コジコジ 名言。 【アニメ】コジコジの闇って?名言や神回紹介と最新舞台情報も!!

コジコジ名言集がシュールで哲学的!意味は?漫画の画像から解釈!

コジコジ 名言

他の登場人物は、頭がやかんの「やかん君」、半分が鳥、半魚鳥の「次郎」など、現実にはあり得ないキャラだ。 しかし、内気で卑屈だったり、ひょうきんだったり、コンプレックスを抱えていたりと、現実の人々と同じように悩みを抱えて暮らしている。 社会の規範に縛られず自由に振る舞うコジコジの言動に、なかまたちは翻弄されながらも、時々ハッとさせられる。 コジコジの言葉には、さくらさん流の人生哲学が織り込まれていた。 大人のファンを虜にした、コジコジの名言を振り返る。 (先生)「なにっ!? 遊んで食べて寝てるだけじゃないかっ」 「えっ 悪いの? 遊んで食べて寝てちゃダメ?」 (先生)「コジコジ... 将来一体何になりたいんだ それだけでも先生に教えてくれ なっ」 「コジコジだよ コジコジは生まれた時からずーっと 将来もコジコジはコジコジだよ」 メルヘンの国の住人は「ミッキーマウスのように人を楽しませる使命がある」ので、勉強しなさいと説く先生とコジコジのやり取り。 怒っていた先生がガーンとなり、コジコジが鮮烈なデビューを飾った瞬間だった。 なお、コジコジはギャグ漫画なので、オチがある。 この言葉に感銘を受けた次郎が、家に帰ると...。 (コミックス1巻第1話「コジコジはコジコジ」より) 「神様は心の中をウロウロしているので この辺をウロウロしていません」 メルヘンの国を訪れたゲタ屋一家が神様と間違えられて大歓迎を受ける。 その話を聞き、歓迎を期待してやってきた別のゲタ屋にコジコジが言ったセリフ。 冷水をかけられながらも、ゲタ屋は「そうだよなァ」と我に返る。 (コミックス3巻第22話「江戸ッ子の国のゲタ屋一家がやってきた」より) (ミミズ)「コジコジ キミも貴重品はまとめておいた方がいいよ」 「あっミミズ君 貴重品て何?」 (ミミズ)「宝物とか大切な物だよ 嵐で家が危なくなったら持って逃げるのさ」 「へーじゃあコジコジは家もないし宝物もないから何もしなくていいんだね」 メルヘン国に嵐が来ると聞いてコジコジの反応。 所有について問うコジコジ(コミックス1巻第8話「嵐が来るぞ!! 」より) 「元気でね」 月見祭に出かけたコジコジとなかまたち。 クライマックスで満月に託して「想いを伝えたい人へ、心を込めてメッセージを送りましょう」と呼びかけられたなかまは、冷たくしてしまった相手を想っていた。 一方、コジコジが通りすがりに会っただけのモグラに送ったメッセージが、これ。 しかし、メッセージはすぐに伝わったのだ。 (コミックス2巻第10話「今夜はタヌキ村のお祭だ」より) (タコの弟)「おまえバカだろ バーカ」 「そうだよ よく知っているね キミは物知りだね」 (タコの弟)「なんだよその帽子 変なのっ アハハ」 「そうだよ 変なんだ アハハ」 (タコの弟)「なんだよ からかいがいのない奴め」 弟が生意気で困っているから面倒を見てほしいとタコに相談を受けたコジコジと弟のやり取り。 にはこう対応すればいいのかもしれない。 (コミックス1巻第9話「海水浴へ行こう」より) 「ブヒブヒ達はそろそろ死んだかなぁ。 まだ生きてるかなぁ」 (次郎)「コジコジよく平気でそんな事が言えるなァ... 」 「なんで? じゃあどういう顔で言えばいいの?」 (次郎)「だって一応クラスメートたぞ たぶん死んでるけどそんなに平気な顔で言うなよ もう少しこう悲しい顔するとか... 一応な」 「体が死んでもたましいは生きてるよ。 ブヒブヒもスージーもまたいつか会えるのに次郎君そんな事も知らなかったの?」 (次郎)「俺は死んだことないから そんな事は知らんぞ」 メルヘンの国の悪者、ブヒブヒとスージーの悪行に対してカメ吉君が禁断の技「カメの思い出」で攻撃したシーンで、傍観していたコジコジと次郎のやり取り。 またいつか、会えるのかな。 (コミックス1巻第4話「メルヘンの国の悪者たち」より).

次の

「コジコジは、コジコジだよ」。名言の数々に、さくらももこさんの哲学が詰まっていた。

コジコジ 名言

みなさんこんにちは! いきなりですが!僕の生き方と考え方は アニメ(漫画)と映画・・この2つのエンタメでできています。 今まで好きでみにきていたものがそればっかなので何か討論になった時とか誰かに相談された時、はたまた自分を奮い立たせる時なんかも見本にしてるのは漫画や映画のフレーズであることがほとんどです!! 結構イタイやつですね笑 それでもこの2つのエンタメって夢を与えるものだから教科書にすると気持ちいいんですよね。 現実ではなかなか貫けない考え方をした人が多いから終わりが無いというか。 あとは現実に飲み込まれないようになったり。。。 まぁ逆に頭がメルヘンになりすぎて甘甘な理想ばっかり追いかけ、リアルに存在する目の前の障害を乗り越えようとしない夢見人間になる可能性もあるわけですが笑 僕はどっちにも影響していますが基本いい方向に向かってるかな。。。 割とリアルな内容の漫画が好きだったりするし! そんな中で、今回はアニメからさくらももこ作品「コジコジ」について書いてみようかと思います! この作品は普通のアニメと違って、メルヘンなのに社会的!!さくらももこ哲学が全開でとても不思議で面白い内容になっていますのでこの記事をみて興味を持った方はぜひご覧になってみてください!! 動物なのか人なのか? 男なのか女なのか? 地球上の生き物なのか宇宙から来たのか?……コジコジには何の肩書きもありません。 無為自然に生きる。 ……コジコジは完璧にピュアな存在ゆえに、そのままでただ生きます。 コジコジの邪気のない発言は、その素朴さゆえに新鮮かつ真理だったりする のです。 映画「フォレスト・ガンプ」にも通じる世界を、さくらももこは5年も前から 「コジコジ」という作品で呈示し続けてきました。 《さくらももこの哲学!?コジコジ名言集!!!》 ちょっと僕の説明ではさくらももこの哲学をお伝えすることが難しいので、数々の名言を紹介することでみなさんもその深さに気づいていただけたらと思います! 「盗みや殺しやサギなんてしてないよ?遊んで食べて寝てるだけだよなんで悪いの?」 これはキャラクターが集まる学校の先生に 「遊んで食べて寝てるだけじゃないか!」 と言われコジコジが発したセリフ。 遊んで食べて寝る これって子供の頃にはやりなさいって言われてたことだったりしません??? 生き方はこれで間違ってないんです。 社会やしがらみに邪魔され人の正義を押し付けられるとこんな行動すら怒られることになってしまう。。。 まぁ形にも夜でしょうが端的にそこを理由にして人をしかることにどんな真理があるのか考えて発した方がいいですよね! 「神様ってどういう人?面白い人?みんなその人の役に立っているの?なんで?」 これはさくら先生の考え方がそのまま出てるのかなぁ? 俺は神様がいるかどうかわからないけど感謝したことも頼みごとをしたことも何回もあります。 物理的に何かしてもらったことはないしそもそも与えてもらったこととして自分が信じ込まないと成立しないものなんだけど(神様が目に見えてる訳では無いですから)やっぱ何かあると思って頼ってしまう時がある。 さくら先生は 「自分」でいきてきた人なんだなぁ。 これから先も神様という存在がはっきりわかることは無いかもしれないけど、俺は弱いからどんな時でも感謝できる存在・懺悔できる存在として神様はい続けそうだなぁ。 全力でやるべきことをやっててもどうしてもできないポイントがあって、悩んでも何も生まれない。。。 休みの無い中で悩み続けて何も生まれずただ疲れるぐらいだったらその時間休んだ方がいいもんね!! 義務や期限がなきゃこの世界は成り立たないかもしれないけど俺はがんばってる人にはどんな時でも休んで欲しい。 頑張ってる人ってそれを見てる人っていっぱいいるしフォローこそ大事だと思います!! 責任なんて言葉、押し付けるものでもなんでも無い責任感は共有したい( ちょっと名言からははみ出たなwでも感じ方も自由だからいいかっww) 「コジコジだよ コジコジは生まれた時からずーっと 将来もコジコジはコジコジだよ」 自分は自分です。 未来の技術が進化して外見全部全く別の人にできても心が変わらない限り過去も未来も自分なんです! 自分がどうなりたいかは自分あっての言葉。 深いですね、こんな単純に聞こえることなのに。。。 《言ってることは結構凄い?神回第一話の衝撃》 これは聞くより見てください!!!こんな可愛いキャラなのにこんなこというストーリーだったの????って思いますよ!!! 僕は本当にびっくりしました!そして名言は1話から出てきます!! ということで神回は第一話「コジコジはコジコジ」 要チェックやで!!!! 《最新舞台情報》 なんとこのアニメ!!! 2019年8月21日〜25日にCBGKにて舞台化します!!! この世界観を人が舞台で表現。。。。 このシュールさを。。。。。 かなり難しそう!!!! ビジュアルがマスコット調になるみたいだから子供も楽しめるし、一つ一つの興味でる言葉は大人の生活にも影響を与えるでしょう!! というか与える内容になって欲しい。

次の

「コジコジは、コジコジだよ」。名言の数々に、さくらももこさんの哲学が詰まっていた。

コジコジ 名言

みなさんこんにちは! いきなりですが!僕の生き方と考え方は アニメ(漫画)と映画・・この2つのエンタメでできています。 今まで好きでみにきていたものがそればっかなので何か討論になった時とか誰かに相談された時、はたまた自分を奮い立たせる時なんかも見本にしてるのは漫画や映画のフレーズであることがほとんどです!! 結構イタイやつですね笑 それでもこの2つのエンタメって夢を与えるものだから教科書にすると気持ちいいんですよね。 現実ではなかなか貫けない考え方をした人が多いから終わりが無いというか。 あとは現実に飲み込まれないようになったり。。。 まぁ逆に頭がメルヘンになりすぎて甘甘な理想ばっかり追いかけ、リアルに存在する目の前の障害を乗り越えようとしない夢見人間になる可能性もあるわけですが笑 僕はどっちにも影響していますが基本いい方向に向かってるかな。。。 割とリアルな内容の漫画が好きだったりするし! そんな中で、今回はアニメからさくらももこ作品「コジコジ」について書いてみようかと思います! この作品は普通のアニメと違って、メルヘンなのに社会的!!さくらももこ哲学が全開でとても不思議で面白い内容になっていますのでこの記事をみて興味を持った方はぜひご覧になってみてください!! 動物なのか人なのか? 男なのか女なのか? 地球上の生き物なのか宇宙から来たのか?……コジコジには何の肩書きもありません。 無為自然に生きる。 ……コジコジは完璧にピュアな存在ゆえに、そのままでただ生きます。 コジコジの邪気のない発言は、その素朴さゆえに新鮮かつ真理だったりする のです。 映画「フォレスト・ガンプ」にも通じる世界を、さくらももこは5年も前から 「コジコジ」という作品で呈示し続けてきました。 《さくらももこの哲学!?コジコジ名言集!!!》 ちょっと僕の説明ではさくらももこの哲学をお伝えすることが難しいので、数々の名言を紹介することでみなさんもその深さに気づいていただけたらと思います! 「盗みや殺しやサギなんてしてないよ?遊んで食べて寝てるだけだよなんで悪いの?」 これはキャラクターが集まる学校の先生に 「遊んで食べて寝てるだけじゃないか!」 と言われコジコジが発したセリフ。 遊んで食べて寝る これって子供の頃にはやりなさいって言われてたことだったりしません??? 生き方はこれで間違ってないんです。 社会やしがらみに邪魔され人の正義を押し付けられるとこんな行動すら怒られることになってしまう。。。 まぁ形にも夜でしょうが端的にそこを理由にして人をしかることにどんな真理があるのか考えて発した方がいいですよね! 「神様ってどういう人?面白い人?みんなその人の役に立っているの?なんで?」 これはさくら先生の考え方がそのまま出てるのかなぁ? 俺は神様がいるかどうかわからないけど感謝したことも頼みごとをしたことも何回もあります。 物理的に何かしてもらったことはないしそもそも与えてもらったこととして自分が信じ込まないと成立しないものなんだけど(神様が目に見えてる訳では無いですから)やっぱ何かあると思って頼ってしまう時がある。 さくら先生は 「自分」でいきてきた人なんだなぁ。 これから先も神様という存在がはっきりわかることは無いかもしれないけど、俺は弱いからどんな時でも感謝できる存在・懺悔できる存在として神様はい続けそうだなぁ。 全力でやるべきことをやっててもどうしてもできないポイントがあって、悩んでも何も生まれない。。。 休みの無い中で悩み続けて何も生まれずただ疲れるぐらいだったらその時間休んだ方がいいもんね!! 義務や期限がなきゃこの世界は成り立たないかもしれないけど俺はがんばってる人にはどんな時でも休んで欲しい。 頑張ってる人ってそれを見てる人っていっぱいいるしフォローこそ大事だと思います!! 責任なんて言葉、押し付けるものでもなんでも無い責任感は共有したい( ちょっと名言からははみ出たなwでも感じ方も自由だからいいかっww) 「コジコジだよ コジコジは生まれた時からずーっと 将来もコジコジはコジコジだよ」 自分は自分です。 未来の技術が進化して外見全部全く別の人にできても心が変わらない限り過去も未来も自分なんです! 自分がどうなりたいかは自分あっての言葉。 深いですね、こんな単純に聞こえることなのに。。。 《言ってることは結構凄い?神回第一話の衝撃》 これは聞くより見てください!!!こんな可愛いキャラなのにこんなこというストーリーだったの????って思いますよ!!! 僕は本当にびっくりしました!そして名言は1話から出てきます!! ということで神回は第一話「コジコジはコジコジ」 要チェックやで!!!! 《最新舞台情報》 なんとこのアニメ!!! 2019年8月21日〜25日にCBGKにて舞台化します!!! この世界観を人が舞台で表現。。。。 このシュールさを。。。。。 かなり難しそう!!!! ビジュアルがマスコット調になるみたいだから子供も楽しめるし、一つ一つの興味でる言葉は大人の生活にも影響を与えるでしょう!! というか与える内容になって欲しい。

次の