南野 陽子。 南野陽子に囁かれる「52歳フルヌード写真集」で借金返済→離婚回避!

80年代後半にアイドルファンの心を1番掴んだ『南野陽子』

南野 陽子

1985年フジテレビドラマ『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で大ブレイクし「ナンノ」の愛称で人気だった南野は東山が初めての交際相手だった。 当時人気グループ少年隊のメンバー東山との車中デートが報じられ熱愛が発覚したが、人気アイドル同士の報道だったため、あまり交際の事実は公にならなかった。 その後、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長から「うちの東山とは付き合わないで」と直接電話で言われ、すぐに破局した。 好きなタイプ 南野陽子の好みのタイプは、フットボールアワーの岩尾希。 性格 南野陽子は、幼少期は人見知りで物静かな子供だった。 小学校時代はよく食べ、本を読むのが好きで運動神経があまり良くなかったという。 またインタビューで自身の性格について語ったことがあり、あまり器用ではなく、自信がないため、物事を途中で諦めてしまうことがあるとしている。 また、強がりな一面もあるが怠け者な部分もあり、そんな自分を知って認めることで人に対して理解出来るようになるし、甘えたり任せたりできるようになったとも語っている。 趣味 南野陽子の趣味は、読書、手芸、ギター、ウクレレ、ピアノ、テレビ鑑賞、洋裁、散歩、ゴルフ、乗馬、登山、スキューバーダイビング、写真と多趣味だ。 ピアノは幼少期に習っていて、洋裁は中学時代には自身で洋服を作ったこともあるという。 また、学生時代にモダンダンス部やフォークダンス部に入っていて、そこでギターを弾いたり、学芸会では脚本や振り付け、音楽、演出を担当したりしていた。 特技 デビュー前の経歴 出身・家族・学歴 兄弟 弟 出生国 出生地域 高校 松蔭高等学校から堀越高等学校に編入 大学 進学していない 解散・引退について 周囲からの評判 南野陽子が芸能界に入ったきっかけはスカウトで、当時は少しポっチャリ体型でぱっとしない女の子だった。 デビューが決まった時は周囲の友人に「ナンノがアイドルになれるのなら誰でもなれる」「デビューまでに5キロ減量してきて」と言われたというエピソードがある。 整形 疑いはない 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の

【80年代アイドル】南野陽子 おすすめアルバム3選

南野 陽子

南野陽子の実家の場所はどこ? それでは 南野陽子さんに関する 基本的な情報や エピソードについて お話をしていきたいと 思うのですが、 ネットで 南野陽子さんについて 検索をしてみますと、 南野陽子さんが 子供の頃や 学生時代を過ごした 実家はどこの場所、 住所にあるのかを 知りたいという声が、 たいへん多いようです。 南野陽子の実家の場所については… 高校時代に 芸能界にデビューをして、 ずっと第一線で 活躍をしている 南野陽子さんですが、 たしかに 南野陽子さんの 実家は どこの場所にあるのか 気になります! そこで今回は、 そんな 南野陽子さんの 実家はどこの場所、 住所にあるのかを調べてみました! 南野陽子の出身地は、兵庫県 では、さっそくですが、 南野陽子さんの 実家は どこの場所にあるのでしょうか? さっそく 南野陽子さんの プロフィールを 確認してみましたが、 南野陽子さんの 出身地は 兵庫県のようですね。 南野陽子の実家が、兵庫県というのは… 南野陽子さんといいますと、 テレビ番組での トークの際でも、 南野陽子さんは いわゆる 標準語を話していますので、 南野陽子さんが 関西圏である 兵庫県に 実家があるというのは、 意外だと思われる方が多いようです! 南野陽子の実家は、兵庫県のどこ? では、そんな 兵庫県に 実家があるという 南野陽子さんですが、 南野陽子さんの 実家住所は、 兵庫県の どこの場所なのでしょうか? 南野陽子の実家は、兵庫県伊丹市か宝塚市か… その点についても 気になる方が 多いようなので調べてみましたが、 南野陽子さんの 実家住所に関する ネット上の情報を総合いたしますと、 南野陽子さんの 実家については、 兵庫県伊丹市という説と、 兵庫県宝塚市という説が あるようですね。 南野陽子の出身地、伊丹市と宝塚市は隣り合っている ちなみに 南野陽子さんの 実家があるのではないかと 噂されている いま名前が挙がった 伊丹市と宝塚市は 隣接する自治体なのですが、 南野陽子さんの 実家は、 伊丹市と宝塚市の どちらにあるのでしょうか? 南野陽子の実家は、伊丹市との見方が有力? その点について さらにネット上の情報を 追ってみたところ、 南野陽子さんが 子供の頃や 学生時代を過ごした 実家の場所については、 宝塚市ではなく 伊丹市ではないかという見方が 有力なようです。 南野陽子は、伊丹市の観光大使に ちなみに 南野陽子さんの実家が 伊丹市にあるのではないかと 見られている理由ですが、 南野陽子さんが 伊丹市をアピールする 伊丹大使に 就任していることが挙げられています! 観光大使は その自治体に 実家がある人を 起用することが一般的ですので、 南野陽子さんの場合も そうではないかと 考えられているようです。 南野陽子の実家の場所と、出身小学校との関係 さて、 南野陽子さんの 伊丹市の 実家住所に関しては、 ネット上では 南野陽子さんの 出身小学校を確認することで 南野陽子さんの 実家住所が 推測されているようですね! 南野陽子の出身小学校の場所は、伊丹市船原? 南野陽子さんの 出身小学校は 伊丹市にある公立小学校である 伊丹市立伊丹小学校です。 南野陽子さんの 出身小学校である 伊丹市立伊丹小学校の住所は 伊丹市船原ですので、 したがって 南野陽子さんの実家は この周辺の場所に あるのではないかという見方が ネット上では 有力なようですね! 南野陽子の実家が、宝塚市といううわさは… ちなみに 先ほどお話をした 「南野陽子さんの実家、 宝塚市説」についても、 完全に間違った 情報ではないようです。 南野陽子は、父親と母親のために、宝塚市に自宅を購入 南野陽子さんは 芸能界で成功したのちに、 父親と母親のために 宝塚市に自宅を購入しています。 なお、この 宝塚市に 南野陽子さんが購入した 自宅は3億円だと 週刊誌で報道されていました! ということで、 南野陽子さんの 「実家の場所は、伊丹市、宝塚市に住所?自宅豪邸を父親と母親に購入?」 についてお送りしました! 最近の投稿• アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 1,732• 131• 142• 971• 111• 145• 204• 87 メタ情報•

次の

80年代後半にアイドルファンの心を1番掴んだ『南野陽子』

南野 陽子

1985年、自身の誕生日である6月23日にデビューした南野陽子さん。 「ナンノ」の相性で親しまれ、歌手としてだけでなく、テレビ、映画等、幅広い分野で活躍した80年代のトップアイドルでした。 南野陽子さんの曲を振り返った時、思い浮かぶのはどの曲でしょうか? 「楽園のDoor」「話しかけたかった」「吐息でネット」「秋からも、そばにいて」などそれぞれお好きな曲があるかと思います。 今回は、南野陽子さんの曲は好きだけど、未だアルバムまでは手を付けてないという方に向けて、アイドル時代にリリースされたオリジナルアルバム全10作品の中からおすすめのアルバムを3枚ピックアップしてみました。 南野陽子さんのアルバムに触れるきっかけになれば幸いです。 南野陽子 おすすめアルバム 南野陽子のアルバムの特徴 人気のあった80年代アイドルの殆どはアルバムをリリースしていますが、特に南野陽子さんのアルバムは、 どのアルバムを聴いてもハズレがないと言っても過言でない程、高いクオリティのアルバムが揃っています。 大抵、女性アイドルのアルバムは、初期の数枚はかわいらしい雰囲気で、それ以降は路線を変更したり、大人っぽい雰囲気のアルバムになったりで、自分が好きだった頃のキラキラした感じがなくなってきます。 先程、南野陽子さんのアルバムにはハズレがないと言ったのは、歌い方も変わらず、こういった初期のキラキラした雰囲気が、ほぼどのアルバムにも感じられ、さわやかなポップ、悲し気に疾走する曲、バラードとバランスよく収録されているからです。 そして、 どのアルバムにもシングルカットしてもおかしくないようなキャッチーでインパクトのある曲が収録されているのもその理由の一つです。 そういうことから、南野陽子さんに関してはベストアルバム等でアルバム曲をかいつまんで聴くというスタイルよりも、アルバム1枚1枚聴いていくことをおすすめします。 では、南野陽子さんのおすすめアルバム3枚を紹介していきたいと思います。 4thアルバム「GARLAND」(1987年) (収録曲)• 雪の花片(はな)• 昼休の憂欝• メルヘン・ロード• 神様がいない月• 八重歯のサンタクロース• 夕ぐれのロマンス達• カナリア• 真夜中のメッセージ• 白夜のひまわり• 恋人達のクリスマス• ひとつ前の赤い糸 このアルバムは、クラシカルなピアノのアルペジオから始まるマイナー調(悲し気な曲調)の美しい旋律を持つバラード「雪の花片」という曲から始まります。 通常、アイドルのアルバムは、さわやかなポップソングで幕を開けるものが多く、南野陽子さんのアルバムも通常はそうなっています。 アルバムの1曲目というのは、アルバム全体の雰囲気や評価を決めてしまうぐらい重要な曲ですが、1曲目にこういった悲愴感のある曲を持ってくるコンセプトにこのアルバムの特異性を感じます。 この曲以外にも「神様がいない月」など、マイナー調の美しいメロディーを持つ曲が収録されていると共に、「楽園のDoor」に似た曲調の「白夜のひまわり」、「秋のindication」の歌詞とアレンジを変更した「カナリヤ」など、聴きどころの多いアルバムとなっています。 「秋からも、そばにいて」のような曲調が好きな方は、このアルバムは特におすすめです。 6thアルバム「SNOWFLAKES」(1988年) (収録曲)• 七つのスノーフレイク• 12月、風の糸で• 彼女の銀のブーツ• メリー・クリスマス• 臆病なトナカイ• Happy New-Yearが言いたくて• リフトの下で逢いましょう• 氷のダイヤモンド 「SNOWFLAKES(スノーフレイク)」とは、雪が花びらのように舞い散る、その一片一片のこと。 このアルバムは、クリスマスをモチーフにしたコンセプトアルバムで、それぞれの曲に夢・希望・涙・幸福・悲しみ・淋しさ・愛という意味を持つスノーフレイクを降らせた物語仕立てのアルバムになっています。 このアルバムの1曲目は、オープニング的な意味合いの曲で、南野陽子さんは歌っておらず、クリスマスムード漂うゆったりとしたインスト+英詩を歌う男性の歌声で幕を開けます。 ちなみに、この男性のクレジットは「UNCLE SNOW」となっていますが、正体は編曲家の萩田光雄さんです。 2曲目から、先ほどの意味を持ったスノーフレイクが舞い落ちてゆきます。 このアルバムは、サラッと聴き流されてしまうようなものではなく、何かをしながら聴いていても、ふと手が止まってしまうような、クリスマスといった日における様々な人間模様が描かれています。 ポイントとなるのは、4曲目の「メリー・クリスマス」という優しいバラードで、恋人同士の「愛」ではなく「人間愛」を歌った曲。 この曲を聴いていただきたくて、このアルバムをおすすめアルバムに入れました。 もちろんクリスマスが楽しくなるような爽快な曲も入っています。 「氷のダイヤモンド」という非常に美しいメロディーを持ったマイナー調のバラードで、アルバムは幕を閉じます。 7thアルバム「GAUCHE」(1989年) このアルバムは「ゴーシュ」と読みます。 不器用、未熟といった意味のようです。 このアルバムが製作されたのは、ちょうどマスコミからバッシングを受けていた時期で、芸能界やマスコミに対する不安、様々な決意といった素の南野陽子さんの心情が感じ取れるようなアルバムになっています。 (収録曲)• マニキュアがかわく間に• それは夏の午後• 鏡の中のエトランゼ• トラブル・メーカー• 月夜のくしゃみ• サマー・フレグランス• 月見草幻想• 知ってると思ってたさよならGirl• 涙の数、大人になれたら• 愛してる• 思いのままに このアルバムも他のアルバム同様、バラエティーに富んだアルバムとなっていますが、おすすめポイントの1つは、そのサウンド面。 曲調等は他のアルバムと同じような感じではありますが、アレンジ面において、スパッスパッと曲に切れがあるため、ノリの良い曲はよりノリよく聴こえます。 もともと南野陽子さんの歌唱は音の立ち上がりが良く、切れと伸びがあるので、その相乗効果で、「それは夏の午後」など、アルバム全体を通して、単純に聴いていて気持ちの良いサウンドとなっています。 2つ目のおすすめポイントは、印象的な曲が多く収録されていること。 5曲目の「月夜のくしゃみ」はバラードですが、必ずと言っていいほど収録されているバラードの中でも、心に染み入る度合いの強い曲です。 日常生活において、楽しいこと、辛いこと、どちらもあると思いますが、どちらかというと辛いこと、苦しいことの方が多いのではないでしょうか? この「月夜のくしゃみ」という曲は、そういった状況の中でも、自分を信じて明日を迎えようという意味合いのある曲で、傷ついた心にそっと寄り添い、勇気づけてくれるような優しい曲です。 7曲目の「月見草幻想」は、南野陽子さんのセリフから始まる不思議な雰囲気を持つマイナー調の曲で、このアルバムにインパクトを与える大きな役割を担っています。 10曲目の「愛してる」は、「悲しみのモニュメント」と「楽園のDoor」を混ぜたようなマイナー調の曲で、シングルカットしてもおかしくない仕上がりになっています。

次の