トーンモバイル wifi。 トーンモバイル契約前に知っておきたいメリット・デメリットまとめ

TONEモバイルのWiFiサービスの概要

トーンモバイル wifi

子供向けに簡単に現在地確認やアプリのインストール制限、時間制限、アクセス制限、歩きスマホ禁止などを利用することができます。 高齢者にも簡単に使えるように、無料の電話サポートを行っています。 スマホの調子が悪くても置くだけで不具合を修正してくれる箱も付いてきます。 ただし、TONEモバイルの速度は格安SIMの中でも超遅いです。 基本的に自宅のWiFiでネットをする必要があります。 外でもそれなりにスマホを使う高校生以上〜50代の人は使わないほうがいいです。 スマホをほとんど使わない高齢な両親でも問題ないですが、スマホをほとんど使わない場合は契約しなくて良いと思う・・。 スマホをある程度使ってもらいたい場合は、まともな速度が出る格安スマホを契約することをおすすめします。 TONEモバイルの目次• TONEモバイルのおすすめポイントとメリット• 通信速度が超遅いのでスマホの利用を制限できる• スマホの機能を子供向けに比較的簡単に制限できる• 通話料無料の手厚いサポートがある 高齢者向き• 全て設定された状態のスマホが届くので簡単に使える• 電話料金が安くなるIP電話が付いて来る• 有料メールやIP電話も設定済みなので、すぐに使える• 万が一のための居場所が簡単にわかる TONEモバイルのデメリットと注意点• 実際に出る通信速度が超遅いので使い勝手が悪い 格安SIMの中でも最悪クラス• TONEの格安スマホは2年以内に解約した場合、違約金9800円• IP電話の留守番電話機能が有料になった 月180円• TONEメールが有料になった 月80円• 5分かけ放題が高い 月750円• 5分かけ放題は固定電話へ番号通知できない• 容量無制限でも使いすぎると速度制限 でも速度が超遅いので使いすぎは至難• Youtubeを見たりアプリのダウンロードするには高速チケットを購入する必要がある TONEモバイルの格安スマホ、TONE e19の性能評価と料金プランの詳細 TONEモバイルには2つの料金体系があります。 一つは格安スマホのTONE e19を申し込んだ場合の料金プラン、もう一つはTONE SIMという格安SIMのみ申し込んで自分で用意したiPhoneを使う場合の料金プランです。 ここではまず最初に格安スマホのTONE e19を申し込んだ場合の料金プランから説明していきます。 トーンモバイルの格安スマホ、TONE e19の性能評価 TONE e19 CPU オクタコア1. 8GHz SDM450 RAM 3GB ROM 32GB 画面 5. 4 x 73. 2 x 8. 6mm 重さ 166グラム 価格 1万9800円 Android 8. 1、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD 最大256GB 、ナノSIM、microUSB Type C非対応 、Bluetooth v4. auやソフトバンク回線には適していません。 TONE e19の本体価格は性能から考えて比較的リーズナブルな料金になっています。 SDM450という比較的高性能で省エネなCPUを搭載していて、RAM3GB、ROM32GBと普通に使う分には問題ない性能です。 画面が5. 電池容量は4000mAhもあるので電池持ちはかなり良いです。 置くだけサポートに対応しているので、e19をスマホの箱に載せれば基本的な不具合などを解消してくれます。 固定電話へ発信する場合、相手側に番号が通知されません。 TONEモバイルに標準で付いて来るIP電話を使う場合 TONE電話 ・固定電話:3分13円 ・携帯電話:1分21円 ・IP電話かけ放題オプション:月額500円で1回10分以内のIP電話アプリから発信する通話がかけ放題、10分超過後は通常料金がかかります。 速度制限時の通信速度は0. 02Mbpsくらいです。 速度制限時でもIP電話は使えます。 高速チケットを購入すると速度制限を避けることができます。 高速チケットを使うとベストエフォートで最大3Mbps程度 実測不明 トーンモバイルはです。 テザリングにも対応しています。 高速チケットの有効期限は31日間です。 TONEモバイルの評価と他の格安SIMとの比較 TONEモバイルの速度が尋常でなく遅い 格安SIM 格安スマホ によって実際に出る通信速度はかなり変わります。 通信速度が超速い格安SIMと遅い格安SIMとを比べると、速度差が100倍くらいになったりします。 TONEモバイルの実際に出る通信速度は、その中でもかなり遅いです。 このサイトでは格安SIMを30枚以上計測していますがの、計測中の格安SIMの中でも最下位レベルです。 TONEモバイルが公開している通信速度は500kbps~600kbpsですが、夜中や早朝などは速度が速くなりますが、人が使っているような時間帯だと100kbps〜200kbps程度しか出ません。 「ドコモ回線を利用。 つながるエリアも安心です。 」 「インターネット 容量制限なし 」 とか記載されていますが、格安SIMの中でも最悪水準の通信品質になっています。 つながるとは言ったけど、速いとはいってないみたいな。。 アプリのダウンロードとYoutubeの再生には高速チケットを使用する必要があります。 高速チケットを使わないと、アプリのダウンロードもYoutubeの再生もできません。 午前1時~午前6時の間ならアプリのダウンロードやYoutubeの再生ができます 高速チケットを使うと通信速度は数Mbps程度の速度が出ます。 インターネット使い放題と記載されていますが、かなり遅い通信速度で、一定のデータ量まで使い放題です。 通信速度が遅すぎるので、を選んだほうが快適に使えます。 スマホをあまり使わせたくない小・中学生や、そもそもスマホをあまり使わないシニア世代には問題ないのかもしれません。 TONEモバイルの通信速度をリアルタイムで計測中 このサイトでは2018年2月から格安SIMの通信速度をリアルタイムに計測するサイトをオープンしました。 TONEモバイルの実際に出る通信速度を複数の測定項目で計測しているので参考にしてみてください。 TONEモバイルは高速チケットなしの通信速度になります。 上記のリアルタイム計測をもとに月に1度、格安SIMの通信速度ランキングを更新しています。 格安SIMによっては時期によって速度が速くなったり遅くなったりする場合もあります。 以前は3日間で300MBという記載が規約の端っこくらいにありましたが、2017年になって3日間で300MBの制限が撤廃されました。 ただし、撤廃されても、非公開で使えるデータ量には制限が設けられています。 このサイトで契約しているトーンモバイルでデータを使ってみたところ、3日間で450MB〜500MB使った時点で速度制限になりました。 (注:このデータ量の制限は確実ではありません。 時期によって増減する可能性があります) 速度制限に引っかかると、速度制限中は完全に使い物にならないくらい低下します。 速度制限から3日経過すると、速度制限が解除されます。 ただ、TONEモバイルの高速チケットなしの標準モードだと、深夜早朝以外は動画の視聴やアプリのダウンロードはできないのに加えて、実際に出る通信速度が超遅いので3日間で500MB程度のデータを使うのは至難です。 TONEモバイルの速度は超遅いので、データ量の制限はほとんど気にしなくて良い感じです Youtubeを見たり、アプリをダウンロードするには高速チケットが必要 TONEモバイルの料金プランには、「インターネット使い放題」等と記載されていますが、そのままではYoutubeなどの動画の視聴やアプリのダウンロードはできません。 そのような通信の際には、Wi-Fiでの接続または高速チケットオプションをご利用ください。 Youtubeを見たりアプリをダウンロードする程度で、公平性が損なわれるのはTONEモバイルくらいです。。 自宅のWiFiを使うか、もしくは1GB300円の高速チケットを買うことで、Youtubeなどの動画の視聴やアプリのダウンロードをすることができます。 チケットはアプリ経由で簡単に購入することができます。 チケットの有効期限は31日間です。 月に10回まで高速チケットを買うことができます。 自宅にWiFiがない場合は、Youtubeなどの動画の視聴やアプリのダウンロードをするときに、高速チケットありに切り替えて、それ以外の時は高速チケットなしで使います。 TONEモバイルの月額料金は他の格安SIMと比べてかなり割高 そもそもTONEモバイルの高速チケットなしの通常モードは、速度が遅すぎます。 我慢すれば使えなくもないですが、普通に使いたい場合は高速チケットを常に使う必要があります。 TONE端末:1GB300円 3GBだと900円 iPhone:1GB445円 3GBだと1335円 TONE端末の通話SIMの月額料金は1950円、iPhoneの通話SIMの月額料金は2450円です。 月3GB普通に使いたい場合は TONE端末: 月2850円 iPhone: 月3785円 くらいです。 TONEモバイルの月額料金はかなり割高です。 高速チケットなしならそこまで割高ではないですが、速度が超遅くて使い勝手が悪くなります。 この場合、OCNモバイルONEを選んだ方がだいぶマシです。 ONEモバイルONEも速度は遅いですが、TONEモバイルと比べたらだいぶマシです。 そしてTONEモバイルよりも安く使えます。 特にで格安スマホが安く買えるので、新しいスマホが必要な場合はOCNモバイルONEを検討してみてください。 小学生や中学生向けに利用用途を制限できる 速度も超遅いし! 子供に連絡用や万が一のためにスマホを持たせたいけど、スマホでゲームばかりしたり、ネットで変なサイト見たり、Youtubeで動画ばかり見ると困る・・・。 トーンモバイルの格安スマホなら、子供に持たせるスマホの機能を簡単に制限することができます。 例えば、アプリを自由にインストールできなくさせたり、使えるアプリを制限したり、アプリごとに1日で使える利用時間を設定できたり、スマホ丸ごと1日で使える利用時間を設定できたり、特定のサイトしかアクセスできないようにしたりできます。 トーンモバイルの速度が超遅いので、スマホの使い勝手が悪くなり、強制的にスマホの使いすぎを防いでくれます。 高齢者も安心して使えるサポート体制 格安スマホでよく言われる問題は、サポートが皆無という問題です。 今までキャリアショップで毎年何回もお世話になっている人は、正直格安スマホはオススメできません。 ただ、おそらく大体の人はお世話になったことはそうそうないと思います。 たいていの人はサポートなしでもスマホを使っていくことができると思いますが、問題は高齢者です。 高齢者の場合、ちょっとしたことでも調べて自分で解決できない可能性が高いです。 安いからといって両親に格安スマホを勧めると、スマホの使い方やらちょっとした不具合やらで、何度も同じようなことを、聞いてくる可能性が高いです。 近くに住んでいるなら、いざ知らず、少し離れていた場合は目も当てられません。 そんな場合、トーンモバイルの格安スマホなら手厚いサポートがあるので、高齢者のスマホの世話はトーンモバイルに全投げできます。 電話サポート 無料 スマホの使い方がわからない、スマホが動かない、手続きを知りたいなどなど、年末年始以外、平日・休日の10時から19時まで電話でのサポートに対応しています。 トーンのアプリに050アプリがあるので、そこから無料で電話ができます。 土日や休日は少し混み合うそうです。 空いている時間帯は11時から15時になります。 つながらない場合は、10分くらいしてから電話すると繋がったりします。 遠隔リモートサポート 無料 たいていの高齢者は電話で指示しても理解してくれません。 TONEモバイルの格安スマホなら、電話で話しながら、オペレーターが自分のTONEスマホを遠隔操作してくれます。 これをやっているのはTONEだけです。 電話も050アプリで無料でできるので気軽に使えます。 まずは最初に、スマホガイドブックを見ながら、トーンモバイルの格安スマホをいじってみます。 だいたいの箇所はわかると思いますが、わからないことがあったら、コールセンターへ無料で電話をかけてサポートを受けるのが基本的なやり方です。 電話サポートでもうまくいかない場合は、遠隔リモートサポートを使います。 おそらくiPhoneの場合は遠隔サポートはできません これで高齢者でも安心してスマホを使うことができます。 加えて、子供にとっては両親のスマホの面倒を見続けなければならないという、恐ろしい状態に陥らないですみます。 TONEモバイルの格安スマホの本体代金は割高ですが、このサポート体制を考えれば、むしろとてもありがたい格安スマホと評価できます。 TONEモバイルではこのほかに、下記の対面サポートを受けることができます。 ただ、対面サポートできる場所は全国でもそんなに数は多くないので、オマケ程度に考えてください。 講習会による対面サポート 無料 週2回、無料のスマホ教室を開いています。 ただしこの教室をやっているのは全国で数カ所のみなので、高齢者の場合で、自宅から近ければ試してみる感じです。 ツタヤ店舗でも対面サポートが受けられる 無料 TONEモバイルを扱っているTSUTAYAでも無料の対面サポートが受けられます。 そして、IP電話番号は格安スマホにすでに設定された状態で届きます。 設定の仕方に悩む必要もありません。 TONEモバイルのIP電話には無料で留守番電話機能が付いています。 IP電話の特徴は、電話を無料、または安くかけることができることです。 050のIP電話の月額料金 無料 TONEの格安スマホ同士の通話 無料 国内の一般加入電話の通話 3分13円 国内のケータイ・PHSの通話 1分21円 IP電話かけ放題オプション通話 月500円 IP電話アプリから発信する10分以内の国内通話が回数無制限でかけ放題、1回10分を超過後は通常の通話料金 携帯1分21円、固定3分13円 がかかります。 普通の格安スマホや格安SIMだと、通話料は一律30秒20円です。 楽天でんわ等の半額でんわを使っても30秒10円です。 TONEモバイルのIP電話を使うことで、電話代をかなり安くすることができます。 少しややこしいですが、TONEモバイル同士の通話はIP電話で無料でできるのですが、TONEモバイル以外のIP電話番号への通話は無料になる場合と有料になる場合があります。 050無料通話先プロバイダーの通話 無料 050有料通話先プロバイダーの通話 3分13円 ざっくり言うと、たいていの050IP電話番号 050 Plus等 へは無料になります。 ただ、一部ですが有料になる050IP電話番号 SMARTalk等 もあるので少し注意が必要です。 トーンモバイルのIP電話の音質 トーンモバイルのIP電話の音質は普通です。 IP電話は音質が悪かったり遅延がひどくて相手の声が遅れて聞こえたりする場合があるのですが、トーンモバイルのIP電話は普通に使えます。 スマホを2台用意して、片方はトーンモバイルの格安スマホのIP電話で携帯電話番号へ電話をして、もう片方のスマホでその電話を受けてみましたが、普通でした。 同じ部屋で人間二人を使って試してみたのですが、確かに少し声が遅れて届くのですが、同じ部屋にいない限り、普通気付きません。 音質も普通でした。 クリアな音質というわけではなりませんが、ふつーです。 トーンモバイルの格安スマホのIP電話から、同じ部屋にある050のIP電話 SMARTalkを入れたiPhone へ電話をかけてみました。 結果、両方ともIP電話の場合、少し遅延が増えた感じがしますが、普通に使える範囲でした。 思った以上に普通に使えるのがTONEモバイルのIP電話です。 ちなみに、トーンモバイルの格安スマホなら自分のIP電話番号 050番号 を無料でもらえます。 そのIP番号を相手に知らせれば、普通に電話がかかってきます。 LINEにも無料通話がありますが、トーンモバイルのIP電話を使った無料通話の方が音質はかなり良いです。 LINEの場合、とりあえず無料だから音質を我慢して使っている感じになります。 IP電話の留守番電話機能が有料! IP電話の留守番電話機能は基本的に無料ですが、TONEモバイルだと月180円かかります。 以前はTONEモバイルでも無料で使えたのですが、2018年5月1日から有料になります。 しかも、これ2018年4月30日までにTONEモバイルに連絡して留守番電話機能を解除してもらわないと、オプション料金を強制的に取られ続けるので注意してください。 TONEモバイルは、1ヶ月に数度くらい宣伝メールが届くので、それと一緒に留守番電話機能の有料化の内容が紛れ込んで、気づかない人が結構いると思います。 5分かけ放題が高い TONEモバイルは、音声通話機能を付けると、5分かけ放題を申し込むことができます。 ただし、この5分かけ放題が高いです。 月額850円で10分かけ放題、10分超過後は30秒10円の通話料金が一般的ですが、TONEモバイルは月額750円で5分かけ放題、5分超過後は通話料金が30秒18円もします。 これに加えて、ほとんどのかけ放題は固定電話へ発信する場合、相手側に番号が通知されますが、TONEモバイルのかけ放題は固定電話へは番号が通知されません。 TONEモバイルは音声通話機能を使いたい人向けの格安スマホではありません。 あくまで、IP電話を使って電話をする人向けの格安スマホです。 格安SIM 格安スマホ でも電話をある程度したい場合は、下記を参考に電話代を節約してみてください。 参考: 親もTONEモバイルを使わないと割高になる 子供にTONEモバイルを持たせようと思っている場合、自分 親 も一緒にTONEモバイルを持たないと子供用の機能が有料になるので注意してください。 親子でTONEモバイルを使わないと有料オプションになります。 位置情報を見たり、歩きスマホの警告などをすることができます。 これも親子でTONEモバイルを使わないと有料オプションになります。 子供向け機能が有料になるパターン 親 : TONEモバイル以外 子供 :TONEモバイル 子供向け機能が無料で使えるパターン 親 : TONEモバイル 子供 :TONEモバイル TONEモバイルは通信速度がかなり遅いので、スマホを普通程度に使う場合は親がTONEモバイルを使うのはかなり厳しいです。 子供のスマホの利用を制限するアプリとして、iフィルターが有名ですが、やなら無料でiフィルターを使うことができます。 iPhone向けの格安SIM、TONE SIMはTONEモバイルならではの機能がほとんどが使えない TONEモバイルは、2018年4月26日からiPhone向けの格安SIM、TONE SIMの提供を開始しました。 ただ、このTONE SIMはTONEモバイルならではの機能が大幅に削減されています。 iPhoneの設定は自分でする必要があり 3000円でTONEモバイルを扱っている店舗で少し設定してくれる 、置くだけサポートも非対応、ライフログや写真のプリントにも非対応です。 移動速度を検知して、電車や車に乗ったことを知らせる機能くらいしか独自性がありません。 移動速度を検知して何がしたいのだろう・・、自分の子供が授業中にどこか遠くに行った場合を知るためとか、誘拐を知るためとかですかね・・?謎です。。 iPhoneを使い場合、TONEモバイルにこだわる必要はほとんどないです。 iPhoneを使いたい場合は基本的にUQ mobileがオススメです。 UQならiPhoneをかなり安く手に入り、通信速度も超速く快適に使えます。 子供用のフィルタリングアプリ あんしんフィルター for UQ mobile も無料で使うことができます。 UQ mobileでは月300円の家族みまもりパックを付けることで、子供の行動履歴 位置情報の履歴 をチェックすることができます。 子供にとっては、かなり嫌な感じがする機能だと思いますが・・、親の判断で・・。 TONE e19専用:設定済みの格安スマホと懇切丁寧なスマホガイドブックが付属 普通の格安スマホは設定がほとんどされていない状態で届きます。 スマホを使うには格安SIMを設定したり、メールを設定したりと、何だかんだと設定が必要になりますが、普通の格安スマホには設定を説明している紙が1枚入っているくらいです。 加えて、スマホの使い方 ネットの仕方、写真の取り方、電話の仕方などなど なんて、何も記載されていないのが普通です。 自分でネットで設定や使い方を探して頑張れ!みたいな感じになります。 トーンモバイルの格安スマホは設定がほとんど完了した状態で届きます。 追加で設定することが少しありますが、通常の格安スマホと比べると相当簡単になっています。 設定がほぼ完了した状態なのに加えて、格安スマホと一緒にスマホガイドブックという冊子が付いてきます。 このスマホガイドブックが優れものです。 スマホ初心者でもスマホの使い方をゼロから丁寧にカラーで解説してくれます。 全部で55ページ、このガイドブックを見ながらスマホをぽちぽち弄れば、一通りのスマホの使い方がわかっちゃいます。 各部の名称・・・ボタンの説明など 画面の特徴・・・子供向け、シニア向け、通常画面 基本操作・・・タップやスワイプ、フリック、ピンチ、文字入力等の説明 使い始めるには・・・充電の仕方や電源の入れかた、Googleアカウントの登録の仕方、WiFiの設定等 電話の使い方・・・電話帳やIP電話、090電話の使い方 カメラを使う・・・撮影、自撮り、集合写真、パノラマモード、撮影のコツ等 メールする・・・メールの送信、受信の仕方等 ネットを使う・・・ブラウザの使い方 動画を見る・・・高速チケットを利用して動画を見る 好きなアプリを入れる・・・Playストアで無料のアプリをインストールする仕方、LINEのインストールの仕方等 便利に使う・・・地図の使い方、104検索、パソコンに写真等を保存、音楽を再生、音楽を購入、写真を印刷等 家族で使う・・・現在地の確認、アプリ制限、時間制限、アクセス制限、エアノック、歩きスマホ警告等 容量がいっぱい・・・マイクロSDカードの使い方 トーンモバイルの格安スマホは、高齢者でも簡単に使えます。 そんな場合に、TONEモバイルに付いてくる箱の上に、スマホを置けば、自動で不具合を探して問題を修正してくれます。 ネットが繋がらない場合は、とりあえずTONEモバイルの箱にスマホを載せれば、大体の場合でネットが繋がるようになります。 TONE e19専用:家族の健康管理に、もちろん自分も含めて TONEモバイルの格安スマホにはライフログというアプリがインストールされています。 ライフログを使うことで、歩数を自動的に記録して、日々の歩数と活動量と消費カロリーを記録してくれます。 5秒くらいで心拍数も測れます。 さらに、ライフログのデータは家族で共有することができます。 家族のライフログは自分のスマホやパソコンからでも見ることができます。 日々の目標の歩数、8000歩をクリアするとTポイントが1ポイントもらえます。 少ないですが、続けていくのにちょっぴり嬉しい特典です。 TONE e19専用:撮った写真を簡単に安く印刷できる TONEモバイルの格安スマホで撮った写真は、簡単に安く印刷することができます。 試してみればわかると思いますが、簡単に印刷することができます。 料金はLサイズの写真1枚で6円です。 これに送料が100円かかります 50枚以上だと送料80円。 申し込んだ写真は、数日後に自宅に届きます。 料金はトーンモバイルの月額料金と合わせて請求されるので手間いらずです。 トーンモバイルのまとめ トーンモバイルはスマホをお守り代わりに持たせる程度の小・中学生と高齢者のための格安スマホです。 親は簡単にスマホの利用制限をして、安全に使えるスマホを小・中学生に渡すことができます。 高齢者は、スマホの使い方がわからなくても、トーンモバイルなら手厚いサポートを受けることができます。 高校生や大学生、普通の大人が使うスマホとしては、トーンモバイルは通信速度が超遅く、料金も割高です。 デメリットばかり目立つので他の格安SIMや格安スマホを選んだほうが良いです。 小中学生や高齢者がそこまでスマホを多用するシーンは考えにくいです。 子供はスマホを多用するかもしれませんが、その場合、何かしらの利用制限をする必要があるので、TONEモバイルの遅すぎる速度が利用制限の一つとして効果を発揮してくれます。 トーンモバイルは小・中学生の子供を持つ親や、機械操作が苦手な親 シニア層 に持たせるスマホとして検討してみてください。 TONEモバイルの解約の詳細 TONE端末購入者が2年以内に解約する場合は違約金9800円が発生する トーンモバイルの格安スマホを購入した人の場合、基本プランでも090音声オプションを追加したプランでも、2年以内に解約した場合は違約金が9800円かかるので注意してください。 普通の格安SIMだと、データSIMの場合はいつ解約しても違約金なし、音声通話SIMの場合は契約から1年も経てば違約金の支払いもなくなるのですが、トーンモバイルだと2年以内に解約したら違約金がかかるので、かなり厳しいです。 ただし、2年以内に他社へ乗り換える場合は違約金9800円のみが発生して、MNP転出手数料は発生しません。 8日以内の初期契約解除について トーンモバイルの場合、スマホが届いてから8日以内に解約を申し込むと違約金なしに解約することができます。 ただし、スマホの本体の返却及び本体代金の返金は行われません。 TONE SIM for iPhoneなら違約金なし TONE SIMなら違約金なしでいつでも解約できます。 ただし、他社へ乗り換える場合はMNP転出手数料として3000円がかかります。 25日 2月は24日 までに電話で解約手続きをする、乗り換えの場合は早めに行動! TONEモバイルを解約したい場合は、25日 2月は24日 までに電話で解約手続きをする必要があります。 トーンモバイル お客様サポート窓口 電話番号 050-7300-6773 年中無休 10:00-19:00 他社へ乗り換える場合は、お客様サポート窓口に電話をしてMNP予約番号の発行手続きをします。 MNP予約番号の発行は受付日の翌日以降になります。 解約月は日割りにはなりません。 月額料金は満額支払う必要があります。 SIMカードの返却は必要だけど、問い合わせると罰金なし TONEモバイルの解約月の翌々月25日までに下記の住所にSIMカードの返却を要求しています。 25日が土日祝日および当社指定の休日の場合は、その前営業日(営業日=土日祝日および当社指定休日を除く平日)が到着締め切り日です。 返却先住所 〒847-0083 佐賀県唐津市和多田大土井4740-1 トーンモバイル株式会社 お客様サポート窓口行 SIMカード返却に使用する封筒 宛名ラベル は下記より印刷して利用できます。 宛名ラベルを利用しない場合は自己負担で送料は支払って郵送する必要があります。 SIMカード返却用宛名ラベルを表示・印刷 SIMカードのみ返却します。 期限までに返却しない場合は、 紛失手数料を請求する場合があります。 問い合わせると返却しなくても紛失手数料は請求していないそうです 以前は公式サイトのどこかに紛失手数料3000円の記載があったと思いますが、今は紛失手数料の記載だけで、具体的な金額が記載されていません。 ご解約やサイズ変更等においてSIMカードの返却が必要な場合、返却期限を設けております。 期限までにご返却いただけない場合は、紛失手数料をお支払いいただく場合があります。 なお、ご返却方法にて指定はございませんので、封筒をご用意いただき返却いただきますようお願いいたします。 SIMカードの返却については、以下URLよりご確認いただくことが可能です。 SIMカードにつきましては、カットしご利用いただくことは可能でございますが、破損や利用できない状態となった場合、手数料が発生する可能性がございますので、あらかじめご了承ください。 SIMカードのサイズ変更を行われた場合、新しいSIMカードが到着し数日で旧SIMカードが停止されますので、実質利用不可期間は発生いたしません。 ということで、問い合わせると紛失手数料は発生しないと回答していました・・。 なんとなく封筒をプリントアウトしてポストに入れに行くのが面倒な場合は、TONEモバイルに問い合わせてみると良いと思います。 SIMカードなんて返却したところで、ゴミ箱へポイなので。。 TONEモバイルを解約する場合のおすすめの乗り換え先 格安SIMのみ申し込む場合 SIM替え 、を参考に乗り換え先を検討してみてください。 MVNOで行なっている格安SIMのキャンペーン情報をお得度順に掲載しています。 TONEモバイルで購入したスマホを持っている場合は、超古いスマホでなければで使うことができます。 超古いTONEモバイルのスマホを使っている場合は、を参考に新しいスマホやiPhoneを検討してみることをお勧めします。 MVNOで行なっている格安スマホとiPhoneのキャンペーン情報をお得度順に掲載しています。 UQモバイルのスマホプランを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。 iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに最大1万8000円の端末割引で買えます。 UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。 トーンモバイル TONEモバイル の評判 2015年3月1日にフリービットモバイルがトーンモバイルに商号を変更して、2015年5月からTONEの格安スマホを売り出しました。 登場してから結構経ちますが、正直評判はあまり集まっていません。 集まっていない原因は、使っている人がほとんどいないのに加えて、使っている人は評判を書き込むことが少ない小・中学生と高齢者です。 加えて、2015年に発売したトーンモバイルの低品質スマホ m15 を、2017年になっても販売し続けていました。 m15は電池持ちも悪いし、カメラの性能も悪い、GPSの精度も悪いと、子供や高齢者が持つスマホとしても、オススメできるような代物ではありませんでした。 そんな中ようやく登場したのがm17です。 m17はCPUは低性能ですが、防水・防塵・耐衝撃、電池持ちは良く、カメラ性能も普通、GPSの精度も普通と、子供や高齢者が持つスマホとしてなら使える構成になっていました。 そんなこんなで2018年4月にiPhone用の格安SIM、TONE SIMを販売開始して、2019年3月に新たな格安スマホe19を発売しました。 速度が遅すぎて普通の人には全くお勧めできませんが、小・中学生やスマホをあまり使わない高齢者なら良いのかなと思う次第です。 TONEモバイルの口コミと質問は下記から このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。 TONEモバイルも下記で口コミや質問を受け付けているので、何かあれば書き込んでいただければと思います。 au系の格安SIM。 全ての格安SIMの中で一番速度が出て安定しているがUQ mobileの格安SIMです。 通信速度を重視する場合、UQ mobileが一番おすすめです• LINEやTwitter、Facebookをデータ消費なしで使うことができます。 LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。 ソフトバンク回線なら速度も結構速いです。 月額料金は1GBごとの従量制になっているので、簡単に一番安くすることができます。 SIM3枚コースも安く使えるので、家族で使う場合はより無駄なく使うことができる格安SIMになっています。 BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合にオススメの格安SIMです。 BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。 割安に使えるキャンペーンも積極的です。 通信速度も結構速いです。

次の

TONEモバイル(トーンモバイル)の詳細評価と評判&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較

トーンモバイル wifi

お客様サポート窓口に電話し、MNP予約番号発行を依頼• 受付の翌日以降にMNP予約番号が発行• MNP予約番号を乗り換え先の格安SIMに提出• MNP切り替え手続きを行う 上記の手順でMNP予約番号を発行できます。 MNP予約番号の発行方法は、お客様サポート窓口に電話するのみです。 店舗やネットでは、MNP転出手続きができません。 発行されたMNP予約番号の有効期限は 15日間です。 15日を過ぎてしまうと、再度MNP予約番号を発行する必要があります。 乗り換え先の格安SIMによって、契約時に必要なMNP予約番号の必要残日数が異なるので、事前に確認しておきましょう。 お客様サポート窓口の詳細は以下の通りです。 090音声オプションの利用期間が6ヶ月未満でMNP転出する場合は、MNP転出違約金はかからず、解約金9,800円のみとなります。 トーンモバイルを解約するタイミングを解約するタイミングを事前に計画しておきましょう。 契約の自動更新はないので、 更新月は存在しません。 すなわち、最低利用期間の24ヶ月を過ぎてしまえば、いつ解約しても解約金は発生しません。 解約金やMNP転出違約金以外にも、トーンモバイルで購入した端末の代金を支払い終えていない場合は、端末代金の残金を払う必要があります。 見落としがちな端末代金。 トーンモバイルで端末を購入した人は、端末代金の残金も忘れずに頭に入れておきましょう。 トーンモバイルを解約した月の月額料金は、全額支払いになります。 日割りに対応していないので、なるべく月末まで使った方が損は少ないです。 ただし、解約手続きが25日を過ぎないようにしましょう。 トーンモバイルのSIM返却方法 トーンモバイルを解約したあとは、使用していたSIMカードを返却する必要があります。 返却先や返却方法を以下の表にまとめました。 返却先 〒847-0083 佐賀県唐津市和多田大土井4740-1 トーンモバイル株式会社 お客様サポート窓口 行 返却方法 郵送 郵送料 自己負担 返却期限 解約月の翌々月の25日 25日が休日の場合は、前営業日まで 参照: 「」 上記返却先に忘れずにSIMカードを返却しましょう。 SIMカード返却用の封筒をトーンモバイルの公式サイトからダウンロードできます。 あなたにピッタリの格安SIMを見つけよう トーンモバイルを解約する手順と、SIMカードの返却方法を紹介しました。 トーンモバイルの解約方法は簡単です。 手続きの流れも簡単ですぐにできるので、本記事で紹介した手順で解約手続きを行ってください。 トーンモバイルから他の格安SIMへ乗り換える人が多いと思いますが、乗り換え先の格安SIMを迷っていませんか。 人気の格安SIMから新進気鋭の格安SIMまで網羅している編集部が格安SIMを比較しました。 乗り換え先の格安SIMに迷っている人は、以下の記事で 自分にピッタリの格安SIMを見つけましょう。

次の

トーンモバイルの評判は実際どう?子ども・シニアに持ってもらたい格安スマホ!

トーンモバイル wifi

こんばんわは!初スマホなんですね^^(ちょっとプレッシャー笑) TONEモバイルで「外出時連絡の為のTEL,HP閲覧(ヤフー、クックパッド、食べログ等)、簡単なゲーム(アメーバピグ)、ラジオ」は可能です。 トーンモバイルをこどもとお年寄りにおすすめする理由は、利用制限できたり健康管理アプリがあったり、また初心者の方でもわからないことがあればすぐ聞ける専用のサポート電話があるからです。 サポートセンターにすぐつながります。 他のsim業者は電話さえつながらないこともよくあるんですね。 なので主婦の方がもたれる分にはおっしゃるとおり事足りると思います。 ただ毎日ゲームやHPを閲覧したりするなら、事足りないかもしれません。 トーンモバイルの他のスマホと違う最大の魅力は月額1000円の安さです 端末代や通話代金・090音声オプションを除く)。 オプションにもよりますが他のスマホよりは安くなる傾向です。 なので安い分他のスマホと比べると 容量は少なく通信測度も遅いのを覚悟してください。 写真やゲームアプリを複数ダウンロードするならちょっと他のスマホを検討されたほうがいいかもしれません。 使ったことがないので想像がつかないかもしれませんが^^: もしTONEモバイルを購入されるならm15をおすすめします。 管理人は安いほうのm14を持っているのですが、低速通信なので通話は途切れるし、youtube動画は見れません。 (おそらくm15も同じ) さらにゲームもダウンロードが遅いのでちょっとイラつくかもしれません^^: この回答を書いている今、m14の通信速度を測定してみたのですが、やはり遅いです。 トーンモバイルで快適に動画を見たいなら高速チケット 1GB300円 必要になります。 まとめますが ・機械類が苦手 ・毎日は使わないライトユーザー ・安く済むならなら多少通信速度遅くてもいい(オプションも多少ならOK) ・自宅に無線wi-fi環境がある (使い放題だが通信を使いすぎると低速なるので節約しながら使う必要性アリ) ならトーンモバイルは検討されてもいいと思います。 購入されるならm14は性能が悪いのでm15をおすすめします。 もし他に検討されたいのであればまたご質問ください^^私でよければ使う用途や頻度によって私なりにオススメの端末ピックアップします。 合うスマホが見つかればいいですね^^ ご質問ありがとうございました。 と回答したところご返信いただきました! 早々にご回答いただきどうもありがとうございました! 現在TONEがキャンペーン中で、購入するなら今月中かな?と焦っておりましたので大変助かりました。 まだ勉強しだして日が浅いので、格安スマホがなんとなく分かってきたレベルです。 白ロムとSIMの組み合わせが一番お得なんだろうとは思うのですが、 なんせ身近にスマホに詳しい方がおらず、サポートが手厚いというのもTONEを検討している大きな要素です。 m15でもごく普通レベルで、他のSIM対応端末?に比べて割高というのも承知しています。 お薦め頂いてるように、TONEにするならm15にしますね。 スマホは未知の領域なので、どれくらい難しいものなのかが想像つかず・・。 PCで検索して解決できるレベルなら他の会社も検討するのですが、奥が深そうですよね。 本来の希望としては。。 LINEでの通話のパケ容量の消費目安がわかりません。 内容も意味不明な箇所があるかと思いますが、お手隙の際にでもご回答いただけたら嬉しいです。 お手数お掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 こんにちは!そうですよね格安スマホといってもほんと100種類くらいありますものね。 (もっとあるかもしれません) 迷うのは当然だと思います。 早速ご質問にお答えします。 サポートだけでなく、何かスマホに異常がでたときは箱に乗せただけで修復してくれる機能がm15にはあります。 7インチ)・arrowsMO2(5インチ)・zenfone2laser(5インチ)と比較してみましょう。 手にとって見るとこんな感じです。 見やすい仕様を選べます。 防水ならアンドロイド端末なら対応しているものが多いです。 管理人もiPnoneのアップルストアで購入した音楽もトーンモバイルに移しかえれました。 またトーンモバイルが提携しているツタヤの「音楽配信」から購入も出来ます。 通話SIM契約なしでも特に必要なければ節約にもなりますし、問題ないと思います。 トーンモバイルは500円追加すれば後から追加もできるようです。 1日中使って半分くらい残るイメージです。 トーンモバイル以外で選ぶなら・・・ トーンモバイル以外で条件を満たしてくれそうな格安スマホをピックアップしてみました。 スマホをいじってみてある程度使い方を調べるのが苦でないならば他のスマホも検討してもいいかもしれません。 次はトーンモバイルについて回答しますね。 LINEはだいたい1時間の通話でも40MBくらいの消費なので問題なく出来ます。 管理人の場合は外であまり使わないので加入していませんが、よく外で使ったり落とす傾向がある方は加入したほうがいいかもしれません。 この判断はお任せします。 パパちさま こんばんはお世話になっております。 お世話になっております。 このたびも丁寧で迅速なご回答どうもありがとうございました! 再度サイトを確認していると、すでにちゃんと他ページにて説明されている項目が多々ありお手を煩わせましてすみませんでした。 実機レビューにもちゃんと目をとおしたはずですが、全然頭に入っていませんでした(^^; TONE以外のお薦め機種もご提案くださりありがとうございました。 実は当方、楽天ユーザーでたまにショッピングを楽しんでおります(カードももちろん作っています)。 なので、楽天モバイルも魅力的だなと思っておりました。 パパちさんのお薦めの第2位という事で再度レビューを拝見させていただきました。 特に「セキュリティー」項目が気になりました。 (無料ソフトあり) ライトユーザなのであまり気にはしていなかったのですが、多分スマホに慣れてきたら、PCより手軽なスマホでまかなうようになり、ネットサーフィンを楽しむうち変なウイルスに侵されなくもないかも・・と。 合わせてもう少し容量がある方がいいかも?と、TONEは2年も縛りがあるしな・・。 データー繰越サービスも魅力的ですね。 rakuten. 1ですね。 こちらは4. 4??) 価格comのレビューもそれほど悪くないように思いましたもので、ご意見いただきたく懲りずにメールしてしまいました。 とはいえ、ざぁーと数種のみ見ただけなので、たまたま安くなってて悪くもない機種なのかな?と感じただけです。 (>< 楽天スーパーセールで何かお得な事があれば乗っちゃおうかなぁ~と安易な考えですが、セールに出されてる機種は・・・という レビューも目にしました。 実際「arrowsRM02」はディスプレイ?が壊れるとか?? 考え出したらキリがないですね(><;; 気になってるサポートサービスも有料ではありますが、追加で申し込みできるようなので、慣れてきたら解約してまた困ったら付加してもいいのかな?と。 お忙しいところ何度も申し訳ございません。 パパちさんのご意見参考にさせていただけたら有難いです。 よろしくお願いいたします。。 「honor6plus」はいいと思いますよ。 あえてピックアップしなかったのは ・初心者ということでそこまで高性能はいらない ・価格が高め という理由からです。 honor6plusはCPUも「オクタコア」といって高性能ですし、ROMも32GBと音楽も2000曲以上、写真も動画も多く取り込めますね。 カメラもぼかしなど1眼レフのような撮りかたもできます。 バッテリーも 3600mAhで他のスマホと比べてもかなり長持ちします。 さらに画面も5. 5インチで大きいサイズ。 足りなくなれば外部に移行すればOKですしね^^ また買ったとき楽天のアプリがたくさん入っていると思いますが、いらないモノは削除して容量を増やすことが出来ます。 値段が許せるのであればお勧めです。 しいてデメリットあげるなら 地方だと電波が悪い音質は普通、防水はないくらいでしょうか。 ちなみにOSは数字が大きいほど最新です。 いま再度HPを確認すると以前は4万円以上したのですが、アマゾンで35000円前後で楽天で買うと割引きセールもやっていてもっと安く買えるみたいですね。 楽天ユーザーならなおさらいいかもです。 「arrowsRM02」については不具合があるみたいですね。 管理人も持っていますが、そんな不具合ないんですが、こればかりは運ですよね^^: arrowsRM02は個人的には 防水で頑丈だというところが魅力に感じています。 落としても傷がつきにくい。 honor6plusもカバーすれば損傷はある程度防げます。 サポートサービスも追加したりいらなかったら遠慮なく解約すればOKです^^この点は問題ないでしょう。 また何かありましたらご連絡くださいませ^^.

次の