ユニクロ オンライン 支払い 方法。 ユニクロでお得に安く買う方法【店舗・オンラインストア活用術】

はじめてのお客様へ

ユニクロ オンライン 支払い 方法

ユニクロはクレジットカードで支払える? ユニクロでクレジットカードを使って支払いをすることは、「可能」です。 これは基本的にはユニクロ全店とオンラインストアも同様になります。 参考: ユニクロ公式お知らせ ただし、いくつかの注意点があります。 「海外で発行されたクレジットカードは利用できないことがある」 国際ブランドのなかには海外で発行されたカードもありますが、 ユニクロでは日本で発行されたクレジットカードしか利用することはできません。 日本のカード会社で発行されたものかどうか確認しておきましょう。 「本人名義以外のカードは使用できない」 当たり前のことではありますが、 クレジットカードは本人しか使用することはできません。 よくあるのが配偶者などのカードで支払おうとして、配偶者が近くにいないときに確認されるということです。 これはユニクロに限らず起こることなので気を付けておきましょう。 「18歳未満は利用できない」 たとえ、 本人名義の家族カードだったりしても18歳未満はそのカードで支払いをすることはできません。 これもユニクロに限らず一般的に店舗では18歳未満がクレジットカードで支払いをすることはできない場合がほとんどです。 「一括払いのみとなる」 公式HPに掲載されている通り支払いは 一括払いのみとなります。 分割払いやボーナス払いはお店では設定できません。 どうしても分割払いにしたい場合は、お店で一括払いで決済をして、 後からカード会社のホームページなどから分割払いに変更する手続きをしましょう。 これで分割払いやリボ払いを利用することができます。 ただしすべてのカード会社でできるわけではありませんので事前に確認しておきましょう。 ユニクロでクレジットカード使用するメリット 現金を準備する必要がない クレジットカードを利用するメリットとしてはやはり キャッシュレスの手軽さです。 現金を多く持ち歩くのが嫌な人であればなおさらかもしれません。 細かい小銭を会計で払いたくない人にとってはやはりメリットとなるでしょう。 クレジットカードのポイントが貯まる クレジットカードで支払う一番のメリットはこれでしょう。 特に ポイント還元率が高いクレジットカードを利用している場合、ユニクロで大量の服を買ったときなどは多くのポイントを得ることができます。 そのなかでも例えば ルミネカードなどでは、 ルミネにあるユニクロでは常に5%割引となります。 これはバーゲンセールなどのときでも適用されるので非常にお得です。 また、年に何度か開催される10%offセールなどでもルミネカードを持っていれば利用することができるのです。 カードによってポイント還元率が変わりますので、クレジットカードを複数枚持っている場合はどのカードを使えば一番お得になるかを調べてから使用するようにしましょう。 クレジットカードで支払うデメリットはある? はっきり言えばユニクロでクレジットカードで支払うことにデメリットはありません。 ポイントがついたりするメリットの方が圧倒的にあるので、問題なくクレジットカードで支払いましょう。 もちろん、クレジットカードで購入した商品も3ヶ月以内であれば返品することができます。 ただし、クレジットカードで購入したときにありがちなのですが、「レシート」「カードのお客様控え」「クレジットカード」の3つが揃っていなければ返品がしてもらえません。 これを忘れたり、控えを失くしてしまったりして返品をできないということがありますのでしっかりと覚えておきましょう。 その他、支払いができる方法はこちら ユニクロの店舗での支払い方法としては、• 「現金」• 「クレジットカード(一括払い)」• 「UNIQLOギフトカード」• 「JCBギフトカード」• 「電子マネー」 の5つの方法があります。 オンラインストアでの支払いは、• 「クレジットカード(一括払い)」• 「代金引き換え(配送業者への支払いに電子マネー利用可)」• 「UNIQLOギフトカード」 の3つの方法があります。 ユニクロがオリジナルで発行しているUNIQLOギフトカードは両方の支払いで利用することができますが、枚数制限があるために注意が必要です。 店舗では5枚まで、オンラインストアでは3枚までとなっているので効率よく使いましょう。 また、店舗ではJCBギフトカードを利用することもできます。 電子マネーは以下のものが店舗で使用できます。 「QUIKPay」• 「iD」• 「交通系電子マネー(Suicaなど)」• 「楽天Edy」 オンラインストアでの配送のときに電子マネーで支払うこともできるのですが、この時は要注意です。 運送会社によって利用できる電子マネーが違っているのです。 自分が利用しようとしている電子マネーがその時に利用できるかどうかはわかりませんので、必ず現金でも支払いができるように準備しておきましょう。 店舗ではその心配はいりませんのでどの電子マネーでも大丈夫です。 ユニクロのお買物の特典は ユニクロアプリのダウンロードで割引クーポンがもらえる! ユニクロではクレジットカードだけがお得になるわけではありません。 ユニクロを利用する人にぜひ使ってほしいのが 「スマホアプリ」です。 気に入った商品の在庫チェックや、セールの案内など便利な機能があります。 実際に店舗までいってサイズや色の在庫がないと言われるとショックなのでそれが事前に確認できるというのは大きなメリットです。 定期的に行われるセールなどの案内がくるのも嬉しいものです。 またそれだけではなく、 「割引クーポン」が手に入る場合があります。 これは不定期に配布されるもので「店舗用」と「オンラインストア用」の2通りがあります。 ただ、こうして配布されるものはほとんどがオンラインストアで使用できるものとなります。 オンラインストアで購入手続きをした際に「クーポン番号」を入力していけばそれで完了です。 店舗用のものは会計時にレジで提示しましょう。 店員さんに言われてからスマートフォンを取り出して操作をすると時間がかかりますので、前もってその画面を提示させておけばスムーズに利用することができるでしょう。 アプリの提示でクーポンが当たるかも アプリの会員証をレジで提示することで 購入金額1000円ごとに1回「SCAN DE CHANCE」というゲームをすることができます。 これはサイコロを振ることで色々な景品が当たるかもしれないというものです。 店舗用の100円分、1000円分の買い物券やオンラインストア用の500円分の買い物券などがあたる可能性があります。 多くの衣料品を購入した際などはそれだけチャンスが広がりますので、ぜひ挑戦していきましょう。 まとめ ユニクロでは期間限定で出している仮店舗のような店でない限りはほとんどの店でクレジットカードを利用することができます。 使用できるクレジットカードも一般的なブランドすべてと言えます。 ポイントがついたりとメリットばかりで店舗でもオンラインストアでも使用することができます。 またクレジットカード以外にもユニクロにはお得に利用できる方法があります。 特にユニクロアプリは割引などにも直結しますのでユニクロを利用する際にはぜひダウンロードしておきましょう。

次の

ユニクロでペイペイは使えるの・使えないの?会員証との併用・セルフレジ利用など支払い方法・使い方まとめ【UNIQLO・PayPay】

ユニクロ オンライン 支払い 方法

ユニクロの支払い方法• クレジットカード• 電子マネー• QRコード決済• ギフトカード ただし、店舗によって差が生じるケースもあるので、例えば、PayPayで支払おうと思ってスマホだけを持って来店するのには少しリスクがあります。 はじめて利用する支払い方法の場合は特に、他の方法も用意しておいた方が安心でしょう。 QRコード決済の場合、「未導入店舗だった!」というケース以外にも、システムエラーで決済ができない、チャージができないというケースも考えられます。 それでは、それぞれの支払い方法についてより詳しく見ていきましょう。 ユニクロで利用できるクレジットカード ユニクロでは、VISA、JCB、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブのクレジットカードが利用できます。 ただし、アメリカン・エキスプレスは海外発行のカードだと利用できないので注意してください。 ユニクロの場合、特別相性の良いクレジットカードがないので、普段使っているメインカードで決済をしましょう。 ユニクロで利用できる電子マネー ユニクロでは、以下の電子マネーが利用できます。 nanaco• 楽天Edy• WAON• Suica• PASMO• QUICPay• iD 一部のテナント、駅ビルなどに出店している店舗だと利用できない電子マネーもあるので、心配な方は事前に確認しておきましょう。 nanacoや楽天Edyといった流通系の電子マネー、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネー、さらにはQUICPay、iDといったポストペイ型の電子マネーも利用可能です。 ただし、店頭でのチャージは基本的に非対応なので、残高が十分にある状態かを確認してください。 交通系電子マネーはSuica、PASMO以外にも、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんなど各種利用できます。 ユニクロで利用できるQRコード決済・スマホ決済 記事の冒頭でユニクロにPayPayが導入されたことを紹介しましたが、現時点ではそれ以外のコード決済は利用できません。 一応、Alipay(アリペイ)、WeChatpay(ウィーチャットペイ)には対応していますが、基本的にはインバウンド向けの決済手段です。 そのため、ユニクロで利用できるのはPayPayだけだと思って良いでしょう。 LINE Pay、楽天ペイ、d払いなどは導入されていないので、今後の対応に期待です。 ユニクロで利用できるギフトカード ユニクロでは次の2つのギフトカードを利用できます。 UNIQLOギフトカード• JCBギフトカード ギフトカードは基本的に他の支払い方法と併用することが可能です。 ただ、ギフトカードでの支払いに対しておつりは出ません。 そのため、ギフトカードの額面以上の買い物に利用すると良いでしょう。 UNIQLOギフトカード ユニクロの実店舗、およびオンラインストアで利用できるギフトカードで、3,000円、5,000円、10,000円の3種類の額面があります。 カードタイプなので、使った分だけがもともとチャージされたいた金額から引かれます。 UNIQLOギフトカードで支払いをしてもポイントなどは付与されないので、他者へのプレゼント用の決済手段だと思ってください。 UNIQLOギフトカードの不足額を、他の方法で支払うことも可能です。 有効期限があり、ユニクロでしか利用できないので、持っているなら優先的に消費した方が良いでしょう。 JCBギフトカード JCBギフトカードは、1,000円、および5,000円の2種類の額面があります。 使い方はUNIQLOギフトカードと一緒ですが、JCBギフトカードの場合には、使った分だけ引かれるのではなく、額面全額が利用され、おつりは出ません。 そのため、900円の支払いにJCBギフトカード1,000円分を使うと100円損をしてしまうのです。 できるだけギフトカードの金額以上の買い物に使い、差額はクレジットカードや電子マネーで支払うと良いでしょう。 JCBギフトカードの加盟店であればどこでも使え、有効期限もないので、無理にユニクロで消費する必要はありません。 ユニクロと相性が良いキャッシュレス決済はこれ! ユニクロでは特別相性の良いクレジットカードや電子マネーがありません。 そのため、もとのポイント還元率ができるだけ高い支払い方法を利用すると良いでしょう。 貯めたいポイントによっても異なりますが、比較的、カンタンにできるのは次の2つです。 PayPayなら合計2. 5%還元も可能• Kyash+クレカだと合計2. 0%が目安 PayPayなら合計2. 5%還元も可能 QRコード決済は高いポイント還元率が大きなメリットですが、PayPayだと合計2. 5%のポイント還元が可能です。 ただし、支払い方法にはいくつか注意点があります。 まず、PayPayの残高チャージには、Yahoo! JAPANカードを利用してください。 Yahoo! JAPANカードの通常のポイント還元率は1. 0%ですが、PayPay利用特典1. 5%と合わせると合計2. 5%となります。 その他のクレジットカードをPayPayに登録することもできますが、その場合にはPayPay利用特典が付きません。 紐付けした銀行口座からチャージをして決済しても1. 5%のPayPay利用特典はありますが、PayPayをお得に使うならYahoo! JAPANカードがおすすめです。 Kyash+クレカだと合計2. 0%が目安 Kyash(キャッシュ)というVISAのプリペイドカードは、決済金額の1%がKyashポイントとして戻ってきます。 これだけでは一般的なクレジットカードと差はないですが、実は、Kyashはクレジットカードでチャージ可能です。 そのため、例えば、楽天カード(還元率1%)でKyashにチャージをすれば、チャージで1%の楽天スーパーポイント、決済で1%のKyashポイントで合計2%の還元率になります。 より還元率を上げるのであれば、(還元率1. 2%)でチャージすることで、合計2. 2%となりおすすめです。 ユニクロでの買い物をお得にするならアプリがおすすめ ユニクロにはスマホ向け公式アプリがあるので、ユニクロの利用頻度が高い方は、ぜひアプリも使ってみてください。 デジタルチラシは毎週更新されるので、いち早く値下げなどの情報を手に入れられます。 また、アプリを提示して買い物をすると、翌日1,000円(税抜き)につき1回クーポンを獲得できるゲームに参加できます。 会員登録などは必要になりますが、ユニクロによく行くならアプリを使えばよりお得に買い物ができるでしょう。 ユニクロセルフレジでの支払い方法 ユニクロにはスタッフのいないセルフレジがある店舗もかなり増えています。 セルフレジへの誘導はスタッフが行ってくれるので不安なことは聞けますが、通常のレジとセルフレジでは対応している支払い方法が異なるケースもあるので注意してください。 クレジットカードであれば問題なく利用できますが、その他の決済手段については店舗による差もあるので、店頭の表示を見たり、スタッフの方に確認したりしましょう。 ユニクロオンラインストアでの支払い方法 ユニクロオンラインストで注文をする場合の支払い方法は、実店舗とは若干異なります。 オンラインストアでの支払い方法は以下の通りです。 代金引き換え払い• クレジットカード払い(一括のみ)• 後払い• UNIQLOギフトカード払い• Apple Pay支払い(一部端末のみ)• ユニクロ店舗レジ支払い(スマホサイト・アプリのみ) 電子マネーで支払いをしたい方は、「ユニクロ店舗レジ支払い」を選択すれば、店舗に来店した上で電子マネー決済も可能です。 ただし、注文完了後、1時間以内に店頭での支払いを済ませる必要があります。 また、後払いとはネットプロテクションズの与信審査を受けた上で、商品の受け取り後に、コンビニ、銀行、郵便局、LINE Payのいずれかで支払いを行う方法です。 クレジットカードを持っている方は、クレジットカードの一括払いを利用するのがもっともカンタンだと思います。 まとめ ユニクロはクレジットカードだけでなく、様々な電子マネーに対応しているので現金を持っていなくても問題ありません。 ただし、QRコード決済に関しては、主に利用できるのがPayPayだけなので注意しましょう。 今後、他のQRコード決済が導入される可能性もありますが、現状ではLINE Payや楽天ペイといった方法での支払いはできません。 PayPayはキャンペーンの頻度も多く、還元率も高くておすすめの決済方法の1つです。 PayPayとYahoo! JAPANカードの相性が良いので、PayPayで支払いをするならぜひYahoo! JAPANカードの発行も検討してみてください。

次の

【PayPayがお得】『ユニクロ』で使えるスマホ決済と支払い方法まとめ【キャッシュレス】|キャッシュレスJAPAN

ユニクロ オンライン 支払い 方法

この記事の目次• ユニクロオンラインストアの大きな特徴! 豊富すぎるサイズ展開 メンズはXS~4XL、レディースはXS~3XL、キッズ・ベビーは80~160cmと 幅広いサイズを展開しています。 XSやXXL以上は店舗では基本的に展開のないサイズなので 非常に買い回りがしやすくなりました。 また大きいサイズが店舗で買いにくかったと言う方も 通販での購入ならば他の方に見られることなく購入できます。 こういった事情から 実は通販の下着サイトは好調です。 フルラインナップの取り扱い 都心などの旗艦店限定のアイテムも取り扱いがあるので 近くにそういった店舗がない地域でも購入ができます。 さらに 海外向けアイテムや オンライン限定のアイテムも取りそろえて 文字通り 日本一の大型店舗と言っても過言ではありません。 そういったことができる理由がアマゾンのように各地に倉庫を設けて ガッツリ在庫を確保しているためと思われます。 返品・交換は何と3か月 もちろん未使用品と言う前提ですが 返品交換は レシートさえあれば3か月受けてもらえます。 さらに購入店舗でなくてもOK。 オンラインショップ以外 お出かけついでに買ったけど・・・と言うときに わざわざ出向かなくてもいいので便利です。 オンラインショップで購入した商品でも各店舗で対応してもらえます。 お買い上げ明細と返品カードを持って店舗に行けばOK。 送料はかかりますが返品カードを書いて 東京都江東区有明1-6-7 ユニクロオンラインストア返品受付 宛に送れば返品可です。 TEL : 0120-170-296(年中無休/9:00~17:00) これが返品受付の電話番号なのでこっちで確認した方が確実ですね。 最短翌日発送! 本州・四国限定 これも各地に倉庫を構えているからですが、本州と四国では 翌日指定が無料で出来るサービス。 通常の配送も含めて配達業者は3社で ヤマト、佐川、日本郵便のどれかで配達業者の指定は出来ないとのこと。 アカン、また荷物叩きつけられてまう 翌日便の利用条件は ・在庫が確保できる事 ・正午までの注文を行う事 ・一つの倉庫で揃う事 ・通常の注文であること ・受け取りがゆうパケット・コンビニ・店舗受け取りでない事 つまり火曜日に届けて欲しい場合 月曜日の0時から12時の間に 注文をしてギフト包装や裾直しはせずに 在庫のある商品を注文する事。 一つの倉庫で揃うかどうかはコチラでは分からないっぽいです。 おそらく購入での配達指定時に翌日便が選択できるかどうかで 判断ができると思われます。 受け取り場所が豊富 家でも会社でも店舗でもコンビニ 一部 でも! 受け取り場所が非常に豊富です。 路面店はもちろんショッピングセンターや駅内などの店舗で受け取れるため 都市部で会社勤めの方は非常に幅広い受取場所が選択できます。 ・・・電車で通勤してる場合店舗受け取りって邪魔になりそうですが。。。 コンビニはセブン・ファミマ・ローソンで受け取り可能ですが セブンの場合大きすぎると不可。 ファミマとローソンの場合小分けにしてならOKという事です。 【新支払い方法の追記あり】支払い方法はコレ! ユニクロオンラインストアの支払方法は 「クレジット 一括 」「代引き 本人受け取りのみ 」 「ユニクロギフトカード」「お店で支払い 一部店舗除く 」の4種。 === 2017. 11追記 新支払い方法「NP後払い」が追加されました ==== NP後払いとは、受け取った商品を確認後にコンビニエンスストア・銀行・郵便局のいずれかから 手数料なしで代金を支払うことができる仕組み。 ZOZOTOWNのツケ払いと似たような形ですが、手数料不要な分支払い期間が 商品が 届いた日から14日以内と短めになっています。 信用払いのような物なので与信審査などもありますので詳しい事は公式ページで。 ==== 追記 ここまで ==== 銀行振込は利用できません。 またコンビニや店舗受け取りでは代引き不可となっています。 代引きは運送会社の方に支払って荷物を受け取る方法なので 本人以外では使えないのは当然ですね。 裏側の話をすると注文しても受け取り拒否などがあるので 店舗やコンビニでの代引きは出来なくなっているというのもあります。 またそれぞれに保管期間がありその期間を過ぎると どんな支払方法であれ 強制的にキャンセル扱いとなります。 繰り返しそういった行動をすると もれなくブラックリスト入りして注文できなくなりますので注意。 店舗で支払いは実際の店舗で支払いを済ませることのできるサービス。 注文から1時間以内にレジにて支払いをして到着を待つだけ。 お店行ったけど欲しい色とかサイズが無い時に その場で注文して家に届けてもらうってことができますね。 ユニクロと言えば特別価格!オンラインはどうなるの? 週末限定だったり普通の値下げだったりと、ユニクロでは随時セールが行われています。 普通の店舗ですと〇〇日からこの価格!と明確ですが オンラインショップは24時間営業。 あれ?これどーするん? と調べたら 午前2時~3時の間に価格変更が行われるそうです。 なのでもしSALEが始まったら欲しい!ってアイテムがあれば 夜中3時過ぎに在庫あるかチェックして購入すれば確実。 めっさ眠いけど 法人や団体向けの大量購入割引 まず大量まとめ買いで割引制度。 支払いは銀行振り込みの前払いとなります。 社内や学校、町内のイベントなどにお揃いのアイテムとして役立ちそう。 商品にオリジナル加工 これは一部店舗での限定ですが 商品にオリジナルの加工を施して 世界に1枚しかないものを作れます。 手書きの絵やジュエルの貼り付け刺繡など 有料で様々なデコレーションが出来ます。 Web限定でデザインのプリントなどもしているので イベントユニフォームはもちろんのこと ちょっとしたプレゼントにもいいかもしれませんね。 著作権などに抵触していると不可になりますので このアーティストが好きだからグループ名入れて!などは出来ません。 ジャストサイズにお直し ズボンの丈はもちろん、 シャツやワンピの袖や着丈のお直しもしてもらえます。 身長の低い方や手の長さをキレイにしたい方に嬉しいサービス。 ただし基本的にその長さが一番いいバランスになるように作られているので 長袖を7分袖に!とかってするとバランスが崩れますのでほどほどに。 実際の色合いとかどうなんだろ・・・ と不安になることも多いはず。 そんな悩みも解消の手助けしてくれるのが お近くの店舗の在庫検索。 欲しいと思った商品の在庫をオンライン上で確認することができます。 もし近くに在庫があれば通販せずとも購入など 買い方が多様になるので便利ですね。 とっても親切な送料値段設定 送料は 初回は何円でも無料。 2回目以降は 5,000円以上で送料無料。 15か月以上注文がない場合は次回の注文は初回扱いになるそうです。 5,000円以下だと450円が掛かります。 ゆうパケットの場合250円です。 ユニクロだったらTシャツ2枚ぐらいが限度ギリギリでしょう。 長さ34cm、厚さ3cmまでで、3辺合計が60cmまで また代引き手数料は無料 ユニクロ負担。 5,000円以上買って返金などで5,000円を下回っても 返金分から新たに送料は引かないという大盤振る舞い。 遠いところだと1000円を超えてきます。 それが450円なので 割とお優しい感じ。 次に代引き手数料。 これは合計金額にもよりますが 9,999円までなら300円 29,999円までなら400円 99,999円までなら600円 300,000円までなら1,000円が通常掛かります。 ヤマト運輸などが運賃の値上げなど報道されていますが 送料無料は据え置きなのか注目です。 スマホでチェック スマホではユニクロアプリがあるので よく使う人はそちらをインストールした方がよろしいかと。 まぁ、ひとまず普通にブラウザで確認してみました。 youtube埋めまくったはてなブログかよ。 おそらく写真やスクリプトをふんだんに使ってるためと思われますが 動作1つ1つが非常に遅い。 アクセス多いからかな~と思いましたが 夜中1時頃でも変わりませんでした。 感覚的にはタップしてワンテンポ待たないと操作できません。 色々見たかったんですがあきらめました。 スマホで利用する場合は おとなしくアプリ導入した方がよさそうです。 PCでチェック パソコンでもチェックしてみました。 パソコンの場合は割とサクサクっと動きます。 これは性能の差もあると思いますけどね・・・。 検索の仕方がユニークで全リストを見るというのが無く インナー・ボトムスのようなカテゴリや カジュアルシャツ・キレイめシャツ・UTなどの特徴での分類があり シャツの中でも素材ごとで分けてあるなどしてました。 何の目的もなく見るには面倒ですが、 目的がある場合は非常に探しやすく どういうものが着たいのか・・・などの イメージがつかみやすいデザインでした。 商品レビューも見れるので購入者のリアルな声も見れます。 通販サイト+ホームページと言う動き 最近ユニクロ以外でも 通販サイトとホームページを一つにする動きが盛んです。 また費用的な面でもホームページと通販サイト両方に 広告費や作り込みの労力を費やすよりも 一緒にした方が効率的と言うのも言うまでもないと思います。 さらにこういうまとめる所が増えた背景には ユーザビリティに配慮した結果とも言えるでしょう。 調べてみた結論としては これはどうなんだろうと思ったらお客様窓口で大体の事は分かるので 非常に使いやすい親切なサイトに仕上がってると思います。

次の