お腹 周り の 脂肪 を 落とす。 効率よくお腹まわりの脂肪を落とすトレーニング

お腹の贅肉がアッという間に落とす簡単な方法は?

お腹 周り の 脂肪 を 落とす

お腹の贅肉を落とす方法はいくつかあります。 贅肉とあるように、 お腹の肉は贅沢な肉なんです。 つまり、贅沢をしなければ贅肉は落ちていきます。 贅沢をしないというのは、貧乏に生きるというのと似ています。 質素な生活をすればお肉は落ちていきます。 具体的にお腹の贅沢を落とす方法は食事に気を付ける事です。 油っこい料理はほどほどにして、煮物や味噌汁などの昔から日本人がよく食べている料理を食べます。 昔の農民には太った人がいませんでした。 それは、あまり裕福な暮らしをしていなかったというのも考えられますが、こういった質素な食生活だったからというのもあります。 質素だけども野菜はたっぷりの食生活でした。 また、味噌汁や卵からタンパク質もとれます。 質素ながらも栄養バランスが良かったんです。 だから、昔から日本人にあった食生活をすればお腹の贅沢は少しづつなくなっていきます。 また、昔は車や電車がありませんでした。 徒歩で移動していたんです。 歩くのは健康にもよく、贅肉を落とすにも最適です。 便利な車や電車はなるべく避けて、それらは贅沢品だと考えましょう。 昔の人のように歩いて運動すれば、贅沢は落ちていきます。 ダイエットで落とす方法とは? ダイエットでお腹の贅肉を落とす方法は、一に食事制限、二に運動です。 お腹の贅肉は、ダイエットで落としやすい部位です。 食べ物を食べなければ、お腹は自然とへこんでいきます。 しかし、食べ物を食べないダイエットは体に悪いです。 リバウンドもしてしまうため、オススメはしません。 そこで、私は置き換えダイエットをオススメしたいです。 置き換えダイエットとは、一日のうちに一食や二食をダイエット食品に置き換える方法です。 食事の代わりにダイエット食品を食べるため、カロリーは低いです。 それなのに栄養バランスを考えてあるダイエット食品は、痩せるのに栄養を豊富にとれるというダイエットの味方です。 だから置き換えダイエットがオススメなんです。 次に運動なんですが、 運動は無理のないものにします。 ダイエットで体はいつもより摂取カロリーが低いのに、いつもより激しい運動をしてしまったら体に相当な負荷がかかります。 そのため、ウォーキングや自分のペースでのジョギングなどにして、体を守るようにしましょう。 贅肉を落とすためにはお腹を動かす必要があるため、腰をひねりながらのウォーキングとかがオススメです。 また、運動が終わったら体をもみほぐして、ケガをしないようにしましょう。 ダイエットでお腹の贅肉を落とす方法は、置き換えダイエットと運動、そしてストレッチです。 運動で落とす方法とは? 運動でお腹の贅肉を落とす方法はたくさんあります。 実際に歩くだけでも贅肉は簡単に落ちていきます。 私は陸上部に所属していて、毎日のように走っていました。 走ると体全体が揺れます。 そのため、 足を鍛えているつもりでもお腹まで引き締まったという経験があります。 さらにボールを使う球技でも、ボールを打ち返す時に踏ん張ります。 その時に、自然にお腹の筋肉を使っています。 だから、どんな運動でもお腹の贅肉を落とす事ができるんです。 効率よく運動でお腹の贅肉を落とす方法は、お腹に力を入れるのを意識する事です。 お腹に力を入れて、お腹を固くするイメージで運動します。 そしたら贅肉は筋肉へと変わり、引き締まっていきます。 効果的にお腹に力を入れる運動としては、テニスです。 球を打ち返す時にお腹をひねるからです。 また、高跳びもお腹を反るためお腹に力が入ります。 どんな運動でも、スポーツ選手のお腹ってみんな引き締まっています。 なので、 どの運動をするか悩むのではなく、どうやってお腹に力を入れようか考えるといいです。 スポンサーリンク ストレッチで落とす方法とは? ストレッチでお腹の贅肉を落とす方法は、意識的にお腹の肉を動かす事です。 その動かし方は、左右や上下に動かします。 ストレッチ方法は色々ありますが、よく聞くのはタオルを使ったストレッチです。 フェイスタオルの端を両手で持ち、そのまま両手を上に掲げます。 グーと背伸びをする要領で上にタオルを持ち上げると、お腹もグーと上に引っ張られます。 これを息を吸いながら上にあげて、息を吐きながらタオルを下に降ろしていくと、お腹の筋肉を使ったような感覚になります。 そして、次にタオルの端を両手でもったまま足を開きます。 腕を前につきだし、その状態で左右に腕を動かします。 このストレッチもグーと腕を動かすと、腰が回って贅肉も動きます。 これをやると、ウエストが細くなってお腹が引き締まります。 ストレッチをやると体のコリが治ります。 また、体を無理なく動かす事でほどよい運動になります。 体がスッキリするため、デスクワークで疲れた体をスッキリさせる効果もあるんです。 ストレッチで贅肉を落とす方法は、贅肉を落とす以外の効果も期待できるんです。 疲れる事なく贅肉を落とせるため、長く続けられるというのもメリットです。 運動が苦手な人にオススメです。 お腹をねじると落ちていく? 腹筋でもねじりながらおこなっていくと、通常の腹筋に比べ、お腹周りの贅肉は落ちていきやすく、引き締まります。 またもう一つおすすめなのは、ボクシングです。 といっても、簡単にボクシングをはじめることはできませんが、自宅でシャドーボクシング程度なら誰でも可能ですね。 ワンツーと左右のパンチをすることによって、腰をねじりますので、お腹周りには効果的です。 私はこれで贅肉を落とした!! 夏に近づくと毎年なんでだ~!!と後悔するのが、お腹の贅沢です。。 今年こそはと年が明けてから早速始動!!お金ももったいないと自宅や通勤中などに出来ることはしていこうと、まずは自宅でのストレッチ。 タオルを使ったストレッチは体が伸びているのはわかるし気持ちいい!!他にも通勤は2駅歩く!これを徹底して3か月でお腹がほっそりしてきました。 しかも、体も軽くなり歩くのが前より楽しくなりました。 このサプリが役立つかも? お腹の贅肉はもしかすると内臓脂肪が原因かもしれません! そんな方にはこれがおすすめです。 まずはコチラをチェック! ・ シボヘール 肥満気味な方、BMIが高めな方、おなかの脂肪が気になる方、ウエスト周囲系が気になる方におススメの1日4粒飲むだけの新習慣・機能性表示サプリメントです。 コチラの漢方も人気です。 お腹の贅肉が落ちると何を行動するのも楽になります。 頑張って落としましょう。

次の

お腹周りの脂肪を落とす1週間【即効】エクササイズ5選

お腹 周り の 脂肪 を 落とす

当院では、おもに「痛みなく動けること」を目的としたトレーニング指導を行っているのですが、いらっしゃってみると「実は、痛みよりもメタボの方が深刻なんです」という方が少なくありません。 そして、そういう方からよく聞かれる質問ナンバーワンが、「効率よくお腹周りの脂肪を落とすトレーニングって何ですか?」です。 なぜですか?」もよく聞かれる質問です。 結論から言ってしまうと、 お腹の脂肪だけを狙って落とす トレーニングはありません。 腹筋などお腹周りのトレーニングをやったからといって、お腹の脂肪が燃焼するわけではありません。 意外と理解されていない方が多いのですが、脂肪が燃焼するというのは、血液中の脂肪酸が燃えるのであって、トレーニングをした部位の皮下脂肪が燃えるわけではありません。 なので、 脂肪は全身的に落とすしかありません。 では、効率的に全身の脂肪を落とすトレーニングは何でしょう? それは、大きな筋肉を中心に、たくさんの筋肉を同時に使うウエイトトレーニングだと私は思います。 具体的には、ビッグ3といわれる、スクワット、デッドリフト、ベンチプレスなどのフリーウェイト種目です。 マシントレーニングでもよいのですが、1種目で使われる筋肉が少ないので、多くの種目をこなさないと同様の効果が出ません。 また、ランニングやバイクなどの有酸素運動は、ある程度筋肉をつけてからやった方が、ダイエットの観点からは効率的だと思います。

次の

2週間でお腹周りの脂肪を落とす 3つの方法

お腹 周り の 脂肪 を 落とす

お腹周りの脂肪がなかなか落ちない理由• 皮下脂肪がついているから• そもそも脂肪がついていて太っている訳ではないから 理由1. 皮下脂肪がついているから 次の見出し「お腹周りにつく脂肪は2つある」で詳しく解説しますが、体脂肪は主に「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類に分けられます。 「なかなか落ちにくい」と言われているのは「皮下脂肪」のほうで、皮下脂肪は男性よりも女性の体に付きやすいという特徴があります。 皮下脂肪を落とすためには、食事管理と運動を行い、地道にダイエットをするしかありません。 以下の見出し「お腹周りの脂肪を落とすために食事面で心がけるべきポイント」と「お腹周りの脂肪を落とすために効果的な運動法」では、お腹の脂肪を落とすために効果的な食事管理の方法と運動を紹介していますので、ぜひご覧ください。 理由2. そもそも脂肪が付いていて太っている訳ではないから 「 全身が太っている訳ではないのにお腹だけがぽっこり出ている」「 食事制限や運動をして体重を落としたのにお腹周りがなかなかすっきりしない」という場合、そもそもお腹周りが太っている原因は「脂肪」ではない、可能性があります。 では、どうしてお腹が出てしまうかというと、ズバリ「内臓」です。 内臓の位置が下がってしまったせいで、お腹が出ているように見えることもあるのです。 内臓が下がってしまう主な原因は「腹筋の衰え」。 腹筋は姿勢を維持するために働く筋肉でもありますが、猫背や背中を丸める前屈みの体勢では腹筋は使われません。 特に、デスクワークやスマホ利用の時間が長くなると、前屈みの姿勢が常態化しやすくなり、腹筋は使われることなく衰えてしまいがちです。 この場合は、「「部分痩せ」は可能?! トレーナーが語るお腹・太もも・お尻の痩せ方」で紹介しているように、 ストレッチや筋力トレーニングで姿勢の改善から取り組むことをおすすめします。 お腹周りにつく脂肪は2種類ある すでにご紹介した通り、体脂肪は「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類に分けられます。 ここでは「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の違いについてみていきましょう。 お腹周りに付きやすい脂肪の種類1. 女性に付きやすい皮下脂肪 皮下脂肪は男性よりも女性に付きやすいと言われる脂肪で、その名の通り、皮膚の下にある皮下組織に付きます。 皮膚のすぐ下にあるため、指で摘めるのも特徴の1つです。 皮下脂肪と内臓脂肪は、その特徴の違いから、しばしば2つの「預金方法」に例えられますが、落としにくい皮下脂肪が例えられるのは「定期預金」です。 また、皮下脂肪により太っている方は下半身に脂肪がつく「洋ナシ体型」の方が多いと言われています。 お腹周りに付きやすい脂肪の種類2. 男性に付きやすい内臓脂肪 内臓脂肪は女性よりも男性に付きやすいと言われる脂肪で、内臓周りの脂肪組織のことを指します。 特に腸を包む腸間膜が内臓脂肪を蓄えやすい場所として知られています。 内臓脂肪の恐ろしいところは糖尿病や脳梗塞、高血圧など、いわゆる生活習慣病の原因になりやすいところ。 内臓脂肪は指では掴めず、自分では気付きにくいため、かなりの量が付いてしまって初めて自覚するケースも多くあります。 また、先ほど、皮下脂肪を「定期預金」に例えましたが、対してすぐに落ちやすい内臓脂肪が例えられるのは「普通預金」。 空腹状態になるだけですぐにエネルギーとして消費されやすいのが特徴です。 お腹周りの脂肪を落とすために食事面で心がけるべきポイント• 朝とお昼は炭水化物を手のひらの半分くらい食べること• 最初に野菜を食べること• 炭水化物は白いものよりも黒いものを食べること• アルコールの飲みすぎに注意すること ポイント1. 朝とお昼は炭水化物を手のひらの半分くらい食べること ダイエット中は炭水化物を食べ過ぎないようにするのが基本です。 しかし、 朝食と昼食で炭水化物を抜くと、体がエネルギー不足に陥り、エネルギー代謝も悪くなるため、次の食事でエネルギーを目一杯吸収しようとして、かえって太りやすくなります。 日中活動するために必要なエネルギーを確保するためにも、朝食と昼食では、手のひらの半分くらいの量を目安に、炭水化物をしっかり摂取するようにしましょう。 注意点としては、炭水化物はご飯や麺類、パンなどの主食に限らないということです。 中には、ジャガイモやトウモロコシなど、野菜の中にも炭水化物を多く含む食材はあります。 1食の食事全体における炭水化物の量が手のひら半分の量になるように調整しましょう。 なお、夜は日中ほどエネルギーを使わないため、できるだけ炭水化物の摂取を抑えるようにしましょう。 ポイント2. 最初に野菜を食べること 食事の最初に野菜を食べることで、野菜が腸内でクッション代わりとなり、糖質の吸収を抑制してくれます。 野菜を食べられない時は野菜ジュースでも構いません。 毎食必ず野菜を食べることを習慣化してください。 最後に炭水化物を食べることで、血糖値が急激に上がりにくくなるため、太りにくくなります。 ポイント3. 炭水化物は白いものよりも黒いものを食べること 同じ炭水化物であっても、白米や食パンなど色の白い(精製度の高い)ものよりも、玄米やブランパンなど色の濃い(精製度の低い)ものの方が食後の血糖値の上昇が緩やかになります。 血糖値が急激に上昇すると脂肪が体に溜め込まれやすくなるため、ダイエット中は炭水化物の量に加えて、種類にも気を配るのが理想です。 ポイント4. アルコールの飲みすぎに注意すること アルコール類には血糖値を上げる糖質が含まれているため、過剰に摂取すると、体脂肪が付きやすくなります。 飲酒量の目安は厚生労働省が策定した「健康日本21」という政策の中に「節度ある飲酒量の目安は、1日平均純アルコールで20g程度」と記されていますので、それを参考にしましょう。 純アルコール量20gの目安は以下の通りです。 運動は大きく分けて「有酸素運動」と「筋トレ」の2種類に分けられます。 「お腹の脂肪を落とす」ために、それぞれがどんな効果を発揮するのかご説明しましょう。 お腹周りの脂肪を落とすのに効果的な運動の種類1. 有酸素運動 よく知られた通り、 有酸素運動には脂肪燃焼効果があり、筋トレのような無酸素運動と比べて、運動中の脂肪燃焼効果が高く、かつ即効性が期待できます。 「 1週間後に控えたデートまでに痩せたい」「 今週末に面接があるので、それまでに痩せたい」など、短期間で体重を落とす場合に有酸素運動は有効でしょう。 有酸素運動は、お腹周りの脂肪を集中的に落とすというより、全身の脂肪を落としていくイメージです。 有酸素運動の効果的なやり方については、下記で紹介する記事をご覧ください。 関連記事 「」 「」 「」 「」 お腹周りの脂肪を落とすのに効果的な運動の種類2. 筋トレ(スクワット+腹筋のトレーニング) 筋トレをして筋肉量を増やせば、基礎代謝による消費エネルギーが増えるため、痩せやすく太りにくい体を作れます。 有酸素運動のように即効性がある訳ではありませんが、ダイエット後のリバウンドを防ぐためにも、筋トレをするべきでしょう。 中でも、おすすめの種目はスクワット。 スクワットは下半身全体を使って太ももの体積の大きな筋肉を鍛えられるため、効率良く基礎代謝を上げるにはもってこいの種目です。 また、スクワットに取り組みつつ、お腹周りの筋肉を集中的に鍛えるトレーニングに取り組むのもおすすめ。 お腹周りに効く筋トレ種目は下記記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。 先に筋トレをすることで、その後の有酸素運動で脂肪が燃えやすくなります。 まとめ 今回は、 お腹周りに付いた脂肪の落とし方に付いてご説明しました。 ダイエットの基本は摂取カロリーよりも消費カロリーの量を増やすこと。 食事のコントロールを行った上で、有酸素運動や筋トレに取り組み、脂肪をエネルギーとして燃焼させましょう。 また、 全身のボディメイクや短期間で集中的なダイエットを行いたい場合は、パーソナルトレーニングを受けて、体づくりの専門家であるトレーナーと一緒にダイエットに挑戦するのもおすすめです。 パーソナルトレーニングというと、「料金が高い」というイメージがあるかもしれませんが、トレーナーにマンツーマンで指導してもらえる分、自己流でダイエットするよりも、効果が出る可能性はグッと高くなります。 自分への投資だと思って、思い切ってパーソナルトレーニングを受けてみませんか? お住まいの地域にあるパーソナルトレーニングジムを探す 「 ブヨブヨのお腹周りをどうにかしたい……」「 毎日のデスクワークが原因の運動不足を解消したい」「 肩こりや腰痛を解消してラクになりたい」などカラダの悩みを抱えているあなたにおすすめしたいのが、トレーナーと1対1でトレーニングを行う「パーソナルトレーニング」です。 パーソナルトレーニングの魅力は• カラダの専門家であるトレーナーから、あなたの悩みや目的、カラダの状態に合ったオーダーメイドのプログラムを提案してもらえる• 1対1で丁寧に指導してもらえる• 食事と運動の両面からサポートしてもらえる など、自己流でのダイエットや筋トレでは得られないものばかり。 とはいえ、すぐに入会を決めなくても大丈夫です。 まずは、 トレーニングの体験や無料カウンセリングに足を運び、「このジム(トレーナー)であれば、ダイエットやカラダ作りを成功させられそう」というジムを探しましょう。 TOREMOでは、 全国のパーソナルトレーニングジムを紹介しています。 下記のリンクより、お住まいの地域を選択してください。

次の