です。 「 妊娠線予防」ならまだしも、「 妊娠線解消」で高評価を得るのは難しいもの。 クリームで妊娠線を消すというのは、至難の業だからです。 ではベルタマザークリームは、なぜ人気があるのでしょうか。 その秘密は、配合成分にありました。 シラノール誘導体 ベルタマザークリームには「 シラノール誘導体」が配合されています。 シラノール誘導体は、現在 妊娠線ケアとして大注目の成分。 妊娠線クリームを選ぶ際、「シラノール誘導体が入っているか否か」で選ぶママも多いんです。 シラノール誘導体が重視される理由は、 妊娠線を薄くする・目立たなくする効果が大きく期待できるからです。 妊娠線は真皮が断裂し、表皮に毛細血管が浮き出ることで現れます。 すでに割れてしまった真皮を、完全にくっつけるのは困難です。 でも表皮を再構築させ、ベールのように真皮を覆ってしまえば、妊娠線は嘘のように目立たなくなります。 ベルタマザークリームに含まれる シラノール誘導体は、コラーゲン同士のつながりを強化し、表皮の再形成をサポートします。 妊娠線を消すためにベルタマザークリームが愛用されるのは、表皮の再構築を促し、妊娠線を極限まで目立たなくしてくれるからです。 葉酸 葉酸は、今やママと赤ちゃんに欠かせない成分。 実は葉酸は赤ちゃんの健康だけでなく、ママの妊娠線ケアにも活躍してくれます。 妊娠線ケアには、血行を促進してお腹の皮膚をやわらげ、その後しっかり引き締めるのが重要。 葉酸は皮膚の「めぐり」を促し、引き締める働きもあると言われています。 ベルタマザークリームには、他にも スーパーヒアルロン酸やプラセンタ、アミノ酸、ヘスペリジンなどを配合。 潤いのある健やか肌をつくるため、美容成分がたっぷり含まれています。 そのなかでも「シラノール誘導体」「コエンザイムQ10」「葉酸」は重要。 肌の奥から再生を促し、弾力を与え、引き締めることで妊娠線にアタック。 ベルタマザークリームが 妊娠線を消すクリームと噂されるのは、 特に優れた「妊娠線ケア成分」がしっかり配合されているからです。 2.ベルタマザークリームは、ママによるママのための妊娠線クリーム ベルタマザークリームには 先輩ママの経験と、専門医の知識・技能が詰まっています。 BELTAのママ社員の声を集め、さらに 美容皮膚科の女性医師が監修。 「 妊娠線を消すなら、こんなクリームがいいな」 「 安心して妊娠線ケアするなら、こんなクリームを」 ベルタマザークリームは、ママのプロと医療のプロがタッグを組んで作られています。 3.ベルタマザークリームは、定期購入がとってもお得! ベルタマザークリームは 1本120gで6,980円(税込・送料無料)。 妊娠線ケアのクリームのなかでは高価格です。 そこでおすすめしたいのが 定期購入。 何と 初回は1本550円で購入できます(2回目以降は30%OFFの4,980円。 送料無料)。 なお、ベルタマザークリームの 定期購入は6回以上継続しなければいけません。 定期購入に抵抗がある人も多いことでしょう。 でも妊娠線ケアは、一朝一夕では効果は出ません。 特に妊娠線を消すのは難しいので、クリームを長期間塗る覚悟が必要です。 定期購入すれば、結果的には「低コストで確実に」妊娠線ケアができますよ。 「 BELTA」はイタリア語で「 美女」という意味。 そんな「美女」ブランドから出たクリームだから、妊娠線に悩むママを再び「美女」に戻してくれます。 妊娠線を消すことを決心したら、まずベルタマザークリームを試してみて! 美ママになれば、赤ちゃんとの日々がいっそう楽しくなりますよ。 ベルタマザークリーム体験談:娘にプレゼントとして購入 私は50代の主婦です。 ベルタマザークリームを購入しましたが私用ではありません。 少し離れた県に住む娘用にネットで購入し送付先を娘の住所にして送りました。 一人目を妊娠、出産する時には気が付かなかったのですが二人目が出来たという事がわかったので娘にプレゼントする事を思いつきました。 一人目を授かるまで時間がかかったのですが、今度は念願の二人目の妊娠です。 自分の時には出来なかったボディケア、産後の悲しい肌トラブルの現実を味わってほしくなくてプレゼントです。 妊娠線消すクリームの存在は多分、私の時代にはありませんでしたから。 犬の日に安産祈願をしに神社にお参りする予定だったのでそれまでにネットで注文です。 注文は3ステップで簡単でした。 ステップ1「ベルタマザークリーム」ご注文受付フォームに名前・住所など自分自身の情報を記入 お届け先という欄があるので、そちらに娘の住所を記入です。 私の場合、支払いはJCBのクレジット払いにしました。 発送は17時までの注文であれば当日の内に発送されるそうです。 土日祝日の場合は翌営業日に発送されるそうです。 通販で色んな物を何回か注文した事がありますが、これって早いです。 ベルタ酵素もですが、ベルタさんの商品ってだいたい対応が早いですよね。 実は私もダイエットの為にベルタ酵素を注文した事があるんです。 ステップ2は自分で入力確認し、ステップ3で注文完了です。 注文完了すると、ベルタのスタッフの方達の写真が出てきました。 メールアドレスも記入していたのでメールにもベルタ公式ショップから連絡がありました。 これで娘へのプレゼント注文完了です。 赤ちゃん用品についてはプレゼントとすぐ思い浮かびますが、ママに対してもあった方が良いですよね。 私達の年代の時に、妊娠線予防のクリームがあればとても嬉しかったのに・・・と思います。 妊娠線を消す事は無理でもその存在が薄く済むのであれば大喜びです。 ひょっとしたらあったのかもしれませんが、妊娠してお腹が大きくなる時に肉割れ状態になるから保湿が良いなんて話は聞いた事がありませんでした。 なので、どんどん自分のお腹が大きくなってきても妊娠線の予防のためにクリームやオイルなどまったく塗った事がありませんでした。 かゆい状態が続くのでどうにかならないかなとポリポリとお腹をかいていた記憶があります。 出産して少し自分の身体の状態をみる余裕が出てくると肉割れ状態の自分の身体を見るたびに悲しくなりました。 お腹だけでなく、お尻や足にも出来ているみたいです。 後ろ姿をしっかりと自分で見る事が出来ないので、逆にそれは救いなのかもしれませんが・・・。 出産後は、なるべく元の体型に戻るように赤ちゃんである娘を旦那に預けて、たまにプール通いはしていました。 一生懸命に体型を戻す努力はしたので体重はどうにか元に戻ったんです。 でも、一度できてしまった妊娠線、肉割れなど妊娠に伴う肌トラブルに関しては元には戻りませんでした。 現在のように妊娠線を消すクリームがあれば良かったのですがあの頃の私の手元にはなくて無理でした。 ミミズがはった後のように曲がりくねったキラキラ・ウジャウジャな線は鏡を見るたびに「あ〜この線が無ければなあ」と。 プールに入る水着はもちろんお腹が見えないような水着です。 年齢を重ねてくると皮膚の張りがなくなり妊娠線があったあたりはシワシワ状態! あの時に妊娠線予防クリームがあればこんな状態にならなくても済んだはずなのに・・・と。 自分の娘には後悔させたくないので我ながら良いプレゼントを思いついたなと思っています。 妊娠線予防クリーム、マタニティクリーム、ボディマーククリームといった呼び方は色々とあるようです。 商品も色んなところから出ているようですが、私がベルタマザークリームを選んだのはベルタ酵素ドリンクで、お世話になった事があり安心感があったからです。 娘が問い合わせなどしても対応をきちんとしてくれるはず・・・と安心していられます。 例えば「妊娠線予防クリームはいつから塗り始めるのが良いのか?」など。 ベルタマザークリームが人気なのは妊婦さん・ママになってからも安心して問い合わせが出来るという点だと思っています。 妊娠・出産は女性にとっては身体的に大きな痛みを伴う仕事です。 ママの不安など解消し親身に寄り添ってくれる会社の製品がやっぱり良いです。 先日クリームを触ってみる事が出来たのですが白くてニオイがありませんでした。 手の上に置いて伸ばしてみても、かなり伸びます。 赤ちゃんが生まれてから、赤ちゃん自身にもベルタマザークリームを使う事ができるそうです。 ママのお腹だけではないんですね。 娘からラインでベルタマザークリームの写真を送ってくれました。 出産は来年の1月予定なので、それまできっと毎日お腹の保湿とマッサージで使ってくれると思います。 マタニティクリームとしてはランキングなどで人気の商品なので喜んでいるそうです。 芸能人では「ぺこ&りゅうちぇる」のカップルに赤ちゃん誕生しましたがベルタマザークリーム使っていたそうですよ。 成分もシラノール誘導体、コエンザイムQ10、葉酸など配合で妊婦さんが安心して使える無添加・オーガニック処方。 きっと来年には可愛い赤ちゃん誕生しママのボディも安心して見れるのでは?と想像しています。 「 妊娠線と肉割れって、どう違うの?」「 肉割れ用のクリームは、妊娠線を消すクリームの代わりになるの?」 妊娠線ケアを考えるママなら、当然浮かぶ疑問ですよね。 そこで、まず 「妊娠線」と「肉割れ」の違いについて説明します。 肉割れは、体型が大きく変化したり、急に太ったりすると起きる現象です。 たとえば成長期に急激に背が伸びたり、体重が増えたり、激しいスポーツで筋肉がムキムキとつくと、真皮が追いつけず肉割れが発生します。 妊娠線も皮膚が急激に伸ばされ、真皮が断裂して発生。 つまり 「体型の変化による真皮の断裂」という意味では、両者に違いはほとんどなし。 「妊娠中にできる肉割れが妊娠線」と言うことができます。 なお妊娠中の肉割れだけ区別して、わざわざ「 マタニティライン」と表現する場合もあります。 だからといって、妊娠線と肉割れが全く同じというわけではありません。 違いは主に2つ。 ひとつめは、肉割れが起きる場所です。 成長期の肉割れは太もも・お尻・脚が主で、お腹にできることはあまりありません。 一方、 妊娠中の妊娠線・肉割れができる場所は、主にお腹。 ただ、「お腹以外は肉割れが起こらない」というわけではありません。 妊娠線の予防や、妊娠線を消すためにクリームを塗るのなら、お腹だけでなく太もも・お尻・胸・二の腕付近までたっぷり塗ると効果的です。 そして「妊娠中の肉割れ」「と成長期の肉割れ」、 2つめの違いは「ホルモンが関係している」こと。 女性の体は妊娠すると、さまざまな女性ホルモンが大量に分泌されます。 そのなかでカギとなるのが、グルココルチコイドというステロイドホルモン。 グルココルチコイドは、妊娠すると大量に分泌されるのですが、実は皮膚の弾力を失わせる作用があります。 さらに皮膚のターンオーバーを遅らせ、コラーゲンを作る力も弱めてしまいます。 妊娠線ができやすくなる原因は、お腹の皮膚の柔軟性が失われ、引っ張られる力に耐えられなくなること。 また肌のターンオーバーの遅れは、妊娠線予防だけでなく妊娠線解消も困難にします。 ターンオーバーが遅くなると皮膚の再生が遅れるので、妊娠線をカバーする表皮がなかなかできませんし、妊娠線の修復にも時間がかかります。 妊娠中の妊娠線・肉割れは、成長期の肉割れと異なり、女性ホルモンの分泌が大きく関係しているんです。 さてそこで、「妊娠線を消す」と言われるクリームの成分を見てみましょう。 皮膚に「 柔軟性」「 保湿」「 めぐり」をもたらす成分を豊富に配合。 グルココルチコイドにより柔軟性を失い、割れやすくなり、めぐりが悪くなった皮膚が、やわらかいウルツヤ肌になるよう、きちんと作られていることがわかります。 妊娠線を消すためには、普通の保湿クリーム・ボディクリームでは、はっきり言って力不足です。 それは妊娠線ケア専用クリームは、妊娠中のホルモンの変化、体の変化にしっかり対応しているから。 妊娠中の妊娠線・肉割れのメカニズムから見ると、いかに効果的に作られているかがありありと見えてきます。 マタニティラインの解消には、ぜひ「妊婦さんの体」にそったクリームを。 妊娠線の予防のためにも消すためにも、専用クリームを使うようにしましょう。 正中線とは?妊娠線との違いは何? 「あれ? お腹の上下にギャランドゥのようなタテ線が・・・。 もしかして妊娠線!?」 お腹の上下にスーッとできた赤茶色の線、それは「 正中線」です。 妊娠線と思い、消すために必死にクリームを塗り込むママも多いのでは? でもご心配なく。 正中線は妊娠線と違い、産後1年ほどで消えると言われています。 「妊娠線が出た!」と、あわてて消すクリームを塗らなくても、自然と薄くなっていきます。 「えっ? 妊娠線と同じで、なかなか消えないんじゃないの?」 確かに両方とも「妊娠中にお腹にできる線」なのに、妊娠線は消えず正中線は消えるなんて不思議ですよね。 なぜ妊娠線はなかなか消えず、正中線は消えるのでしょうか。 その違いは、「 妊娠線・正中線ができる原因」にあります。 妊娠線は皮膚の亀裂でできますが、正中線はメラニン色素の沈着でできるものです。 妊娠中に日焼け対策をしっかりしないと、シミができてしまうと聞いたことがありませんか? プレママ期はシミができやすいように、妊娠中はメラニン色素が大量に分泌され、皮膚に蓄積されやすくなります。 正中線は、メラニン色素が急激に増えたことで現れるラインなんです。 よって正中線の場合は、「 できる」というよりも「 見えやすくなる」といった方が正解。 実は人間は、老若男女関係なく正中線を持っているのですが、妊娠中だけ目立ってしまうというだけなんです。 正中線が産後1年ほどで消えるのは、ホルモンバランスが整いメラニン色素の分泌が治まるから。 産後1年を待たなくても、断乳や生理の再開でホルモン分泌が治まり、正中線が消えたというママもいます。 お腹の上下にスーッと赤茶色の線が出て、「妊娠線だ!」とあわててクリームを塗り込まなくても心配はいりません。 一方、 妊娠線は皮膚の断裂。 単に「目立つ」というのではなく、 真皮そのものが破れてできるものです。 妊娠線は正中線とは違い、消すためにはクリームなどで徹底ケアすることが大切です。 なお、「 正中線が濃くて気になる」「 なかなか消えない」「 薄くても消したい」という場合は、妊娠線クリームでケアを。 「妊娠線を消す」と評判のクリームは、皮膚のターンオーバーを正常にする効果が期待できます。 皮膚のターンオーバーが整い、新陳代謝が促進されれば、メラニン色素はたまりにくくなります。 メラニン色素が蓄積されなければ、当然、色素沈着は解消。 正中線の予防・改善が期待できます。 妊娠線と正中線は原因も構造も異なりますが、ターンオーバーの促進で解消できる点は同じ。 正中線を早く消すことを望むのなら、妊娠線クリームが効果的ですよ。 「正中線はいつか消えるっていうから、放っておこう〜」なんて思っていたら、意外としぶとく残る場合も・・・。 「お腹がギャランドゥでビキニが着られない!」と嘆きたくなければ、正中線も妊娠線クリームでケアをしておきましょう。 妊娠線が出来やすい人とは? 「 妊娠線って絶対にできちゃうの?」 妊娠すると気になるのが、妊娠線ができる人の割合。 実際にできた人の割合は、5割とも9割ともいわれハッキリとはしていません。 ただ「100%ではない」=「 妊娠線が絶対にできるわけではない」ことは事実。 先輩ママと話していても、妊娠線ができた人と全くできなかった人、両方がいるはずです。 そうなると「じゃあ、私は妊娠線ができるの? どんな人ができやすいの?」と気になりますよね。 もし自分が「 妊娠線ができやすい条件」に当てはまってるなら、 早めに妊娠線クリームでケアしたいところ。 1本買っておけば、万が一できてしまっても妊娠線を消すために使えるので、クリームを常備しておきましょう。 では気になる「妊娠線ができやすい人の特徴」を発表します。 1.多胎妊娠の人 双子ちゃんや三つ子ちゃんなど、多胎妊娠の人は妊娠線ができやすいと言われています。 多胎妊娠だと、どうしてもお腹が大きくなりがち。 特に30週をすぎた頃から、急激にお腹は拡大。 皮膚の伸びが追いつかず、一気に妊娠線ができる可能性があります。 多胎妊娠がわかったら、「妊娠線予防」および「妊娠線を消す」ことを考えて専用クリームを準備しましょう。 2.経産婦 妊娠線は、初産ママより経産婦ママのほうができやすいされています。 主な理由は、「 皮膚が早くから伸び、赤ちゃんが大きくなりやすいこと」と「 妊娠線ケアに手がかけられない」ことです。 男兄弟の有名人などを見ると、たいてい弟のほうが大きいですよね。 一般に子どもは同性の場合、一人目より二人目のほうが大きくなりがち。 それは二人目以降だと、ママの皮膚が早くから伸び、赤ちゃんが大きく育ちやすくなるからと言われています。 赤ちゃんが大きいと、自ずと妊娠線もできやすくなります。 また、上の子の世話にかかりきりで、妊娠線のケアにまで手が回らないことも大きな原因。 小さいお子さんを抱えた妊婦さんは、毎日てんてこまい。 気がつけば妊娠線がバリバリ・・・ということもありがちです。 「妊娠線を消す」と評判のクリームで、気がついた時にこまめにケアしましょう。 3.小柄な人 体格が小柄な人も、妊娠線ができやすいと言われています。 たとえば同じ妊婦さんでも、身長165cmのママと150cmのママとでは、お腹の出っ張り方がかなり違いますよね。 身長が低いと、どうしてもお腹の皮膚が強く引っ張られるので妊娠線はできやすくなります。 小柄なママも、クリームなどでケアをしておくのがおすすめです。 4.皮下脂肪の多い人 妊娠線ができる原因は、急激な皮下脂肪の増加です。 もともと皮下脂肪の多い人は、「皮下脂肪プラス皮下脂肪」となり皮下脂肪過剰の状態に。 皮下脂肪が増えすぎると真皮が耐えられなくなり、断裂します。 ただ、脂肪の少ないスレンダーママも油断は厳禁。 妊娠中に体重が増えすぎると皮下脂肪が急激に増え、真皮の亀裂を引き起こします。 ふくよかなママもやせているママも、「いざ」という時のために、妊娠線を消す効果が期待できるクリームを準備しましょう。 体重コントロールも忘れずにね。 5.乾燥肌の人・肌の弱い人 肌は乾燥すると割れやすくなります。 手の甲のアカギレなども、乾燥すると起こりますよね。 妊娠線も皮膚が乾燥すると、できる危険性が跳ね上がります。 もともと乾燥肌の方や、外部から皮膚を保護する力の弱い敏感肌の方は、妊娠線クリームで徹底ケアを。 妊娠線クリームには保湿成分が豊富に含まれているので、乾燥肌・敏感肌のママに非常におすすめです。 妊娠線は「こんな人は絶対にできる・できない」とも言えませんし、「こんなことをすればできてしまう・こうすれば絶対に防げる」というものでもありません。 「妊娠線ができやすい人」というのも、あくまで「比較的」という程度なので、当てはまっていないからといって油断は禁物です。 ママになることがわかったら、「妊娠線予防」あるいは「妊娠線を消す」効果が期待できるクリームで、必ずケアをしましょう。 妊娠線ができやすい体質でも、十分キレイなお腹を保つことができますよ。 妊娠線を消す方法 妊娠線を消すには、まず 専用クリームでケアをするのがおすすめ。 デリケートなママの体にはもちろん、お財布にも負担がかからないからです。 でも中には「何が何でも完璧に妊娠線を消す!」「一刻も早く妊娠線を消したい!」と、クリーム以外を選ぶママも。 「えっ? 妊娠線を消す方法ってクリーム以外にもあるの? 知りたい!」 そう、実は妊娠線を消す方法は意外とバリエーション豊富。 妊娠線を消すには、いったいどんな方法があるのでしょうか。 いくつかご紹介しますね。 1.市販の妊娠線クリームを塗る。 妊娠線を消すツールとして最も手軽なのは、市販の妊娠線クリームです。 普通の保湿クリームですませる人もいますが、本気で妊娠線を消すのなら、妊娠線ケア専用のクリームを使いましょう。 妊娠線ケア専用のクリームは、「ママの体の変化」に沿って作られています。 パツパツになったお腹の皮膚をやわらかくする、ホルモンの変化で乱れたターンオーバーを立て直す等々・・・。 妊娠線ができる原因に合わせて、妊娠線を目立たなくする成分がしっかり配合されています。 専用クリームはママの皮膚に優しく作られているので、安全性も高いです。 効果がソフトな分、妊娠線を消すまで若干時間がかかるかもしれません。 でも皮膚トラブル等を避けるには、クリームでのケアが無難です。 2.医療機関で妊娠線クリームを処方してもらう。 妊娠線ケア専用クリームには、医療機関でしかもらえないものもあります。 イギリス製の「シルダーム」というクリームで、妊娠線の赤み・くぼみを改善します。 シルダームはもともと、傷の治療に用いられていたクリームです。 妊娠線の原因である「真皮の断裂」は、ある意味「傷」といえるもの。 妊娠線を「隠す」のではなく「根こそぎ消す」のなら、創傷治療用レベルのクリームを塗るのも手です。 なお先述したとおり、シルダームは医師に処方箋を書いてもらわないと入手することはできません。 3.レーザー治療 妊娠線を消す方法として、レーザー治療もメジャーです。 美容皮膚科・美容外科では、様々なレーザー機器を用意しています。 特に今、注目されているのが「イントラセル」。 極細の針を50本ほど皮下に挿入し、皮膚の奥に高周波を照射。 真皮のコラーゲンやエラスチンを再構築し、妊娠線を改善していきます。 なお、多くのレーザー治療は妊娠中は受けられません。 妊娠中に発見した妊娠線を、すぐに消す場合はレーザーではなくクリームを選ぶようになります。 産後、ずっとしぶとく妊娠線が残っている場合は、レーザー治療も検討してみては? 4.ダーマローラー 細かい針がたくさんついたローラーを肌に転がし、小さい穴を無数につける方法。 皮膚にわざと傷をつけることでコラーゲンの産生を促し、妊娠線を改善していきます。 ダーマローラーにはクリニックで行なう方法と、ローラーを購入して自分で行なう方法があります。 なお、ダーマローラーもレーザー治療と同じく、妊娠中の使用は勧められません。 5.腹部リダクション 腹部リダクションは、妊娠線を手術で消す方法。 美容皮膚科・美容外科などで受けられます。 妊娠線のできた部分の皮膚を切除するので、妊娠線を「消す」と言うより「取る」と言ったほうが正確かも。 なお腹部リダクションは、産後、あまり体型が変わっていない人(=お腹のたるみの少ない痩せ型の人)には不向き。 お腹の皮膚に、切り取れるほどの余裕がないと手術はできません。 妊娠中に体重が大幅に増え、お腹の皮膚がたるんだ人などに向いています。 妊娠線を消す方法はいくつかありますが、結論としていちばんおすすめしたいのは、やはりクリームでのケア。 一般的に、レーザーや手術など医療レベルの方法は、妊娠中はできません。 妊娠線は、発見した時にすぐにケアをするのが改善の近道。 「できちゃった!」と思った時にすぐにケアができるのは、クリームだけ。 しかもクリームなら、これから増えるかもしれない妊娠線まで予防できます。 妊娠線を消すには、ひどくなる前にクリームでじっくりケアをするのがおすすめです。 妊娠線のケアにクリームを選ぶ理由 妊娠線のケアには色々な方法があります。 妊娠線を消すには、クリームやオイル、レーザー、ダーマローラー、果ては手術などツールは様々。 予防するにも、クリームかオイルで迷ってしまいます。 でも先輩ママにいちばん人気があるのは、やはり「クリーム」。 妊娠線の悩みを乗り越えたママたちは、なぜクリームを選んだのか。 その理由は、主に次の5つです。 1.ママの皮膚ダメージが少ない。 妊娠線ケア専用のクリームは、保湿・弾力・代謝を促す成分がたっぷり。 お腹の皮膚をやわらげると同時に、再生をサポートすることで妊娠線をケアしていきます。 ところがこの妊娠線クリーム美容効果だけに目を向けているわけではありません。 美容効果と同じぐらい重視しているのが「 安全性」。 指定成分無添加・天然由来成分配合など、肌に優しく作られているんです。 妊娠線を消す方法のなかには、皮膚に細かい穴や傷をつけたり、お腹の皮膚を切り取ったりする手術もあります。 クリームより即効性は高いかもしれませんが、ママの皮膚ダメージは避けられません。 子育ては、赤ちゃんの健康と同じぐらい、ママが元気でいることが大切。 妊娠線ケアにクリームが選ばれるのは、皮膚へのダメージが最も少ない方法だからです。 2.ニオイが気にならない。 妊娠線のケアに、クリームかオイルで悩むママも多いのでは? もちろんオイルも安全性の面などでは、悪くはありません。 ところが先輩ママのなかには、「オイルからクリームに乗り換えた」という人が多いんです。 妊娠線ケアにオイルではなくクリームを選ぶ理由、それは「ニオイ」です。 妊娠線を予防するには、妊娠初期からケアするのが大事。 つまり、「つわり」の時期からケアをするようになるんです。 つわりは、ご飯が炊けるニオイですら辛い時期。 妊娠線専用オイルはニオイがあるものが多く、それが辛くて挫折してしまうママが多いんです。 クリームも、商品によっては香りがついているものもありますが、たいてい柑橘系などフルーティーな香り。 「オイルのニオイが辛くてクリームにチェンジ。 香りが爽やかで、妊娠線ケアが快適になりました」と喜ぶ声も聞かれます。 産後、妊娠線を消す際にも、ニオイが気にならないのは大きなメリット。 無香のクリームを使えば、赤ちゃんのオムツ交換等の「ニオイサイン」に、すぐ気づくことができます。 3.ベタツキが少ない。 妊娠線ケアに、オイルからクリームにチェンジするママが多いことはお伝えしましたね。 その理由のひとつは「ニオイ」ですが、実はもうひとつ大きな理由があります。 ずばり「ベタツキ」です。 オイルは保湿力や、肌を守る効果は優れているかもしれませんが、その分ベタツキが気になります。 クリームは比較的ベタツキが少ないので、すぐにパジャマや服を着られるのがメリット。 妊娠線ケアは入浴後に行なうことが多いので、塗った後すぐにパジャマが着られないのは辛いです(冬なんて特に・・・)。 特に出産後の入浴は、赤ちゃんの着替えなどに追われ、ただでさえママは裸でテンテコマイ。 妊娠線を予防するためにも消すためにも、塗ってすぐに服が着られるクリームがおすすめです。 4.コスパが良い。 妊娠線のケアにクリームが選ばれる理由として、コスパの良さも見逃せません。 特に妊娠線を消すとなると、その差は歴然。 クリニックでレーザー治療や手術などを受けると、数十万〜百万単位でお金がかかる場合もあります。 妊娠線クリームなら、1ヶ月3,000円〜6,000円程度。 定期購入などを利用すれば、1ヶ月500円ちょっとでケアすることも可能です。 妊娠初期から使いつづけても、高くて総額数万円程度ですみます。 妊娠線を消すことや、赤ちゃんのケアにも活用できることを考えると、クリームはコスパに優れています。 5.赤ちゃんとコミュニケーションがとれる。 妊娠線ケアにクリームを選ぶ理由・・・もしかするとこれが最大の理由かもしれません。 お腹をクリームで優しくマッサージすると、自然とお腹の赤ちゃんに話しかけたくなります。 妊娠線をケアしながら、赤ちゃんとお話しできるなんて最高ですよね。 クリームによるケアは、赤ちゃんとママの絆づくりにもなるんです。 妊娠線のケアは、はっきり言って長期戦。 ママが快適に使えるものでないと、挫折してしまいます。 妊娠線のケアは、「予防」と「消す」両面から考えて、やはりクリームが最適。 クリームなら、ママと赤ちゃんの快適な生活もサポートしてくれます。 そもそも妊娠線を作らない方法ってあるの? 妊娠線は一度できると、消すのが大変! 最近は、「妊娠線を消す」と評判のクリームもたくさん登場。 藁をもつかむ思いで購入し、「何とか薄くなってきた〜!」と涙目で語るママも少なくありません。 でもそこまでの道のりは、正直、かなり険しいもの。 つまり、そもそも妊娠線を作らないのが一番いいんです。 ストレッチマークや肉割れができないようにするには、どうすればよいのでしょうか。 「もう臨月だから大丈夫」なんて思ったら大間違い! 分娩台に上がって「は〜、やっと産める・・・」と思ってからバリバリバリッ!とできちゃうことも。 妊娠線を消すクリームを、育児しながら毎日塗るのは大変。 「ママになる」とわかったその日から、予防ケアに努めましょう。 妊娠線専用クリームを塗る。 「妊娠線を絶対に作らない!」と決めたら、まずやるべきはスキンケア。 特に、お腹の皮膚を保湿することが重要です。 スキンケアにおすすめなのが、妊娠線を消す効果が望めるクリーム。 「妊娠線を消すクリーム」なんて聞くと、予防効果はなさそうですよね。 「私は『消したい』んじゃなくて、『作りたくない』んですけど!」なんてお怒りの声が聞こえてきそう・・・。 でも実は、予防対策にこそ「妊娠線を消すクリーム」はおすすめ。 ストレッチマークや肉割れができるメカニズムに沿って作られているので、予防にも十分使えるんです。 配合成分を見れば、妊娠線対策に良いのは明らか。 皮膚の修復・シワ予防をサポートする「シラノール誘導体」。 妊婦さんに不足しがちなビタミンを補う「葉酸」等々・・・。 普通のボディクリームには、ちょっと入っていないスキンケア成分が、妊娠線を消すクリームには入ってるんです。 本気で妊娠線を作りたくないなら、ただの保湿クリームではNG(何も塗らないよりはいいかもしれませんが)。 赤ちゃんができたことがわかったら、すぐストレッチマーク・肉割れ専用クリームでケアしましょう。 体重が増えすぎないようにする。 妊娠したら、お医者さんや助産師さんに口を酸っぱくして言われるのが「体重を増やさない」こと。 実は体重管理は、妊娠線予防にも大切です。 体重が増えすぎ、お腹の肉が過剰に引っ張られると一気に妊娠線が・・・。 妊娠線を作らないためには、体重が増えすぎないよう気を配るのが重要です。 だからといって無茶な食事制限をするのは、絶対厳禁。 赤ちゃんの体重を増やしながら、自分の体重増は適度に抑えるようにするのがポイントです。 そのためには、まず「 高カロリーの食事をとりすぎない」「 適度な運動をする」といった生活改善が大事。 また、妊娠線を消すと評判のクリームで、マッサージするのもおすすめ。 体のめぐりを良くするので、太りにくい体に導いてくれます。 妊婦の敵・むくみ予防の効果も望めますよ。 食事・運動・マッサージの三段構えで、妊娠線を防ぎましょう。 妊娠線は、「妊娠」という最高の幸せに水をさすもの。 しかも油断も隙もないニクイやつで「1人目の時にはできなかったのに、2人目で出来ちゃった・・・」というママも多いんです。 家族で温泉や海を楽しむためにも、ストレッチマーク対策は必須! 妊娠線を消すクリームや体重管理で、鉄壁の肉割れ対策に努めましょう。 妊娠中のお腹のかゆみは何故?止める方法はある? 妊娠中、気がついたらお腹をポリポリ・・・なんてこと、ありませんか? 起きてる時も寝ている間も、大きいお腹をついボリボリ。 かいてる間に、妊娠線のようなミミズ腫れがビッシリ! さんざんかいた後に、妊娠線が出た日には「もうミミズ腫れなんだか妊娠線なんだか・・・」と、半ば自暴自棄の心境になってきます。 プレママのお腹のかゆみには、実は「妊娠線を消すと噂のクリーム」がおすすめ。 かゆいからと言って、ム〇やキンカ〇、タイガーバー〇なんて塗るのはNG。 試した私が言うんだから間違いありません。 ) 安易に「かゆみどめ」を塗るのではなく、妊娠線を消すクリームを塗るのがベストなんです。 では、なぜストレッチマーク専用クリームがよいのか。 お腹のかゆみの原因から、「妊娠線を消すクリームが良い理由」を解説していきますね。 「妊娠中のかゆみ」原因第1位は「ホルモンバランスの乱れ」。 赤ちゃんができると、ホルモンバランスが大きく乱れます。 ホルモンバランスが乱れると皮脂や汗の調節ができなくなり、皮膚表面の油分・水分が減少。 角質が乾き、ペラペラめくれる状態になるため、ちょっとした刺激(ホコリ等)でかゆみが起きてしまいます。 アトピーなどの悪化。 妊娠は体の一大事。 もともと持っていた疾患が悪化することが多いです。 特に多いのが、アトピー性皮膚炎などの悪化。 アトピーをはじめ皮膚疾患は、ただでさえかゆくて辛いもの。 妊娠で体中に大変化が起こると、まるで寝た子を起こすように悪化し、かゆみが強くなります。 全身かゆみがひどい場合は、妊娠性掻痒(そうよう)症かも!? 突然、全身がひどいかゆみに襲われた場合は妊娠性掻痒症の可能性があります。 最初は、かゆい部分が粉をふいたような状態に。 そこからどんどんかゆみが強くなってきます。 悪化してかきこわすと、患部が化膿する危険があるので、早めのケアが必要です。 妊娠中のお腹のかゆみは、以上のことが主な原因です。 実はこれら3つには、「あること」が共通しています。 それは「乾燥」です。 かゆみや皮膚疾患は、たいてい乾燥が原因。 つまりプレママのかゆみ対策は、「保湿が不可欠」ということになります。 そこで登場するのが、妊娠線を消すと評判のクリーム。 「妊娠線を消す・防ぐ」と言われるクリームは、「保湿力の高さ」が特徴。 ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンやプラセンタなど、超高保湿の美容成分がたっぷり配合されています。 また妊娠線を消す効果が見込めるクリームには、「肉割れケアならでは」のスーパー成分が。 それはシラノール誘導体。 もともと「シワのケア」に使われていましたが、現在は妊娠線を消すクリームの主役に。 保湿はもちろん、肌ダメージの修復も期待できるため、「かいてしまった肌」にも使えます。 妊娠線ケア専用クリームをすすめる理由は、もうひとつあります。 ずばり「肌に優しいこと」です。 妊娠中の肌はものすごーくデリケート。 今まで使っていた保湿クリームでは、肌荒れするかもしれません。 妊娠線を消すためのクリームは、プレママの肌専用に作られているため、安心してたっぷり塗ることができます。 お腹に赤ちゃんがいると、どんなにかゆくても薬は飲めませんし、本当に辛いですよね。 ひどくなると、大きいお腹で皮膚科を受診。 何時間も待たされる羽目に・・・(皮膚科って混みますよねー)。 少しでもお腹がムズムズチクチクしてきたら、「妊娠線を消す」と人気のクリームで早急に保湿を! かゆみはなくても、「赤ちゃんができた」とわかった時点で、ケアを始めるのもおすすめです。 ニベアで妊娠線予防って本当に効果あるの? 今、妊婦さんの間で、こんな「説」が浮上しています。 「妊娠線予防、ニベアがあればすべて解決する」説。 (または「妊娠線を消すクリーム、ニベアがあればわざわざ買わなくても良い」説。 ) ニベアって昔から、「これさえ塗っておけば安心」という万能薬みたいに言われてますよね。 もはやコスメの域を出て、「おばあちゃんの知恵袋」のような存在として君臨しています。 気がつけば、一家に一個はあるニベア。 はたして妊娠線予防や、妊娠線を消すクリームとしても使えるのでしょうか? 説検証に入ります。 (ここでは、あの「青缶」で検証していきますね。 ) ニベアの成分とは?妊娠線ケアへの効果は? ニベアが妊娠線予防や、妊娠線を消すクリームに使えるのか。 まず成分から検証してみましょう。 ニベア全成分 水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸AI、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料 ニベアの成分を見てみると、グリセリンなどの水性成分、ワセリンやスクワランといった油性成分が豊富です。 どちらかというと油分よりかな? 水分を補いつつも、油分でフタをする効果をねらって作られているようです。 確かに妊娠線ケアや妊娠線を消すためには、保湿は欠かせません。 でも「油分でフタはもう古い」「本当の保湿にならない」って聞いたんですよね。 なぜなら油分のすきまを縫って、肌内部の水分は蒸発しちゃうから。 肌が乾燥しにくい人なら良いかもしれませんが、正直、「妊娠線を消す・妊娠線を予防するクリームとしての効果はどうなのかな?」と思います。 香料や防腐剤が入ってるのも気になります。 つわりがひどいと、ニオイがあるクリームってツラいんですよね。 赤ちゃんへの影響なども考えると、私はニベアはおすすめしません。 (ニベアファンの方、ごめんね。 ) 妊娠線ケア専用クリーム。 成分と効果は? では、「妊娠線を消す」と評判のクリームを見てみましょう。 配合成分は、「妊婦さんの体と肌」に合わせたものばかり。 細胞レベルで肌の修復が期待できる、シラノール誘導体やEGF、HGF。 抗酸化作用が高く、肌の若返りが望めるヘスペリジンやフラーレン。 細胞間の水分を満たし、自ら潤う肌にする「保湿最強成分」セラミド。 そして肌のキメをコントロールする葉酸。 さらに最近の妊娠線を消すクリームには、幹細胞エキスも配合。 プレママのスキンケアは、今や再生医療の分野にまで到達してるんです。 妊娠線は非常にしぶとく、そんじょそこらのスキンケアでは足りません。 ただ保湿成分を補うのではなく、細胞レベルで「自ら潤える肌」に導くのが重要です。 妊娠線を消すクリームなら、自分の力でしっとり肌に。 真の肉割れ対策ができますよ。 また妊娠線ケア専用クリームは、無香料・無添加など肌に優しいのが特徴。 出産後、赤ちゃんのボディケアにも使えます。 つまり、ベビー用のボディケア製品を買う必要がないってこと。 妊娠線を消すクリームは一見高そうに見えますが、とてもコスパが良いんです。 以上のことから、私が出した結論はこれ。 「妊娠線予防、ニベアより専用クリームを使ったほうがよい」。 別に私は、ニベアが悪いって言ってるわけじゃないんですよ。 あなたの肌に合うのなら、どんどん使ってよいと思います。 でも肉割れ予防や妊娠線を消すのなら、専用クリームがおすすめ。 「妊娠中という特別な肌状態」に合わせて作られているので、より高い効果が望めますよ。 産後のお腹の引き締め、いつ、どのような方法でスタート 出産したら、すぐにお腹がペタッと元通りになる・・・と思っていませんでしたか? 産んでビックリ。 お腹の皮膚がタプタプに! キレイママを目指す女性にとって、お腹タプタプは許せないもの。 産後のお腹の引き締めるには、どうすればよいのでしょうか。 「引き締め方法」と「始める時期」について、解説していきますね。 まずは「妊娠線を消すクリーム」でマッサージを。 産後のお腹を引き締めるには、まずはクリームでマッサージをしましょう。 特に「妊娠線を消す」と評判のクリームがおすすめ。 なぜなら、「妊娠・出産による肌ダメージ」を修復するよう作られているからです。 産後の肌状態は「普通」ではありません。 ホルモンが乱れ、出産で疲れ切り、赤ちゃんの世話で夜も眠れず・・・そんな生活ですから、当然ママの肌は荒れまくり。 独身時代のボディクリームでは、はっきり言ってケアしきれません。 「妊娠線を消す」といわれるぐらいのクリームでないと、産後の皮膚状態に対応できないんです。 「う〜ん、でも妊娠線ケアのクリームって、ドラッグストアの保湿クリームより高いよね。 なかなか踏み切れないなぁ」 では、なぜ「産後の引き締め」に、妊娠線を消すクリームがおすすめなのか。 「特別な理由」をお話ししますね。 産後のたるみには「葉酸」がマスト! 「妊娠線を消す」といわれるクリームには、葉酸が配合されています。 (例:ベルタマザークリーム、プレマーム、ママケアクリーム等) 「えっ? 葉酸ってクリームで塗ってもいいの? サプリメントだけかと思ってた」 確かに妊娠中に、サプリメントで葉酸を摂るママは多いですよね。 実は葉酸は、ママのスキンケアにぴったりの成分。 産後のお腹を引き締める効果が期待できるんです。 なぜ葉酸が「お腹引き締め」に良いかというと、「めぐり」を良くするから。 私たちの体には、血行や新陳代謝など様々な「めぐり」があります。 それらの「めぐり」が良くないと肌の修復機能は鈍化。 お腹のたるみは、なかなか戻りません。 だからお腹引き締めには、葉酸が必要。 血行やターンオーバーをサポートするので、たるみをキュッと戻してくれるんです。 妊娠線を消すクリーム、産後は不要と思っていませんか? 実は産後こそ必要! 産後のお腹を何としてでも引き締めたいなら、「妊娠線を消す」と評判のクリームでしっかりケアしましょう。 クリームを塗るのは、いつから? 産後のたるみに大活躍する、妊娠線を消すクリーム。 ではいつからクリームを塗ればよいのでしょうか。 一刻も早く塗りたいかもしれませんが、産後6〜8週間以降に塗るのがおすすめです。 法律でも、「産後8週間は就業させてはいけない」と定められています。 また「産後6週間経過後、本人が請求し、医師が認めた場合は就業することができる」とも。 つまり産後6〜8週間以内は、ママの体は非常に消耗していることになります。 6週間ぐらいだと、まだ悪露も続き、床上げしていないママも多いはず。 妊娠線を消すクリームは肌に非常に優しいですが、産後すぐにグリグリマッサージするのは避けて! 産後2ヶ月ほど経ってから塗るのが、おすすめです。 なお帝王切開の人は、お腹の皮膚ダメージが大きいため、医師に相談してから塗りましょう。 産後のお腹引き締め、軽い筋トレもおすすめ。 体力が回復し、育児に余裕が出てきたら、軽い筋トレもおすすめです。 下腹部に力を入れて歩いたり、お尻の穴をキュッとすぼませて家事をしたり・・・。 お腹・お尻・骨盤を意識した筋トレを日常生活にとりいれると、たるみ解消に効果的です。 その際にも、妊娠線を消すクリームを塗るのがおすすめ。 めぐりが良くなった状態で筋トレをすれば、引き締め効果アップが望めます。 産後のお腹を元に戻すのは、至難の業。 だからこそ、「ママの体に合わせたグッズ」でケアをするのが大切です。 妊娠線を消すと評判のクリームで、まずはマッサージを。 保湿力も高いので、キュッとつややかな「うっとりお腹」を目指せますよ。 妊娠線を消すクリーム選ぶ時のポイントとおすすめ理由 「妊娠線を消すには、どんなクリームを選べばいいの?」 毎日お腹とネットを眺めながら「ハァ・・・」とため息をついているママ、多いのではないでしょうか。 妊娠線は、悩む時間が長くなるほど消えにくくなります。 ここで私がスパッと解決! 「妊娠線を消すクリーム」を選ぶときのポイントを、伝授しちゃいますね。 ポイント1:シラノール誘導体が入っているか。 妊娠線を消すクリームを選ぶ際には、まず「シラノール誘導体配合のもの」がおすすめ。 その理由は、肌断裂を修復する効果が望めるからです。 シラノール誘導体は、シラノールという「ケイ素」を作るよう促す成分。 実はこの「ケイ素」こそ、妊娠線を消すカギとなるもの。 コラーゲンを産生し、コラーゲン同士をつなぐ作用があるとされています。 肉割れを起こしたお腹は、コラーゲンが伸びきり断裂した状態。 シラノール誘導体配合のクリームなら、割れたお腹に「いい仕事」をしてくれます。 ちなみに海外の「妊娠線を消すクリーム」では、シラノール誘導体はド定番。 最近ようやく、日本のストレッチマーククリームにも配合されるようになりました。 「妊娠線を消す!」と決めたなら、シラノール誘導体配合のクリームがホントにおすすめですよ。 ポイント2:保湿力が高いか。 妊娠線のあるお腹を触ると、乾燥していることに気づくはず。 逆に言うと「肌が乾燥し、柔軟性がなくなってたから妊娠線ができちゃった」わけです。 よって、妊娠線を消すクリームは「保湿力が高いもの」がおすすめ。 肌が乾き皮膚が硬い状態だと、なかなかストレッチマークは消えないもの。 お腹をしっかり保湿すれば、肌が柔らかくなり、元に戻りやすくなるんです。 では、どんな成分が入っているクリームが良いのでしょうか。 特におすすめなのが、セラミドやコラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸が配合されたもの。 これらの成分は、細胞間に水分をためる「真の保湿」ができる成分。 ベタベタとオイルでフタをする「勘違い保湿」ではありません。 しぶとい妊娠線を消すなら、「真の保湿」ができるクリームがおすすめです。 ポイント3:「めぐり」を良くする成分が入っているか。 妊娠中や産後のママは、とにかく「めぐり」が悪い状態。 ターンオーバーが遅ければ、皮膚の修復ものんびりノロノロ。 お尻を叩くように「めぐり」を促さないと、妊娠線は消えてくれません。 よって、妊娠線を消すクリームは「めぐり」にアプローチするものをチョイス! 特におすすめなのが、葉酸やアミノ酸配合のクリームです。 葉酸やアミノ酸は、血行や代謝の促進をサポート。 しぶとい妊娠線を消すのなら、葉酸・アミノ酸配合のクリームが「買い!」です。 ポイント4:安全性が高いか。 妊娠線を消すクリームを選ぶ際、忘れてはいけないのが安全性。 以下の成分が無添加のものを選びましょう。 ・合成香料 ・合成着色料 ・石油系界面活性剤 ・鉱物油 ・パラベン ・紫外線吸収剤 ・エタノール 妊娠線を消すクリームのなかには「フェキシエタノール配合」のものがありますが、これは問題なし。 エタノールはアルコールですが、フェキシエタノールは緑茶などに含まれる自然成分。 超低刺激の防腐・殺菌剤なので、敏感肌でも安心です。 成分だけで判断がつかないなら、「赤ちゃんのケアにも使えるかどうか」をチェック。 妊娠線を消すクリームのうち、赤ちゃんのボディケアにも使えるものなら「安全性が高い」といえます。 以上、妊娠線を消すクリームを選ぶポイントをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 これで大幅に、選ぶ手間が省けたのでは? 肉割れは時間とともに深くなるので、スピーディーに選ぶのが大切。 一刻も早く妊娠線を消すためにも、ポイントを押さえ、「あなたにとって最高のクリーム」をサクッと選びましょう。

次の

妊娠線がひどすぎて死にたいです。 子どももかわいいと思えません。 ど

妊娠線 隠す

妊娠して日々大きくなるお腹に幸せを感じる半面、ふと気づいた時には妊娠線がくっきり! なんてことありませんか。 気付いた時は時すでに遅し… 産後もきれいな身体でいたい!と思うのは当たり前ですよね。 そこで今回は、気になる妊娠線を少しでも予防・薄くする方法をお伝えしていきます! スポンサーリンク 妊娠線ってみんなにできるもの? そもそも妊娠線はなぜできるのかというと、急に大きくなるお腹の大きさの変化や、妊娠によるホルモンバランスの変化によってできます。 ですので、しっかりと予防していても妊娠線ができやすい人と、全く予防していなくても妊娠線ができにくい人といるのです。 こればかりは個人差となるのでどうしようもありませんね。 妊娠線ができてしまう前に、きちんと予防することと、出来てしまったあとのケアが重要になってきます。 妊娠線ができやすい人の特徴は? 所説ありますが、経産婦さんや高齢の妊婦さん、多胎児(双子や三つ子など)妊婦さん、小柄な妊婦さんなどができやすいと言われています。 経産婦さん 前回の妊娠出産で子宮が大きく伸びているため、次の妊娠時に子宮(お腹)が大きくなりやすくできやすいと言われています。 また、上の子の育児などで自分にかける時間がない場合が多く、ケアする時間が取れないのも妊娠線ができてしまう原因のひとつでもあります。 高齢の妊婦さん 若い妊婦さんと違い、肌のうるおいや伸びが足りずに妊娠線ができやすいと言われていますが、高齢の方でも日ごろからケアをしている方で妊娠線ができない妊婦さんももちろんいます。 多胎児妊婦さん 多胎児なので、普通の妊娠時よりも必然的にお腹は大きくなります。 予防していてもどうしても妊娠線ができてしまう…ということもあります。 小柄な妊婦さん 皮膚の面積(伸び)が大柄な人やふくよかな人に比べてどうしても小さいので妊娠してお腹が大きくなるにつれて妊娠線が現れてくるということが多いようです。 上記の妊娠線ができやすい人に当てはまってしまう…という方でも、日ごろのケア次第で妊娠線は予防できますので、美しい身体を保つためにも頑張っていきましょう。 スポンサーリンク 気になる妊娠線を薄く 予防 する方法 保湿クリームで乾燥を避ける とにかく 妊娠線の予防は保湿が一番です。 市販の保湿クリームでも、オイルでもいいのでお好きな保湿剤を毎日塗ってください。 市販の保湿クリームには、うるおい重視のもの、香り重視のもの、シミやシワ予防を重視のもの…たくさんありますが、大事なのは『毎日続けられるもの』を選ぶことです。 もったいないからと言って少量しか塗らないと乾燥、ひび割れは避けられません。 肌のターンオーバーを助けるためにもしっかり保湿して少しでも新陳代謝を上げ、新しい肌にすることが大切です。 関連記事 早い時期から保湿対策をしておく 妊娠初期から、お腹周りの皮膚を柔らかく潤わせておくことで、妊娠後期にぐっと大きくなっても皮膚がよく伸び、妊娠線ができにくくなります。 妊娠線ができやすい体質かできにくい体質かは最後まで分かりません。 早いうちから予防しておくにこしたことはないでしょう。 妊娠線が現れても諦めず保湿クリームを塗り続ける 妊娠線ができてしまったからといって、諦めてクリームを塗るのを止めてしまう妊婦さんがたくさんいます。 保湿することを止めてしまうと、更に妊娠線は増えて濃くなります。 産後の妊娠線の痕を少しでも目立たなくするためには、できてしまってもとにかく毎日クリームを塗り続けることが大切です。 そんな時は、妊娠線は出産をがんばった勲章だ!と思って受け止めてもいいのではないでしょうか。 妊娠線を隠す方法 妊娠線ができてしまったとしても、基本的には洋服を着ていれば見えませんよね。 しかし、夏に海やプールで水着(ビキニ)を着たい方は、お腹が隠れるデザインのものを選ぶしかないです。 どうしてもお腹が見える物を着たい方は、身体に直接かけるスプレータイプのストッキングがあります。 気になる人は、一度試してみる価値はありそう。 また、お腹にファンデーションを塗る方法もありますが、こすれて消えてしまう可能性がありますのでこまめなケアが必要になってきます。 スポンサーリンク まとめ 妊娠線はとにかく予防が大切です。 しかし、妊婦さんの半数以上は出来てしまうと言われています。 それでもできてしまう妊娠線は勲章として大切にしてもいいのではないでしょうか。

次の