明智光秀年表。 明智光秀の死因と最後の様子とは?最後の言葉と終焉の地を地図で紹介

明智光秀の生涯(年表付き)文武両道・真面目なエリートはキレると怖いのだ!

明智光秀年表

令和元年となった 2019年も後僅かとなり、 2020年の大河ドラマには、 戦国武将「明智光秀 あけちみつひで 」が選ばれました。 何故かと言えば、やはり本能寺の変で突如として主君織田信長を自害に追い込んだからに他ならないでしょう。 一体どのような生涯を送った人物なのでしょうか? 今回は、 明智光秀の壮絶な生涯を簡単にわかりやすく解説していきます! それでは、早速見て行きましょう!• 誕生年不詳• 1556年 長良川の戦いで負けた斎藤道三方であった為城を攻められる• 1556年以降? 朝倉義景に仕える• 1566年頃 足利義昭に仕える• 1566年頃 織田信長に仕える• 1570年 金ヶ崎の戦いで殿を務める• 1571年 比叡山焼き討ち事件で実行部隊として動• 1573年 今堅田城の戦い、この時には、かつての主君足利義昭と正式に決別する• 1575年 丹波国の攻略を任せられる• 1576年 天王寺の戦いで危うく打ち取れそうになる• 1579年 丹波国平定により石高34万石となる• 1582年 本能寺の変で信長を裏切る。 山崎の戦いで豊臣秀吉に討たれる 明智光秀は、誕生年が分からない事から主君信長よりも年上とも年下とも言われており、 詳しい出自は分かっていません。 また、前半期は主君が定まらない時期もありながらも信長に最終的には仕え、実績を残す事で出世し、それなりに順風満帆な人生を送っていたのではないでしょうか? 果たして一体どのような人物なのか詳しく見て行きましょう! 明智光秀の人物像に迫る! (明智光秀 出典:Wikipedia) 明智光秀は、誕生年誕生地父親もはっきりとせず、明智家の生まれとされていますが、出自がはっきりしない事から、或いは農民の出なのではないかと言う説すらあります。 ただ通説では、斎藤道三の正室小見の方が叔母とされており、その子である濃姫とは従兄弟同士であり、幼少期から面識があったのではないかと考えられています。 信長に仕官後もそれなりに信頼されたのは実績を残してこそでしょうが、信長の正室 濃姫の口添えがあったと推測されます。 元々の主家斎藤家のお家騒動に始まり、その後は暫く不遇な思いをしますが、信長に仕え始め運気が回って来たと言えましょう。 その信頼が何処から来ていたのかは不明ですが、やはり 正室である濃姫の口添えがあったと考えて然るべきかと思います。 力がある者であれば身分を気にしないと言う信長の方針もその手助けとなったのかもしれません。 丹波国を平定した際には、信長からその仕事ぶりを称賛され、丹波一国を任された他南山城を渡されました。 それにより石高は、 34万石となり一時の極貧生活とは打って変わって 大出世を遂げました。 ただ中途採用の光秀が出世する事を少なからず、妬ましく思っている家臣が居たのも事実のようで、決して家中で光秀の立場は平穏な物ではありませんでした。 元々光秀は、毛利攻めに苦戦している同僚豊臣秀吉の応援の為に出陣しましたが、向かわず信長の宿泊先本能寺を襲いました。 この時、1万の軍勢の明智側に対し、信長は手勢 100程だったため、 流石の信長もなすすべなく本能寺で自害に追い込まれました。 近隣に宿泊していた信長の息子信忠も同じく自害に追い込まれ、それだけ本能寺の変が予想外の出来事であったと言えます。 ここで一時的に天下人に登り詰めた光秀でしたが、当時の武将として不覚なのは、一切信長の遺体が見付からなかった事で、これは最もミステリーと言えましょう。 一説には、信長が友人近衛前久に裏切り者の光秀に首を奪われない為、先に首を持って隠してくれと頼まれたのではないかとも言われています。 ここで個人的勝手な推察! 光秀が本能寺の変を起こした理由は、 未だ定かではありません。 ただ、ここで信長を討っても天下人になり得ないと光秀は、分かっていたと思います。 そもそも大義名分も得ず主君信長を討てばどのような扱いになるかは、分かっていた筈ですし、その上僅かな手勢とは言え、信長にこの動きを察知されれば今迄築き上げた物を全て失います。 やはり、この本能寺の変には光秀と何者かによる密約があったのではないでしょうか? 麒麟がくるで明智光秀は「長谷川博己」さんが演じる! 作品が発表されれば気になるのは、主演が誰かと言う事ですが、主演は、俳優の 長谷川博己さんに決定しました。 近年では、朝ドラ『まんぷく』では、主人公安藤サクラさんの夫役を務めていました! 過去の大河ドラマでは、『八重の桜』で主人公綾瀬はるかさんの最初の夫を熱演されています。 コミカルな役からシリアスな役迄幅広くこなせ、脇役も主演もこなせる俳優さんですね。 果たしてどんな明智光秀を演じてくれるのか楽しみですね! まとめ.

次の

明智光秀の生涯を年表でみてみよう!勇猛で智将で教養ある武将

明智光秀年表

通稱 十兵衛,雅號 咲庵。 其父 ( 日语 : )早逝,受叔父照顾。 正室為(實為光秀第二任妻子),嫡男是 ( 日语 : ),三女是。 經歷 [ ] 早年 [ ] 根據記載,明智光秀最初侍奉美濃明智城主,亦成為家臣。 因和道三內亂,光秀支持道三並進攻義龍方的明智城,道三戰死後,光秀及家人先赴投靠武田氏,再前往越前仕於。 然後随一同投靠织田信长。 織田信長家臣時代 [ ] 義昭與信長結盟後,在織田家臣團因功受重用。 1568年協助攻打,永祿12年(1569年)1月5日,襲擊義昭的宿所本圀寺(),光秀成功地協助義昭抵禦。 同年4月,與、、共同於織田氏支配下擔任京都周邊政務,京都奉行。 義昭與信長反目,試圖成立,光秀決定離開成為信長直臣,在攻打淺井及朝倉立下功績。 元龜元年(1570年)4月28日,光秀於金ヶ崎之戰中,信長由於背叛而撤退,以隊3,000人為主,與秀吉共同擔任殿後任務。 4月30日與長秀一同前往若狭從取回人質,將城館破壞後,於5月6日返回京都。 同年9月也參加志賀之陣,兵力約300至400人,期間乘隙向宇佐山城及滋賀郡等周圍的土豪進行懷柔政策。 元龜2年(1571年),於石山本願寺舉兵之際,光秀隨同於攝津國出陣,因功被分封到郡5萬石,並築起。 天正3年(1575年)賜姓惟任,官至從五位下日向守。 一國之主 [ ] 明智光秀成為城主後,參加天正3年(1575年)的高屋城之戰、長篠之戰,以及越前殲滅戰。 肅清內亂再被任命攻打,包圍黑井城時,因丹波國人眾八上城主背叛而敗退。 天正4年(1576年)4月,參加進攻石山本願寺的天王寺之戰,5月5日遭到反攻,司令官戰死。 光秀於進攻天王寺砦之際陷入苦戰,並向信長求援。 5月23日因過勞重病,7月才回復健康。 但11月7日正室煕子於坂本城病死。 天正5年(1577年)參與進攻雜賀。 同年10月,參與進攻並將之攻陷。 同月再度展開丹波攻略長期戰。 於攻陷龜山城作為據點後,繼續包圍堅城八上城,並於丹波各地轉戰。 天正6年(1578年)4月29日,向播磨派出援軍支援秀吉,進攻毛利家。 6月參與進攻神吉城。 10月下旬,背叛,光秀參與。 天正7年(1579年),丹波攻略進入最終階段,2月八上城陷落。 8月9日黑井城陷落,成功擊敗後,於天正8年(1580年)成為丹波一國之主,增加29萬石,總俸高34萬石。 接著光秀在該地築起了新的及福智山城(橫山城),成擁有指揮織田家附近城主權力的重要武將。 由於丹後國長岡(細川)藤孝、大和國等近畿地方的織田大名都成為光秀的寄騎,他的支配地包括丹波、滋賀郡、南山城,自近江至山陰方向等畿内方面軍,多數在地方,總石高240萬,光秀亦被稱為「近畿管領」(與不同,純粹是一個稱呼,並非實在的官位) 天正10年(1582年)3月5日,參加討伐武田氏的最終戰(甲州征伐),擔任軍的戰闘主力,4月21日返回。 主条目: 天正10年(1582年)5月,光秀被解除招待的任務,前往支援秀吉進攻,並於6月2日(6月21日)早上出陣。 途經龜山城内的柴野附近時,光秀向重臣傳達討伐信長之意,導致。 於《耶穌會日本年報》上記載當時光秀率軍衝入並向信長射箭;當時的山科言經的《言經卿記》亦明記發生時間與光秀衝入本能寺。 《》外國列傳二百一十外國三也曾記載日本一部分該段歷史,但可能源自於聽說,因此文中出現阿奇支 為信長的參謀、最後信長被明智所殺的記載。 2017年3月20日,織田信長與明智光秀兩家的後代共同出席茶會,為400年前的本能寺之變上演握手和解。 叛變謎团 [ ] 明智光秀為何突然叛變,到今天仍然是未解之謎,以下為主要幾種說法:• 怨恨說• 在後,信長邀請參加慶功宴,當時光秀負責接待家康的工作,但信長因為不滿光秀的招待品太過昂貴以及嫌湖里的魚味道有異,因此斥責光秀,並命令由其他人負責工作,在家臣的勸阻下,才由光秀繼續接待。 當光秀攻下波多野氏的八上城後,信長決意斬殺波多野秀治和,結果在交換人質前惹怒了波多野的家臣將光秀的母親(亦有說是並非光秀真正的母親)殺害。 在征伐武田勝賴之時,光秀因為失言被信長斥責,然後被侍童以鐵扇打光秀。 的城主將會由森蘭丸就任,因而光秀會失去該地的領土。 雖然光秀屢立戰功,但織田軍的大權卻逐漸落在與光秀有過節的猴子(秀吉)手裡,光秀逐漸被冷落,使光秀心生不滿。 四國說 光秀的重臣與四國大名有姻親關係,但在1580年信長開始對進行侵略,集合討伐的武士,實際上在攻擊信長。 不安說• 信長在後放逐了和,光秀擔心信長會對家中的重臣進行大規模的放逐,為免失去一切,於是嘗試謀反。 又依,光秀曾暗通,至武田氏滅亡後避免事發,故先下手弒殺信長。 幕府再興• 在發動本能寺之變前,有傳光秀有意將復興,於是征伐中國時,將信長解決,藉機製造混亂,讓義昭有機會回京。 2017年9月11日,日本教育學系歷史專家藤田達生教授表示,尋獲一封光秀簽署的書信正本,書信正本長約57厘米,闊11. 5厘米,相信寫於發生後10日,專家根據信中的和筆迹,判斷書信是由光秀所寫,給予反信長派的武將,而從摺痕看來,書信是以密函方式送出;光秀在信中寫道,被信長驅逐出的將軍已接受其邀請重返,可見光秀打算重振,雖然信中完全沒有提到義昭的名字,但藤田達生教授根據其中的遣詞用字,判斷信中接受邀請的人實際上就是義昭。 該封書信目前於美濃加茂市收藏,之前有關書信的複製本保存於東京大史料編纂所。 黑幕 關於黑幕的說法,支持者總會在事件中加上另一位當代人物的名字,當中以德川家康和最為常見。 當時德川家康的長男被信長下令切腹,家康擔心自己的將來,於是想到暗殺信長。 羽柴秀吉的說法是因為受到和被放逐後的影響。 另外這兩人在政治、軍事上也是最有動機,故也有野心之說。 其他的說法有、等。 入唐 包含與光秀有同血脈的明智憲三郎考據:光秀是信長接待外臣的要員之一;他知悉信長在聽取有關明國國勢中衰時,頗有取道、入唐的戰略。 再者,信長已經定下移封光秀至南的計劃,光秀無從表達之餘,亦恐冒國人反抗、領地收回、光秀切腹的懲罰(例如後來的事例),前景難料。 由於光秀希冀和平,暗裏大為反對(後世實行信長入唐計劃的有秀吉以及明治維新以後的日本政府,都是動用舉國力量,將國勢擴張至國外的思維),遂冒著只要信長一死就再無人能大舉殘害國民生命的風險而叛變。 同性戀說 信長、森蘭丸與光秀可能都有同性戀關係,明智出於嫉妒或想搶奪森蘭丸而做出叛變。 身死 [ ] 光秀在6月3日至4日期間費力勸降諸方勢力,尤其希冀跟加入己方,但多數織田家臣不齒光秀弒主皆回絕,少數支持者都是實力不成氣候的小勢力。 6月5日,光秀進入,將信長貯藏的金銀財寶等名物分給家臣。 7日,朝廷派敕使拜訪光秀,任命其為守護,維持京都地方的治安。 9日,正準備前往時,光秀接到了秀吉回師的消息後,出兵山崎。 光秀回軍於6月13日與、、等激戰於山麓的山崎(現在的京都府大山崎町及大阪府島本町附近)(),其中羽柴軍約2萬7千(4,000、2,500、、、等8,000。 此外,也有稱羽柴軍兵力4萬餘的史料),明智軍約1萬7千。 決戰時由於佔據地勢,加上多數部將選擇支持打出討逆叛徒口號的秀吉軍,明智軍潰敗。 光秀循小路欲逃回阪本,卻於當日深夜在小栗栖遭到襲擊而受重傷,最後由家臣為之。 五十五年夢,觉来归一元。 據說明智光秀是禿頭,信長老是以此取笑光秀,但實際情況不明,也不排除信長以其「光秀」二字取笑。 在傳教士編纂的『日本史』中,對光秀有如此描述:• 「憑藉著才智、深謀、狡猾得到信長的寵愛」• 「喜好背叛與密會」• 「將自己偽裝的不引人注目,擅長關於戰爭的謀略,富於忍耐力,是計謀與策略的高手。 向朋友吹噓自己掌握、精通了72種欺人之術」• 「擁有高深的築城造詣,建築手腕優秀」• 「深諳利用主君恩典之道」、「在保有並增加自身的恩寵上異常地機敏」、「從不對獻給信長之物有所懈怠,為了獲得親愛,對信長的喜好瞭若指掌,關於其嗜好和希望也是從不違逆」、「他 光秀 的種種舉措博得了信長的同情,但也有一部分人目擊到他對於服侍信長並不熱心,所以他會在必要的場合故意流淚,並裝的像是發自內心的一般」• 「科刑殘酷」、「獨裁」、「遴選熟悉戰陣之士並加以掌握」• 「在殿內 織田家中 被視為外來者,幾乎所有人都看他不順眼」• 「其子女都非常美麗優雅,彷彿歐洲的王族一般」• 在宗教事務上,被佛洛伊斯稱之為「惡魔 、 與偶像崇拜的強力友人」,對於耶穌會「表現冷淡並帶有敵意」。 佛洛伊斯對光秀採取比較批判的描述,亦可能與兩者間緊張的關係有關。 不過,史料上也並無光秀迫害天主教的紀載,甚至在時留有其旗下小姓給予傳教士庇護的紀錄。 在本能寺之變信長死亡後,光秀立即佔領,將安土城的資產,強行搬運到坂本城,有人將之視為盜賊行徑。 光秀喜歡及,此外他在領內有良好的政治手腕,當時地方上對光秀的善政抱有好感。 相傳光秀之妻熙子在過門之前,曾感染。 雖然後來痊癒,卻在臉上留下疤痕。 熙子家人怕光秀嫌棄,私下願以熙子之妹代替,但光秀在識破後卻不以為意地迎娶熙子。 兩人婚後感情相當堅貞。 熙子還曾於光秀流浪各國時,剪髮變賣、換取錢穀。 某些史料稱熙子後來在光秀某次重病時,日夜看護至積勞成疾而逝。 但也有本能寺之變後,熙子在羽柴軍包圍時自害的說法。 光秀在當時以善使()的高手聞名,侍官於朝倉家時,曾以用鐵炮射下約45公尺外的飛鳥而技驚四座。 内的明智光秀辞世诗之碑 南光坊天海傳說 [ ] 相傳在中,光秀早已離開、沒被殺害,並改姓為、幫助德川家康推翻。 以下是這傳說的根據:• 有名身穿明智家桔梗紋的謎之武將雕像存在。 日光山輪光寺有處瀑布名叫「明智平」。 秀忠的「秀」和家光的「光」,家康後繼者們的名字有著光秀這兩字。 歷史記載:光秀死於天正10年(1582年),但是在比叡山飯室谷長壽院旁的不動庭之石燈上,卻刻著感謝光秀布施的「奉寄進 願主光秀 慶長二十年二月十七日」(1615年)。 有被認為可能是天海所穿戴過的鎧甲留下• 天海說服德川家康,讓昔日光秀的家老—齋藤利三的遺子於福(日後的春日局)成為德川家光的奶娘且受到重用。 天海過世之後,諡號為慈眼大師,但是在京都府的慈眼寺竟然也同時祭拜著明智光秀的牌位,其表刻著「主一院殿前日州明叟原玄智大居士神儀」,背面刻道「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覺來歸一元」,即光秀的辭世詩。 東京特別節目(2000年8月6日、TBS系列「日立 世界・不思議発見! 」放映)進行了筆跡鑑別,出現「和本人極像,又或者是親近的人」的結果。 在方廣寺鐘銘事件與中,天海對豐臣家採取趕盡殺絕的主張與計策。 雖然如此,現今卻沒有留下確實的證據,而且把他們一生重整的話,將達116歲(記錄為108歲;相較之下,另一派主張天海為光秀女婿-的說法,則在年齡上較為合理),以當時來說不太合理,因此還是沒法確定他們是否同一人。 而且也有以下反論:• 桔梗紋是許多自稱清和源氏出身的武將常使用的,包含山縣昌景跟加藤清正都使用桔梗紋。 自稱源氏的德川家在東照宮設置有桔梗紋的雕像並不奇怪。 秀忠的「秀」來自豐臣秀吉,家光之名也是以心崇傳所取。 天海有僧兵出身的說法,有鎧甲留下也不奇怪。 慈眼乃是頗為常用的佛教用語,全日本有約三十座慈眼寺,並非因為天海而來。 比叡山的石碑很可能是後世偽造。 特别节目的结论其实是说虽然几个字有一定的相似度,但总体上看,并不是一个人。 登場作品 [ ] 小說• 幽鬼(、著)• 國盗物語(新潮社、著)• 花落:智將明智光秀(新潮社、著)• 逆軍之旗(青樹社、著)• 桔梗旗風(、 ( 日语 : )著)• 明智光秀(文藝春秋、 ( 日语 : )著)• 明智光秀( ( 日语 : )、 ( 日语 : )著)• 明智光秀與齋藤利三(學陽書房、 ( 日语 : )著)• 明智光秀(、 ( 日语 : )著)• 鬼與人:信長與光秀(PHP研究所、著)• 明智光秀 真願天下太平的武將(PHP研究所、 ( 日语 : )著)• 本能寺之變(、 ( 日语 : )著)• 明智光秀 本能寺之變(講談社、 ( 日语 : )著)• 霸王的番人(講談社、 ( 日语 : )著)• 虛謊光秀(講談社、著)• 反・太閤記-光秀霸王傳(、 ( 日语 : )著)• 光秀的十二日( ( 日语 : )、 ( 日语 : )著)• 湖影(KTC中央出版、 ( 日语 : )著)• 本能寺(、 ( 日语 : )著)• 大逆本能寺(角川書店、円堂晃著)• 光秀的定理(角川書店、 ( 日语 : )著)• 明智光秀-分道揚鑣( ( 日语 : )、 ( 日语 : )著)• 事已至此( ( 日语 : )、 ( 日语 : )著)• 明智光秀物語 淺淺夢見( ( 日语 : )、 ( 日语 : )著)• 天眼-光秀風水綺譚(、 ( 日语 : )著)• 明智光秀-並非謀叛(、 ( 日语 : )著)• 明智軍戰記(學研、神宮寺元著)• 明智光秀轉生~從逆賊到江戶幕府黑手~( ( 日语 : )、伊牟田比呂多著)• 本能寺之變 實行謀反人 光秀(、岡野正昭著)• 雙重間諜 明智光秀(幻冬舍、 ( 日语 : )著)• 明智大戰記(、竹中亮著)• 明智光秀:邁向本能寺之道( ( 日语 : )、池端洋介著)• 奇幻戰爭小說八百鬼(、振鑫著)• 信長之笑、光秀之涙(、辻大悟著)• 信長的軍師外傳 天狼 明智光秀( ( 日语 : )、岩室忍著)• 明智光秀的密書(祥傳社、 ( 日语 : )著)• 桔梗之旗 明智光秀與光慶(、 ( 日语 : )著)• 光秀夢幻( ( 日语 : )、太田滿明著)• 毒牙 義昭與光秀(、 ( 日语 : )著)• 喧喧竹之森:明智光秀的末路(榮光出版社、伊東真夏著)• 安土城築城異聞( ( 日语 : )、 ( 日语 : )著) 影視劇• ( 日语 : )(1960年、松竹、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1964年、NET、演: ( 日语 : ))• 德川家康(1964年、NET、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1965年、、演: ( 日语 : ))• (1969年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1973年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1973年、NET、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1978年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1980年、東映、演: ( 日语 : ))• (1981年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1983年、YTV、演:)• (1983年、NHK大河劇、演:)• ( 日语 : )(1986年、TBS、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1987年、TBS、演:)• (1989年、NHK大河劇、演:)• ( 日语 : )(1989年、TBS、演:)• ( 日语 : )(1991年、ANB、演: ( 日语 : ))• (1992年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• 德川家康 戰國最後的勝利者(1992年、ANB、演:)• ( 日语 : )(1993年、TBS、演:)• ( 日语 : )(1993年、TVA、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1994年、NHK、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1994年、TX、演: ( 日语 : ))• (1996年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• 影武者織田信長(1996年、ANB、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1997年、TX、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1998年、TBS、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(1998年、TX、演: ( 日语 : ))• (2002年、NHK大河劇、演:)• ( 日语 : )(2003年、CX、演:)• ( 日语 : )(2005年、TX、演:)• ( 日语 : )(2006年、EX、演: )• (2006年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(2006年、EX、演:)• ( 日语 : )(2007年、CX、演:)• ( 日语 : )(2007年、EX、演:)• (2009年、松竹、演:)• (2009年、TX、演:)• (2009年、NHK大河劇、演:)• ( 日语 : )(2011年、TX、演: ( 日语 : ))• (2011年、NHK大河劇、演:)• (2013年、EX、演:)• (2013年、CX、演:)• ( 日语 : )(2013年、EX、演: ( 日语 : ))• ( 日语 : )(2013年、東寶、演: ( 日语 : ))• (2014年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• (2014年、CX、演:)• ( 日语 : )(2016年、TX、演:)• (2016年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• (2017年、NHK大河劇、演: ( 日语 : ))• (2017年、東寶、演:)• ( 日语 : )(2017年、CX、演:)• (2020年、NHK大河劇、演:) 傳統藝能• 三日太平記(、 ( 日语 : )、三好松洛及八民平七作)• 仮名写安土問答(、近松半二、近松東南、近松能輔及若竹笛躬作)• ( 日语 : )(、近松柳、近松湖水軒及近松千葉軒作)• ( 日语 : )(、 ( 日语 : )作) 遊戲• 系列(、配音:)• (、配音:)• 美男戰國~穿越時空之戀(配音:)• (配音:)• 在茜色世界與君詠唱• 動漫畫• 戰國之血:薔薇的契約(講談社、作・湖住不二子畫)• (講談社、 ( 日语 : )作)• (、作)• (、 ( 日语 : )作)• (、作)• ( ( 日语 : )、目黑川宇奈作) 參考資料 [ ] 中相关的多媒体资源:• 註解 [ ].

次の

明智光秀 年表

明智光秀年表

明智光秀 『明智軍記』には、光秀の享年は55歳だったとあり、そこから光秀は享禄元年(1528年)生まれではないかと云われています。 『明智軍記』とはどのような史料かというと、1688年~1702年の間に書かれてとされる軍記物です。 つまり創作なども入っていて、史料価値は低いとされています。 その上、明智光秀が亡くなったのは天正10年(1582年)ですので、亡くなって100年以上も経ってできたものです。 戦国時代の敗者だからでしょうか、明智光秀の信頼のできる史料は殆どないため、信憑性に疑問を持ちながらも享禄元年(1528年)生まれ説を唱える書籍は多いように思います。 また『明智一族宮城家相伝系図書』も享禄元年(1528年)説を唱えていますが、『明智軍記』を参照して享禄元年(1528年)説を記載したのではないかという指摘もあります。 ですが、光秀の「享禄元年(1528年)生まれ説」が正しいとして、信長との年齢差を見てみます。 信長は1534年生まれで、光秀は1528年生まれですので、 光秀が6歳上の年齢差ということになります。 そうすると本能寺の変で信長は数え年49歳、光秀は55歳だったということになります。 因みにですが、光秀と 妻・ ひろ子は光秀が2歳上、光秀と 濃姫 帰蝶 は光秀が7歳上、信長と濃姫 帰蝶 なら濃姫 帰蝶 が1歳上です。 ただ、ひろ子と濃姫 帰蝶 の生年は確定ではないため、一説にはという参考程度の年齢差です。 信長との年齢差18歳説 今度の説は、本能寺の変の頃、光秀の年齢は 67歳だったとしての年齢差です。 当時で67歳といえばかなりの高齢だと思いますが…『当代記』(とうだいき)という史料に、光秀が亡くなった時、67歳であった旨が書いてあるそうです。 「時に明知(智)歳六十七」と記されており、そこから逆算すると光秀の生まれた年は、永正13年(1516年)になります。 その時の信長との年齢差は、 光秀が年上の18歳差ということになります。 織田信長 ですが、『当代記』という史料も、どこまで信頼できるのか分からないという位置づけです。 また『当代記』が成立したのは1624年~1644年、光秀が亡くなったのは1582年ですので、こちらも亡くなってから大分経ってからできたものですね。 『当代記』の説を信じると67歳という年齢の頃、織田信長の主力の一人で戦にも参加していたことになります。 当然、当時は電車などはありませんので、馬や自分の足などでもの凄い距離を移動して戦っていたということです。 そんなことが可能なのかと考えてしまいますね。 例えば、関ヶ原の戦い当時、ベテランとされた徳川家康の年齢は、数え年で58歳でした。 その15年後の大坂の陣に家康は、73歳で出陣していることを考えると…あり得なくもないのでしょうか。 ですが立場が全然違うので、体力の消耗も全然違いそうですが。 また、当時の平均寿命の統計はありませんが、50歳には満たなかったと推測できるそうです。 理由は夭折が多く、元服前に亡くなる人が多かったので、平均寿命を下げていると推測できるようです。 有名武将の享年は数え年で、信長49歳、秀吉62歳、家康74歳、真田昌幸65歳と意外と長生きの武将と、森蘭丸18歳、小早川秀秋21歳と早くに亡くなった方といますね。 本能寺の変の頃の光秀の年齢67歳とのことですが、67歳まで生きている武将の方が少なそうな気もしますね、なのに信長家臣として第一線で戦っているという…。 少し難しように思いますが、これだけでは否定もできません…、いかが思うでしょうか。 その他の年齢差 これまで信長よりも光秀の方が年上として記載しましたが、実は若かったとする説もあります。 光秀と親交のあった吉田 兼見(よしだ かねみ)が記した日記に、光秀は若かったのではないかと推察できる記述があるそうです。 その日記によると、天文9年(1540年)以降に生まれたのではないかと云われています。 また光秀の干支が子年(ねずみどし)であるという説があります。 光秀の子供も諸説ありよくわかっていませんが、細川ガラシャの名前で知られる、光秀の娘・明智玉については記録が残っています。 細川ガラシャの生まれは永禄6年(1563年)だと云われており、そこから子年(ねずみどし)で丁度良さそうな西暦として1540年説もあり得る話として候補になっています。 光秀23歳の時の子供ということですね。 もしそうだとすると、今度は 光秀の方が6歳年下という年齢差になります。 また、細川ガラシャの嫁ぎ先である熊本藩の肥後細川家の公式の歴史書である『細川家記』には、光秀は大永6年(1526年)に生まれたとする、また新たな説も載っているそうです。 この説に従うと 信長よりも8歳上の年齢差ということになります。 しかし『細川家記』は貴重な史料ですが、光秀の箇所は信憑性に疑問を持たれていますし、可能性は低そうな説です。 光秀と信長の年齢差のまとめ 光秀と信長の年齢差の候補をまとめますと光秀が年上の場合、6歳差、18歳差、8歳差、光秀が年下の場合6歳差という結果になりました。 本能寺の大寶殿宝物館にある織田信長肖像画 敗軍の将ですので史料が乏しく、娘の嫁ぎ先でさえ時の権力者を憚ったのか、真実ではなさそうな記録が残されているということのようです。 現在では、真実は闇の中という感じですが…、信長より年上のイメージのある光秀が実は若かったかもしれない話など興味深く思っています。 明智光秀と豊臣秀吉、徳川家康の年齢差 明智光秀と豊臣秀吉、徳川家康との年齢差も見てみます。 まず光秀の生まれが1528年だとして、 豊臣秀吉は1537年か1536年生まれなので、 光秀が8~9歳年上です。 一方の 徳川家康は、1543年生まれなので、 光秀が15歳年上になります。 光秀が1516年生まれの場合の年齢差は、秀吉より20~21歳、家康より27歳年上です。 光秀が1540年生まれの場合、秀吉より3~4歳年下、家康より3歳年上です。 光秀が1526年生まれの場合、秀吉より10~11歳、家康より17歳年上です。 また、 織田信長は1534年生まれなので、秀吉より3~2歳、家康より9歳年上です。 明智光秀の生年について詳しく書いた記事こちらです。 本能寺の大寶殿宝物館に行った話はこちらです。

次の