楽天un-limit ポイント還元 いつ。 Rakute UN

【2020年7月版】楽天アンリミットを申し込むなら押さえたい楽天モバイルキャンペーン

楽天un-limit ポイント還元 いつ

楽天モバイルの初期費用 契約事務手数料は3,300円 楽天モバイルUN-LIMITの 初期費用は契約事務手数料の3,000円(税込3,300円)です。 他社では契約事務手数料に加えSIM発行手数料が必要なキャリアもありますが、楽天モバイルは契約事務手数料の3,300円のみです。 初期費用無料キャンペーン中 現在、楽天モバイルUN-LIMITに 契約時の事務手数料(3,300円)が実質無料になるキャンペーンを実施中です。 事務手数料は一度引き落とされますが、契約後にRakuten Linkの利用登録(SMS認証)が完了すれば3,300円分の楽天ポイントがあとから還元されます。 Rakuten Linkとは楽天モバイルUN-LIMITの通話アプリで、このアプリから電話をすれば国内かけ放題になります。 利用料やダウンロード料金は無料なので、契約後にすぐ利用登録をしましょう。 詳細: ただし、以下の場合は対象外です。 無料サポーターからの移行• 2回線目以降の契約• 開通の翌月末までに楽天Linkが未認証 詳細はこちらをお読みください。 詳細: その他にもたくさんのキャンペーンを実施中です。 詳細: エントリーパッケージはない 楽天モバイルUN-LIMITにエントリーパッケージはありません。 楽天モバイルのMVNO時代には、契約事務手数料が無料になるエントリーパッケージがAmazonなどで販売されていました。 しかし、アンリミット用のエントリーパッケージはありません。 格安SIM(MVNO)ではエントリーパッケージは一般的ですが、MNOのドコモ・au・ソフトバンクにはないので、今後も発売されない可能性が高いです。 しかし、前章で解説したとおり現在はなので、そちらを利用しましょう。 この1年間無料となる対象の回線は、回線開通日から1年間無料になります。 もちろん 契約初月の料金も無料です。 2020年5月13日に契約した方は、2021年5月12日まで無料です。 初月料金は日割り計算 1年間料金が無料になるのは1人1回線のみです。 1人で2回線以上契約すると、2回線目以降は無料になりません。 2回線目以降の回線を月途中に契約した場合、契約初月の料金は日割り計算されます。 例えば5月10日に回線開通日を迎えた場合、5月10日~31日分の料金が日割りで計算されて請求されます。 回線開通日の定義 楽天モバイルアンリミットの回線開通日の定義は以下のとおりです。 新規:いつでもOK• MNP:月末• 楽天MVNOからの移行:月末 新規契約はいつでもOK 新規契約の場合、開通した日から1年間が無料になります。 よって、 いつ契約してもお得度は一緒です。 MNP乗り換えは月末 MNPの場合、楽天モバイル側はいつ契約してもお得度は一緒なのですが、乗り換え元キャリアはほとんどがいつ解約しても1ヶ月分全額請求されます。 よって、 できるだけ月末に乗り換えたほうがお得です。 楽天MVNOから移行も月末 楽天モバイルのMVNO(ドコモ回線・au回線)からの移行の場合も、MNP乗り換えと同じく 月末がお得です。 理由も同じで、楽天モバイルUN-LIMITはいつ開通しても同じなのですが、乗り換え元のドコモ・au回線はいつ乗り換えても1ヶ月分請求されるため、月末の方がお得です。 無料回線以外はいつがお得? 2回線目など、1年間無料にならない回線の契約については以下のとおりです。 新規契約:いつでもOK• MNP:月末• 楽天MVNOからの移行:月末 新規契約はいつでもOK 新規契約の場合、月途中に回線開通日を迎えてもその月の料金は日割り計算されます。 よって、いつ契約してもお得度は同じです。 MNP乗り換えは月末 MNPの場合も初月料金は日割り計算されます。 そのため楽天モバイル側はいつ契約してもお得度は一緒なのですが、乗り換え元キャリアはほとんどがいつ解約しても1ヶ月分全額請求されます。 よって、 できるだけ月末に乗り換えたほうがお得です。 楽天MVNOから移行も月末 楽天モバイルのMVNO(ドコモ回線・au回線)からの移行の場合も、MNP乗り換えと同じく 月末がお得です。 理由も同じで、楽天モバイルUN-LIMITはいつ開通しても同じなのですが、乗り換え元のドコモ・au回線はいつ乗り換えても1ヶ月分請求されるため、月末の方がお得です。 楽天モバイルのキャンペーン情報 これから楽天モバイルに契約する方は、以下のキャンペーンを適用しましょう。 初期費用が実質無料になるキャンペーンのほか、お得なキャンペーン・セールを実施中です。 現在、以下のキャンペーンを全て適用するのが一番お得です。 SIM契約後に端末を購入しても対象となります。 セールの詳細は下記記事にまとめています。

次の

【2020年7月】楽天モバイルのキャンペーンガイド!時期・端末・無料【楽天アンリミット】

楽天un-limit ポイント還元 いつ

サービスも内容も凄く良いものじゃ。 さらに、キャンペーンが凄くお得なのじゃ。 楽天モバイルは、今最も人気のある格安スマホです。 そんな楽天モバイルが2020年4月8日から キャリア(MNO)サービスを始めました。 それが「Rakuten UN-LIMIT」とゆうサービスです。 これまでの楽天モバイルではMVNO(格安SIM)として「ドコモ回線」と「au回線」を提供していました。 料金は安いですが、MVNO(格安SIM)は通信速度があまり安定せず、通信速度の遅さを楽天モバイルは持ち合わせていました。 これから MNO(キャリア)としてサービスを開始するので、通信速度などの不満もなくなり、快適に利用できるようになります。 大手のキャリア(MNO)は、ドコモ・au・ソフトバンクがありますが、楽天モバイルもその中に仲間入りをします。 そんな楽天モバイルのMNO(キャリア)サービスの解説とお得なサービスやポイントの獲得方法を解説していきます。 ・楽天モバイル無料サポータープログラム対象製品を持っている が条件になります。 「Rakuten Link」の特徴は 携帯電話の番号を使ってWi-Fi経由の電話ができる事です。 この機能は国内キャリアで初導入です。 「Rakuten Link」はWi-Fi経由で電話ができるので、 Wi-Fi接続ができる所なら無料で電話ができ、音声も特に問題はありません。 しかし、ビデオ通話ができないのと大手キャリアが提供する「+メッセージ」には対応できません。 「Rakuten Link」では 最大100名までグループチャットができます。 メッサージ・写真・動画の送受信もできます。 グループチャットは100人までできるのでオンライン飲み会に最適じゃ。 楽天スーパーポイントプログラムは楽天市場などでお買い物をするとポイント還元率が上がるシステムです。 楽天モバイルを利用する事でポイントが2倍になります。 ・楽天市場 通常還元+1倍 ・楽天モバイル+1倍 楽天モバイルも利用料金の支払いを、楽天カードでする事で+1倍にるので、ポイント還元を3倍にすることもできます。 さらに、 楽天モバイルを利用して支払った利用料金は100円につき1ポイント還元されます。 楽天サービスで貯まったポイントで支払いもできるので、さらに安くできるのじゃ。 楽天回線が利用できるエリア ・東京 ・大阪 ・名古屋 ・千葉 ・横浜 ・神戸 ・さいたま ・京都 になります。 なので、日本全国で楽天回線を利用できるわけではありません。 2021年3月には、全国的に楽天回線を使えるようにする予定です。 楽天回線に対応していない地域は、パートナーエリア(au回線)を利用できます。 パートナーエリア(au回線)で利用できるデータ容量は2GBと決められているので注意しましょう。 無料になるどころかポイントでプラスになるのじゃ。 【「Rakuten UN-LIMIT」に申し込んだ先着300万名は月額料金2980円が1年無料】 300万名の契約者様は、月額料金1年無料になります。 他にかかるお金は ・スマホ本体代 ・事務手数料 ・オプション料金 ・通話料金 になります。 事務手数料に関しては、全額ポイントで還元されるので実質無料ですね。 通話料金もRakuten Linkを利用して通話をする事で無料になります。 実質かかるお金はスマホ本体代とオプション代のみになるので凄いキャンペーンです。

次の

Rakuten UN

楽天un-limit ポイント還元 いつ

プラン名 Rakuten UN-LIMIT 2. 0』料金プラン。 自社回線(MNO)の楽天モバイルでは、『Rakuten UN-LIMIT 2. 0』の 1プランのみ提供されています。 2020年4月8日より、Rakuten UN-LIMITの バージョンが2. 0にアップグレードされており、パートナー回線エリア(auローミングエリア)でのデータ容量やデータ容量超過後の通信速度が底上げされています。 これらについては後述。 契約事務手数料:3,300円相当分全額ポイント還元• その他• オンライン契約:3,000ポイントプレゼント• 端末セット購入:最大14,500ポイントプレゼント 現在、楽天モバイルでは、上記のRakuten UN-LIMITに関するキャンペーンを開催しております。 先着300万名まで 月額料金が無料(1年間)になっており、契約事務手数料についても、 全額楽天スーパーポイントで還元されるようになっております。 その他の場合は地域別従量課金制。 Rakuten UN-LIMIT 2. 0のデータ通信・電話・SMSについては、上表のとおり。 なお、楽天回線はデータ通信無制限ですが、公式サイトによると過度なデータ通信を行うと、その利用日において速度制限が行われるとのこと。 また、電話やSMSについての無料というのは、楽天モバイルが提供している『Rakuten Link』アプリ利用時の場合です。 対応バンド 700MHz帯 800MHz帯 900MHz帯 1. 5GHz帯 1. 7GHz帯 2GHz帯 2. 5GHz帯 3. 4GHz帯 3. 5GHz帯 3. 7GHz帯 4. 楽天モバイル(MNO・自社回線)で、 利用可能なバンドは上表のとおり。 パートナーエリアで利用されるauローミング回線ですが、すべてのauのバンドが使われるわけではなく、 800MHz帯(Band 18)のみ利用可能という点に注意が必要。 自分でSIMフリー端末を用意する場合は、対応バンドに注目しておきましょう。 楽天モバイル版 で試したあーるっ! 通信速度 Speedtest. net 上り 下り ping 10時台 29. 8Mbps 84. 1Mbps 45ms 14時台 48. 2Mbps 87. 6Mbps 48ms 16時台 31. 3Mbps 75. 8Mbps 41ms 18時台 50. 2Mbps 88. 4Mbps 50ms 20時台 41. 6Mbps 60. 0Mbps 48ms 楽天エリアでの通信速度測定結果。 楽天エリアでも差があるそうなのですが、大阪市内だと上表のような通信速度の測定結果に。 下りでは70Mbps〜80Mbps、 上りでは30Mbps〜50Mbps。 かなり高速な通信速度を出してくれており、手元にあるUQ mobileやFUJI Wifiよりも高速な結果となってくれました。 ping値がちょっと大きいのが気になるところですが、これだけの高速モバイルブロードバンドなら、テザリング用途としてもバッチリ使えそうです。 もちろん、地域差はあると思うので、あくまで大阪市内での一例です。 その点はご留意を。 上り 下り ping 14時台 11. 3Mbps 32. 4Mbps 34ms パートナーエリアでの通信速度測定結果。 大阪市内はほぼ楽天エリアになっているので、測定しづらかったのですが、大阪メトロの駅でパートナーエリアになっている場所があったので、そちらで測定した結果が上表になります。 前掲のとおり、パートナーエリアはauローミングを使っているので、 MVNOよりは高速という感じでした。 測定した場所が地下という点を考慮しても、パートナーエリアでもまずまず使えるといった印象。 ここがすき! ネットも電話も無制限.

次の