ボイス 増田 貴久。 『ボイス』増田貴久は、本当にただの裏切り者なのか? シリアルキラー・伊勢谷友介がついに動く|Real Sound|リアルサウンド 映画部

『ボイス』で際立つ、NEWS 増田貴久の“癒し演技”と「兄貴!」の声 SNSでは「内通者」説も!?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ボイス 増田 貴久

の主演ドラマ『』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第9話が、9月14日に放送される。 唐沢が演じるのは、「ハマの狂犬」の異名をとる敏腕刑事・樋口彰吾。 かつて妻を残虐な方法で殺害され、その復讐を果たそうとするという役どころで、もう1人の主人公である演じるボイスプロファイラーの橘ひかりと共に、様々な事件を解決していく。 公式HPで公開されている第9話の予告映像では、敵対する樋口(唐沢)と本郷雫()の様子、さらに雫は父である本郷辰夫()にも楯突く姿が。 また、なんとしても雫を捕らえようと息巻く樋口に対し、「俺たちが敵う相手じゃない!」と声を荒げる石川()。 そんな彼に樋口は「俺とお前は負けちゃダメなんだ」と熱い思いをぶつける。 その後、雫の元へ一人で向かった石川に危機が迫り……。 <第9話あらすじ> 地下鉄駅の拡張を巡って開発側と反対側がもめている現場に出動した樋口(唐沢)と石川(増田)。 激化する衝突を止めようとした時、地下トンネルの崩落事故が発生する。 トンネル内に取り残された作業員を救うため、緊急指令室のひかり(真木)は直ちに各所に救助要請をするが、トンネル内からガス漏れの音が聞こえることに気づく。 爆発の危険が迫るトンネルに入った樋口は、ひかりが聞き取った音の情報を頼りに暗闇の中で瓦礫に埋もれた生存者を探す。 一方、港東署では雫(伊勢谷)が参考人聴取に応じていた。 しかし、普段は礼儀正しく殺人の証拠も残さない雫を前に強行犯係は手がかりを得られずにいた。 そして、雫の父・本郷(伊武)は、本郷ホールディングスが関わった現場で崩落事故が起きたことを表沙汰にしないために各所に圧力をかけていた。 ECUを警戒する本郷は、田所()を使い事故現場からECUを排除しようとするが……。 樋口たちと緊急指令室のECUが連携し、現場では必死の救助作業が進む。 しかし安否不明の最後の一人を探す樋口たちを、ガス漏れによる爆発が襲う。 消防隊が消火にあたる中、樋口は開発反対派の一人から、本郷ホールディングスが絡んだ別の工事現場でも事故が起きていたという話を聞き、疑念を抱く。 そこに雫が現れる。 雫の挑発に怒りを感じる樋口の隣りで、密かに雫と通じる石川は身を強張らせていた。 樋口の情報を聞き工事の詳細を調べたECUは、本郷ホールディングスの杜撰すぎる管理体制を突き止める。 そして雫の殺人の証拠を探す樋口とひかりは、未希()が残したボイスレコーダーから微かに海の音が聞こえることに気づく。 二人は雫が殺人を繰り返していた場所が海の側にあると考える。 そんな中、ひかりは真犯人と内通の疑いがある石川をチームから外すべきだと主張するが、樋口はなぜ石川が雫に取り込まれたのか自分が理由を探ると話す。 樋口は本郷ホールディングスの下請けリストに、かつて石川の父親が務めていた会社の名前があることが気になっていた。 その頃、施設にいる父親を見舞った石川は、一人苦悶の表情を浮かべていた。 苦悩する石川が犯人に手を貸した悲しき理由、そして、殺人鬼・雫誕生の秘密が明かされようとしていた……。

次の

増田貴久の安否は…『ボイス』最終回1カ月後の物語をHuluで配信

ボイス 増田 貴久

この記事では『ボイス110最終回で透(増田貴久)が殺される?死をもって犯人の証拠を押さえるのは本当?』について書いています。 ボイス110緊急指令室第9話が9月14日(土)に放送されましたね! このドラマは緊急指令室に新たに発足したECU Emergency Call Unit を舞台に、刑事たちが「声」を手掛かりに事件を解決するタイムリミットサスペンス。 現場に駆けつけた 樋口(唐沢寿明)は緊急指令室に救助要請を指示するが、 ひかり(真木よう子)はトンネル内から漏れるガスの音に気づく。 樋口と 石川(増田貴久)は爆発の危険が迫るトンネルに入り、ひかりが聞き取った音を頼りに暗闇の中で生存者を探すが、ガス漏れによる爆発が襲い……! 消防隊が消火にあたる中、樋口は開発反対派の一人から、本郷ホールディングスが絡んだ別の工事現場でも事故が起きていたという話を聞き、疑念を抱く。 そこに雫(伊勢谷友介)が現れて……。 雫の挑発に怒りを感じる樋口の隣りで、密かに雫と通じる石川は身を強張らせていた……。 本郷ホールディングスが絡む工事について調べていたECUは、ずさんな管理体制を突き止める。 そして、雫の殺人の証拠を探す樋口とひかりは、 未希(菊池桃子)が残したボイスレコーダーから微かに海の音が聞こえることに気づき、雫が殺人を繰り返している場所が海のそばにある、と推測する。 そこで、原作ではどうだったのか見ていきたいと思います。 原作では後半にかけて真犯人が登場するのですが、真犯人に警察の動きがバレていて、内通者がいるのではないかと疑念が起こります。 そして弱みを握られていたシム・デシクは犯人側に利用されていたのですが、最終的には改心して犯人のもとへ向かうのですが、あえなく捕まり監禁。 これは死をもって犯人の証拠を押さえる覚悟があるからだと思います。 やだよ。 最後までちゃんと 『兄貴!』って笑ってよ。。 死ぬなんて許さない。 — chei msd74taaa 透ちゃんのバカ~バカだよ!オレらで敵う相手じゃないって言っておいて!ひとりで雫と対峙するなんて!死んじゃうよ!!死ぬなよー! — まさみかな? mass98647777 人気記事ランキング• この記事では『凪のお暇ロケ地でバーベキューした場所はどこ?ドラマで作った節約パンレシピも紹介』につい... この記事では『凪のお暇最終回「アダハラ」って何?足立ハラスメントで女子あるあると話題に』について書い... ドラマ「凪のお暇」第5話で、凪がゴンに合い鍵を返す時に「ちぎりパン」を作って渡していましたね。 この記事では『ボイス110早川亮二と樋口の妻が不倫?未希が「調子に乗っていた」理由は何?』について書... この記事では「凪のお暇第2話コインランドリーのロケ地はどこ?昭島で住所が立川?」について書いていきま... この記事では『ボイス110ベッド動画が原因でキム兄死す!沖原さんカチカチ野郎に脅されてた理由は?』に... この記事では『ボイス110本郷雫と透は実の兄弟?過去に何があったか原作からネタバレ!』について自由に... 今回はドラマ『同期のサクラ』は面白い?つまらない?について実際に見た辛口評価を紹介していきたいと思い... この記事では『同期のサクラ葵と百合に急展開?結婚して子供の名前は「夢」!』と題しまして紹介していきま... この記事では『凪のお暇「おばさんシンポジウム」うららの言葉にスカッとした!中村さんの対応は?』につい...

次の

ボイス石川透役(増田貴久)の演技力が下手?まっすーの評価についても|みかんと傘とコッペパン。

ボイス 増田 貴久

10話にわたり放送された『ボイス110緊急指令室』が、凶悪犯人の死亡という形で幕を下ろしました。 犯人逮捕という目的は叶ったものの、一方で内通者だった石川透(増田貴久)が意識不明の重体となってしまい、「もう1話ほしい」と思った方もいたのではないでしょうか? そんな『ボイス110緊急指令室』から、Huluオリジナルストーリー「CALL BACK」が配信されました。 「CALL BACK」は、『ボイス110緊急指令室』の最終話から1ヶ月後を描くお話。 奇跡的に目を覚ました石川透が、自分が犯した罪とどう向き合うのか?を描いています。 もう警察に戻れない石川は、どうやって立ち上がり、どうやって生きていくのでしょう。 『ボイス110緊急指令室』の石川透の物語が、今ここで完結します。 このページでは、『ボイス110緊急指令室』のhuluスペシャルストーリー「CALL BACK」のあらすじ、そして石川透役・増田貴久さんの演技について記述していきます。 石川透にスポットを当てながら、「罪を犯した人間が本当にしなければならないこと」を訴える内容となりました。 脅迫に負けて内通者となり、不本意ながらも仲間を裏切っていた石川は、最終話で意識不明の重体になります。 その後の彼は、いったいどうなったのでしょう?本当のラストを描く「CALL BACK」のあらすじをお届けします。 「第5地区殺人事件」から1ヶ月後の石川透が主人公 『ボイス 110緊急指令室』huluスペシャルドラマ「CALL BACK」は、本編10話で完結した「第5地区殺人事件」から1ヶ月後の物語になります。 最終話で意識不明に陥った石川透(増田貴久)は、奇跡的に後遺症もなく意識が回復。 病院で退院の日を待つ日々を送っていました。 不本意とはいえ仲間を裏切っていた石川は、もう警察に戻ることはできません。 自身の罪を認めながらも、大好きな仕事に戻れないという喪失感が、彼をとても苦しめていました。 橘ひかり(真木ようこ)がお見舞いに来ても、どこか心ここにあらずな石川。 石川「退院しても、もう元には戻らないですよ。 俺、人殺してるんですよ。 犯人に屈して、仲間裏切って」 石川「俺、解らないんです。 どう償えばいいのか。 そもそも、償う方法なんてあるんでしょうか……」 そんな石川を、やるせない思いで見つめる橘。 病院のソファに座ってうつむく石川からは、かつての目の輝きや明るさが完全に消えていました。 ただただ無気力で、目の光りがない男がそこにいるだけ……。 しかしそんな石川の前で、思わぬ事件が起きます。 突然病院に乱入してきた男が、入院患者の女性を人質に立てこもりました。 事件解決のため、警察に協力を依頼される石川。 石川透最後の事件が、今幕を開けますーーーー。 「CALL BACK」が描く人間・石川透の救済 『ボイス 110緊急指令室』と「CALL BACK」は、ストーリーにいくつかの共通点があります(ゆえに詳細なネタバレは避けます)。 親が権力を持っているが故に、自分は何をやっても許されると勘違いしている凶悪犯人。 『ボイス 110緊急指令室』の中で、その犯人に屈して仲間を裏切ったのが石川透でした。 しかし石川は、「CALL BACK」の中で再び似たような凶悪犯と対峙することになります。 目の前の犯人に対し、憎しみと怒りを抑えることができない石川。 ところが石川は、目の前で橘が犯人に放った言葉を聞いて、自分が本当に向き合わなければならないものに気づきます……。 もう警察に戻ることができない石川は、何を思って再び立ち上がり、何を目標に生きていくと決めたのでしょうか。 この「CALL BACK」の物語をもって、石川透の物語はようやく幕を下ろします。 「CALL BACK」を一言で言うなら、この物語は「石川透の救済」でしょう。 何度も言うように、彼はもう警察に戻ることはできません。 それはどうしても翻ることがない現実です。 そして彼は、許されることのない罪を犯しました。 失ったものと償いと、彼がこの先で背負うものの大きさは計り知れません。 それでも、石川透は生きていきます。 石川透が生きていくために何が必要なのか、「CALL BACK」の物語がすべて教えてくれました。 ラストシーンで石川が見せる表情を見届けてください。 彼の表情がこの物語のすべてです。 絶望から光を、そして決意を…俳優・増田貴久の「目」に注目 「CALL BACK」で注目してほしいのは、アイドルではない俳優・増田貴久さんの「目」です。 物語の冒頭では、石川は「失意の底にいるかのような、どんよりとした薄暗い目」をしています。 が、警察から捜査協力を依頼され、犯人捜しのために奔走するうちに、どんどん目に光が戻っていきます。 そしてこの事件を通し、自分が本当に向き合わなければならないものに気づいた石川は、ラストにこれまでにない表情を見せて視聴者にサヨナラを告げました。 最後にその目を見られたことは、石川の辛い人生を見てきたファンにとっても、良い区切りとなるでしょう。 絶望の闇から光を見つけ、さらにトンネルを抜け出す石川の心理を、増田貴久さんが細やかに演じています。 彼の目が、何よりも雄弁に石川の成長を物語っています。 石川透という人物の終幕に、彼がどうピリオドを打つのかにご注目ください。 『ボイス 110緊急指令室』の石川透役・増田貴久の演技を振り返る 増田貴久さん以外演じられなかった石川透というキャラクター ひとつめの感想として、「石川透というキャラクターは増田貴久さんにしかできなかった」ということを挙げておきたいです。 増田貴久さん演じる石川透は、主人公・樋口彰吾(唐沢寿明)がバディとして認める純朴な青年でした。 警察という組織を愛し、緊急出動班という仕事に誇りを持っていた彼は、明るくて真面目な愛されキャラです。 しかし本編8話にて、他の誰でもない石川透が内通者であったことが明かされます。 真面目で純粋な青年の彼は、親思いの性格と弱さゆえに内通者となり、仲間たちを裏切っていました。 10話完結のドラマで、内通者が透だとわかるのは8話です。 制作陣は「ドラマ後半である8話まで、透が内通者だとバレないようにする必要がありました。 透は準主役級の登場人物なので、「できるだけ知名度のある方を使いたい」という気持ちがあったでしょう。 でも、著名な生粋の俳優を宛がえば、配役だけで「裏切者はたぶんこの人だろう、有名な俳優さんだし」と悟られてしまいます。 もうお解りでしょうか?だから増田貴久さんが選ばれたのではないでしょうか。 透はまっすーでなければ演じられないキャラだったのです。 視聴者を見事に翻弄した増田貴久のイメージ力 前述していますが、本来の石川透というキャラクターは、真面目で純粋で誰よりも真摯に仕事をこなす青年です。 その石川透のキャラクターと、「誠実で努力家で実力派なまっすー」のイメージは、見事にぴたりと重なっています。 穿った見方をすれば、「いかにもジャニーズが演じそうなキャラ」でしょう。 だからこそ視聴者は翻弄されました。 ところどころで「透が怪しいんじゃない?」と思いながらも、「ジャニーズが内通者役はやらないだろう、イメージ壊れるし」と考えたでしょうし、「誠実なまっすーが人を裏切るはずがない」とも思ったでしょう。 石川透と増田貴久さんの共通するイメージが、視聴者の考察を大いに狂わせたのです。 クリーンで誠実なイメージの増田貴久さんだからこそ、石川透の真面目さとひたむきさを8話まで引っ張り続けることができ、視聴者の多くも彼を疑いたくないと考えました。 そして増田貴久さんが演じる透だからこそ、8話で内通者だとわかったときの悲劇性が大きくなります。 透の過去の真相と相まって、石川透が持つ悲しさは視聴者の心を揺さぶりました。 以上の理由から、「『ボイス110 緊急指令室』の石川透を演じることができたのは、増田貴久以外にいない」と書いておきたいです。 より注目したいのは8話以降!石川透を救う増田貴久さんの熱い演技 一心同体か?と思うほど共通点が多い石川透と増田貴久さん(のイメージ)でしたが、8話で2人の道は完全に分離します。 石川透は犯罪者となり、増田貴久さんのイメージとは完全に別物になりました。 とてもじゃないですが、まっすーはこんな間違いは犯しませんからね。 8話以降、増田貴久さんは「役者として石川透の人生を救おうとしていたのでは」と感じています。 9話で樋口に秘密がばれ、涙を流す姿。 10話で本郷に暴行され瀕死の状態になる姿。 演技だとわかっても一緒に泣きたくなりますし、彼を襲う暴力には「やめて」と言いたくなります。 視聴者の心を揺さぶったのは、他ならぬ増田貴久さんの演技に他なりません。 増田貴久さんは、石川透を「秘密を背負う苦しみ」から救うために涙を流し、罰を受けるように暴力をその身で受けたように見えます。 誰よりも尊敬していた樋口に罪を告白して涙を流すことも、自分が犯した罪への贖罪かのように暴力を受け続けることも、石川透を「嘘と裏切り」から救うことにつながりました。 増田貴久さんが「石川透を救いたい」と思って挑んだからこそ、迫真の演技が視聴者の心をとらえたのでしょう。 増田貴久さんにとって、間違いなく代表作になる作品です。 増田貴久さんのファンでもそうじゃなくても、彼がすべてを込めて演じぬいた「石川透」というキャラを見てほしくなる……そんな作品です。 『ボイス 110緊急指令室』「CALL BACK」を無料視聴する方法 『ボイス 110緊急指令室』の「CALL BACK」は、の「2週間の無料トライアル期間」を利用することで、無料視聴をすることができます! 「2週間のトライアル期間」とは、簡単に言えばhuluのお試し期間です。 このお試し期間を利用すれば、『ボイス 110緊急指令室』も視聴できます! では、huluの無料お試し期間について解説しましょう。 huluの無料トライアル期間登録方法 動画配信サイトhuluでは、サイトのサービスを体験してもらうために「2週間の無料トライアル期間」を設けています。 このトライアル期間なら、huluのサービスが使い放題!huluは完全見放題ですので、登録すればサイト内の映画やドラマをすべて楽しめますよ。 登録の仕方は超簡単!から、以下のページに飛んで必要事項を記入しましょう。 登録の際、いずれかの中から支払方法を選択する必要があります。 この中から、支払方法を選択しましょう。 huluはドラマや映画をたくさん見られるだけでなく、ドラマのオリジナルストーリーもたくさん配信されているよ。 huluはVODの中でも使いやすいサイト。 ぜひ、トライアル期間でhuluの良さを確かめてみてね。 登録したら、あとは2週間の間にたくさん映画やドラマを楽しみましょう! 増田貴久の今後の演技挑戦に期待も 『ボイス 110緊急指令室』は、第1話から緊張と緊迫に包まれ出発したドラマでした。 絶対的権力を持つ犯人、その権力におぼれていく警察や検察……。 主人公の樋口や橘は、犯人だけでなく身内とも戦わなければなりませんでした。 その理不尽さは、時として視聴者をいらだたせることもありました。 が、そんなときにドラマを大いに助けたのが「石川透というキャラクター」です。 真面目で快活な彼は、よどみがちなドラマのストーリーに清涼感を与え、視聴者を癒してくれる存在でした。 彼が裏切者と知ったときの悲しさまで含めて、増田貴久さんは「石川透」というキャラを存分に演じてくれました。 増田さんにとって大きなチャレンジとなった石川透役ですが、彼の演技がもっと見たくなる演じぶりを見せてくれましたね。 新しい一面を見せてくれた増田さんに拍手を、そして今後の演技への挑戦に期待です。

次の