山口 周 ニュー タイプ。 山口周著のビジネス本『ニュータイプの時代』が話題に‼

【ニューノーマルの時代・山口周】意味のない仕事や会社から解放される時が来た。経済成長という山を登るのをやめよう

山口 周 ニュー タイプ

この本で解ける疑問は?• 今起こっているメガトレンドとは?• これから価値が高まるスキルとは?• 旧型の価値観と新型の価値観の違いとは?• 『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』って? 「え、まだそんな古い考え方してるの?」 こんなことを言われると、怒りを通り過ぎて悲しいですよね。 そうならないためにも、五月雨式に世に生み出されているバズワードや新しい概念たちを、いったん整理したい。 そんな方にオススメなのが本書『』です。 モノではなくコトを消費する社会• 限界費用ゼロ社会• 人生100年時代• VUCA …こんなキーワードたちを整理しつつ、私たちが今どんな思考・行動様式を身につけるべきかを、本書は示してくれます。 そんな本書の「」はこちらです。 画像をクリックすると、PDFが開きます 本書の内容を掻い摘むと、次のことが書かれていました。 現在我々を取り巻く環境として、「飽和するモノと枯渇する意味」「問題の希少化と正解のコモディティ化」「クソ仕事の蔓延」「社会のVUCA化」「スケールメリットの消失」「寿命の伸長と事業の短命化」の6つ。 これらの背景を踏まえて、オールドタイプからニュータイプへの脱皮を図るべきである。 ニュータイプへの脱皮のためには、「価値創造」「競争戦略」「思考法」「ワークスタイル」「キャリア戦略」「学習力」「組織マネジメント」の枠組みで、思考・行動様式を抑えておく必要がある。 ニュータイプとオールドタイプを比較すると、真逆のことが書いてありますね。 まだまだ自分もオールドタイプの行動を取っているなと、反省しております。 この「」をチェックリストにして、• 今日はニュータイプの行動がどれだけ取れたか?• まだオールドタイプのままの行動はどれか? …なんかを、定期的に振り返るのも良いかもしれませんね。 学び 著者の「代表作」を読む 山口周さんの本をたくさん読んでいる方はもうお気づきかもしれませんが、本書には、これまでの著者の作品のエッセンスが詰まっています。 例えば「キャリア戦略」。 これは、タイトルからもわかる通り『』のエッセンスが凝縮されています。 次に、「学習力」。 ここには、複数のエッセンスが詰まっています。 『』 『』 『』 『』 最後に、「組織マネジメント」。 ここは『』の主張が骨子になっています。 以上を踏まえると、本書『』は、• 山口周さんの本を読んだことがある人にとっては、これまでの総復習をできる内容であり、• 山口周さんの本を初めて読む人にとっては、これまでの著者のエッセンスをまとめてキャッチアップできる内容 …といえます。 だいぶ周りくどくなりましたが、「この本、すごくオススメですよ」と伝えたかったのです。 複数本を出版されている著者の本を読む際は、その著者の意見を総まとめした 「代表作」を読むといいかもしれませんね。 山口周さんなら、『』。 赤羽雄二さんなら、『』。 大前研一さんなら、『』。 明日から取れるアクション1つ• 本を選ぶときは、その著者の「代表作はどれか?」を探すようにする logichan.

次の

NEWTYPE(ニュータイプの時代)/山口周:書評

山口 周 ニュー タイプ

時代によって変化する「優秀さの定義」 山口周(以下、山口):で、「高給取りがほぼサイエンス側に属している」と言いましたが、これは「優秀さの定義」という話につながります。 みなさんは「優秀さ」をどう定義しますか? 「偏差値が高いこと」。 これが今の日本では一番わかりやすい答えです。 偏差値65の人と偏差値70の人がいたら、70の人のほうが優秀というのが、今の日本の考え方です。 しかし、本来、優秀さの定義は世の中の状態によって変わります。 例えば、2万年前の原始時代なら、偏差値が高いとか方程式が解けることにはなんの価値もなかったわけです。 動物を捕まえられるとか、切れ味のいい石斧が作れるとか、火をすぐにおこせるとか、そういう能力が優秀さの証だったわけです。 これが中世になると、占星術の知識を持っているとか、牛馬を自由に操れるとか、植物に詳しくて新種の食べ物を作れるといった能力が優秀な人間とされました。 つまり、優秀さをシンプルに定義するならば、こういうことです。 「その時代に必要な、希少なものを生み出す能力」.

次の

山口周「NEWTYPE ニュータイプの時代」|川野 隆史|note

山口 周 ニュー タイプ

この本で解ける疑問は?• 今起こっているメガトレンドとは?• これから価値が高まるスキルとは?• 旧型の価値観と新型の価値観の違いとは?• 『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』って? 「え、まだそんな古い考え方してるの?」 こんなことを言われると、怒りを通り過ぎて悲しいですよね。 そうならないためにも、五月雨式に世に生み出されているバズワードや新しい概念たちを、いったん整理したい。 そんな方にオススメなのが本書『』です。 モノではなくコトを消費する社会• 限界費用ゼロ社会• 人生100年時代• VUCA …こんなキーワードたちを整理しつつ、私たちが今どんな思考・行動様式を身につけるべきかを、本書は示してくれます。 そんな本書の「」はこちらです。 画像をクリックすると、PDFが開きます 本書の内容を掻い摘むと、次のことが書かれていました。 現在我々を取り巻く環境として、「飽和するモノと枯渇する意味」「問題の希少化と正解のコモディティ化」「クソ仕事の蔓延」「社会のVUCA化」「スケールメリットの消失」「寿命の伸長と事業の短命化」の6つ。 これらの背景を踏まえて、オールドタイプからニュータイプへの脱皮を図るべきである。 ニュータイプへの脱皮のためには、「価値創造」「競争戦略」「思考法」「ワークスタイル」「キャリア戦略」「学習力」「組織マネジメント」の枠組みで、思考・行動様式を抑えておく必要がある。 ニュータイプとオールドタイプを比較すると、真逆のことが書いてありますね。 まだまだ自分もオールドタイプの行動を取っているなと、反省しております。 この「」をチェックリストにして、• 今日はニュータイプの行動がどれだけ取れたか?• まだオールドタイプのままの行動はどれか? …なんかを、定期的に振り返るのも良いかもしれませんね。 学び 著者の「代表作」を読む 山口周さんの本をたくさん読んでいる方はもうお気づきかもしれませんが、本書には、これまでの著者の作品のエッセンスが詰まっています。 例えば「キャリア戦略」。 これは、タイトルからもわかる通り『』のエッセンスが凝縮されています。 次に、「学習力」。 ここには、複数のエッセンスが詰まっています。 『』 『』 『』 『』 最後に、「組織マネジメント」。 ここは『』の主張が骨子になっています。 以上を踏まえると、本書『』は、• 山口周さんの本を読んだことがある人にとっては、これまでの総復習をできる内容であり、• 山口周さんの本を初めて読む人にとっては、これまでの著者のエッセンスをまとめてキャッチアップできる内容 …といえます。 だいぶ周りくどくなりましたが、「この本、すごくオススメですよ」と伝えたかったのです。 複数本を出版されている著者の本を読む際は、その著者の意見を総まとめした 「代表作」を読むといいかもしれませんね。 山口周さんなら、『』。 赤羽雄二さんなら、『』。 大前研一さんなら、『』。 明日から取れるアクション1つ• 本を選ぶときは、その著者の「代表作はどれか?」を探すようにする logichan.

次の