コロナあいさつ文。 緊急事態宣言解除 営業再開のお知らせ文の書き方【例文・サンプル】

コロナに関するビジネス文章の書き出しと営業再開について文書の締め方

コロナあいさつ文

「コロナウイルスが流行っているので気をつけてください」 この言い回しこそが好ましいと思います。 「ご自愛下さい」に比べてよりメッセージ性もありますからとても「気の利いた言い回し」だと思います。 こちらのカテゴリでは「ビジネスの世界では必ずこのように言うことになっている」というありもしない規定を設け、判で捺したような定型文「だけ」を良しとする回答者が掃いて捨てるほどいます。 そして「それこそがビジネスメールなんだ」と捉え、思考停止して定型文を丸写しする回答者もいます。 いずれもとても知性の低い考え方です。 手紙というのは書き手の中にある思いや伝えたい情報を言葉に託して相手に届ける手段です。 それは書き手が日常的に使っている言葉を用い、丁寧に心を込めて書き綴るのが筋。 百人いれば百通りの表現が生まれます。 ただひとつの定型文だけを正しいと決め付けるものではありません。 「新しいパターンが知りたくて」 こういうときに「パターン」を求めようとするのが好ましくないのだという話です。 そこには「パターン」などありませんしそういうのを求めるものでもありません。 言葉の意味も分からないまま「みんながそう書いているから」と定型文を丸写ししたところで書き手の想いなど届きません。 例えばこの手の質問になると「お体ご自愛くださいという表現はいかがかな?」と偉そうに書いてくる回答者がいますが、「お体ご自愛」は日本語として間違いです。 知識や情報もないのに「自分の知識は完成した」と思い上がり、日本語の正しい知識を持たない回答者が定型文を押し付けてくるならこうした間違いを敷衍することになります。 そういうやり方には毎回強い違和感と不快感を覚えます。 今回のケース、風邪や怪我に気を付けて欲しいという想いは当然としても、昨今の状況を鑑み、より具体的に先方の安否を気遣うことを目的としているわけです。 だとしたらむしろ書き手の想いを反映した好ましい言い回しだと思います。

次の

新型コロナウイルス対応文例集|無料・著作権フリー・改作自由

コロナあいさつ文

スポンサーリンク コロナウイルスに関するビジネス文章の書き出し コロナウイルス感染拡大防止対策からビジネス文章の書き出し方も変わってきました。 コロナ対策だけでなく、直接相手に会うことが難しい時や、大勢に知らせるためのビジネス文章には、手紙やメールを有効に活用していると思います。 普段であれば、 定型的な時候の挨拶から書き出し、その後本題に入るのが一般的です。 しかし現在のコロナ拡大の影響下では、時候の挨拶をそのまま使うと、あまりにも事務的で何か心無い感じに受け取る人もいると思います。 この会社は、相手を気遣わない、マナー的なものを気にしない、何か冷たい会社というイメージを持たれる危険性があります。 そうならないためには、 コロナに対する現在の状況や、相手を気遣う言葉や信頼関係を再認識できるような言葉を使った文章を考えましょう。 ビジネス文章として書き出しの文例には次のものがあります。 ご苦労も多いかと拝察いたしております。 コロナ対策の営業再開についての文章 コロナ感染拡大防止のため休業をしていた会社が、営業再開するときの文章例をご紹介します。 営業再開のお知らせ・・・(お知らせの題名)• 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、お客様及び従業員の安全確保として実施していました営業自粛につきまして、大変なご迷惑・ご不便をおかけいたしました・・・(臨時休業についての謝意)• 皆様のご協力・ご理解をいただきまして深く感謝申し上げます・・・(臨時休業の協力・理解に対しての感謝の意)• スポンサーリンク コロナ流行中の文章の締め方 コロナ対策や新型ウイルス感染症などの流行で文章の文末の締め方、挨拶(一言)の文例をご紹介します。 コロナウィルスに負けず、安全と健康にご留意ください。 今後コロナが早く終息するように、心から祈るばかりです。 コロナの緊急事態宣言解除までもう一息です。 お互い頑張りましょう。 コロナの影響で大変な事態だと思いますが、皆様のご健康・ご安全を願っています。 営業自粛やイベント中止などの文章の例文はこちらです。 コロナウイルス感染症の拡大防止対策の緊急事態宣言解除による営業再開文章のひな形を文章例で紹介しました。 コロナに関する文章の締めの言葉には自分も気をつけているが、何より相手を気遣う一言を忘れずに入れて下さいね。

次の

緊急事態宣言解除 営業再開のお知らせ文の書き方【例文・サンプル】

コロナあいさつ文

そもそもそういう考え方が好ましいものではありません。 こちらのカテゴリにはそういう価値観を押し付けようとするマナーを心得ない回答者もいて「時候の挨拶に意味や目的などない。 ただの決まり文句なんだから思考停止して定型文を丸写しすべき」という回答を繰り返す人もいます。 そういう回答には毎回強い違和感を覚えます。 質問者様もそういうものを求めているように思います。 こちらのカテゴリで「時候の挨拶」と質問すると「陽春の候」「春暖の砌」など定型文をいくつか並べるような回答が付くことがありますが、時候の挨拶というのは定められた定型文の中から選択するという性質のものではありません。 質問者さまが出かけようと外に出たら玄関先でご近所の人とバッタリ。 「こんにちは。 暖冬で寒い日が少ないまま今日はもう暑いくらいですね。 体調を崩さないようにしたいですね」などと声をかけます。 これが時候の挨拶です。 本題に入る前に双方で共有できるさりげない季節の話題から語り掛けることで導入を柔らかくすることが出来ます。 こういうのは語り手の年齢や性別、普段どのような言葉遣いをしているかによって個性や表情が現れるものです。 「全員が必ず同じ言葉遣いをしなければならない」わけではありません。 いわゆる例文集に当たれば様々な言葉がありますが、これらはもともとそれぞれが自分たちの言葉で書いてきたもの。 中でも「いい表現だな」と多くの人の評価に耐えたものが流通しています。 これは先人たちのアイデアの蓄積、知識の集大成です。 まずは書き手が自分の言葉で書くのが大前提です。 「東京スカイツリーの影が我が家の金木犀に届くようになってきました。 秋の訪れを実感します」 「ベランダから見える由比ヶ浜に海の家の準備が始まりました。 夏はすぐそばまで来ています」 いずれも地域や環境を限定するので誰彼構わず使える便利な挨拶ではありませんが、書き手が感じた空気感まで含めて季節の表情を切り取ったご挨拶だと思います。 「手紙の書き方」という本にある表現を意味も解らずに丸写ししたようなものより、質問者様自身が自分で感じた季節の風景を切り取るのが筋ではないでしょうか? 仮に例文集にあるものを参考にしたとしても、そこからヒントを得て自分で工夫してみたり、どれかを選ぶにしても自分が感じた季節感に近いものを選択することになるはずです。 仮に質問者様の住む地域が厳しい寒さに見舞われる環境なら「2月下旬の時候の挨拶を検索したら出てきた」という理由で「拝啓 向春の砌」などと書かれても上滑りで中身のない印象を与えるだけです。 平素は公私にわたり多大なるお心遣いを賜り感謝と喜びの念に堪えません」というマシンのような例文を投下した回答者がいました。 書き手が日常的に「陽春の候」を使い慣れており、意味も理解した上で自分の言葉として伝えているならいいのですが、「思考停止して定型文を丸写しすべきだ」という回答姿勢には強い違和感を覚えたものです。 意味のない言葉などありませんし意味のない言葉と認識してその上で定型文を丸写しして「これなら無難」と考えてしまうなら極めて失礼なやり方です。

次の