福島聡。 KAKEN — 研究者をさがす

『日本国紀』百田尚樹に決定的に欠落している認識

福島聡

百田尚樹氏が『日本国紀』込めたメッセージは何か? 百田尚樹の「通史」『日本国紀』 幻冬舎 では引用史料を一切示されず、歴史書の体をなしていないこと、そして叙述自体のいくつかの箇所がウィキペディアのコピーであることの批判が、ネット上で飛び交っている。 だが、で書いたように百田自身が実証的な歴史書ではなく壮大な物語であると宣言している『日本国紀』が実際にベストセラー化している今、むしろ重要なのは百田がこの本にどんなメッセージを込めようとしているか、ではないだろうか? 百田の書きたかったのが、後半4割強を使った明治維新以降の近現代史観であることは間違いない。 そこには、百田の思想が、前面に出てきている。 「一説によると」と、諸説から自分の考えに合うものをピックアップするのではなく、自説を高らかに表明している。 それは、天皇への敬慕と天皇制の強い支持、「大東亜戦争」肯定論、反共、反新聞である。 日本が満州の開拓に本格的に乗り出したのも、欧米のブロック経済の煽りを受けたせいだった。 後に「大東亜共栄圏」を構想するが、その目的もアジアに「円ブロック」を築こうというものだったのだ。 p352、引用は第4刷。 以下同様 日本政府の無為無策では南満州鉄道や入植者を守れないと判断した関東軍は、昭和六 一九三一 年九月、奉天 現在の瀋陽 郊外の柳条湖で、南満州鉄道の線路を爆破し、これを中国軍の仕業であるとして、満州の治安を守るという名目で軍事行動を起こした。 p358 第二次上海事変は中華民国の各地に飛び火し、やがて全国的な戦闘となった。 ただ、日本が戦闘を行なったのは、そもそもは自国民に対する暴挙への対抗のためであって、中華民国を侵略する意図はなかった。 p367 日本の中国「進出」は、あくまで西洋列強の経済封鎖への対抗策であり、アジア侵略の意図は無かったと言い切っている。 韓国併合も然り。 日本が清と戦った一番大きな理由は、朝鮮を独立させるためだったのだ。 朝鮮が清の属国である限り、近代化は難しかったからである。 統監の伊藤博文自身が併合には反対の立場を取っていた。 p326 繰り返すが、韓国併合は武力を用いて行なわれたものでもなければ、大韓帝国政府の意向を無視して強引に行なわれたものでもない。 p327 そして、言う。 日本は国際連盟規約に、「人種差別をしない」という文章を入れることを提起する。 これ以前に、国際会議の席上で、人種差別撤廃をはっきりと主張した国はない。 これは人類の歴史上、画期的なことであった。 P340 「大東亜戦争」は、アジアを蔑視し植民地化した西洋列強からアジアを解放する「正義の戦争」であり、残念ながら日本は負けてしまったが、戦中に西洋を追い出した奮戦が、アジア人に自信を与え、脱植民地ー独立へと導いたと言うのである。 インドのネルー首相は十六歳の時、〔日露戦争での〕日本の勝利を聞き、「自分たちだって決意と努力しだいではやれない筈がないと思うようになった。 そのことが今日に至るまで私の一生をインド独立に捧げさせることになったのだ」と語っているし、ビルマ 現在のミャンマー の初代首相のバー・モウは「日本の勝利は我々に新しい誇りを与えてくれた。 歴史的に見れば、日本の勝利は、アジアの目覚めの出発点と呼べるものであった」と語っている。 P 321、〔〕内引用者 東南アジアの諸国民は、欧米列強による長い植民地支配によって「アジア人は白人に絶対に勝てない」と思い込んでいた。 その認識を覆したのが、日本人だった。 無敵の強者と思われていた白人をアジアから駆逐する日本軍を見て、彼らは自信と勇気を得たのだ。 p445.

次の

研究者詳細

福島聡

来歴 [ ] 出身。 生後5ヶ月で眼病を患い3歳で右目、9歳で左目を失明する。 18歳のときに特発性難聴で失聴し全盲ろう者になる。 そのため、18歳までの音の記憶が残っており、自分の声を聴くことはできないが、よどみなく口で発話する事ができる。 実際、講義や講演会でも発声して話している。 神戸出身のため日常生活ではを話す。 また、の演奏も行う。 母・令子の考案したを使い会話とコミュニケーションをはかる。 指点字は全国の盲ろう者に広く知られ、盲ろう者のコミュニケーション手段の新たな選択肢となる。 盲ろう者として日本で初めて大学へ入学((現在の )。 教育学部助教授、東京大学先端科学技術研究センター准教授を経て現職。 に士の光成沢美と結婚。 (のちに、光成との結婚生活は終わる。 ) 、母親の令子とともに受賞。 には、の週刊誌(2003年4月28日号)で「アジアの英雄」に選ばれる。 、適応障害と診断される。 以後、再発を繰り返している。 に出演した「」『みんな生きていればいい』の回はグランプリおよび「コンテンツ部門 青少年向けカテゴリー 賞」を受賞。 現在は、大学で、障害学(Disability Studies)の研究と教育に従事する一方、盲ろう者を含めたの福祉増進を目指す社会的活動に取り組む。 2015年にを受賞。 同年、20歳以上年下の指点字通訳者と再婚。 学歴 [ ]• 1982年3月 - 高等部普通科 卒業• 1987年3月 - 東京都立大学人文学部人文科学科教育学専攻 卒業• 1989年3月 - 東京都立大学人文科学研究科教育学専攻 修了• 1992年3月 - 東京都立大学大学院人文科学研究科教育学専攻単位取得満期退学• 2008年5月 - 東京大学よりの学位を取得(博士論文:「福島智における視覚・聴覚の喪失と「指点字」を用いたコミュニケーション再構築の過程に関する研究」) 職歴 [ ]• 1996年7月 - 東京都立大学人文学部• 1996年12月 -• 2001年4月 - 東京大学先端科学技術研究センター 助教授• 2007年4月 - 東京大学先端科学技術研究センター 准教授• 2008年10月 - 東京大学先端科学技術研究センター教授 非常勤 [ ]• 1988年4月 - 高等部国語科 非常勤講師• 1993年4月 - 国立身体障害者リハビリテーションセンター学院 手話通訳専門職員養成課程 非常勤講師• 1994年4月 - 教育学部 非常勤講師• 1995年4月 - 教育学部 非常勤講師• 1996年4月- 非常勤講師 主な著作 [ ]• 渡辺荘の宇宙人-指点字で交信する日々( )• 盲ろう者とノーマライゼーション-癒しと共生の社会をもとめて( )• 生きるって人とつながることだ!( )• 盲ろう者として生きて-指点字によるコミュニケーションの復活と再生(明石書店 )• ぼくの命は言葉とともにある( ) 関連書籍• ゆびで聴く-盲ろう青年福島智君の記録(塩谷治(著)、小島純郎(著) )• 指先で紡ぐ愛-グチもケンカもトキメキも(光成沢美(著) )• 指先で紡ぐ愛(コミック版、、講談社、2004年)• ゆびさきの宇宙-福島智・盲ろうを生きて(生井久美子(著) ) のち文庫• さとし わかるか(福島令子(著) ) 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (NHK、2008年5月)• (、2009年6月9日) - ゲスト• (NHK、2017年4月)• (NHK、2020年5月) ラジオ番組 [ ]• 「人間を考える~わたしの『幸福論』」第4回(NHKラジオ第2、カルチャーラジオ 日曜カルチャー、2020年3月) 脚注 [ ]• 毎日新聞2017. 毎日新聞2017. 教授昇任については、『学内広報』 No. 1378、東京大学広報委員会、2008年10月20日、37頁。 『ぼくの命は言葉とともにある』72頁。 2010年2月9日時点のよりアーカイブ。 2020年6月15日閲覧。 『ぼくの命は言葉とともにある』74頁。 外部リンク [ ]•

次の

福島聡|プロフィール|HMV&BOOKS online

福島聡

百田尚樹氏が『日本国紀』込めたメッセージは何か? 百田尚樹の「通史」『日本国紀』 幻冬舎 では引用史料を一切示されず、歴史書の体をなしていないこと、そして叙述自体のいくつかの箇所がウィキペディアのコピーであることの批判が、ネット上で飛び交っている。 だが、で書いたように百田自身が実証的な歴史書ではなく壮大な物語であると宣言している『日本国紀』が実際にベストセラー化している今、むしろ重要なのは百田がこの本にどんなメッセージを込めようとしているか、ではないだろうか? 百田の書きたかったのが、後半4割強を使った明治維新以降の近現代史観であることは間違いない。 そこには、百田の思想が、前面に出てきている。 「一説によると」と、諸説から自分の考えに合うものをピックアップするのではなく、自説を高らかに表明している。 それは、天皇への敬慕と天皇制の強い支持、「大東亜戦争」肯定論、反共、反新聞である。 日本が満州の開拓に本格的に乗り出したのも、欧米のブロック経済の煽りを受けたせいだった。 後に「大東亜共栄圏」を構想するが、その目的もアジアに「円ブロック」を築こうというものだったのだ。 p352、引用は第4刷。 以下同様 日本政府の無為無策では南満州鉄道や入植者を守れないと判断した関東軍は、昭和六 一九三一 年九月、奉天 現在の瀋陽 郊外の柳条湖で、南満州鉄道の線路を爆破し、これを中国軍の仕業であるとして、満州の治安を守るという名目で軍事行動を起こした。 p358 第二次上海事変は中華民国の各地に飛び火し、やがて全国的な戦闘となった。 ただ、日本が戦闘を行なったのは、そもそもは自国民に対する暴挙への対抗のためであって、中華民国を侵略する意図はなかった。 p367 日本の中国「進出」は、あくまで西洋列強の経済封鎖への対抗策であり、アジア侵略の意図は無かったと言い切っている。 韓国併合も然り。 日本が清と戦った一番大きな理由は、朝鮮を独立させるためだったのだ。 朝鮮が清の属国である限り、近代化は難しかったからである。 統監の伊藤博文自身が併合には反対の立場を取っていた。 p326 繰り返すが、韓国併合は武力を用いて行なわれたものでもなければ、大韓帝国政府の意向を無視して強引に行なわれたものでもない。 p327 そして、言う。 日本は国際連盟規約に、「人種差別をしない」という文章を入れることを提起する。 これ以前に、国際会議の席上で、人種差別撤廃をはっきりと主張した国はない。 これは人類の歴史上、画期的なことであった。 P340 「大東亜戦争」は、アジアを蔑視し植民地化した西洋列強からアジアを解放する「正義の戦争」であり、残念ながら日本は負けてしまったが、戦中に西洋を追い出した奮戦が、アジア人に自信を与え、脱植民地ー独立へと導いたと言うのである。 インドのネルー首相は十六歳の時、〔日露戦争での〕日本の勝利を聞き、「自分たちだって決意と努力しだいではやれない筈がないと思うようになった。 そのことが今日に至るまで私の一生をインド独立に捧げさせることになったのだ」と語っているし、ビルマ 現在のミャンマー の初代首相のバー・モウは「日本の勝利は我々に新しい誇りを与えてくれた。 歴史的に見れば、日本の勝利は、アジアの目覚めの出発点と呼べるものであった」と語っている。 P 321、〔〕内引用者 東南アジアの諸国民は、欧米列強による長い植民地支配によって「アジア人は白人に絶対に勝てない」と思い込んでいた。 その認識を覆したのが、日本人だった。 無敵の強者と思われていた白人をアジアから駆逐する日本軍を見て、彼らは自信と勇気を得たのだ。 p445.

次の