木村花。 木村花さん悲報、米でも衝撃…番組盛り上げに一役買ったSNS書き込みが“凶器”に― スポニチ Sponichi Annex 芸能

木村花さん死去で社会問題に ネットの書き込みに発信者情報開示請求をした結果……

木村花

女子プロレスのリングで技を繰り出す木村花選手(画像は『木村花(HANA) 2019年8月14日付Instagram「わたしのだいじなファイブスター。 」』のスクリーンショット) 女子プロレスラーの木村花さんが5月23日に亡くなった。 22歳だった。 所属するプロレス団体・スターダムによると、「詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」という。 木村さんは恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演しており同番組でファンになった人も多く、タレントのはTwitterで「大好きなテラスハウスの木村花ちゃんが亡くなっちゃったよ、、、ものすごいショック、、」と沈痛につぶやいていた。 野呂佳代は「なんかすごくすごくショックです、、、。 なんだか胸が、、、ちょっと息が苦しいですね」とツイートを続けており、ただならぬ様子だ。 木村花さんがインスタグラムで亡くなる前に「愛してる、楽しく長生きしてね。 ごめんね」と投稿していたことを知ったのかもしれない。 そんななかタレントの相沢まきがTwitterで「TVでリアリティーショーといったって、編集だってされているし、それが全てでは絶対ない。 タレントの山田菜々は「平気なふりしても1つの嬉しい言葉よりも1つの誹謗中傷の方が力はとてつもなく大きい…私も含めてみんな自分の投稿見直してみよ。 SNSの使い方ちゃんと考えよう 例え冗談でも温度までは残念ながら文字じゃわからん」とツイートして、「ホンマやね 菜々ちゃん、勇気あるツイートありがとう!」、「テラスハウス見てなかったから今回の事で知ったんだけど、あまりにも酷いよね」、「今年から花ちゃんのファンになったばかりなのに」とフォロワーの共感を呼んだ。 またグラビアなどで活動するカメラマンの酒井よし彦氏は、Twitterで「顔を隠して投げつける言葉が人を死に追いやる事を考えて欲しい。 自分が不快なら人を傷つけて平気なの? 自分を認めて欲しいならまず人を認めましょうよ。 ホントに悲しい…」とつぶやき、主演ドラマ『3年A組 —今から皆さんは、人質です—』最終回で主人公の教師・柊一颯(菅田)がネットに対して「感情に任せた言葉が犠牲者を作るかもしれないと思って踏みとどまってくれたら、俺がここに立っている意味がある」と訴えたシーンを振り返っていた。 さらに音楽ユニットCREAMのシンガーMinamiが「テラスハウスずっと好きでみてるんだけども特に花ちゃんが好きでインスタフォローしてた。 会ったことはないけど今日のニュースみて心が痛い。 これからだったのに。 アンチコメントを書くのは自由でもこうやって耐えれなくなって亡くなってしまう人もいる。 言葉の力、人に優しく」とツイートするなど、アンチコメントや匿名の誹謗中傷を問題視する声が次々と発信されている。 画像は『木村花(HANA) 2019年8月14日付Instagram「わたしのだいじなファイブスター。 」、2020年5月23日付Instagram』のスクリーンショット.

次の

木村花さん誹謗中傷に「狂ってる」レスラーたち憤り

木村花

恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中だった女子プロレスラーの木村花(きむら・はな)さんが22歳で亡くなってから一夜明けた24日、木村さんがネット上で誹謗(ひぼう)中傷を受けていたことから、度を越したSNSなどの書き込みへの法規制を求める動きが広がった。 番組の共演者らからは木村さんへの追悼の言葉が相次いだ。 22歳という若さで自ら命を絶ったとみられている木村さん。 SNS上には辛らつな言葉による中傷が寄せられていた。 木村さんが所属する団体「スターダム」のエグゼクティブプロデューサーのロッシー小川氏(63)は本紙の取材に、死因については「警察から何も聞いておりません」と答えた。 誹謗中傷への法的手段については「現時点では何も決まったことはない」とした。 ただ周囲ではこの日、悪意ある投稿者に対する法的措置を視野に入れた動きが出た。 女子プロレス界のレジェンド長与千種(55)は自身のツイッターで「道徳尊厳無き言霊を放った人たちへのそれなりの措置を考える」と投稿。 「これはプロレス団体が言霊で殺(あや)める人種への最強の宣戦布告です」と激しい言葉。 母で元プロレスラーの響子さん(43)らの意向を踏まえた上での支援を約束した。 匿名での誹謗中傷で他人を死に追いやる行為は韓国では「指殺人」と呼ばれ、日本でも深刻な社会問題となっている。 インターネット署名サイトでは木村さんの死を受け「匿名アカウントによる誹謗中傷を撲滅するために、プロバイダ責任制限法の改正と刑事罰化を求めます」と題した署名活動ページが立ち上がった。 発信者の情報開示請求までに時間と費用がかかりすぎるために被害者の負担が大きいと指摘。 手続きの簡略化などを政府に要求する見通しだ。 元陸上選手の為末大氏(42)も自身のツイッターで参加を呼び掛け、賛同数は2000件(24日午後7時現在)を突破した。 総務省は4月から開示請求手続きにかかる時間を短縮できるかどうかなどを検討し、有識者会議を経て7月ごろに方向性を示す見通し。 立憲民主党の蓮舫副代表も「対策に動きます」とツイッターで表明した。 情報開示請求には約3カ月から数カ月かかると言われている。 SNSの炎上対応に強いレイ法律事務所の山本健太弁護士は「今の仕組みでは時間、費用、労力と負担が大きく被害者が泣き寝入りしてしまう。 投稿者の責任が追及される仕組みづくりが急務だ」と話した。

次の

木村花Twitter写真リスカを投稿!削除されたツイート内容は?

木村花

木村花(C)モデルプレス 木村花さん、芸能事務所とのマネジメント契約解消していた同事務所は「さんに関するご報告」とし書面を掲載。 「弊社がマネジメント業務を受託しておりました故さんについては、ご本人のお申し出により、本年3月末日をもって、弊社との間の契約を合意により解約しております」と本人に申し出を受け契約を解消していた旨を報告。 「したがって、木村さんのご事情については、弊社としてコメントを差し控えさせていただきますこと、何卒ご理解賜りたく存じます」と説明した。 木村花さん、死去木村さんが所属するプロレス団体・スターダムは23日、「当社所属選手選手が本日5月23日逝去いたしました」と報告。 「突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません」とした。 26日には、警察による判断の結果について「事件性は無いものと伺っております」とコメントを発表。 「より詳しい死因等につきましては、ご遺族のご意向により公表を差し控えさせて頂きます」とし、今後、木村さんの詳細について「当社の会見、リリース等において、公表を行う予定はございません。 マスコミの皆様、ファンの皆様におかれましては、何卒ご容赦、ご配慮くださいますようお願い申し上げます」と説明している。 木村さんはテラスハウスに2019年9月より入居。 新型コロナウイルスによる影響を受け、テラスハウスは撮影を停止していたが、最近ではSNSなどで誹謗中傷に苦しむ胸の内を発信しており、亡くなった23日未明にはInstagramで「愛してる、楽しく長生きしてね。 ごめんね。 」と投稿していた。 「テラスハウス」制作中止を発表 金尾玲生、木村花さん、鈴木志遠、ビビ、吉田夢、新野俊幸「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」メンバー(C)モデルプレス27日、番組は公式サイトにて制作中止を発表。 「この度、番組に出演されていた、さんがご逝去された事について、改めてお悔やみ申し上げます。 またご遺族の方々にも深く哀悼の意を表します。 尚『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に関しましては、制作を中止する事を決定致しました。 この度のことを重く受け止め、今後も真摯に対応して参りたいと考えております」とした。 同シーズンは、2020年の夏頃まで続く予定だったが第42話で終了となった。 (modelpress編集部) 「WALK」コメント全文さんに関するご報告 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 弊社がマネジメント業務を受託しておりました故さんについては、ご本人のお申し出により、本年3月末日をもって、弊社との間の契約を合意により解約しております。 したがって、木村さんのご事情については、弊社としてコメントを差し控えさせていただきますこと、何卒ご理解賜りたく存じます。 ファンや関係者の皆様には、生前のご厚誼に深く感謝するとともに、木村さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 なお、メディアの皆様におかれましては、木村さんのご遺族や関係者の皆様が少しでも平穏にお別れの時を過ごせるよう、十分にご配慮いただくことを弊社からも改めてお願い申し上げます。

次の