生理前 食欲。 生理前は太る?体重が増加する理由とダイエット方法 [ダイエットの基本] All About

生理前は太る?体重が増加する理由とダイエット方法 [ダイエットの基本] All About

生理前 食欲

出典: プロゲステロンは食欲を増加させ、栄養や水分を溜めこむ作用があります。 なぜなら、プロゲステロンは妊娠に備える準備をするホルモンだからです。 排卵後に分泌量が増加するプロゲステロンは、妊娠した時のために赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜をフカフカに厚くして、さらに胎児を育てるための栄養や水分を蓄えようとするのです。 プロゲステロンは栄養を溜めこもうとするために、インスリンの効きを悪くして、血糖値を高く保とうとする作用があります。 血糖値を高く保つためには、やはり食事からエネルギーを摂取しなければいけないですよね。 そのため、生理前には食欲が増して、暴飲暴食をしてしまうんです。 血糖値を高くするために、特に甘いものが食べたくなるんですね。 プロゲステロンの分泌が多くなる生理前に暴飲暴食をするのは、体の正直な反応であり、変なことではないのです。 生理前は水分と脂肪を溜めこむために、通常の体重よりも1~3kg程度太ることが一般的です。 生理前の暴飲暴食を防ぐ8つの方法 生理前の暴飲暴食は、ある意味、自然な体の反応です。 だからといって、食欲に忠実に暴飲暴食を続けていたら、1ヶ月周期で、どんどん太っていってしまいます。 また、ダイエット中の女性は、生理前の食欲アップと闘わなくてはいけません。 ダイエット中は、いかに生理前を乗り越えるかがダイエットが成功するかどうかのカギを握っているといっても過言ではありませんよね。 生理前にいつも暴飲暴食をして、ダイエットを挫折してしまう女性は、今からご紹介する暴飲暴食を防ぐ8つの方法を実践して、生理前の時期を乗り切りましょう。 食事の回数を増やす 生理前の暴飲暴食を防ぐためには、1日の食事回数を増やしましょう。 「え?食事回数を増やしたら、カロリーオーバーになっちゃう!」と思いますよね。 確かにそうです。 でも、1日の食事回数を増やして、1回の食事量を減らせば、カロリーオーバーになりませんので、大丈夫です。 生理前は常に食欲旺盛な状態ですから、食事と食事の時間が空いてしまうと、口寂しくなって、一気に食べてしまい、暴飲暴食をしてしまうんです。 でも、食事回数を増やして、口寂しくなる前に食事をするようにすれば、少量でも満足できるはずです。 また、生理前はプロゲステロンが血糖値を高く保とうとして食欲が増すのですが、血糖値が下がってくると、一気に食欲が増します。 食事回数を増やせば、血糖値が下がりにくくなりますので、食欲も落ち着くはずです。 生理前は食事回数を1日5~6回に増やして、少量ずつ食べるようにしましょう。 食事の前に野菜サラダをたっぷりと! 生理前の暴飲暴食を防ぐ方法の2つ目は、食事前には野菜サラダをたっぷりと食べることです。 野菜サラダは歯ごたえがありますし、カロリーも低いですよね。 そして、何より 食物繊維をたくさん摂取することができます。 歯ごたえがあるものをよく噛んで食べると、満腹中枢が刺激されやすくなりますので、暴飲暴食を防ぐことができます。 また、カロリーが低いので、たっぷり食べても安心ですね。 ただ、ドレッシングをかけ過ぎると、カロリーが高くなってしまいますので、ノンオイルのドレッシングを選んでください。 そして、野菜には食物繊維が豊富に含まれています。 食物繊維は胃の中で水分を吸収して膨張しますので、満腹感を得やすくなります。 さらに、糖質の吸収をゆっくりにしますので、血糖値が緩やかに上がっていくため、血糖値が急上昇急降下することなく、高めの状態を長時間保つことができるのです。 食事前には「多すぎたかな?」と思えるくらいの野菜サラダを食べると、暴飲暴食を防ぐことができるでしょう。 ビタミンB6を積極的に摂取 生理前には、ビタミンB6を積極的に摂取してください。 排卵期になると、エストロゲンの代謝のためにビタミンB6が消費されます。 そのままビタミンB6が不足すると、PMS(月経前症候群)の症状がひどくなると言われています。 月経前症候群はイライラして情緒不安定になりやすく、それが原因で暴飲暴食をすることもありますので、生理前にはビタミンB6を摂取して、暴飲暴食を防ぐようにしましょう。 ビタミンB6は、次のような食品に多く含まれています。 関連記事 ・ 早く寝る 暴飲暴食を防ぐ方法、7つ目は早く寝ることです。 暴飲暴食を防ぐためには、早く寝てしまいましょう。 夕食を食べた後に、すぐに寝てしまうと、太りやすい身体になってしまいます。 だからといってそのまま起きていると、食欲に負けて暴飲暴食をするリスクが高いですよね。 生理前限定で夕食を食べたら早めに寝てしまうのと、遅くまで起きていて暴飲暴食をするのは、どちらが太りやすいかといえば、当然ですが暴飲暴食をするほうです。 ですから、生理前は暴飲暴食を防ぐために、夕食を食べてお風呂に入ったら、サッサと寝てしまいましょう。 でも、生理が来て、食欲が落ち着いたら、夕食を食べて3時間は寝ないようにしてくださいね。 関連記事 ・ 仕方がないと甘やかす 暴飲暴食を防ぐ方法、最後は「生理前なんだから仕方がない」と諦めて、少しだけ甘やかすことです。 「生理前でもダイエット中なんだから!」と節制した食生活を送っていると、いつもよりも食欲が増しているのに、我慢しなくてはいけないので、ストレスが爆発して暴飲暴食に走ってしまうんです。 思い当たる女性も多いのではないでしょうか?ですから、暴飲暴食を防ぐためには、ある程度は甘やかしてしまいましょう。 「好きなものを食べて良い、でも量は食べ過ぎない」とすれば、ストレスも減るし、暴飲暴食はせずに済むはずです。 いつもよりは、摂取カロリーは増えるかもしれませんが、そこは目をつむりましょう。 仕方がないんです。 だって、プロゲステロンが分泌されているんですから。 好きなものをほどほど食べれば、生理が終わってからまた「ダイエット頑張ろう!」と思えますが、無理してストレスからの暴飲暴食をすると、そこでダイエットは終わってしまいます。 ですから、生理前はダイエットはいったん中断して「好きなものを食べて良い、でも量は食べ過ぎない」をモットーにして、ほどほどに食べるようにしましょう。 ダイエットをしていても、1ヶ月に1回くらいは好きなケーキを食べても、ダイエットの妨げにはなりませんので、安心してくださいね。 生理前に食欲が増す理由と暴飲暴食を防ぐ方法についてのまとめ ・生理前に暴飲暴食をしてしまうのは、プロゲステロンが増加するから ・暴飲暴食を防ぐ方法 「食事の回数を5~6回に増やして少量ずつ食べる」「食事の前にサラダをたっぷりと食べる」「バナナや鶏肉、マグロの赤身にあるビタミンB6を積極的に摂る」「肉類やチーズ、ヨーグルトにあるトリプトファンを摂る」「間食は、ナッツや入大豆などの歯ごたえのある物を食べる」「レモンソーダなどの炭酸水で満腹感を得る」「早く寝る」「好きな物を食べて量は食べすぎないようにする」 生理前に食欲が増す理由と暴飲暴食を防ぐ8つの方法をまとめました。 生理前に食欲が増すのは、プロゲステロンの分泌量が増えるからです。 これは、体の反応として当然のことですので、上手に付き合いながら、紹介した8つの方法で食欲をコントロールするようにしましょう。 生理前はプロゲステロンのせいで、どうやっても痩せませんので、少しは自分を甘やかすと、ストレスが溜まらず、ダイエットを長続きさせることができるはずです。

次の

生理前に体重が増加して太る、本当の原因&対応策!

生理前 食欲

出典: プロゲステロンは食欲を増加させ、栄養や水分を溜めこむ作用があります。 なぜなら、プロゲステロンは妊娠に備える準備をするホルモンだからです。 排卵後に分泌量が増加するプロゲステロンは、妊娠した時のために赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜をフカフカに厚くして、さらに胎児を育てるための栄養や水分を蓄えようとするのです。 プロゲステロンは栄養を溜めこもうとするために、インスリンの効きを悪くして、血糖値を高く保とうとする作用があります。 血糖値を高く保つためには、やはり食事からエネルギーを摂取しなければいけないですよね。 そのため、生理前には食欲が増して、暴飲暴食をしてしまうんです。 血糖値を高くするために、特に甘いものが食べたくなるんですね。 プロゲステロンの分泌が多くなる生理前に暴飲暴食をするのは、体の正直な反応であり、変なことではないのです。 生理前は水分と脂肪を溜めこむために、通常の体重よりも1~3kg程度太ることが一般的です。 生理前の暴飲暴食を防ぐ8つの方法 生理前の暴飲暴食は、ある意味、自然な体の反応です。 だからといって、食欲に忠実に暴飲暴食を続けていたら、1ヶ月周期で、どんどん太っていってしまいます。 また、ダイエット中の女性は、生理前の食欲アップと闘わなくてはいけません。 ダイエット中は、いかに生理前を乗り越えるかがダイエットが成功するかどうかのカギを握っているといっても過言ではありませんよね。 生理前にいつも暴飲暴食をして、ダイエットを挫折してしまう女性は、今からご紹介する暴飲暴食を防ぐ8つの方法を実践して、生理前の時期を乗り切りましょう。 食事の回数を増やす 生理前の暴飲暴食を防ぐためには、1日の食事回数を増やしましょう。 「え?食事回数を増やしたら、カロリーオーバーになっちゃう!」と思いますよね。 確かにそうです。 でも、1日の食事回数を増やして、1回の食事量を減らせば、カロリーオーバーになりませんので、大丈夫です。 生理前は常に食欲旺盛な状態ですから、食事と食事の時間が空いてしまうと、口寂しくなって、一気に食べてしまい、暴飲暴食をしてしまうんです。 でも、食事回数を増やして、口寂しくなる前に食事をするようにすれば、少量でも満足できるはずです。 また、生理前はプロゲステロンが血糖値を高く保とうとして食欲が増すのですが、血糖値が下がってくると、一気に食欲が増します。 食事回数を増やせば、血糖値が下がりにくくなりますので、食欲も落ち着くはずです。 生理前は食事回数を1日5~6回に増やして、少量ずつ食べるようにしましょう。 食事の前に野菜サラダをたっぷりと! 生理前の暴飲暴食を防ぐ方法の2つ目は、食事前には野菜サラダをたっぷりと食べることです。 野菜サラダは歯ごたえがありますし、カロリーも低いですよね。 そして、何より 食物繊維をたくさん摂取することができます。 歯ごたえがあるものをよく噛んで食べると、満腹中枢が刺激されやすくなりますので、暴飲暴食を防ぐことができます。 また、カロリーが低いので、たっぷり食べても安心ですね。 ただ、ドレッシングをかけ過ぎると、カロリーが高くなってしまいますので、ノンオイルのドレッシングを選んでください。 そして、野菜には食物繊維が豊富に含まれています。 食物繊維は胃の中で水分を吸収して膨張しますので、満腹感を得やすくなります。 さらに、糖質の吸収をゆっくりにしますので、血糖値が緩やかに上がっていくため、血糖値が急上昇急降下することなく、高めの状態を長時間保つことができるのです。 食事前には「多すぎたかな?」と思えるくらいの野菜サラダを食べると、暴飲暴食を防ぐことができるでしょう。 ビタミンB6を積極的に摂取 生理前には、ビタミンB6を積極的に摂取してください。 排卵期になると、エストロゲンの代謝のためにビタミンB6が消費されます。 そのままビタミンB6が不足すると、PMS(月経前症候群)の症状がひどくなると言われています。 月経前症候群はイライラして情緒不安定になりやすく、それが原因で暴飲暴食をすることもありますので、生理前にはビタミンB6を摂取して、暴飲暴食を防ぐようにしましょう。 ビタミンB6は、次のような食品に多く含まれています。 関連記事 ・ 早く寝る 暴飲暴食を防ぐ方法、7つ目は早く寝ることです。 暴飲暴食を防ぐためには、早く寝てしまいましょう。 夕食を食べた後に、すぐに寝てしまうと、太りやすい身体になってしまいます。 だからといってそのまま起きていると、食欲に負けて暴飲暴食をするリスクが高いですよね。 生理前限定で夕食を食べたら早めに寝てしまうのと、遅くまで起きていて暴飲暴食をするのは、どちらが太りやすいかといえば、当然ですが暴飲暴食をするほうです。 ですから、生理前は暴飲暴食を防ぐために、夕食を食べてお風呂に入ったら、サッサと寝てしまいましょう。 でも、生理が来て、食欲が落ち着いたら、夕食を食べて3時間は寝ないようにしてくださいね。 関連記事 ・ 仕方がないと甘やかす 暴飲暴食を防ぐ方法、最後は「生理前なんだから仕方がない」と諦めて、少しだけ甘やかすことです。 「生理前でもダイエット中なんだから!」と節制した食生活を送っていると、いつもよりも食欲が増しているのに、我慢しなくてはいけないので、ストレスが爆発して暴飲暴食に走ってしまうんです。 思い当たる女性も多いのではないでしょうか?ですから、暴飲暴食を防ぐためには、ある程度は甘やかしてしまいましょう。 「好きなものを食べて良い、でも量は食べ過ぎない」とすれば、ストレスも減るし、暴飲暴食はせずに済むはずです。 いつもよりは、摂取カロリーは増えるかもしれませんが、そこは目をつむりましょう。 仕方がないんです。 だって、プロゲステロンが分泌されているんですから。 好きなものをほどほど食べれば、生理が終わってからまた「ダイエット頑張ろう!」と思えますが、無理してストレスからの暴飲暴食をすると、そこでダイエットは終わってしまいます。 ですから、生理前はダイエットはいったん中断して「好きなものを食べて良い、でも量は食べ過ぎない」をモットーにして、ほどほどに食べるようにしましょう。 ダイエットをしていても、1ヶ月に1回くらいは好きなケーキを食べても、ダイエットの妨げにはなりませんので、安心してくださいね。 生理前に食欲が増す理由と暴飲暴食を防ぐ方法についてのまとめ ・生理前に暴飲暴食をしてしまうのは、プロゲステロンが増加するから ・暴飲暴食を防ぐ方法 「食事の回数を5~6回に増やして少量ずつ食べる」「食事の前にサラダをたっぷりと食べる」「バナナや鶏肉、マグロの赤身にあるビタミンB6を積極的に摂る」「肉類やチーズ、ヨーグルトにあるトリプトファンを摂る」「間食は、ナッツや入大豆などの歯ごたえのある物を食べる」「レモンソーダなどの炭酸水で満腹感を得る」「早く寝る」「好きな物を食べて量は食べすぎないようにする」 生理前に食欲が増す理由と暴飲暴食を防ぐ8つの方法をまとめました。 生理前に食欲が増すのは、プロゲステロンの分泌量が増えるからです。 これは、体の反応として当然のことですので、上手に付き合いながら、紹介した8つの方法で食欲をコントロールするようにしましょう。 生理前はプロゲステロンのせいで、どうやっても痩せませんので、少しは自分を甘やかすと、ストレスが溜まらず、ダイエットを長続きさせることができるはずです。

次の

生理前になると食欲が止まらない理由は?抑える為の7つの方法

生理前 食欲

神奈川県立保健福祉大学卒業後、予防医学に興味を持ちドラッグストアへ就職。 その後独立し、現在はフリーランスの管理栄養士として特定保健指導、ダイエット指導、コラムの執筆、企業様での研修などを中心に活動。 生理前になると無性に何か食べたくなったり、いつもよりたくさん食べてしまったりする人は多いと思います。 好きなだけ食べていたら太ってしまうし、かといって我慢するとストレスが溜まってしまって、どちらにしても体に悪そうです。 そこで今回は、生理前に食欲旺盛になるのはなぜなのか、生理前に食べ過ぎる原因や食欲を抑える方法などをご紹介します。 生理前に食欲旺盛になるのはなぜ?止まらないのは異常なの? 生理前に食欲が旺盛になるのは決して異常なことではありません。 生理前に食欲旺盛になるのは、月経前症候群(PMS)の症状の一つだと考えられます。 月経前症候群の原因はいくつかの説がありますが、はっきりとはわかっていません。 以前はプロゲステロンなどの女性ホルモンの影響によるものだと思われていましたが、現在は脳内物質のセロトニンや神経伝達物質のGABAなどが原因として有力視されています。 これらの方法を実践することで、生理前の食欲が抑えられるかもしれません。 例えば、朝、目が覚めたら起き上がる前に体温を測って記録してみてください。 毎日同じ状態で、同じ時間に測るのが理想ですが、そのために無理をしてストレスが溜まってしまっては意味がありません。 大事なのは楽な気持ちで続けることですよ。 その際、基礎体温だけでなく、気づいたことは何でも書いてみましょう。 生理の開始日や体調、気分、何が食べたくなったかなど、なるべく細かく書くといいでしょう。 自分の食欲がどう変化しているかを認識できると、自然に生理前の食欲を抑えられるかもしれません。 関連記事 生理前に食べ過ぎたときのリセット方法は? 生理前の食欲を抑える方法を実践したのに、それでも食べ過ぎてしまうことはありますよね。 そんなときは、以下のような方法を試してみてはいかがでしょうか。 これらの方法を実践すれば、生理前に食べ過ぎてしまったとしても、必要以上のカロリー摂取や脂肪の吸収を抑えられるので、食べ過ぎてしまったという事実をいったんリセットすることができます。 食事量を減らす 食べ過ぎてしまった翌日の食事の量を減らしてみてはどうでしょうか。 1日3食摂ることが習慣になっている人は多いかと思いますが、朝食をフルーツやサラダだけにしたり、空腹感を感じてから食事を摂るようにしてみたりして、余分なエネルギーや塩分を摂らないことを心がけてみてください。 野菜を多く摂る 野菜に含まれている食物繊維は、腸が脂肪を吸収するのを抑えてくれる働きがあるともいわれています。 そのため、生理前に食べ過ぎてしまったと思ったら、野菜をたくさん食べるといいでしょう。 水分を多く摂る 血液中の水分が少ないと、老廃物をうまく体の外へ排出することができず、脂肪の燃焼を妨げてしまう可能性があります。 そのため、生理前に食べ過ぎてしまったら、水分を多く摂るのも効果的でしょう。 この場合の水分は、常温の水で摂るのがおすすめです。

次の