妊娠初期寝方。 妊娠初期の正しい座り方や体に負担をかけない対策

妊婦の寝方。右向き寝、左向き寝で赤ちゃんへの影響はあるの? | 楽しい子育て応援ブログ

妊娠初期寝方

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠中は眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなったりと睡眠トラブルに悩まされる方が多くいます。 特に妊娠中期から後期にかけてお腹が大きくなってくると、寝苦しい日が増えてきます。 そんな妊婦さんにおすすめの寝方が「シムス体位」。 妊娠中の寝苦しさをやわらげてくれますよ。 今回はシムス体位とはどんな寝方なのか、楽な体勢の取り方や気をつけるべきポイントなどをご説明します。 妊娠中に寝つきが悪くなるのはなぜ? 妊娠して寝付きが悪くなる妊婦さんはたくさんいます。 妊娠初期にホルモンバランスが変化したことで自律神経などが不安定になり、妊娠・出産に対する不安なども重なって寝つきが悪くなる人もいますが、多くは妊娠後期に入る前後から増えます。 これはホルモンバランスの乱れに加えて、大きくなったお腹が眠りの邪魔をしているから。 寝返りをうちにくくなったり、お腹に圧迫されたりして寝つけなくなるのです。 妊娠後期に大きなお腹が邪魔して眠れないときは、寝方を工夫するだけで改善することもありますよ。 関連記事 妊婦におすすめの寝方!シムス体位とは? 妊娠中期から後期にかけてお腹が大きくなってきた妊婦さんにおすすめの寝方が「シムス体位」です。 シムス体位では、体の左側を下にして、横向きに寝ます。 元々は直腸検査をするときや昏睡状態の人の気道を確保するときに用いられたリラックスの姿勢ですが、妊婦さんの体にも有効だとわかり、応用されるようになりました。 妊娠中期以降は胎児や羊水の重みで子宮周辺の血管が圧迫されて血流が滞り、低血圧やめまいを引き起こす危険性がありますが、シムス体位をとることで血液の循環がよくなってリラックスできる効果があります。 妊娠中のシムス体位の取り方は? シムス体位をとるときは、左側を下にして横になり、以下の姿勢を心がけましょう。 下にある左足は真っ直ぐ伸ばす• 右足は足の付け根から曲げて、膝も曲げた状態にし、曲げた膝はベッドの上に置く• お腹に負担が掛からない程度に少しうつ伏せ気味に体をかぶせる これが、シムスの基本の姿勢です。 体の下にくる左腕を背中側に回す体勢をとることもあります。 この姿勢がつらいときは、布団や枕、クッションなどを使って調整しましょう。 抱き枕を抱きかかえるようにすると体勢が安定しやすくなります。 掛け布団を下に敷いてみるのもおすすめです。 関連記事 妊婦は横向きの姿勢が楽なの?仰向けに寝てはダメ? お腹が大きくなってくると、横向きになっているほうが重みを感じにくくなります。 胎児の背中がある方を下にすると楽に感じるので、自分が楽と感じる方向を向いて寝るようにしましょう。 また、妊娠後期になると仰向けはよくないと聞いたことがある人もいるかもしれませんが、自分自身が苦しいと感じなければ、妊娠後期に仰向けで寝ても構いません。 しかし、仰向けで寝た場合は、子宮が背骨の右側にある下大静脈を圧迫し、低血圧を起こすことで、「仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)」になる恐れがあります。 動悸や息苦しさで熟睡できないと感じたら、横向きになるなど姿勢を変えてみてください。 妊娠中は自分が楽だと感じる寝方をするのが一番ですが、仰向けで寝ていて寝起きにお腹が張っていたら子宮が内臓を圧迫しているかもしれません。 その場合は無理せずにシムス体位をとりましょう。

次の

【専門家監修】妊婦さんにおすすめの寝方は?妊娠中の寝る向きや体勢、快適な睡眠のコツを解説|ベビーカレンダー

妊娠初期寝方

不意に下腹部がチクチクしたり、おりものが増えたように思う。 (0歳の女の子のママ) 兆候3. 腰が痛い 妊娠すると増える女性ホルモンの影響で、腰に重い痛みが続く人もいます。 筋肉や筋を痛めたのとは違う痛みです。 兆候4. 頭が痛い 頭痛を感じる人もいます。 ズキズキする程度であれば、安静にしましょう。 妊娠している可能性がある時期は、薬を服用しないようにしましょう。 兆候5. おならが多い ホルモンバランスの変化で、腸内に悪玉菌がたまりやすくなりガスがたまる人もいます。 兆候6. 下痢気味になる おならと同様、ホルモンバランスの変化で、下痢や便秘症状が起きる人もいます。 兆候7. 眠気がある 女性ホルモンの分泌により、眠気が強く出る人もいます。

次の

妊娠初期の妊婦さんの寝方は?うつ伏せ、横向き、あおむけ…どれがおすすめ?

妊娠初期寝方

特につわりがひどいときは、胃酸の逆流による胸焼けなどで、不快感を感じやすくなっています。 仕事や家事など何かしらに集中している間は気が紛れやすいのですが、何もしないでただ休むときにはつわりの不快感を感じやすいのです。 ですので、妊娠初期は、少し上半身を高くして寝ることがおすすめです。 また妊娠初期は、自分ではまだ気づかなくても体の中のさまざまところが変化し始めます。 その中でホルモンバランスの影響をうけ、眠れなくなったり、逆に頻繁に眠くなったりするなどの変化が生じることがあります。 そのような場合は、自分にとって楽な姿勢で休めるときに休むようにして無理をしないことが大切です。 普段うつ伏せ寝が好きという方は、うつ伏せ寝ができず、おなかが圧迫されるように感じて寝苦しくなってくるかもしれません。 また、うつ伏せになってしまうことで胎児が圧迫されないか心配になって、なかなか眠れないという妊婦さんもいます。 うつ伏せになってしまうことが心配なら、抱き枕を活用するといいでしょう。 習慣になっている寝方を変えることは違和感があるかもしれませんが、しばらくすれば慣れてきます。 さらにおなかが大きくなる妊娠後期にはさらに体勢が限られてしまいますので、仰向き・横向きに慣れ、自分にとって楽な姿勢で寝るようにしましょう。 妊娠中期の終わりごろから、仰向けで寝ようとしても、おなかが重くてなかなか眠りにつけないことも増えてきます。 また、仰向けで寝ると脚がむくむ・つるといった症状が出やすくなります。 また、妊娠後期は胎盤と羊水、そして成長した胎児で子宮は大きく、重くなります。 そして、立っている姿勢でも周りの臓器や血管が押されています。 このような状態の妊婦さんが仰向けに横になると、子宮が下大静脈という大きな血管をを圧迫してしまいます。 仰向けになることで血液の流れが悪くなり、下半身から心臓に戻る血液の量が減ります。 心臓に戻る血液の量が減ると、次に全身に送る血液の量が減るために血圧が下がってしまうのです。 このような状態を、仰臥位低血圧症候群といいます。 仰臥位低血圧症候群を予防するためにも少し上半身を高くして寝たり、仰向けではなく横向きで寝るようにするといいでしょう。 妊娠中は自分にとって楽な体勢をとるのがリラックス効果も期待できて良いのですが、どの時期においても体に負担のかからない寝方として、「シムス位」という体勢をとるのがおすすめです。 シムス位とはどのような体勢なのでしょうか。 詳しくご紹介します。 妊婦さんにおすすめの寝方(体勢)シムス位とは シムス位は、体を横向きにし、横になった状態で上側になる脚を前に出し、膝を床につけている体勢のことです。 この姿勢は体の緊張が取れ、リラックスしやすくなるといわれています。 正式なシムス位は上半身がほぼうつ伏せとなり、顔の向きと反対側の腕は背中側に出します。 しかし、正式なシムス位は妊婦さんにとって大きくなった胸が当たったり、おなかも押されてしまったりするので、苦しい体勢となってしまうこともあります。 妊娠中にできるシムス位に近い体勢として、床面につく膝の下に座布団や枕などを入れて膝の高さを調節し、おなかや胸の圧迫を弱めて、楽な体勢がとれるようにします。 腕や顔の向きは自然に楽な位置にするとよいでしょう。 快適な睡眠のためのコツは? 妊娠すると、ホルモンバランスの影響を受けて睡眠パターンが変わることがあります。 おなかが大きくなってくると今までの習慣となっていた体勢でなかなか眠れない、トイレが近くなって夜中に目が覚めるということもあります。 夜にしっかり眠れるのが一番ですが、まとまった時間でしっかり睡眠を取ろうとせず、1日の中で休めるときにしっかり休むことが大切です。 できるだけ快適な睡眠をとるには、座布団や枕、クッションなどで工夫して、楽な体勢が取れるようにするのがおすすめです。 抱き枕でも横向きになって腕と脚で抱えるようにすると楽になります。 また、低反発クッション、ビーズクッションなどを使うのもよいでしょう。 睡眠中に脚がつる妊婦さんや、寝起きに脚がむくんでいる妊婦さんは足元を高くして休むようにすると良いでしょう。 また、お気に入りの曲を聴いたり、アロマテラピーなど香りの効果を利用したりすると、心身ともにリラックスできて質の良い睡眠が得られやすくなります。 ただし、妊娠中には使えないアロマもあるので、使う前にはかかりつけ医に相談してから使うようにしましょう。 まとめ 妊娠初期のうちはホルモンバランスの変化によって睡眠パターンが変わり、慣れるのが大変な時期です。 この時期はおなかもまだ大きくなってこないので、つわりが楽になる体勢で落ち着くような寝姿勢が良いでしょう。 おなかが大きくなってくる妊娠中期以降は、うつ伏せ寝や仰向け寝は苦しくなってきます。 特に仰向け寝は仰臥位低血圧症候群になる可能性もありますので、できるだけ避けるようにしましょう。 妊婦さんにおすすめの寝る体勢は、横向きやシムス位です。 クッションや枕などで工夫して楽な姿勢で寝るようにしましょう。

次の