おとめかいぼうであそぼうよ 歌詞。 にほんごであそぼで恋そめしを歌う4人の子役は誰?

【罗马音】乙女解剖(DECO*27)

おとめかいぼうであそぼうよ 歌詞

恐らく、女子高生の彼女は大好きな彼と電話しています。 普通の女子高生なら彼氏で間違いないでしょう。 特に用事もないけど、好きな人に電話したくなるのはよくあることです。 ただ歌詞5段目「仮面同士~」のセリフで、 彼女と彼の関係が普通ではないことが分かります。 いま思えば、MVで彼女がスマホではなく公衆電話で電話しているのも変です。 これらが象徴しているのは 匿名性でしょう。 「こんばんは」の言葉もどこか仰々しいものを感じさせます。 親しいけど、知らない相手。 SNSなどネット上でのお付き合いを、彼女はしているようです。 仮面というのも、ネット上でのハンドルネームだと考えると腑に落ちます。 彼女の葛藤.

次の

【楽曲考察】DECO*27「乙女解剖」とは”あの”手術のことだった?

おとめかいぼうであそぼうよ 歌詞

カテゴリ• 乙女解剖であそぼうよ ドキドキしたいじゃんか誰だって 恥をしたい 痛いくらいが良いんだって知った あの夜から こんばんは、今平気かな? 特に言いたいこともないんだけど もうあれやこれや浮かぶ「いいな」 君が居なくちゃどれでもないや 仮面同士でイチャついてら 寸寸 恋と表記せず 気持ち vs 退屈はPK戦 そうなにもかもに迷子がおり 泪流してSOSを 半目開きで娘娘する 病事も全部 君のもとへ添付 ツライことほど分け合いたいじゃない この好きから逃げたいな やっぱ 乙女解剖であそぼうよ 本当の名前でほら呼び合って 「いきたくない」 そう言えばいいんだった 楽になれるかな 乙女解剖であそぼうよ ドキドキしたいじゃんか誰だって 恥をしたい 痛いくらいが良いんだって知った あの夜から こんな早くにごめんね 起こしちゃったよね 今大丈夫? 君が別の人のことを好きになるって夢を見たんだ 否定してほしい ねえ愛して? 朝と夜2回分 君に撒くスパイス 思い込みの狂気 効果はない ねえ最近冷たいね やっぱ 乙女解剖であそぼうよ 身を焦がす感情をヌき合って もうバカみたい 「嫌嫌」がたまんないの 誤解は解けるかな 乙女解剖であそぼうよ 涎をバケットの上に塗って 確かめよう 期待外れ最高潮だった あの夜から 乙女解剖であそぼうよ 本当の名前でほら呼び合って 「いきたくない」 そう言えばいいんだった 楽になれるかな 乙女解剖であそぼうよ ドキドキしたいじゃんか誰だって 恥をしたい 痛いくらいが良いんだって知った あの夜みたいに 目次• 『乙女解剖』は、初音ミクの声がとてもよく合う神曲に仕上がっています。 MVでは、中高生くらいの女の子が街をふらふらと歩いている様子が描かれ、不良少女のような、遊んでいる女子を思わせます。 サビでは大人っぽ姿になっていたり、服をまくしあげると体の中の骨が描かれていたりと、「乙女」と「解剖」が絵柄と世界観に良く表現されています。 タイトル『乙女解剖 』の意味 『乙女解剖』とは、「乙女」という言葉と「解剖」という言葉が組み合わさっています。 「乙女」若い女性や、結婚をしていない女性のことですね。 「解剖」は生物などの体を切り開き、形態や構造を調べることです。 つまり、『乙女解剖』とは、若い女性の体を切り開き、形態や構造を調べるということが直接の意味になります。 少し危険な香りのするタイトルですね。 しかし、実際に歌詞中でそのようなことはしていませんのでご安心ください。 音楽が華やかで明るい雰囲気なのに対し、一見恐ろしいタイトルですが、読み解いてみると、恋する乙女の心の構造を、彼と一緒に調べてみたい、そのような意味が感じられました。 『乙女解剖』歌詞の意味 痛みを知ったあの夜 乙女解剖であそぼうよ ドキドキしたいじゃんか誰だって 恥をしたい 痛いくらいが良いんだって知った あの夜から 『乙女解剖』はタイトルになっている言葉です。 このサビのフレーズは、冒頭、1番のサビ、ラストに3回繰り返されます。 女の子がひとり、夜道を歩き、つぶやくように吹き出しに歌詞の文字が表示されます。 骨を拾うシーンが出てきて、「解剖」というタイトルをイメージさせます。 意味深で、どこか悲し気な女の子に、いったい何があったのでしょうか。 「乙女」「ドキドキしたい」「痛いくらいが良い」「あの夜」というワードから、女の子は男性と体の関係を持っていることが予想できます。 相手との間で何か問題があったのでしょうか。 「乙女」の気持ちとは? こんばんは、今平気かな? 特に言いたいこともないんだけど もうあれやこれや浮かぶ「いいな」 君が居なくちゃどれでもないや 仮面同士でイチャついてら 「こんばんは、今平気かな?特に言いたいこともないんだけど」は、女の子が恋心をいだいている男性へ電話で話をするとことです。 「仮面同士でイチャついてら」というのは、街の中で見かけたカップルのことでしょう。 街を歩くカップルを横目に、女の子は一人歩いていて、好きな人は隣にいません。 電話で呼び出そうと思ったけれど、あいにく都合がつかなかったのか、それとも、相手の男性は恋人なのではなく、女の子とは体だけの関係で、女の子は片思いの状況なのではないかと考えることもできます。 ひとりで歩く女の子は「君が居なくちゃどれでもいい」と、なげやりな感情になっています。 寸寸 恋と表記せず 気持ち vs 退屈はPK戦 そうなにもかもに迷子がおり 泪流してSOSを 半目開きで娘娘する 「寸寸」は物を細かくずたずたにすることです。 この「寸寸」という言葉も、「解剖」をイメージさせます。 この歌詞のフレーズから読み取れることは、女の子には学校や家、どこにも居場所がなくて、心が迷子になっているということです。 きっと、夜道を歩き、辛さや寂しさ、苦しい気持ちで泣いているときに、男性と出会ったのでしょう。 しかし、男性は女の子を助けることが目的ではなかった、女の子と体の関係を持ってしまったのだと考えられます。 それなのに、女の子は相手の男性を好きになってしまったのでしょう。 やっぱ 乙女解剖であそぼうよ 本当の名前でほら呼び合って 「いきたくない」 そう言えばいいんだった 楽になれるかな 「乙女解剖であそぼうよ」というフレーズは、サビの冒頭に繰り返されます。 女の子が、気持ちを自分に向けてくれない男性に対して、誘っているような感じです。 体の関係ばかりを求める男性に対し、女の子はそうは思ってはいません。 本当はこんな行為をするだけではなく、もっと心を通わせたいのです。 でも、心の中では、拒んでしまったらまた一人になってしまう、離れたくないと思っているのでしょう。 また一人の迷子に戻るのもつらい、しかし、恋をしていることもつらい、どうしたら「楽になれるかな」。 一緒に「解剖」しよう こんな早くにごめんね 起こしちゃったよね 今大丈夫? 君が別の人のことを好きになるって夢を見たんだ 否定してほしい ねえ愛して? このフレーズは全て、女の子が男性に電話で話している会話です。 1番のAメロも、女の子から男性へ、電話をしている内容でした。 1番のAメロでは、夜に電話をかけていました。 2番のAメロでは、朝です。 朝、男性が他の人のことを好きになる夢を見て目が覚めて、それを否定してほしいと電話で伝えています。 女の子は、体の関係のあるだけの相手に対し、不安や、不満を感じているのかもしれません。 男性の気持ちや様子は、歌詞の中に現れていないのでわかりませんが、女の子の一方通行な想いが感じられることが切ないですね。 やっぱ 乙女解剖であそぼうよ 身を焦がす感情をヌき合って もうバカみたい 「嫌嫌」がたまんないの 誤解は解けるかな 男性は、女の子の感情に気づいているのか、いないのか、体の関係は繰り返されます。 女の子は、そのような行為だけでは嫌だと感じています。 そして、そのような関係しか保てない自分を「バカみたい」と感じているのでしょう。 きっと、出会った最初の頃は、女の子も彼のことを体の関係だと割り切っていたところがあるのではないでしょうか。 女の子は、彼への想いが強くなるほど体の関係を拒みたくなりますが、男性はそれを単純に自身のことを拒まれていると誤解するのです。 女の子は誤解を解きたい、だからこそ、彼と一緒に『乙女解剖』したいのでしょう。 乙女解剖であそぼうよ 涎をバケットの上に塗って 確かめよう 期待外れ最高潮だった あの夜から 「涎をバケットの上に塗って」と生々しい表現がされています。 女の子は、心も体も彼のものになりたいのです。 「乙女解剖であそぼうよ」というのは、女の子からの誘いです。 彼と一緒に自分の心を『解剖』したい、彼に『解剖』されたい、自分でもわからないこの感情を、一緒に分かり合いたいのでしょう。 または、自傷行為を繰り返したり、鬱々とした感情から、もっと危険な意味を持っているのかもしれません。 恋をすることがこんなにも苦しいのなら、いっそ彼に殺してほしい、そんな感情も抱いているのかもしれません。 MVの漫画風の作りと、サビの絵のクオリティが高く、見入ってしまいます。 深く引き込まれる歌詞の内容は、まだ若い女の子が、体だけを求める男性に対し、切ない恋心と、自分自身の感情の変化を読み解こうとするものでした。 『乙女解剖』という少し危険なタイトルですが、ぜひじっくりと歌詞を読んでいただき、乙女心を感じてほしい内容です。

次の

AMBIDEX Store yuni/yuni

おとめかいぼうであそぼうよ 歌詞

アレンジ: emon Tes. 映像:OTOIRO によって構成されています。 かなり意味深で斬新なMVですね。 ざっと見た限りでは、 少女が彼を殺害 解剖 して その後に自らの命も絶つ という衝撃的な内容。 しかし細かく見てみると• 0:30の電話と1:52の糸電話• 1:07の赤信号• 1:36の事件現場• 3:40の死体袋 ? など、考察しがいのある要素がたくさん。 実はこの細かい情景が 後述していく歌詞と 密接に関係してくるのです。 そのため、今回は歌詞考察とともに MVも同時解釈していきます。 では、本題の歌詞に迫っていきます。 MVの紹介でも述べましたが 本楽曲には 少女が彼を解剖して、自らの命を絶つ という大まかなストーリーがあります。 「あの夜」 というのは 主人公が彼を手にかけた夜 乙女解剖をした夜 を指すのでしょう。 またMVの始まりでは、死体袋 ? から主人公が出てきているように見えますが、これはどういうことなのでしょうか?こちらについての考察はラストサビの部分にて行います。 「こんばんは」 とあることから分かるように時間帯は 「夜」 この日、主人公は 「乙女解剖」を決行するのです。 歌詞中にある 「仮面」とは 本心や素性を隠すもの。 を表します。 仮面同士で… とあることから、 主人公と彼は心が通じ合っていない ことが分かります。 しかし、周囲を見て 「いいな」 という主人公からは 心を通じ合わせたい という想いが垣間見えます。 その葛藤の末、たどり着いた答えが 「乙女解剖」なのでしょうか? また、MV中では電話で彼と話していますが、実は後の映像に対する伏線となります。 つまり、主人公の心模様 を表しているのです。 心がボロボロになった主人公は 泪を流して彼に助け SOS を求めたい。 しかし、仮面を被っている関係だから 本音を言えず、 娘娘してしまう。 娘娘とは あどけない様子を想像させる。 つらい本音を隠して、 無理に可愛く振舞っているのです。 このタイミング流れる信号機に注目。 赤信号なのに進め の標識になっているのです。 おそらくこれは「死」を イメージさせているのでしょう。 「この好きから逃げたいな」 と言う主人公の情景と重なります。 命を絶つことで楽になろうとしているのです。 この情景の背景には 彼と分かり合いたい という本音がある分、 胸が締め付けられますね。 主人公の動機が伺えるのは 本当の名前でほら呼び合って という部分。 「本当の名前」つまり 本当の自分たちを見せ合う行為 を主人公はしたかったのです。 解剖とは、 生物の形態から内部まで調べること。 だから 「解剖」することで 彼の全てを把握しようとしたのでしょう。 そして綴られる 「いきたくない」という言葉。 サビ1のこれは恐らく彼の言葉でしょう。 漢字にすると 「逝きたくない」 にあたります。 MVでは 「いきたくない」 の部分が空欄になっています。 この要因には• 逝きたくないと言えなかった• 既に絶命しているから言葉が出なかった といったものが挙げられます。 またラストサビでも 「いきたくない」 という言葉が出てきますが、 1番のこれとは性質が異なってきます。 情景はどう揺れ動いていくのでしょうか。 糸電話には 糸をピンと張っている状態 でないと音が伝わらない という性質があります。 「こんな早くにごめんね」 と、普通通り話しかけていますが 彼に自分の声や思いは一切届かないのです。 なぜなら彼は既に絶命しているから。 彼の死を裏付けるようにMVでは 「三途の川の石積み」 が描かれています。 石積みの詳細は下記にて。 この石積みの元の話は 親より先に子供が亡くなった際、子供は賽の河原という三途の川のほとりに連れて行かれ、朝6時間、夜6時間、泣きながら毎日石を運び続けねばならないといったもの。 「親不孝の罰」といった内容です。 主人公が罪悪感を感じていること を表しているのかも知れません。 最近冷たいのは、 感情ではなく彼の体温。 絶命しているから温もりがないのです。 同タイミングで流れる MVには「骨」が描かれています。 感情をヌき合ってというのは 「骨を抜き合う」といったところでしょう。 骨を抜くとは、異性間で 相手の魅力により言いなりになる様子。 「嫌嫌」がたまんないの とあるように 自分の言いなりになっている 彼を見て 高揚感を覚えたのです。 なぜなら、今まで思い通りに いくことなんてなかったから。 ここの 「いきたくない」は 主人公の言葉で 漢字にすると 「生きたくない」 にあたるのでしょう。 彼を手にかけた後に残ったのは、 罪悪感と後悔だったのかもしれません。 もしくは 彼のすべてを知った 解剖した から思い残すことが なくなったのかも知れません。 自らの命を絶ってしまいます。 ストーリーから察するに やはりこれは死体袋なのでしょうね。 しかし気になるのが曲始めのMVで 主人公が袋から出てきていること。 袋を「死体袋」だと仮定すると 主人公は初めから亡くなっていた ということになります。 もしかすると 自らの苦悩から逃れるため、 ひいては幸せになるために 乙女解剖を決行した主人公でしたが その結末に強く後悔をしていた ことが考えられます。 MV終盤の主人公の涙とも辻褄が合います。 後悔をしているから成仏できずに 何度も何度も同じ情景を 繰り返しているのかも知れません。 そう考えると ものすごく悲しい物語 であることが伺えますね。 感想 いかかでしょうか。 あくまでも自己解釈ですが 「乙女解剖」という衝撃的なタイトル通り 歌詞、MVともに意味深で かなり考えさせられる内容でした。 今後の活動にも目が離せませんね。 時間がある方はこちらもどうぞ。

次の