痛いニュース速報。 痛いニュース : 【2ch】コピペ情報局

おーるじゃんる

痛いニュース速報

コロナ禍でも働く配達員に感謝の意を示すため、支払いとチップを兼ねたゲームを考えた若者たちが話題になっている。 予想外の金額を手にした配達員は喜びのあまり思わず涙してしまったという。 『Mirror』『Metro』などが伝えている。 外出自粛の影響によりデリバリーで食事を注文する機会が大幅に増えており、配達員は感染リスクと向き合いながらも仕事を続けている。 そんな彼らに感謝の気持ちを込めて、ある若者たちが支払いとチップを兼ねたゲームを配達員に仕掛け、その一部始終が動画に収められた。 動画では、配達員がピザを持って到着すると「面白い方法で支払いをするので、キッチンまで来てください」と言われ、キッチンまで誘導される。 配達員の男性は名前を聞かれて「ボブ」と答えた。 12個のコップが逆さまに並んだキッチンカウンターの前に立つと、女性が「12個のコップのうち、6個選んで中を確認してください。 中に入っているものは全てあなたの物です」と説明し、ボブさんはゲームをスタートした。 バンクシーと知らずに消去 地下鉄内の新作、ロンドン交通局 【ロンドン共同】素性不明の芸術家バンクシーがロンドン地下鉄の車両内に描いた新作を、清掃員らがバンクシー作と「知らずに」消去していたと英メディアが15日伝えた。 ロンドン交通局は落書きを禁じており、バンクシーも消されることを承知で描いた可能性がありそうだ。 ネズミやマスクなどを描いた新作は、新型コロナウイルス感染による苦境からの再起を鼓舞したり、マスクの着用率が低い英国民に使用を促したりする狙いがあったとみられる。 バンクシーは14日に新作を巡る一連の作業を「インスタグラム」に投稿していた。 交通局側は事情を知らず、動画投稿の数日前に消していたという。 詳細は下記リンク、掲載の画像よりご確認をお願い申し上げます。 詳細: ファンの皆様に心よりお詫び申し上げます。

次の

痛いニュース : 【2ch】コピペ情報局

痛いニュース速報

コロナ禍でも働く配達員に感謝の意を示すため、支払いとチップを兼ねたゲームを考えた若者たちが話題になっている。 予想外の金額を手にした配達員は喜びのあまり思わず涙してしまったという。 『Mirror』『Metro』などが伝えている。 外出自粛の影響によりデリバリーで食事を注文する機会が大幅に増えており、配達員は感染リスクと向き合いながらも仕事を続けている。 そんな彼らに感謝の気持ちを込めて、ある若者たちが支払いとチップを兼ねたゲームを配達員に仕掛け、その一部始終が動画に収められた。 動画では、配達員がピザを持って到着すると「面白い方法で支払いをするので、キッチンまで来てください」と言われ、キッチンまで誘導される。 配達員の男性は名前を聞かれて「ボブ」と答えた。 12個のコップが逆さまに並んだキッチンカウンターの前に立つと、女性が「12個のコップのうち、6個選んで中を確認してください。 中に入っているものは全てあなたの物です」と説明し、ボブさんはゲームをスタートした。 バンクシーと知らずに消去 地下鉄内の新作、ロンドン交通局 【ロンドン共同】素性不明の芸術家バンクシーがロンドン地下鉄の車両内に描いた新作を、清掃員らがバンクシー作と「知らずに」消去していたと英メディアが15日伝えた。 ロンドン交通局は落書きを禁じており、バンクシーも消されることを承知で描いた可能性がありそうだ。 ネズミやマスクなどを描いた新作は、新型コロナウイルス感染による苦境からの再起を鼓舞したり、マスクの着用率が低い英国民に使用を促したりする狙いがあったとみられる。 バンクシーは14日に新作を巡る一連の作業を「インスタグラム」に投稿していた。 交通局側は事情を知らず、動画投稿の数日前に消していたという。 詳細は下記リンク、掲載の画像よりご確認をお願い申し上げます。 詳細: ファンの皆様に心よりお詫び申し上げます。

次の

おーるじゃんる

痛いニュース速報

その技術とは、波長が222nmの紫外線によるウイルスや細菌の不活化(感染力や毒性の消失)である。 222nm紫外線は、「数分の照射でウイルス・細菌をほぼ不活化」「人体に照射しても影響がほとんどない」という夢のような性質を兼ね備えているのだ。 光源の開発では、日本のメーカーが圧倒的な優位にいる。 略 従来、紫外線によるウイルス・細菌の不活化には、254nm紫外線が主に使われていた。 254nm紫外線はウイルス・細菌の不活化効果こそ高いものの、人体に照射すると皮膚がんや白内障を発症させる恐れがあり、人がいない空間でしか使えなかった。 艦隊司令官ジェリー・キッド中将は昨日、イギリス海軍が「インド太平洋に戻ってくる」と通知した。 「私たちの大望は其処に完全に永続的な前線基地を、空母打撃群と共にあるかもしれない、あるいはそうでないかもしれない。 いずれ分かるだろう」と彼は言った。 キッド中将は匂わせるような発言で断言はしておらず、海軍としての決定事項ではありませんが、これは空母の極東への常駐配備の可能性を示唆しています。 中国の通信機器大手「ファーウェイ」を排除するというイギリス政府の決定に対し、中国外務省は「でっち上げたリスクを口実にアメリカに協力して中国企業を差別し排除した」と強く批判しました。 さらに、「必要なすべての措置を講じ中国企業の正当かつ合法的な権利と利益を守る」と述べて対抗措置を示唆しましたが、「制裁を望んではいない」とも付け加えています。 また、「世界は広く、それに比べてイギリスは小さな存在だ」「イギリスは少数派で国際社会の反対側に立っている」などと繰り返し、ファーウェイへの影響は小さいとの考えを示しています。

次の