青 とい えば。 出直しといで!

淫らな青ちゃんは勉強ができない

青 とい えば

5PB 3. たとえば、(みずいろ)・(そらいろ)と呼ばれるような明度が高くの低い、淡い色合いのもの、(こんいろ)や(あいいろ)、(ぐんじょういろ)などの明度が低い、濃い色合いのものなどが青に含まれる。 空の色には「空色」という固有色名があるにもかかわらず、「青空」と呼ぶことなどが良い例である。 現代の青に相当する色として、日本では伝統的には(あい)や(はなだ)を用いてきた。 これは、日本において青を表現するための染料が古来はであり、その色をと呼んだことに由来すると思われる。 後には染料としてが用いられるようになり、藍や縹が青系統の色を表す総称として定着した。 しかし、これらの色名も現在は基本的に青と総称するようになり、藍や縹は固有色名としての性格が強くなっている。 日本語の「 青春」「 青葉」「 青信号」と同じく、現代のでも、「」という字は「緑」と同義語である ((チンツァイ)、青草(チンツァオ)、青椒(チンジャオ)など)。 そして、ブルーを「」、グリーンを「緑」、インディゴを「 靛」と表記して区別する。 でも、「青色」はの意味。 用法例:「 綠燈(青信号)」「 藍天(青空)」 「蔚 藍的大海(青々とした海)」(例外として、「青天」だけは、緑空ではなく青空のことを指す) 「青」の字以外の「あお」 [ ] 「あお」と訓じられる漢字として および 碧もある。 これらもまた総称としての青の範疇であるが、「青」よりも固有色名としての性格が強い。 蒼は、干した青草のような色、生気の無い青色を指し、不透明、くすんだ青色を意味する。 「蒼蒼」は、あおあおとしたさま、草木などの茂るさまを指す。 中国では、蒼を時々使う場合は曇り空、遠山のようなくすんだ青色を指し、例えば"蒼茫的天空"、"遠山蒼蒼"という表現がある。 この点で「青」「碧」「藍」とは区別される。 ウィクショナリーには、の項目があります。 青緑 () マンセル値 7. 青色ないし緑色を表す。 また無色の奥から浮き出すとある。 碧は「みどり」とも読む。 その場合、「青」よりもさらに緑色に近い色であることを強調して用いるケースが多い。 色合いとしては「青緑」に近く、「青」に含まれるが「蒼」や「藍」とは確かに区別される。 中国では、特に玉石の色を指す。 また日本でも、色ではなく宝石を意味する漢字としても使われている。 やまと言葉の「あお」 [ ] 日本語の「あお(あを)」の推測の域を出るような語源は詳らかでないが、「しろ」(顕色)・「くろ」(暗色)・「あか」(明色)とともに色を表す語として古くから用いられてきたものである。 しかし古代においてこれは、現在の青色・緑色・紫色・灰色のような非常に広い範囲の色を総称して(漠色)用いられていたと考えられている。 現代でもいくつかの語にそうした影響が残っており、特に緑色をさす「青」の用法は広く見られる。 また、各地方言で「あを」は黄色まで指していたとされ、『大日本方言辞典』によれば、青森・新潟・岐阜・福岡・沖縄といった地方では、青は黄も意味した。 このようなことから、日本語の青を表す言葉の色度範囲は〜〜 青〜青紫まで幅が広いほか、一部「くろ」(暗色)と重複する(『の馬』など)。 が考察した一説として、日本語のアオは「アフ=会う・合う」、または、その連用形の「アヒ=間(隣合うの意)」と関連した語であり、アイヌ語のアフ(会)の他界観とも関連するものと捉えられている。 龍峯によれば、アオとは黒と白の範囲の中間色を意味する「間(アヒ)」からきているとされ(龍峰はさらに現世と他界の中間の意についても触れている)、沖縄でも青はこの「アヒ(間)」から派生した語であるとしている。 したがって、大和・アイヌ・琉球における「アオ」の語源の流れは同じところから派生したものと考察している。 光源色としての青 [ ] Blue 16進表記 0000ff 光の三原色。 左の円が青(ブルー) 青 Blue はのひとつで、や上で用いられ、 Red ・ Green と共に使われるためと呼ばれる。 色合いとしては日本語の「青」からイメージする色合いよりもやや紫みを帯びた濃い青色()である。 としてはさらにLightBlue、MediumBlue、DarkBlueの三色が以下のように定義されている。 LightBlue 16進表記 ADD8E6 MediumBlue 16進表記 0000CD DarkBlue 16進表記 000080 物体色としての青 [ ] 印刷技術における青 [ ] 現在の印刷で使われ青はシアンと呼ばれる。 どちらも、銅フタロシアニン青としては緑味である。 また、光の三原色の青に色合いが似た色は、とでも作ることができるし、「」として別の色を使う方法もある。 5PB 4. この両者の色は微妙に異なる色として定義されている。 実際の色の違いは右の表を参照。 青の色料 [ ] は太古より使用されており、現在でも重要な(・)である。 現在より遥かに高級であった古来の絵画などで、美しい紫青色を出すには半貴石を原料とした顔料を用いた。 これは海の彼方から運ばれてきたのでと呼ばれ珍重された。 その後科学が発達し合成色素、合成顔料が生産されるようになった。 にで作られた(プルシャンブルー)は暗い青色顔料であり、最初の合成顔料とされているが、現在でも生産されている。 青色顔料として現在最も多用されるのは、に似た化学構造を持つ青であり、銅フタロシアニンであるColour Index Generic Name、Pigment Blue15:3などが上述シアンとして使用されている。 なおプルシャンブルーやフタロシアニン青より明るい青色顔料としては(アルミン酸コバルト)やセルリアンブルー(錫酸コバルト)、コバルトクロム青、 Oxide Co-Al-Si 、酸化コバルト-亜鉛-珪素(:Oxide Co-Zn-Si)、マンガン青、(トルコ青)等がある。 青色無機顔料 [ ] ウルトラマリン青 Ultramarine Blue [ ] 詳細は「」を参照 Azurite は鉱石の、つまり塩基性炭酸銅より得られる天然の青色顔料である。 15世紀から17世紀中ごろにかけてヨーロッパ絵画で、最も重要な顔料であったことは疑いがない。 緑色の塩基性炭酸銅であると共存していることがよくある。 他の鉱物性顔料と同様、粉砕したものをよく選別した後、水洗、挽いて粉にし、水簸(すいひ)して製品とする。 細かく挽くと淡色になり着色力も弱いので、かなり荒めに引く。 粗粒のアズライトは紫青色をしている。 絵画におけるアズライトの変色は、ニスによる見かけ上の場合が多い。 変色はこの顔料は吸水してマラカイトができることがある。 熱と温アルカリで黒変、酸に対しては、酢酸であっても溶解する。 ただし、普通は安定している。 Colour Index Generic NameはPigment Blue 30である。 紺青 Prussian Blue [ ] 詳細は「」を参照 紺青はにで作られた青色顔料であり、最初の合成顔料とされているが、現在でも生産されている。 通常、と言えばプルシアンブルーのことである。 鉄青 、アイロンブルー Iron Blue 、プロシア青などとも呼ぶ。 Colour Index Generic NameはPigment Blue 27である。 青色複合酸化物顔料 [ ] アルミ-コバルト 酸化物、アルミ-亜鉛-コバルト 酸化物、硅素-コバルト 酸化物、硅素-亜鉛-コバルト 酸化物などは、顔料として使用される。 これらは青色を呈する複合酸化物顔料である。 複合酸化物顔料は着色力が小さいものの、耐熱性、耐候性に優れる。 セラミックや耐熱塗料に使用される。 焼成顔料 calcination pigment とも呼ばれる。 コバルト顔料 [ ] スマルト、(アルミ酸コバルト)、錫酸コバルト、コバルトクロム青、コバルト-アルミ-珪素 酸化物、コバルト-亜鉛-珪素 酸化物などがある。 花紺青 Smalt [ ] スマルトは最古の系顔料である。 ガラス質の人工顔料で酸化コバルトを用い濃く着色した珪酸ガラスを粉砕したものである。 Colour Index Generic NameはPigment Blue 32である。 コバルト青 Cobalt Blue [ ] 「」も参照 錫酸コバルト Cerulean [ ] 錫酸コバルトを、ラウニー商会が油絵具等に用いたのは、1860年代になってのことである。 そのときの名称が「セルリアン」であり、現在でもラウニーは「セルリアン」の名称で販売している。 錫酸コバルトは透過光では緑青色になる特異な色合いの青色顔料である。 英語のceruleanは「青空色」を意味する。 Colour Index Generic NameはPigment Blue 35である。 コバルトクロム青 Cobalt Chromium Blue [ ] コバルトとクロムを含む酸化物固熔体で、堅牢性は極めて高く、絵画技法をはじめ、耐熱性を要求される分野、例えば窯業に至る広い用途を持っている。 コバルトクロム緑の変種でクロム含有量が少ないもの。 Colour Index Generic NameはPigment Blue 36である。 ケイ酸コバルト亜鉛青 Cobalt Zinc Silicate Blue [ ] ケイ酸コバルト亜鉛青 は、コバルト-亜鉛-珪素酸化物である。 紫青色の顔料で隠蔽力は高くない。 重要な用途は現在のところ存在しないが、絵具における濃色コバルト青を代替している傾向にあり、「コバルトブルー ディープ」の名で顔料や絵具として流通している。 Colour Index Generic NameはPigment Blue 74である。 コバルト-アルミ-珪素 酸化物 [ ] を参照。 紺青と呼ばれる。 マンガン青 Manganese Blue [ ] マンガン青は極めて赤味の少ない青色顔料である。 1930年代から工業的に製造されるようになった。 特異な色相を持ち、現在でも他の顔料・染料で代替できない色合いをしている。 環境配慮のために現在製造されていない。 Colour Index Generic NameはPigment Blue 33である。 青色有機顔料及び青色染料 [ ] 青色を呈色する有機顔料をここでは、青色有機顔料と総称する。 、以外に、系の青色顔料であるインダンスレンブルー Pigment Blue 60 、Pigment Blue 64 、印刷などに使用されるなどがある。 インディゴ、インダンスレンブルーはである。 藍 Indigo [ ] 「」、「」、および「」も参照 青色顔料として現在最も多用されるのは、に似た化学構造を持つである。 1933年、(インペリアル ケミカル インダストリーズ)社のリンステッドたちがフタロシアニンと命名、1935年に工業化され、モナストラルブルーの名で商品顔料になった。 アメリカでは、1936年に別の名で取引が始まる。 鮮明で着色力が非常に強く、プロシア青の倍程の着色力がある。 濃色では赤味が強いが淡色では赤味が減じる。 有機溶剤には溶解しない。 濃硫酸塩酸以外の酸、アルカリには溶解しない。 酸化剤、還元剤にも耐性がある。 赤と黄の光を殆ど吸収し緑と青の光を反射するので、三色印刷に求められる、理想的な純粋の青に極めて近いものになる。 絵具として商品化されたのは1936年に商品化されたすぐ後である。 青である銅フタロシアニン Colour Index Generic Name Pigment Blue15:3などが印刷以外でも、色の三原色のひとつという認識の下使われることがある。 Colour Index Generic Nameには銅フタロシアニンのPigment Blue 15 、無金属フタロシアニンのPigment Blue 16 、銅フタロシアニンのPigment Blue 76等が記載されている。 他にもアルミニウムフタロシアニン等様々ある。 銅フタロシアニンも無金属フタロシアニンも良く用いられる。 フタロシアニンの環に基を導入して可溶性色素()とし、金属塩を用いてしたものは、鮮明で安価なので学童用に用いられることがある。 しかし、耐光性に劣り、油絵具化するとブリード(滲出)する。 フタロシアニンはフタロシアニン青に続いて開発され、塩素化銅フタロシアニンは1838年に商品化された。 Colour Index Generic NameにはPigment Green 7 、臭素化塩素化フタロシアニンのPigment Green 36 、臭素化塩素化亜鉛フタロシアニンのPigment Green 58が記載されている。 を含むのの緑には、構成要素としてPigment Green 36が使われている。 青に関する事項 [ ] 自然界の青 [ ] オスのクジャクの羽。 イリデッセンスにより角度によって色が変化する。 人々が自然の中で最も身近に接する晴れた の青色は、光の波長より小さな空気分子が短い波長をより多く散乱するによるものである。 日中は太陽の光のうち波長の短い青色が多く散乱されてわれわれの目に届くため青く見える。 この青空の色の原因については、それがあまりに日常的であったため古代にはあまり注目されてこなかった。 それが説明されるべきものと考えられるようになったのは以降である。 晴れた日になど屋外の水面を斜めから見たときそれらは青く見え、通常海は青いものと思われている。 こうして目にする青さのほとんどは、青空が映っているからであり、他の状況では海はさまざまな色を呈する。 ただし、水は長波長の可視光をより多く吸収するので、海中で物は青っぽく見え、また、海中の浮遊物や、ある程度の深さのあるのような明るい海底に当たって反射してきた光もそれそのものが青く見える。 詳細は「」を参照 のとしては青色は比較的まれである。 とくにやなどにおいては交配によって青い花を咲かせる品種を作り出すことが困難であり、近年では遺伝子操作によって作り出そうとする研究が行われている。 については、不可能・幻を表す代名詞ともなっている。 ちなみに、という色名は青色の一種であるが、これはの花の色とされる。 の羽の鮮やかな色は様々な方法で作り出されているが、青色の場合は青空と同じように選択的な散乱を用いていることが多い。 ただしの羽はと同じく光のをもちいたによる色である。 色名のは緑がかった青色を意味するが、実際のクジャクの羽は光線の状態や角度により様々に輝きを変える。 は極めてまれに青みがかって見えることがある。 過去に大規模な森林火災や火山噴火で上空にチリが巻き上げられたときに観測されており、1程度のチリが赤や黄色の長波長の光を多く散乱するために起こる。 の夕焼けも同様の理由で青い。 こうしたことから、英語で blue moon は極めてまれなことを意味することになった。 なお、誤解からひと月に2度目の満月も実際の色にかかわりなくブルームーンとよばれる。 寿命は数千万年かそれ以下と短く、われわれの太陽のようなより長い寿命の星からみれば、ひと時だけ激しく輝いて去っていく星である。 最後には爆発を起こしてやになると考えられている。 またでも、比較的温度の高い(酸素供給量が多い)ほうが青く見える。 食物の色としての青については、でチョコレートやこんぺいとうなどの菓子を青く着色することはあるが、自然界に存在するものとしてはぐらいしかなく、青野菜は緑色である。 古代の青 [ ] 『ラザロの復活』。 14世紀ジョットにおいて初めて空が青く彩色された。 それまでは主に金色が用いられていた。 洋の東西を問わず古代には青色は日常と異なった別世界の色とされる傾向があり、日常の世界では重要な役割を果たさないか、ときに死体の色を連想させることなどから忌避される色でもあった。 石器時代を通じ、青は作り出すことも難しく、青く染色されるものはほとんどなかった。 黒に対し、明るさを担う白、鮮やかさを担う赤という多くの古代社会での3つの基本色に対し、青は象徴的意味の弱いその他の色に甘んじ、色の分類的機能に加わることも少なかった。 ヨーロッパではこうした傾向は12世紀ごろまで続いた。 では色相を積極的に表す語彙そのものが少なかった。 前者のキュアノスは cyan の語源での深い青色をさして用いられたものの、むしろ明度の低い暗さを意味し、黒色、紫色、茶色をも表した。 はその深みを神秘的なものや、恐ろしげなもの、または珍しいものを形容するのに好んで使用している。 一方、グラウコスは瞳や海の形容として用いられたが、青色、緑色、灰色、ときに黄色や茶色をも表し、むしろ彩度の低さを意味していた。 緑内障を表す英語グローコーマ glaucoma の語源はこのグラウコスであり、多くの場合、失明の危機をもたらすなどの疾患をわずらったくすんだ瞳の色を表すのに用いられている。 でも青はあまり注目されず、青とされるの カエルレウス caeruleus はむしろ蝋の色、あるいは緑色、黒色を表していた。 ローマでは青は喪服の色であり、何よりケルト人やゲルマン人などの野蛮さを象徴する憎むべき、もしくは回避すべき色であった。 例えば、青い瞳を持つことは醜さのひとつのようにみなされ、は青く体を染めたの軍隊を「幽霊の軍隊」と呼び 、はブリトン人の女性が体を青く染め忌まわしい儀式を行うと主張した。 古代ギリシャ、古代ローマとも虹の色をさまざまに分類したがそこに青が加えられることはなかった。 でも青は人のものではないという意味合いがあった。 であの世とこの世を結ぶ門であるとされるの門は青色に塗られており、手を触れると死期が近づくされる。 他の民族では、で青く染めることが行われ、青ないし緑は神秘さや異世界の色を表しもした。 中東やエジプトでは魔除けの色であり、また死者を守る葬儀や死と結びついた色でもあった。 のは青い彩釉煉瓦で彩られ、のはの肌の色を青と表した。 『』では翻訳による色彩用語の変遷が大きいものの 、神の足元もしくは玉座には青いがあった。 その後、では12世紀に青はそれまでの控えめな地位を捨て、数十年のうちに最も美しい色だとされるまでになる大変化を遂げた。 この時期、絵画の中のの服装は喪に服す暗い青や黒から明るい青へと変化し、マリア崇敬とともに青の地位も向上していくことになった。 脚注・出典 [ ] []• 『広辞苑』新村 出、岩波書店、1998年11月、第五版。 『日本国語大辞典』小学館、第二版。 「青」の項• 綺陽会、色彩と色目. 2011年9月10日閲覧。 『東北学 Vol. 6 [総特集] の精神史』 東北文化研究センター 責任編集赤坂憲雄 2002年 pp. 230 - 231• 『有機顔料ハンドブック』 橋本勲 カラーオフィス 2006. 2010年1月7日閲覧。 Pesic, chs. 1—2. 2009年12月28日閲覧。 最相葉月『青いバラ』小学館。 2010年1月7日閲覧。 Pesic, p. パストゥロー、pp. 12ff. パストゥロー、pp. 23ff. Pesic, p. 例えば、 ホメロス『イリアス』松平 千秋訳〈岩波文庫〉、1992年、上巻 p. 334(アキレウスの恐ろしげな武具), p. 360(ネストルの美しい四脚机), 下巻 p. 118(トロイエ船の黒雲のような大軍), p. 269(内臓を貫かれた戦士を襲う死の黒雲)。 パストゥロー、p. Dienekes' Anthropology Blog 2003年5月8日. 2009年12月28日閲覧。 特にそこで引用されている Maxwell-Stuart, P. 1981. Studies in Greek Colour Terminology. Leiden: Brill• パストゥロー、p. 24f. Pesic, p. パストゥロー、p. パストゥロー、p. 28ff. Pesic p. パストゥロー、p. 14f. The Origin of the Young God: Kalidasa's Kumarasambhava. Berkeley: University of California Press. 1985• パストゥロー、pp. 16ff,19ff. Pesic. 『旧約聖書』出エジプト記 24:10, エゼキエル書 1:26. パストゥロー、pp. 50,52ff. 参考文献 [ ]• 千々岩英彰『色彩学概説』東京大学出版会、2001年• ハラルド・キュッパース『色彩論の基本法則』沢田俊一訳、中央公論美術出版、1997年• 『顔料の事典』伊藤征司郎編著、、2000年• 『絵具の科学』ホルベイン工業技術部編、中央公論美術出版社、1994年(新装普及版)• 『絵具材料ハンドブック』ホルベイン工業技術部編、中央公論美術出版社、1997年(新装普及版)• 『絵具の事典』ホルベイン工業技術部編、中央公論美術出版社、1997年• ラザフォード・J・ゲッテンス、ジョージ・L・スタウト『絵画材料事典』森田恒之訳、美術出版社、1999年• 『 第五版』編、、1998年• 『漢字源』 改訂第四版、、竹田晃、松本昭、加納喜光編、、2006年• 『漢字源』改訂新版、藤堂明保、竹田晃、松本昭、加納喜光編、学習研究社、2001年• 『ジーニアス英和辞典』第3版、小西友七、南出康世編、、2001年• 『ジーニアス和英辞典』第2版、小西友七、南出康世編、大修館書店、2003年• 『色々な色』近江源太郎監修、、1996年• 『色名事典』清野恒介、島森功編、、2005年。 『新版 色の手帖』永田泰弘監修、 2002年• 福田邦夫『色の名前はどこからきたか』、1999年• 福田邦夫『色の名前507』、2006年• 『京の色事典330』藤井健三監修、、2004年• 『青いバラ』 、2001年• 『ブルーについての哲学的考察』須山静夫・大崎ふみ子訳、 1995年• パストゥロー, ミシェル『青の歴史』松村 恵理, 松村 剛訳、筑摩書房、2005年。 Pesic, Peter 2005. Sky in a Bottle. Cambridge, MA: MIT Press. 近似色 [ ].

次の

プロフィール

青 とい えば

淫らな青ちゃんは勉強ができない ジャンル 、 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル マガジンエッジKC 発表号 11月号 - 1月号 発表期間 2015年 - 巻数 全8巻 話数 全36話 漫画:淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編 作者 カワハラ恋 出版社 講談社 掲載誌 少年マガジンエッジ レーベル マガジンエッジKC 発表号 2019年2月号 - 2020年5月号 発表期間 2019年 - 巻数 全3巻 話数 全16話 アニメ:みだらな青ちゃんは勉強ができない 原作 カワハラ恋 監督 井上圭介 シリーズ構成 キャラクターデザイン 音楽 アニメーション制作 製作 みだらな青ちゃん製作委員会 放送局 ほか 放送期間 2019年4月 - 6月 話数 全12話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 淫らな青ちゃんは勉強ができない』(みだらなあおちゃんはべんきょうができない)は、によるのである。 『』()にて11月号から1月号まで連載された。 その後、続編である『 淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編』が、同誌にて2019年2月号から2020年2020年5月号まで連載された。 あらすじ 淫らな青ちゃんは勉強ができない 女子高生の 堀江青は、自身の名前が「」に由来しており、その言葉の意味を正しく理解してからは自身の名前に絶望し、名付け親である父親を憎んでいる。 そのため、大学進学後は父親からできるだけ遠く離れて一人暮らしをしたいと願っているが、父親は有名国立大学に進学することを条件に出したため、青は遠い地方の国立大学に合格すべく、クラスでは女子も含めて誰ともつるまず青春を犠牲にする覚悟で勉強に取り組んできたのだった。 しかし、クラスメイトの 木嶋拓海だけは、何かと青に積極的に声をかけていた。 青はである父の影響で元々エロに関する知識だけは豊富だったため、「男は性欲の塊、野獣」という先入観から異性を毛嫌いしており、拓海のことも「リア充」と勝手に決めつけて特に毛嫌いしていたが、体育の授業のあと保健室で二人だけになった瞬間、青は拓海から告白され、それからというもの青は拓海のことが頭から離れなくなる。 終いには勉強に身が入らなくなるほど拓海との卑猥な妄想を爆発させるようになり、気が付けば模試でAを取っていた志望校判定がEになるほど成績は急落する。 何とか立て直そうとするも、青と真剣交際しようとする拓海や、拓海を気に入り青との関係を推し進めようとする父親、拓海を狙う雅などの介入で、妄想をさらに暴走させる日々を送ることとなる。 紆余曲折はありながらも拓海から「正式に」交際の申し込みを受けた青はそれを受け入れ、二人はめでたく恋人同士となる。 そして3年生となり、青は受験先の福岡の国立大学でのにおける面接で、面接官に対し、自ら進んで自身の名前の由来を言ったのであった。 淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編 推薦入試に無事合格し、青はで念願の一人暮らしを始めることに。 拓海は青を追って福岡の専門学校に通うことになり、二人で同じマンション、しかも隣同士で暮らすことになった。 新生活早々に淫ら…と、高校生の頃と変わらず卑猥な妄想を爆発させる青。 拓海の部屋で二人きり、そして…と思った瞬間、マンションの大家が現れる。 実はその大家こそが何年も顔を合わせていなかった青の母親・志緒美であり、しかも青が通う大学のともなったのであった。 福岡で拓海とのラブラブな学生生活を目論んでいた青だったが、娘を心配する親バカな母親に翻弄される日々を送ることとなる。 果たして、青は念願の、拓海とセックスできるのか…? 登場人物 声の項はテレビアニメ版の。 堀江 青(ほりえ あお) 声 - 本作の主人公である女子高生。 第1話時点で1年生。 真面目な性格で常に勉強に励んでおり、周囲からは高嶺の花と認識されている巨乳(花咲曰く「Gカップ」)の美少女。 名前はにちなむが、言葉の本当の意味を知らずに自分の名前の由来を小学1年生の授業参観で堂々と発表してしまったことで、初めて本当の意味を知る。 それからというものクラスメイトからは避けられるようになったことで人生を悲観視しており、名付け親の父親のことも憎むようになった。 父親の影響で性知識は豊富に持ち合わせているものの、特に男性を「性欲の塊」と見なして交流を拒絶しており、恋愛経験は皆無。 学校では女子も含めて誰ともつるんでおらず、クールに振舞っているが、テンパると噛んでしまう癖がある。 中学生の時の体育祭で父親が勝手に教師や同級生の父母らに自著を配りまくった姿を見て嫌な思いをしたため、自宅からできるだけ離れた高校に電車通学している。 なお、作中ではが描かれている。 小学生の頃から「家を出たい」と強く思うようになり、そして家からできるだけ離れた有名国立大に合格して一人立ちするため、優秀な成績を維持していた。 しかし、拓海に告白されてからは自分が淫らな行為をされる姿などを妄想するようになり、志望校判定も悪化するなど勉学に支障をきたすようになる。 ただ、拓海が自らであることを告白してからは、ある程度余裕をもちながら接することが可能となり、紆余曲折を経て拓海と共に難関大を目指すこととなる(とは言え青自身もである)。 拓海のことが頭から離れられなくなったことで「木嶋のせいで勉強ができない」と、一度ハッキリと拓海をフってしまうが、結局は拓海が忘れられず、改めてお互いの気持ちを確認しあったことで、正式に交際の申し込みを受けたわけではないものの付き合いを続ける。 ただ、推薦入試で学内推薦を得るため担任から海外留学を奨められたことで、2年生の夏休み期間中に海外留学することを決意する。 そして日本を発つ直前、のロビーで拓海から「正式に」交際の申し込みを受け、拓海とは恋人同士となる。 拓海にドン引きされたくない想いから中々父親の本当の職業を口に出せなかったが、受験前日に自身の名前の由来とともに思い切って告白。 だが、拓海はあっさりと受け入れており、何回か青の自宅に邪魔していたこともあって花咲の職業も薄々気付いていたのだった。 受験前にストレスから暴飲暴食で一時的に激太りするも、拓海のサポートもあり、再び元の体型に戻る。 自宅に母親がいないため、料理などの家事は青が全てこなしている。 また、自宅では普段着はであり、家事の際は姿である。 『オトナ編』からは、福岡の国立大学に通う女子大生。 母親・志緒美が所有するマンションで拓海とともに暮らす。 大学生になっても卑猥な妄想は相変わらずで、まともなデートはしたことないにもかかわらず、内心では拓海のカラダを求めている クズ(雅に言わせると『 ドクズ』)になってしまっている。 だが、いざ…となると、急に怖気づいてしまい、拓海を前にして「(拓海の) 巨根が怖い」と言ってしまう(と言っても青の妄想で、『実物』は見たことがない)。 実は、拓海以外の男嫌いは今も続いている。 木嶋 拓海(きじま たくみ) 声 - 赤毛が特徴の青の同級生。 交友関係が広く、青曰くをやっているらしく、青は勝手に「リア充キング」と称している。 学校では部に所属している。 自宅はアパートで、母親が父親の転勤についていったため両親は不在で、をしている姉・美月と二人暮らし。 実は入学式当日、式直前に校庭で転倒したはずみにコンタクトレンズを落として凹んでいた青と出会っている。 自前のヘアメイクグッズでボサボサになっていた髪を直してあげたことで青に好意を抱き、同じクラスとなったが孤立気味だった彼女と積極的にコミュニケーションを取り続け、告白してからは正式な恋愛関係に至るために近づこうと努力する。 拓海から言わせれば、青は「」「厄介」で面倒なところがあるのだが、それも含めて青のことが好き。 派手な外見に似合わず性格はピュアかつ真面目であり、実はで女性経験は乏しい。 青とは良い雰囲気になっても体を気づかい何も行動を起こさないことが多いが、青の部屋と学校の図書室で性行為をしかけたことがあった(いずれも邪魔が入って未遂に終わる)。 2年生の夏休み前に青に正式に交際の申し込み、晴れて青とは恋人同士となる。 ただ、3年生では青と別のクラスとなった。 『オトナ編』からは、福岡の3年制の美容系専門学校に通う専門学校生。 青と離れたくないため、福岡の専門学校を青に内緒で東京で地方受験していたのだった。 ただ、花咲には前もって相談していたこともあり、花咲の協力もあり青と同じマンションで、隣の部屋に住むことになった。 その志緒美に言わせると、若い頃の花咲に似ているらしい。 お父さん 声 - 青の父親。 親バカ。 本名は不明。 容姿はちんちくりんで、常に二頭身で描かれている。 実は超難関大学であるT大学文学部卒のインテリであり、ペンネーム「堀江花咲」で知られる超売れっ子の官能小説家でもある。 ほかにも、精力剤ドリンクや旅館のプロデュース、テレビアニメの脚本やオトナの英会話本(但し内容はエロっぽい)、「フローラル・ホリ」名義で恋愛指南書も執筆するなど、様々な分野で活躍している。 そのため近所からは「快楽先生」と呼ばれ、家も「エロ御殿」と呼ばれている。 拓海の存在を知ってからは拓海のことを気に入り、あの手この手で青との仲を推し進めようとする。 拓海から福岡の専門学校に通うことを相談された際も大賛成し、新居をあっせんする。 『オトナ編』では、相変わらず親バカ全開で青の様子を見に時々お忍びで福岡に来ており、青と拓海のデートを実力で阻止しようとした志緒美に足止めをくらわせたりしている。 高校生の頃のエピソードでは、全国模試1位で成績優秀、そして既にこの頃から現役作家として活動しており、学内では「文学の王子様」と呼ばれていた。 志緒美より背が高く、スリムなイケメン(もちろん髪の毛はフサフサ)として描かれている。 高岡 雅(たかおか みやび) 声 - 青の小学生時代の同級生で、青らとは別の「S女」に通う女子高生。 花咲が認めるほどの美少女で、学園祭のミスコンでも優勝した。 幼いころから自己主張が激しい一方で、純情な一面ももつ。 合コンにて無理やり連れてこられていた拓海と出会い、好きな女性(青)がいることを話す彼の馬鹿正直さに惚れ、青に手を引くよう伝える。 その後、愛読するフローラル・ホリ(花咲)の本を参考に拓海を落とそうと手を尽くすが失敗。 しかし諦めることなく、青と連絡先を交換し、青と拓海の関係に関わっていく(友達の少ない青にとって、唯一連絡先を知る女友達でもある)。 長子で下に4人の弟と妹がいる。 実は作家志望で、自身の作品を矢部にこっそり見てもらったりしている。 『オトナ編』では、青から受けた相談メールの返信で青を『ドクズ』呼ばわりし、青と拓海の破局を願っているところから、まだ拓海は諦めていない様子。 大学1年生の夏休みに花咲から招待を受けて、上原と米塚と三人で博多を訪れ青と拓海に再会する。 矢部 総一郎(やべ そういちろう) 声 - 花咲の担当編集者。 花咲の大学の後輩でもあるため、高学歴。 原稿を待つ目的でエロ御殿に泊まることも多いため、時々青の家庭教師も買って出ている。 その関係で青とも既知の間柄であるが、(青が話さないのもあるが)拓海は青の父親の本当の職業を知らなかったこともあり、拓海からは始め警戒される。 上原 将生(うえはら まさき) 声 - 拓海の友人。 青に一途な拓海とは対照的に女性関係は派手で、拓海を狙う雅を口説くなど軽い性格をしている。 実はで、英語は得意。 『オトナ編』では、大学1年生の夏休みに、雅と米塚とともに博多を訪問、青と拓海に再会する。 米塚 周平(よねづか しゅうへい) 声 - 拓海の友人。 真面目な性格で、彼女持ち。 『オトナ編』では、高校1年生の時から付き合っていた彼女にフラれてしまったので、雅狙いに。 同じく大学1年生の夏休みに、雅と上原とともに博多を訪問、青と拓海に再会する。 金子 碧(かねこ みどり) 雅の高校の文化祭を訪れた際に、青と拓海が出会ったS女の生徒で同級生。 数学だけなら全国トップレベルの秀才。 クールな雰囲気と、トップ93センチ・アンダー65センチという青を上回るHカップの巨乳が特徴。 当初は拓海を狙っていると青に思われていたが、実は青を狙っており、一度青を襲うも断られる。 木嶋 美月(きじま みつき) 拓海の年の離れた姉(昼間から自宅で飲酒しているシーンがある)。 をしているため色々と顔が広く、ではクラブを借り切って仮装パーティーを催したりしている。 クールな印象だが弟思いの良き姉であり、弟には時折アドバイスをするほか、学校にヘアメイクグッズを持たせたりもしている(これもきっかけで拓海は青と接点ができた)。 堀江 志緒美(ほりえ しおみ) 『オトナ編』から登場。 旧姓は瑞穂。 青の母親であり、青同様に巨乳。 青、拓海が住むマンションの大家でもある。 本業は研究者(但し内容は不明)で、偶然? にも青が通う大学に客員教授として招かれ、勤務することに。 自身も娘同様ゲスな妄想をして拓海を警戒しており、娘が『変な方向』に行かないか、犯罪まがいの盗聴やデートの妨害までして厳しく監視している(盗聴はのちに花咲が止めさせた)。 青が2歳の頃から自宅を留守がちとなり、主に海外で仕事を続けていたため、特に青が高校生となってからは全く帰宅しなくなった(『オトナ編』で初登場なのはそのため)。 仕事の関係で長く家を空けていたため花咲とは夫婦別居の状態が続いているが、娘の福岡での生活のために二人でサポートするなど夫婦仲は良好。 だが、結婚前に交際していた頃のエピソードを小説のネタにされたこともあって、花咲には辟易している面もある。 花咲自身、志緒美に対してペンネームである「花咲」を名乗り、自身も花咲のことは「花咲さん」と呼ぶ。 青に対しては、幼い頃から「男は野獣」と言い聞かせた一方で、「アオカンはいいもの」とも言い聞かせた青姦肯定派である。 長く家を空けていたこともあり、娘を想って海外での仕事を一区切りして帰国。 そして福岡で一人暮らしをする青のために、福岡でマンションを一棟買いしてオーナーになってしまう(但し拓海の前では、マンションのオーナーになったのは「たまたま、偶然」などとムキになって否定)。 そんな姿を見た拓海の志緒美に対する印象は、「青に似て、ツンデレ、厄介」な性格。 夫である花咲とは、同じ高校の先輩・後輩の間柄(花咲が3年生、志緒美が2年生か1年生)。 学年1位で成績優秀であったが、花咲に告白され、「断ったらかわいそうだから」と交際出して(単なるツンデレ)から、成績が急降下してしまう。 この頃から花咲には「(他人には言えない)色んなこと」をされて、そしてその後も何回も小説のネタ元にもされた。 田畑 結衣(たばた ゆい) 『オトナ編』から登場。 青が通う大学の同級生で、美人でギャルっぽい印象のため、目立つ存在。 入学式の直後、志緒美に絡まれて困っていた青に助け舟を出したことで知り合い、その後青とは友達となる。 気に入らないことがあれば相手が誰であれ口にするタイプで、見た目とは裏腹に気が強い。 青を誘って参加したサークルの新人歓迎コンパの席でも、他の大学の先輩の男子学生に対して堂々と終いにはケンカ腰になりながら意見して張り合った。 ただ、自身に近寄ってくる男はカラダ目当てのクズばかりと青に愚痴っており、男運はあまり無さげ。 書誌情報• 『淫らな青ちゃんは勉強ができない』 〈マガジンエッジKC〉、全8巻• 2016年6月17日発売 、• 2016年11月17日発売 、• 2017年3月17日発売 、• 2017年7月14日発売 、• 2017年11月16日発売 、• 2018年4月17日発売 、• 2018年9月14日発売 、• 2019年1月17日発売 、• カワハラ恋 『淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編』 講談社〈マガジンエッジKC〉、全3巻• 2019年5月17日発売 、• 2019年10月17日発売 、• 2020年5月13日発売 、 テレビアニメ 『 みだらな青ちゃんは勉強ができない』のタイトルで、2019年4月より6月まで『』B1枠ほかにて放送された。 原作のLesson20までをアニメ化。 ただ、原作と比べ、エピソードの入れ替えがあるほか、セリフも含めて露骨な性的表現は極力抑えられている。 スタッフ• 原作 -• 監督 - 井上圭介• シリーズ構成・脚本 -• キャラクターデザイン・総作画監督 -• プロップデザイン - 直木祥子• 美術監督 - 三宅昌和• 美術設定 - 三宅早織• 色彩設計 - 吉田隼人• 撮影監督 - 佐藤敦• 3D監督 - 北村浩久• 編集 - 滝川三智• 音響監督 -• 音響制作 - グルーヴ• 音楽 -• 音楽制作 -• 音楽プロデューサー - 藤江将希、三上政高• プロデューサー - 篠田里奈、古川慎、青井宏之• アニメーションプロデューサー - 金子逸人、清水優人• アニメーション制作 -• 製作 - みだらな青ちゃん製作委員会 主題歌 「WONDERFUL WONDER」 によるオープニングテーマ。 作詞・作曲は佐々木萌、編曲は佐々木萌、Soma Genda。 「恋はミラクル」 によるエンディングテーマ。 作詞は幹葉、寺西裕二、作曲は寺西裕二、編曲は。 各話リスト 話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 01 青ちゃんは青春ができない 井上圭介• 今田茜• 水﨑健太• 寿夢龍• 船越麻友美• ナターシャ. 2015年10月17日. 2019年1月2日閲覧。 2018年12月28日. 2019年1月2日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイト. 2019年1月8日. 2019年1月8日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年5月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年10月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 2020年5月13日閲覧。 ナターシャ. 2019年2月22日. 2019年2月22日閲覧。 2019年2月22日. 該当時間: 1:18. 2019年3月3日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイト. 2019年2月18日. 2019年2月18日閲覧。 TVアニメ「みだらな青ちゃんは勉強ができない」公式サイト. 2019年4月10日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 AT-X. 2019年3月21日閲覧。 TVアニメ「みだらな青ちゃんは勉強ができない」公式サイト. 2019年4月14日閲覧。 外部リンク• - 毎日放送による番組サイト•

次の

淫らな青ちゃんは勉強ができない

青 とい えば

淫らな青ちゃんは勉強ができない ジャンル 、 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル マガジンエッジKC 発表号 11月号 - 1月号 発表期間 2015年 - 巻数 全8巻 話数 全36話 漫画:淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編 作者 カワハラ恋 出版社 講談社 掲載誌 少年マガジンエッジ レーベル マガジンエッジKC 発表号 2019年2月号 - 2020年5月号 発表期間 2019年 - 巻数 全3巻 話数 全16話 アニメ:みだらな青ちゃんは勉強ができない 原作 カワハラ恋 監督 井上圭介 シリーズ構成 キャラクターデザイン 音楽 アニメーション制作 製作 みだらな青ちゃん製作委員会 放送局 ほか 放送期間 2019年4月 - 6月 話数 全12話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 淫らな青ちゃんは勉強ができない』(みだらなあおちゃんはべんきょうができない)は、によるのである。 『』()にて11月号から1月号まで連載された。 その後、続編である『 淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編』が、同誌にて2019年2月号から2020年2020年5月号まで連載された。 あらすじ 淫らな青ちゃんは勉強ができない 女子高生の 堀江青は、自身の名前が「」に由来しており、その言葉の意味を正しく理解してからは自身の名前に絶望し、名付け親である父親を憎んでいる。 そのため、大学進学後は父親からできるだけ遠く離れて一人暮らしをしたいと願っているが、父親は有名国立大学に進学することを条件に出したため、青は遠い地方の国立大学に合格すべく、クラスでは女子も含めて誰ともつるまず青春を犠牲にする覚悟で勉強に取り組んできたのだった。 しかし、クラスメイトの 木嶋拓海だけは、何かと青に積極的に声をかけていた。 青はである父の影響で元々エロに関する知識だけは豊富だったため、「男は性欲の塊、野獣」という先入観から異性を毛嫌いしており、拓海のことも「リア充」と勝手に決めつけて特に毛嫌いしていたが、体育の授業のあと保健室で二人だけになった瞬間、青は拓海から告白され、それからというもの青は拓海のことが頭から離れなくなる。 終いには勉強に身が入らなくなるほど拓海との卑猥な妄想を爆発させるようになり、気が付けば模試でAを取っていた志望校判定がEになるほど成績は急落する。 何とか立て直そうとするも、青と真剣交際しようとする拓海や、拓海を気に入り青との関係を推し進めようとする父親、拓海を狙う雅などの介入で、妄想をさらに暴走させる日々を送ることとなる。 紆余曲折はありながらも拓海から「正式に」交際の申し込みを受けた青はそれを受け入れ、二人はめでたく恋人同士となる。 そして3年生となり、青は受験先の福岡の国立大学でのにおける面接で、面接官に対し、自ら進んで自身の名前の由来を言ったのであった。 淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編 推薦入試に無事合格し、青はで念願の一人暮らしを始めることに。 拓海は青を追って福岡の専門学校に通うことになり、二人で同じマンション、しかも隣同士で暮らすことになった。 新生活早々に淫ら…と、高校生の頃と変わらず卑猥な妄想を爆発させる青。 拓海の部屋で二人きり、そして…と思った瞬間、マンションの大家が現れる。 実はその大家こそが何年も顔を合わせていなかった青の母親・志緒美であり、しかも青が通う大学のともなったのであった。 福岡で拓海とのラブラブな学生生活を目論んでいた青だったが、娘を心配する親バカな母親に翻弄される日々を送ることとなる。 果たして、青は念願の、拓海とセックスできるのか…? 登場人物 声の項はテレビアニメ版の。 堀江 青(ほりえ あお) 声 - 本作の主人公である女子高生。 第1話時点で1年生。 真面目な性格で常に勉強に励んでおり、周囲からは高嶺の花と認識されている巨乳(花咲曰く「Gカップ」)の美少女。 名前はにちなむが、言葉の本当の意味を知らずに自分の名前の由来を小学1年生の授業参観で堂々と発表してしまったことで、初めて本当の意味を知る。 それからというものクラスメイトからは避けられるようになったことで人生を悲観視しており、名付け親の父親のことも憎むようになった。 父親の影響で性知識は豊富に持ち合わせているものの、特に男性を「性欲の塊」と見なして交流を拒絶しており、恋愛経験は皆無。 学校では女子も含めて誰ともつるんでおらず、クールに振舞っているが、テンパると噛んでしまう癖がある。 中学生の時の体育祭で父親が勝手に教師や同級生の父母らに自著を配りまくった姿を見て嫌な思いをしたため、自宅からできるだけ離れた高校に電車通学している。 なお、作中ではが描かれている。 小学生の頃から「家を出たい」と強く思うようになり、そして家からできるだけ離れた有名国立大に合格して一人立ちするため、優秀な成績を維持していた。 しかし、拓海に告白されてからは自分が淫らな行為をされる姿などを妄想するようになり、志望校判定も悪化するなど勉学に支障をきたすようになる。 ただ、拓海が自らであることを告白してからは、ある程度余裕をもちながら接することが可能となり、紆余曲折を経て拓海と共に難関大を目指すこととなる(とは言え青自身もである)。 拓海のことが頭から離れられなくなったことで「木嶋のせいで勉強ができない」と、一度ハッキリと拓海をフってしまうが、結局は拓海が忘れられず、改めてお互いの気持ちを確認しあったことで、正式に交際の申し込みを受けたわけではないものの付き合いを続ける。 ただ、推薦入試で学内推薦を得るため担任から海外留学を奨められたことで、2年生の夏休み期間中に海外留学することを決意する。 そして日本を発つ直前、のロビーで拓海から「正式に」交際の申し込みを受け、拓海とは恋人同士となる。 拓海にドン引きされたくない想いから中々父親の本当の職業を口に出せなかったが、受験前日に自身の名前の由来とともに思い切って告白。 だが、拓海はあっさりと受け入れており、何回か青の自宅に邪魔していたこともあって花咲の職業も薄々気付いていたのだった。 受験前にストレスから暴飲暴食で一時的に激太りするも、拓海のサポートもあり、再び元の体型に戻る。 自宅に母親がいないため、料理などの家事は青が全てこなしている。 また、自宅では普段着はであり、家事の際は姿である。 『オトナ編』からは、福岡の国立大学に通う女子大生。 母親・志緒美が所有するマンションで拓海とともに暮らす。 大学生になっても卑猥な妄想は相変わらずで、まともなデートはしたことないにもかかわらず、内心では拓海のカラダを求めている クズ(雅に言わせると『 ドクズ』)になってしまっている。 だが、いざ…となると、急に怖気づいてしまい、拓海を前にして「(拓海の) 巨根が怖い」と言ってしまう(と言っても青の妄想で、『実物』は見たことがない)。 実は、拓海以外の男嫌いは今も続いている。 木嶋 拓海(きじま たくみ) 声 - 赤毛が特徴の青の同級生。 交友関係が広く、青曰くをやっているらしく、青は勝手に「リア充キング」と称している。 学校では部に所属している。 自宅はアパートで、母親が父親の転勤についていったため両親は不在で、をしている姉・美月と二人暮らし。 実は入学式当日、式直前に校庭で転倒したはずみにコンタクトレンズを落として凹んでいた青と出会っている。 自前のヘアメイクグッズでボサボサになっていた髪を直してあげたことで青に好意を抱き、同じクラスとなったが孤立気味だった彼女と積極的にコミュニケーションを取り続け、告白してからは正式な恋愛関係に至るために近づこうと努力する。 拓海から言わせれば、青は「」「厄介」で面倒なところがあるのだが、それも含めて青のことが好き。 派手な外見に似合わず性格はピュアかつ真面目であり、実はで女性経験は乏しい。 青とは良い雰囲気になっても体を気づかい何も行動を起こさないことが多いが、青の部屋と学校の図書室で性行為をしかけたことがあった(いずれも邪魔が入って未遂に終わる)。 2年生の夏休み前に青に正式に交際の申し込み、晴れて青とは恋人同士となる。 ただ、3年生では青と別のクラスとなった。 『オトナ編』からは、福岡の3年制の美容系専門学校に通う専門学校生。 青と離れたくないため、福岡の専門学校を青に内緒で東京で地方受験していたのだった。 ただ、花咲には前もって相談していたこともあり、花咲の協力もあり青と同じマンションで、隣の部屋に住むことになった。 その志緒美に言わせると、若い頃の花咲に似ているらしい。 お父さん 声 - 青の父親。 親バカ。 本名は不明。 容姿はちんちくりんで、常に二頭身で描かれている。 実は超難関大学であるT大学文学部卒のインテリであり、ペンネーム「堀江花咲」で知られる超売れっ子の官能小説家でもある。 ほかにも、精力剤ドリンクや旅館のプロデュース、テレビアニメの脚本やオトナの英会話本(但し内容はエロっぽい)、「フローラル・ホリ」名義で恋愛指南書も執筆するなど、様々な分野で活躍している。 そのため近所からは「快楽先生」と呼ばれ、家も「エロ御殿」と呼ばれている。 拓海の存在を知ってからは拓海のことを気に入り、あの手この手で青との仲を推し進めようとする。 拓海から福岡の専門学校に通うことを相談された際も大賛成し、新居をあっせんする。 『オトナ編』では、相変わらず親バカ全開で青の様子を見に時々お忍びで福岡に来ており、青と拓海のデートを実力で阻止しようとした志緒美に足止めをくらわせたりしている。 高校生の頃のエピソードでは、全国模試1位で成績優秀、そして既にこの頃から現役作家として活動しており、学内では「文学の王子様」と呼ばれていた。 志緒美より背が高く、スリムなイケメン(もちろん髪の毛はフサフサ)として描かれている。 高岡 雅(たかおか みやび) 声 - 青の小学生時代の同級生で、青らとは別の「S女」に通う女子高生。 花咲が認めるほどの美少女で、学園祭のミスコンでも優勝した。 幼いころから自己主張が激しい一方で、純情な一面ももつ。 合コンにて無理やり連れてこられていた拓海と出会い、好きな女性(青)がいることを話す彼の馬鹿正直さに惚れ、青に手を引くよう伝える。 その後、愛読するフローラル・ホリ(花咲)の本を参考に拓海を落とそうと手を尽くすが失敗。 しかし諦めることなく、青と連絡先を交換し、青と拓海の関係に関わっていく(友達の少ない青にとって、唯一連絡先を知る女友達でもある)。 長子で下に4人の弟と妹がいる。 実は作家志望で、自身の作品を矢部にこっそり見てもらったりしている。 『オトナ編』では、青から受けた相談メールの返信で青を『ドクズ』呼ばわりし、青と拓海の破局を願っているところから、まだ拓海は諦めていない様子。 大学1年生の夏休みに花咲から招待を受けて、上原と米塚と三人で博多を訪れ青と拓海に再会する。 矢部 総一郎(やべ そういちろう) 声 - 花咲の担当編集者。 花咲の大学の後輩でもあるため、高学歴。 原稿を待つ目的でエロ御殿に泊まることも多いため、時々青の家庭教師も買って出ている。 その関係で青とも既知の間柄であるが、(青が話さないのもあるが)拓海は青の父親の本当の職業を知らなかったこともあり、拓海からは始め警戒される。 上原 将生(うえはら まさき) 声 - 拓海の友人。 青に一途な拓海とは対照的に女性関係は派手で、拓海を狙う雅を口説くなど軽い性格をしている。 実はで、英語は得意。 『オトナ編』では、大学1年生の夏休みに、雅と米塚とともに博多を訪問、青と拓海に再会する。 米塚 周平(よねづか しゅうへい) 声 - 拓海の友人。 真面目な性格で、彼女持ち。 『オトナ編』では、高校1年生の時から付き合っていた彼女にフラれてしまったので、雅狙いに。 同じく大学1年生の夏休みに、雅と上原とともに博多を訪問、青と拓海に再会する。 金子 碧(かねこ みどり) 雅の高校の文化祭を訪れた際に、青と拓海が出会ったS女の生徒で同級生。 数学だけなら全国トップレベルの秀才。 クールな雰囲気と、トップ93センチ・アンダー65センチという青を上回るHカップの巨乳が特徴。 当初は拓海を狙っていると青に思われていたが、実は青を狙っており、一度青を襲うも断られる。 木嶋 美月(きじま みつき) 拓海の年の離れた姉(昼間から自宅で飲酒しているシーンがある)。 をしているため色々と顔が広く、ではクラブを借り切って仮装パーティーを催したりしている。 クールな印象だが弟思いの良き姉であり、弟には時折アドバイスをするほか、学校にヘアメイクグッズを持たせたりもしている(これもきっかけで拓海は青と接点ができた)。 堀江 志緒美(ほりえ しおみ) 『オトナ編』から登場。 旧姓は瑞穂。 青の母親であり、青同様に巨乳。 青、拓海が住むマンションの大家でもある。 本業は研究者(但し内容は不明)で、偶然? にも青が通う大学に客員教授として招かれ、勤務することに。 自身も娘同様ゲスな妄想をして拓海を警戒しており、娘が『変な方向』に行かないか、犯罪まがいの盗聴やデートの妨害までして厳しく監視している(盗聴はのちに花咲が止めさせた)。 青が2歳の頃から自宅を留守がちとなり、主に海外で仕事を続けていたため、特に青が高校生となってからは全く帰宅しなくなった(『オトナ編』で初登場なのはそのため)。 仕事の関係で長く家を空けていたため花咲とは夫婦別居の状態が続いているが、娘の福岡での生活のために二人でサポートするなど夫婦仲は良好。 だが、結婚前に交際していた頃のエピソードを小説のネタにされたこともあって、花咲には辟易している面もある。 花咲自身、志緒美に対してペンネームである「花咲」を名乗り、自身も花咲のことは「花咲さん」と呼ぶ。 青に対しては、幼い頃から「男は野獣」と言い聞かせた一方で、「アオカンはいいもの」とも言い聞かせた青姦肯定派である。 長く家を空けていたこともあり、娘を想って海外での仕事を一区切りして帰国。 そして福岡で一人暮らしをする青のために、福岡でマンションを一棟買いしてオーナーになってしまう(但し拓海の前では、マンションのオーナーになったのは「たまたま、偶然」などとムキになって否定)。 そんな姿を見た拓海の志緒美に対する印象は、「青に似て、ツンデレ、厄介」な性格。 夫である花咲とは、同じ高校の先輩・後輩の間柄(花咲が3年生、志緒美が2年生か1年生)。 学年1位で成績優秀であったが、花咲に告白され、「断ったらかわいそうだから」と交際出して(単なるツンデレ)から、成績が急降下してしまう。 この頃から花咲には「(他人には言えない)色んなこと」をされて、そしてその後も何回も小説のネタ元にもされた。 田畑 結衣(たばた ゆい) 『オトナ編』から登場。 青が通う大学の同級生で、美人でギャルっぽい印象のため、目立つ存在。 入学式の直後、志緒美に絡まれて困っていた青に助け舟を出したことで知り合い、その後青とは友達となる。 気に入らないことがあれば相手が誰であれ口にするタイプで、見た目とは裏腹に気が強い。 青を誘って参加したサークルの新人歓迎コンパの席でも、他の大学の先輩の男子学生に対して堂々と終いにはケンカ腰になりながら意見して張り合った。 ただ、自身に近寄ってくる男はカラダ目当てのクズばかりと青に愚痴っており、男運はあまり無さげ。 書誌情報• 『淫らな青ちゃんは勉強ができない』 〈マガジンエッジKC〉、全8巻• 2016年6月17日発売 、• 2016年11月17日発売 、• 2017年3月17日発売 、• 2017年7月14日発売 、• 2017年11月16日発売 、• 2018年4月17日発売 、• 2018年9月14日発売 、• 2019年1月17日発売 、• カワハラ恋 『淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編』 講談社〈マガジンエッジKC〉、全3巻• 2019年5月17日発売 、• 2019年10月17日発売 、• 2020年5月13日発売 、 テレビアニメ 『 みだらな青ちゃんは勉強ができない』のタイトルで、2019年4月より6月まで『』B1枠ほかにて放送された。 原作のLesson20までをアニメ化。 ただ、原作と比べ、エピソードの入れ替えがあるほか、セリフも含めて露骨な性的表現は極力抑えられている。 スタッフ• 原作 -• 監督 - 井上圭介• シリーズ構成・脚本 -• キャラクターデザイン・総作画監督 -• プロップデザイン - 直木祥子• 美術監督 - 三宅昌和• 美術設定 - 三宅早織• 色彩設計 - 吉田隼人• 撮影監督 - 佐藤敦• 3D監督 - 北村浩久• 編集 - 滝川三智• 音響監督 -• 音響制作 - グルーヴ• 音楽 -• 音楽制作 -• 音楽プロデューサー - 藤江将希、三上政高• プロデューサー - 篠田里奈、古川慎、青井宏之• アニメーションプロデューサー - 金子逸人、清水優人• アニメーション制作 -• 製作 - みだらな青ちゃん製作委員会 主題歌 「WONDERFUL WONDER」 によるオープニングテーマ。 作詞・作曲は佐々木萌、編曲は佐々木萌、Soma Genda。 「恋はミラクル」 によるエンディングテーマ。 作詞は幹葉、寺西裕二、作曲は寺西裕二、編曲は。 各話リスト 話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 01 青ちゃんは青春ができない 井上圭介• 今田茜• 水﨑健太• 寿夢龍• 船越麻友美• ナターシャ. 2015年10月17日. 2019年1月2日閲覧。 2018年12月28日. 2019年1月2日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイト. 2019年1月8日. 2019年1月8日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月2日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年1月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年5月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 2019年10月17日閲覧。 講談社コミックプラス. 2020年5月13日閲覧。 ナターシャ. 2019年2月22日. 2019年2月22日閲覧。 2019年2月22日. 該当時間: 1:18. 2019年3月3日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイト. 2019年2月18日. 2019年2月18日閲覧。 TVアニメ「みだらな青ちゃんは勉強ができない」公式サイト. 2019年4月10日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 AT-X. 2019年3月21日閲覧。 TVアニメ「みだらな青ちゃんは勉強ができない」公式サイト. 2019年4月14日閲覧。 外部リンク• - 毎日放送による番組サイト•

次の