辛抱 パワハラ。 パワハラ報道の辛坊治郎氏は関西でどういう存在? 読売のアナ出身で、話題となった大胆な挑戦とは (2020年1月12日)

辛坊治郎『深層NEWS』3月降板決定!パワハラ騒動の「深層」

辛抱 パワハラ

辛坊治郎が日テレ女性プロデューサーにパワハラ疑惑 改めて、パワハラ疑惑を整理すると、 事件が起きたのは12月中旬のこと その事件のポイントは、 ・帰ろうとする辛坊治郎さんを女性プロデューサーが呼び止める ・番組内容について口論になる ・辛坊治郎さんが壁ドンの態勢で「お前なんかいつでも飛ばせる」と面罵 ・女性プロデューサーは体調を崩し会社を休む事態になった。 これが週刊文春で取り上げられているポイント。 けれども、本当にパワハラだったのか? 女性プロデューサーから辛坊治郎さんに アプローチしていることから 本当にパワハラだったのか 謎という声も上げっています。 女性プロデューサーが辛坊治郎さんに 言い負かされたことからの報復なのでは? なんて声も上げっています。 一体、この女性プロデューサーとは どんな人物なのでしょうか? デスク:小倉宏、徳留美保、鈴木徹 演出:菊池正史 チーフ兼統括プロデューサー:岩隈政信 と、なっていました。 女性プロデューサーの名前は 無いようですね。 デスクに徳留美保さんの名前がありますが デスクとプロデューサーは違いますよね? 上記には男性の名前しかないので 複数人のプロデューサーがいるようです。 女性プロデューサーについて 詳しくわかる情報はありませんでした。 辛坊治郎のパワハラ問題、ネットの反応は? 辛坊治郎のパワハラ問題。 ネットではどんな反応が起きているのでしょうか? ヤフーニュースのコメントを見てみると・・・ 辛坊氏が玄関を出て車に乗って帰ろうとしていたところを、女性プロデューサーが呼び止めて、その場で立ったまま話を始めた。 女性プロデューサーが、自分の仕切りで決めた来週のゲストやテーマを辛坊氏に伝えたが、辛坊氏は納得いかない内容で、お互い自分の主張を述べ口論になったのだろう。 帰ろうとしていたところを呼び止められた上に、大勢の人が通る玄関先で立ったまま、意見がかみ合わず話が長引きそうになったら、周りの目も気になるし、余計にイライラするはずだ。 収録終えて、やれやれと大阪への帰路につくタイミングで、疲れているのに立ったまま口論になったら、片方の手を壁においてもたれかかっても不思議ではない。 番組プロデューサーたるものが、タレントと口論になって、言い負かされたからと言って、こんな形で報復することの方が異常なことだ。 この場合は何を言っても辛坊さんが悪いことにされてしまうのではないかな。 辛坊さんが話すことは疑わしくとられ、女性プロデューサーが話すことは、かわいそうにとなり、結局真相はわからなくなる。 ここは第3者のチーフプロデューサーが話せば良いのではないかな この番組の開始当初の治郎さんの愚痴が半端なかった。 本人も契約書上しかたなくやってる感あるし、この番組自体引き際なんじゃないかな。 次のMCの成り手はいないでしょ。 プロデューサーには番組を終わらせる権限あるでしょうから。 辛坊治郎さんの批判ではなく 女性プロデューサー側に落ち度があるのでは? そんな声が上がっています。 ちなみに、辛坊治郎さんは 深層NEWS以外にはこの番組に 出演しています。 ・ウェークアップ!ぷらす ・かんさん情報ネットten ・そこまで言って委員会NP まとめ 辛坊治郎さんのパワハラ問題の お相手の女性プロデューサーの ことを調べてみました。 けれども、番組スタッフの情報に 女性プロデューサーの名前はありません。 そして、本当にパワハラだったのか? その真相も今の情報からは なんとも言えない感じです。 あなたはこの問題について どう感じましたか?.

次の

辛坊治郎パワハラの日テレ女性社員は誰で名前特定?深層NEWSのプロデューサー

辛抱 パワハラ

BS公式サイトより 騒動は拡大するのか、収束に向かうのか……。 「記事によれば、『深層NEWS』放送後、帰り間際の辛坊氏を番組の女性プロデューサーが局の玄関口の車寄せのところで呼び止め、次週のラインナップやゲスト情報などを伝えた。 その際、意見の相違から口論になった2人はヒートアップ。 女性プロデューサーはコンプライアンス担当の部署に訴え、一時、体調を崩して会社を休む事態となったといいます」(週刊誌記者) 辛坊氏は「パワハラ」について否定。 自身は「はらわたが煮えくり返る思い」でいると語っている。 報道を受け、ネット上ではさまざまな声が飛び交っているが、女性と男性では受け取り方が真っ二つに割れている。 女性が多く集まるネット掲示板では、「番組でも偉そうだもんねー」「いかにもって感じで驚かない」「でもこういうのって受けた側がどう感じたかだからねぇ……」と、辛坊氏への批判が殺到した。 一方、男性からは「プロデューサーって番組トップだぞ」「お互いヒートアップして口論、という時点でパワーバランスとしてハラスメントに該当しないと思うが」「番組でいちばん偉いPを出演者がパワハラって成立しないだろ」「下の者が上を詰めたらパワハラってどう読んでも意味がわからん」「これ教師が生徒をパワハラで訴えるくらい笑える」と、記事に疑問を投げかける人が多く見かけられる。 「番組のバランスを取るために、女性プロデューサーが辛坊氏の意にそぐわない出演者をキャスティングしようとしたようです。 しかし、そうした大事な話を玄関でするのもどうかと思いますが、『週刊文春』の取材に対し日テレ広報部は、女性プロデューサーは『代休』との説明をしていることから、今のところパワハラとは認定していないようです」(前出・週刊誌記者) 2013年に小型ヨットで太平洋横断中にトラブルに遭遇し、ヨットを放棄して海上自衛隊に救出された辛坊氏。 今回のトラブルも、誰かに救出してもらえるのだろうか。 あわせて読みたい•

次の

辛坊治郎『深層NEWS』降板へ。理由は週刊文春のパワハラ疑惑報道、捏造記事と本人は激怒、トラブルの真相が明らかに?

辛抱 パワハラ

BS公式サイトより 騒動は拡大するのか、収束に向かうのか……。 「記事によれば、『深層NEWS』放送後、帰り間際の辛坊氏を番組の女性プロデューサーが局の玄関口の車寄せのところで呼び止め、次週のラインナップやゲスト情報などを伝えた。 その際、意見の相違から口論になった2人はヒートアップ。 女性プロデューサーはコンプライアンス担当の部署に訴え、一時、体調を崩して会社を休む事態となったといいます」(週刊誌記者) 辛坊氏は「パワハラ」について否定。 自身は「はらわたが煮えくり返る思い」でいると語っている。 報道を受け、ネット上ではさまざまな声が飛び交っているが、女性と男性では受け取り方が真っ二つに割れている。 女性が多く集まるネット掲示板では、「番組でも偉そうだもんねー」「いかにもって感じで驚かない」「でもこういうのって受けた側がどう感じたかだからねぇ……」と、辛坊氏への批判が殺到した。 一方、男性からは「プロデューサーって番組トップだぞ」「お互いヒートアップして口論、という時点でパワーバランスとしてハラスメントに該当しないと思うが」「番組でいちばん偉いPを出演者がパワハラって成立しないだろ」「下の者が上を詰めたらパワハラってどう読んでも意味がわからん」「これ教師が生徒をパワハラで訴えるくらい笑える」と、記事に疑問を投げかける人が多く見かけられる。 「番組のバランスを取るために、女性プロデューサーが辛坊氏の意にそぐわない出演者をキャスティングしようとしたようです。 しかし、そうした大事な話を玄関でするのもどうかと思いますが、『週刊文春』の取材に対し日テレ広報部は、女性プロデューサーは『代休』との説明をしていることから、今のところパワハラとは認定していないようです」(前出・週刊誌記者) 2013年に小型ヨットで太平洋横断中にトラブルに遭遇し、ヨットを放棄して海上自衛隊に救出された辛坊氏。 今回のトラブルも、誰かに救出してもらえるのだろうか。 あわせて読みたい•

次の