植物物語。 植物物語とは

植物物語シリーズのシャンプー・ボディーソープ

植物物語

石油系界面活性剤は入っていませんが代打として〈(C12-14)パレス-3硫酸ナトリウム〉が含有されています。 植物生まれだろうが化学の力で石油系界面活性剤と同じものがつくれます。 この成分はその代表成分です。 言い方をうまく変えているのに感心するほどです。 一般的に悪名高い〈ラウリル硫酸Na〉と同じと思って良い成分です。 PPG(プロピレングリコール)について紹介します。 PPGは保湿剤として成分表記される場合もあります。 この保湿とは人の頭皮や肌に対しての保湿ではなく、製品の粘度や湿度を保つための保湿剤として使用されます。 市販の多くのシャンプーに含まれている原料で石油系の化学物質です。 PPGの特徴を以下に挙げていきます。 ・分子構造が細かい 分子量が3,000以下の大きさで表皮に浸透し、800以下の大きさで細胞に浸透し、75以下の大きさで血管にまで浸透します。 PGは76の大きさで細胞に浸透し体内を巡り肝臓、腎臓、心臓、脳の障害を招く可能性があります。 分子構造が細かいために化学物質と結束して身体の中へ誘導する。 ・ジオキ酸という発がん性物質を含む アメリカの研究ではジオキ酸は取り除くべきだという結論が出ていますが、実行に移している会社はほとんどありません。 ・染色体異常を起こす可能性がある。 ・飲み込んでしまうと内臓障害がある。 箇条書きをみると劇薬の様に思えます。 大手企業は市販のシャンプーには希釈してして即毒性がない様にして扱っています。 長期にわたっての使用はなるべく避けたいものです。 〈安息香酸Na〉もかなり訳ありの原料です。 安息香酸Naは主に製品の防腐剤・保存材として企業が好んで使用します。 この成分はかなり刺激が強く経皮吸収して染色体異常も招き発がん性があることも分かっている成分です。 アトピーの方にとっては刺激成分が強いので特に避けたい成分です。 シャンプーは食べるものではないから安全という指摘もありますが、経口吸収よりも経皮吸収の方がタチが悪いです。 経口吸収だと肝臓で解毒されて尿や便となってある程度は排出されます。 しかし経皮吸収だと直接細胞や血管に吸収されたり、排出が困難という側面があります。 成分を薄めてシャンプーに使用していると思いますが配合量は不明です。 また人体にとっては有害ということがはっきりと判明しているのでアトピーの方でなくても避けたい成分です。 防腐剤としてパラベンの代わりとして含有されている『エタノール』には注意が必要です。 エタノールは炎症効果があり頭皮をささくれ立たせる様に傷ませる可能性が高いです。 大企業が販売するシャンプーなのでこんなものでしょう。 期待はしていませんでしたが、やっぱりなという印象です。 気になったのは『硫酸ナトリウム』が含有されているのですが何かの間違いでしょうか。 人体にも環境にも負担が大きいため使用を避けたいシャンプーです。 企業のイメージ戦略に惑わされていてはいけません。 知識を蓄えて危険なものは生活から退けて、自身の状態に合ったシャンプーを使うようにしましょう。 流通量は少ないですが、髪や人体に安全で優良なシャンプーは存在します。 傷んで死滅したキューティクルを再生させる機能を持ったシャンプーも存在します。 自分の髪や頭皮の状態をしっかりと把握して、状態に合ったシャンプーを使う様にしましょう。 巷では色んな情報が錯綜していますが、惑わされずに情報を見極める目を持ちましょう。

次の

植物物語シリーズのシャンプー・ボディーソープ

植物物語

蓮葉の にごりに染まぬ 心もて なにかは露を 玉とあざむく -僧正遍照 (「古今和歌集」巻第三 夏歌) 【読み】 はちすばの にごりにしまぬ こころもて なにかはつゆを たまとあざむく 【訳】 蓮の葉は、濁った水の中でも、濁らない美しさをもっているのに、なぜか葉の上の露を宝石のように見せて、人をあざむく。 法華経の 「世間の法に染まざること蓮華の水に在るが如し」(世間の穢れに染まらないことは、蓮華が泥水の中にあっても染まらないのと同じである) を引用した僧侶らしい歌ですね。 解釈の「露を玉と見せて人をあざむいている」でとどまらず、露を宝に変えてしまうほどの美しさがあると読み解く方が素敵だなぁと個人的には思っています。 作者の思いはどうだったのでしょう。 世の中や人の裏表を表したかったのか、真の美しさは全ての現象を輝かせると表したかったのか… これもまた受け取った私たちの解釈次第ということなのかもしれませんね。 僧正遍照とは 作者の僧正遍照(816年~890年)は、平安時代前期の歌人で、紀貫之が選んだ六歌仙、藤原公任の選んだ三十六歌仙の一人でもある有名な方です。 桓武天皇の孫ですが皇位継承権は無かったのでしょう。 後に仁明天皇に仕え、天皇崩御の850年に出家して天台宗の僧侶となりました。 今回ご紹介した歌は僧侶らしく法華経の言葉を引用していますが、歌の中には僧侶らしくないものも多かったようです。 百人一首に収められている有名な歌はこちらです。 天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ 蓮(ハス)について インド原産で、熱帯地域や温帯地域に育つハス科の多年草水生植物です。 日本での古い名前は「はちす」です。 茎が厚くなってそこから花が育つ花托の部分がハチの巣に似ていることから、その名前が付けられたそうです。 葉の表面は撥水性があるので、露をコロコロと落とします。 キラキラと光りを反射して動く様子は宝石のようです。 花は蓮華と呼ばれ、ヒンドゥー教や仏教や密教では大変意味のあるものとされています。 日本ではお釈迦様が蓮華の台座に座っていることで知られていますよね。 蓮の利用法 蓮は全ての部分が食用や薬用として利用されます。 実は生でも食べることができ、生のトウモロコシのような触感だそうです。 ビタミン、カリウム、カルシウムが豊富で滋養強壮に役立つそうです。 種子のでんぷん質はお菓子や、生薬として利用され、こちらも鎮静や滋養強壮作用があるそうです。 花や葉はお茶にして楽しみます。 蓮は、中国やベトナムでは普段から食用として盛んに利用されていて、日本でも秋田地方では蓮の茎を砂糖漬けにして食べる習慣があるそうです。 きっと他の地域でも蓮の利用法は色々とあるのでしょう。 日本で最も馴染みのあるのは根の「蓮根(れんこん)」でしょう。 蓮根には、美肌に必要なビタミンC、ナトリウムを尿に排泄し血圧を下げるカリウム、胃を保護する食物繊維ムチンなどが豊富に含まれています。 そして、何といっても食感が良く美味しいですよね。 様々な味に馴染むので和食洋食中華とどのお料理にも使えます。 蓮の精油 ロータス 蓮の花の精油は、とても芳醇な香りがします。 ホワイトロータスとピンクロータスの香りを試したことがあるのですが、優しく包まれるような香りでありながら、奥深い生命力も感じました。 体への効果として、頭痛や吐き気の緩和、高血圧の抑制などが報告されています。 また、肌に潤いを与えて乾燥肌に効果があることから化粧品にも添加されているようです。 個人的には、ご自分のための香水やお部屋の香りなどに利用されると良いのではないかと思っています。 今回は、蓮について色々と調べてみました。 宗教的な逸話や生薬としての様々な利用法を知ることができ、ここにはとても書ききれないくらいたくさんの情報を得ることができました。 梅雨に入り、アウトドアを楽しめない日には、ゆっくりロータスの香りを楽しみながら、蓮の物語や効果を調べてみてはいかがでしょう。 きっと豊かな時間になると思います。

次の

植物物語 シャンプー 危険

植物物語

ネーミングの由来 [ ] 当時、化粧石けんはあまりにも身近な商品のため消費者の関心が薄く、目立った商品の動きも少なかったことから「沈黙の市場」と言われていた。 こうした中、ライオンでは"毎日使うものだからこそ、天然・自然志向の肌へのやさしさにこだわった商品が必要"と考え、植物原料をベースとした商品の開発に着手した。 当時の化粧石鹸の主原料は牛脂だった。 そのために、に新しい工場を作った。 そして、植物原料を使った石鹸であり、その製造方法にも植物原料にこだわり抜いた物語性があることから、「植物物語」というネーミングを採用した。 商品概要・歴史 [ ] 沿革 1992年2月 - 植物成分のみを使用した化粧石鹸「エメロン植物物語」を発売。 1993年4月 - ボディソープ・シャンプー・リンスを発売。 1994年 - ハンドソープを発売。 1994年4月 - ボディソープにつめかえ用を追加。 1994年10月 - 洗顔フォームを発売。 1995年3月 - ボディソープ・シャンプー・リンスを改良(組成変更)。 1995年4月 - トリートメントを発売。 1996年 - 携帯用セット「旅の植物物語」を発売。 1996年3月 - ボディソープの価格を変更。 1996年4月 - メイク落としジェルを発売。 1997年3月 - 「もっとやさしく、もっと気持ちよく」をブランドメッセージに掲げ、シャンプー・リンス・トリートメントを改良(エメロン植物物語・ボディソープもパッケージ変更)。 1997年9月 - 泡メイク落としを発売。 1998年 - 敏感肌ラインを追加。 1998年9月 - シャンプー・リンスにつめかえ用を追加。 1999年3月 - シャンプー・リンス・トリートメントを改良(パッケージデザイン変更)。 1999年4月 - ボディソープを改良(パッケージデザインを変更し、ポンプサイズは容器を省資源化)。 2000年8月 - 化粧石鹸・ボディソープを改良(パッケージデザイン変更)。 2000年9月 - シャンプー・リンス・トリートメントを改良(パッケージデザイン変更、リンス・トリートメントは組成も変更)。 2000年8月 - メイク落としジェルを改良(組成変更)。 2000年9月 - 洗顔フォーム・泡メイク落としを改良(組成変更)、やわらかメイク落としシートを追加発売。 2001年9月 - 「植物物語 溶かして浮かせてしっかり落とすクレンジングオイル」を発売。 2002年2月 - 「いいものおぎなう デイリーサプリ」をブランドメッセージに、化粧石鹸・ボディソープ・シャンプー・リンス・トリートメントを改良(ボディソープ全アイテム、シャンプー・リンスのポンプサイズとつめかえ用は同年3月に改良)。 なお、ボディソープのレギュラーサイズは廃止。 2003年9月 - 「種の保水力」をブランドメッセージに、化粧石鹸・ボディソープ・シャンプー・コンディショナー(リンスから変更)・トリートメントをリニューアル。 この時点でシャンプー・コンディショナーにレギュラーサイズが設定されなくなる。 2月26日 - 商品名が「植物物語 ハーブブレンド」となり、化粧石鹸・シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・洗顔フォーム・泡洗顔の6種類をリニューアル。 2006年5月 - 化粧石鹸を改良(泡持ち性能向上・パッケージリニューアル)。 3月7日 - 化粧石鹸を5年10ヶ月ぶりにリニューアルし、商品名を約7年ぶりに「植物物語 化粧石鹸」に戻す。 旅の植物物語 植物物語ハーブブレンドシリーズのミニサイズを揃えた旅行用セット。 シャンプー・コンディショナー(さっぱりサラサラヨーロピアンブレンド)各30ml、ボディーソープ(リフレッシュグレープフルーツ)30ml、洗顔フォーム15gをポーチに封入。 なお、洗顔フォームはに製造委託している。 業務用製品 植物物語 シャンプー 10L(バッグインボックス) 「植物物語ハーブブレンド シャンプー さっぱりさらさらヨーロピアンブレンド」の業務用仕様。 植物物語 コンディショナー 10L(バッグインボックス) 「植物物語ハーブブレンド コンディショナー さっぱりさらさらヨーロピアンブレンド」の業務用仕様。 容器は白のボトルとオレンジのキャップ。 コンディショナーへ継承。 2016年8月製造終了。 ボトルは2種類とも白で、ポンプ部分の色で区別されている(「さっぱりさらさらヨーロピアンブレンド」は青緑、「しっとりなめらかオリエンタルブレンド」はオレンジ)。 2016年8月製造終了。 「ハッピーベリー」は2016年9月、「ヒーリンググリーン」は2017年3月に順次製造を終了し、残る「リラックスサボン」と「リフレッシュグレープフルーツ」も同年9月に製造を終了した。 半透明ジェルタイプ。 植物物語 メイクも落とせる泡洗顔 200ml 世界で初めて開発した皮膚用洗浄成分「リンゴ酸アミド」を採用。 2005年2月に製造終了し、「植物物語ハーブブレンド泡洗顔」に継承。 グリチルレチン酸配合。 植物物語 薬用ボディソープ【医薬部外品】 低刺激タイプ。 グリチルレチン酸に加え、液体洗浄料で初めて、を精製した天然皮膚保護成分「スメクタクト」配合。 植物物語素肌力 化粧水 160ml 保湿成分(マルメロエキス)配合。 無香料・無着色。 植物物語素肌力 化粧液 160ml 化粧水と乳液の2つの機能を持った化粧液。 無香料・無着色。 2004年9月製造終了。 植物物語素肌力 乳液 120ml 2005年9月製造終了。 植物物語素肌力 薬用ホワイトニング【医薬部外品】 30g 美白成分を世界で初めて配合した美白美容液。 さっぱりタイプとしっとりタイプの2種類が発売されていた。 2005年9月製造終了。 植物物語素肌力 薬用リンクルエッセンス【医薬部外品】 15g 美容液。 2005年9月製造終了。 植物物語素肌力 薬用透明ホワイトエッセンス【医薬部外品】 30ml 美白美容液 植物物語素肌力 薬用テカリ・アクネジェル【医薬部外品】 25ml 植物物語素肌力 目もとにしっとり水分補給シート 6セット(12枚) 目もと用シート 植物物語素肌力 そのとき集中! リンクルシート 海外への展開 [ ] から海外展開を始め、現在では・・・・で販売されている。 シャンプー・リンス・ボディソープ・洗顔フォーム・ハンドソープ等が各国の人々に愛用されている。 CM [ ] 歴代CM出演タレント (1992年2月 - 1998年) (1999年4月 - 2003年9月) (素肌力、2000年12月8日 - 2002年6月) (2003年9月20日 - 2004年4月) (2004年7月12日 - 2005年2月) 、、 (ハーブブレンド、2005年2月26日 - 2006年) 関連項目 [ ]• - ライオンが発売するボディソープのブランド。 「植物物語ハーブブレンド ボディソープ」の実質的な代替製品でもある。 競合商品 [ ]• () - このシリーズの対抗商品• () 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の