岸信介 家系図。 安倍晋三の家系図に韓国人?華麗なる先祖一族!兄弟に岸姓がいるのはなぜ?

おすすめ家系図ソフトを使った家系図の書き方

岸信介 家系図

安倍晋三の先祖は韓国人との噂を検証 安倍晋三首相は 「家系図上では韓国人ではないか」 という疑惑があります。 その噂の元となるのが、 安倍晋三首相の父親、安倍晋太郎元外相の言葉、 「私は朝鮮(人)だ」という言葉です。 これは、世界日報が「週刊朝日」を 引用して報道したもので、 安倍晋三さんの父、安倍慎太郎さんは生前に、 「安倍家の起源は10世紀くらいまで 韓半島北で中国大陸にかけて存在していた パルへ国に始まった」 という考えを持っていました。 ですが、 「日本の安倍家の起源は明らかではない」 との報道もあります。 安倍家の起源について、 岸と安倍の両家どちらでも 40年間、家政婦として働いていた 久保ウメさんは 「安倍家の本流は青森県だ」 としています。 そして、 安倍晋太郎(父)さんが 「私は朝鮮人だ」と言った事に対し、 「(朝鮮といっても)今の北朝鮮ではなく、 吉林省の下側にあったパルへという国」 のことを言っていたとし、さらに、 「11世紀平安時代の武将だった安倍が 今の安倍家の祖先と一致する」 と説明し、 安倍晋太郎(父)が発言した内容を 全否定しています。 また、先に述べたように 「日本の安倍家の起源は明らかではない」 という一方、 「朝鮮人」だという根拠も明らかでないため、 安倍晋三首相の先祖が 韓国人というのは、 どうやら噂に過ぎないといえます。 スポンサードリンク 安倍晋三家系図に見る華麗なる先祖一族! 引用: 安倍晋三首相の家系図で、 先祖一族や兄弟を調べてみると、 先祖一族は「奥州安倍氏」であることがわかります。 その更に遡った系譜が ネット上に存在することが判明しています。 更に7代遡った 初代天皇が「神武(じんむ)天皇」です。 更に5代前の祖先が 日本神話の女神「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」です。 つまり、天照大御神の85代先の子孫が 安倍首相となる訳です。 神話の一人とも思えるアマテラスオオミカミが 先祖にいるなんて、本当に驚きです。 兄弟に岸姓がいるのはなぜ? 安倍家の最近の系譜をみていると、 不思議な点がひとつあります。 それは、 安倍晋三首相の弟の姓が「岸」となっています。 婿養子にでもなられたんでしょうか? まず、 岸姓のおおもとは、 安倍晋三首相の母親が、 岸信介元首相の長女で書家としても有名な安倍洋子さんの 旧姓です。 そして、5歳下の弟、岸信夫さんが 実弟なのに何故苗字が「岸」なのかというと、 信夫氏が生まれてすぐに 母親の実家である岸家に養子に入ったためです。 岸信夫さんといえば、 安倍晋三首相が 靖国神社への参拝を弁明するために、 外務副大臣として、 米国へ派遣したことがあります。 父、弟、祖父と政治家であり、 根っからの政治家といえます。 まとめ-安倍晋三の家系に韓国人? 安倍晋三首相がの家系図をたどると韓国人がいる? という噂をしらべてみると、 安倍晋三さんの父親である安倍晋太郎元外務大臣が 「私は朝鮮だ」という発言からきているようです。 しかし、実際は奥州安倍氏の流れで、 紀元前までさかのぼると、 神武天皇や天照大神といった 歴史上の人物までたどりつくとは、 驚きですね。 実弟が「岸」姓を名乗っているのは、 安倍晋三さんの母親、 安倍洋子さんの実家に養子に入ったためです。 祖父が岸信介元首相だったり、 直系以外でも「華麗なる一族」だということが わかります。 安倍晋三・昭恵夫婦の間には お子さんはいないようですが、 この「華麗なる一族」の今後も気になります。

次の

河野一郎とは?経歴や邸宅焼き討ち事件、子孫について解説!

岸信介 家系図

学習院大学政治経済学部を卒業• 1966年:実家の会社・麻生産業に入社• 1973年:麻生セメント 現・株式会社麻生 の代表取締役社長• 1976年:モントリオールオリンピックでクレー射撃の日本代表選手• 1979年:衆議院議員選挙に当選• 1996年:橋本龍太郎首相の元で経済企画庁長官に就き入閣• 2001年:経済財政政策担当大臣就任• 2008年:第92代内閣総理大臣に就任• 総務大臣や外務大臣、副総理などを務める 皇族との繋がり 家系図を見ると、安倍家は皇族との繋がりもあることがわかります。 遠い親戚に当たる麻生太郎氏。 その妹の 信子さんが宮家に嫁いだことにより、皇族との繋がりができたのです。 大正天皇の孫で、昭和天皇の甥に当たる 三笠宮寛仁親王(愛称はヒゲの殿下)に、見初められた信子さん。 当時、26歳の寬仁親王から求婚された信子さんは、まだ16歳の高校生という若さでした。 まだ、若すぎるということで、婚約は8年後だったそうです。 麻生太郎氏と、寛仁親王妃信子様を介して、安倍家は皇族との繋がりができたと言うことですね。 1956年12月:毎日新聞社退社、外相秘書官に就任• 1957年2月:首相秘書官に就任• 1958年5月:衆議院議員に当選• 1967年11月:農林政務次官• 1974年12月:農林大臣に就任• 1976年12月:自民党国会対策委員長に就任• 1977年11月:内閣官房長官に就任• 1979年11月:自民党政調会長に就任• 1981年11月:通商産業大臣に就任• 1982年11月:外務大臣に就任• 1986年7月:自民党総務会長• 1987年10月:自民党幹事長に就任し安倍晋三が幹事長秘書となる• 1991年5月15日:死去 東京帝国大学法学部(現在の東京大学)に進学し、息子の安倍晋三首相へも東大へ行くよう強く言っていたそうです。 勉強嫌いだった安倍晋三首相を、辞書で叩いたりともしていました。 それでも安倍晋三首相は東大には行けず、心配をかけたそうです。 安倍晋太郎氏は、内閣総理大臣目前で病死しています。 安倍晋三の兄:安倍寛信 2歳年上の兄・ 安倍寛信氏は、三菱商事パッケージング社長です。 幼少期から、安倍晋三首相とは正反対の性格で大人しかったそうです。 成蹊小学校からエスカレーター式に大学まで上がる• 成蹊大学経済学部を経て、東京大学院に入学• 東京大学大学院を卒業し1975年に三菱商事に入社• 関西支社副支社長兼中国支社長などの経歴を経て、代表取締役社長に就任 兄の安倍寛信は、親の期待通りに東京大学進学するところから、真面目な性格が伺えます。 安倍晋三の弟:岸信夫 安倍晋三首相の弟の 岸信夫氏は、生後すぐに岸家の 養子に出されました。 安倍晋三首相とは、5歳の歳の差があります。 母親の安倍洋子さんの兄弟の岸信和氏に子供がいなかったことから、養子縁組されました。 しかし、本人は養子だということを知らされてなく、大人になってから知ったのです。 大学進学時に戸籍謄本を見て、真実に気がついたのでした。 当時、とてもショックを受けてしまい、1か月ほど錯乱状態となり体調を崩してしまったそうです。 幼少期は、元総理大臣で祖父に当たる岸信介氏にとても可愛がられたそうです。 しかし、そのことを安倍晋三氏は面白く思っていなかったというエピソードがありました。 慶応義塾幼稚舎からエスカレーター式で進学• 慶應義塾大学経済学部を卒業• 1981年:住友商事に入社• 2002年:住友商事を退社• 2004年:参議院議員選挙当選• 2010年:参議院議員選挙再選• 2012年:参議院議員を辞職し、 衆議院議員選挙に立候補し当選• 2016年:衆議院外務委員長、外務副大臣に就任• 2017年:3度目の衆議院議員選挙当選• 2018年:衆議院安全保障委員長に就任 優秀な兄弟と父親に囲まれている、安倍晋三首相。 「無能」などと言われてしまうのは、幼少期からの性格なのかもしれません。 生まれ持った性格は、家系や血筋ではカバーできないということなのかもしれません。 安倍晋三が家系図上、韓国人という噂 安倍晋三首相の家系図について調べて行くと、ネット上には、「先祖に韓国人がいる」という噂があります。 家系図を見る限り、 韓国人との繋がりはなさそうですが、話の出処となりそうな記事がありました。 事の発端は、安倍晋三首相の父親・安倍晋太郎氏が亡くなった時でした。 生前、 安倍晋太郎氏の家政婦をしていた女性の証言が「週間朝日」に掲載されました。 家政婦によると、安倍晋太郎氏は「私は朝鮮だよ」と発言していたというのです。 家政婦の久保ウメさんは、40年間岸家と安倍家に仕えていました。 「パパ(安倍元外相)は誰にも言えないことを私には言ってくれた」とし「(安倍元外相死去直後)入棺のとき、この人の骨格を見ながら本当に日本人の物ではないと思った」と説明した。 それとともに「頭からつま先までまっすぐに横になっていたが、完全に韓国人の体形だ。 (安倍元外相)自らも『私は朝鮮だ。 朝鮮』と言っていたが、この人は朝鮮人だと思った」 という証言でした。 しかし、この「朝鮮」というのは、朝鮮半島のことではなく、今はない渤海 ぼっかい という中国の朝鮮半島北部周辺にあった国のことだったようなのです。 安倍晋太郎氏が、安倍家の家系図を見て、平安時代の武将で「朝鮮」出身者がいたのを発見したらしいのです。 この「週間朝日」の記事を引用し、世界日報(保守系新聞)が『安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」』という見出しで掲載したのです。 そこから、安倍家や安倍政権に不満を持つ人たちなどの間で一人歩きしてしまったようです。

次の

おすすめ家系図ソフトを使った家系図の書き方

岸信介 家系図

河野一郎の生い立ち 明治31年 1898年 、河野一郎は神奈川県足柄下郡豊川村の豪農・河野治平の長男として誕生しました。 父の河野治平は豊川村長、郡会議員、神奈川県会議長などを務めた人物であったとされています。 河野一郎は神奈川県立小田原中学校(現在の神奈川県立小田原高等学校)を経て早稲田大学政治経済学部政治学科に入学します。 早稲田大学時代は弟・河野謙三とともに競走部の陸上長距離選手となり、箱根駅伝で優勝するといった実績を持っていました。 この時、金栗四三を師と仰いでいたとされています。 大正12年 1923年 早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業すると朝日新聞社に入社し記者として活躍しました。 河野一郎が入社した翌年、田畑政治が朝日新聞社に入社しており2人は良きライバルとして切磋琢磨しました。 記者を辞め政界に飛びこむ 記者として活躍した河野一郎でしたが、報道の無力さを痛感し昭和6年 1931年 犬養毅内閣の山本悌二郎農林大臣の秘書官として政界に飛びこみます。 そしてその翌年の昭和7年 1932年 河野一郎は第18回衆議院議員総選挙に出馬し、見事当選を果たしました。 当選した後、保守主義、自由主義、憲法遵守、修正資本主義を政治的思想とする立憲政友会に所属します。 立憲政友会第7代総裁・鈴木喜三郎の後任を巡る党内抗争においては、久原房之助を擁立し中島知久平に対抗しましたが、結果、正統派(久原派)と革新派(中島派)に分裂、また中立的な立場である統一派を生み出し、伊藤博文が結成した40年の歴史を持つ立憲政友会は昭和15年 1940年 、解散となりました。 昭和17年 1942年 河野一郎は第21回衆議院議員総選挙 翼賛選挙 において当選を果たします。 吉田茂との対立 戦後の昭和20年 1945年 11月、鳩山一郎を総裁とする日本自由党が結成されます。 これは旧立憲政友会の正統派が中心となり結成した政党で、正統派であった河野一郎や鳩山一郎、芦田均が中心となり立党したものでした。 河野一郎は幹事長として鳩山内閣の結成に奔走しましたが、翌年の昭和21年 1946年 5月4日、鳩山一郎にに公職追放令が下され、後継総裁として吉田茂が組閣にあたりました。 組閣を行った吉田茂でしたが、吉田茂は旧立憲政友会を軍部にすり寄った者と見なし、河野一郎に相談なしで組閣を行いました。 そのため河野一郎と吉田茂の間には確執が生まれ、以降反吉田派として河野一郎は活躍していくこととなります。 除名を受ける 同年6月20日、河野一郎自身も公職追放を受けることとなりましたが、昭和26年 1951年 8月7日、鳩山一郎の盟友でもある三木武吉と共に自由党に復党しました。 自由党に復党した河野一郎は反吉田派として鳩山政権樹立に向けて奔走します。 しかし、昭和27年 1952年 9月29日、鳩山派に打撃を与えようとする吉田茂によって河野一郎、石橋湛山は党から除名されることとなりました。 9月に除名を受けた河野一郎でしたが、三木武吉の活躍により12月に除名解除となります。 バカヤロー解散 その後、昭和28年 1953年 自由党から鳩山一郎、三木武吉など21名とともに分党。 内閣不信任案に賛成投票し、衆議院は解散となりました。 この解散は、吉田茂首相が昭和28年 1953年 2月28日に行われた衆議院予算委員会において社会党右派の西村栄一に対し「バカヤロー」と発言したため、「バカヤロー解散」と呼ばれています。 宿敵である吉田内閣を打倒 この解散に伴い行われた第26回衆議院議員総選挙で鳩山一郎や石橋湛山が自由党に復帰すると、河野一郎は日本自由党を結成、自由党反主流派と改進党と合流し日本民主党を結成します。 鳩山一郎を総裁に置いた日本民主党は宿敵である吉田内閣を打倒し、昭和29年 1954年 第1次鳩山内閣を発足させました。 農林大臣に就任 昭和29年 1954年 に発足された第1次鳩山内閣において河野一郎は農林大臣となり、その後の第二次鳩山内閣、第三次鳩山内閣においても農林大臣となります。 昭和30年 1955年 河野一郎は自由民主党結党に参画し、自由民主党最大の派閥である河野派を形成します。 東京オリンピックに向け 岸信介退陣後に行われた自民党総裁公選では大野伴睦、石井光次郎を擁立しましたが、官僚派(旧吉田派)である池田勇人に敗れる結果となりました。 その後、一時は河野新党を結成しようとしましたが断念し、大野伴睦の仲介により池田首相と接近し昭和36年 1961年 7月、農林大臣として池田内閣に入閣しました。 翌年の内閣改造では建設大臣に就任し、東京オリンピックにむけた道路整備や設備整備などを行います。 3年後の昭和39年 1964年 の第三次池田内閣では国務大臣 東京五輪担当 となりました。 河野一郎の最期 東京オリンピック終了後の昭和39年 1964年 11月に発足された第1次佐藤内閣では副総理兼体育振興のスポーツ担当大臣に就任しましたが、昭和40年 1965年 6月に行われた内閣改造では閣内残留を拒否し、その1か月後の昭和40年 1965年 7月8日、大動脈瘤破裂のため67歳で亡くなりました。 河野一郎邸焼き討ち事件 昭和38年 1963年 7月15日、神奈川県平塚市にあった河野一郎の邸宅に右翼の野村秋介、松野卓夫が侵入、点火するといった事件がありました。 当時、建設大臣であった河野一郎は関西へ出張中のため不在でしたが、秘書の紫藤研一らは野村秋介、松野卓夫に銃を突きつけられ脅迫を受けたとされています。 野村秋介、松野卓夫は家人全員を家の外に逃したのち、河野一郎邸に火を付け251平米の建物は全焼となりました。 野村秋介は逮捕後、河野一郎が自民党内の派閥抗争を激化させている、その反省をしてもらうために行ったと犯行の動機を述べています。 河野一郎の子孫 現在の外務大臣である河野太郎は河野一郎の子孫にあたる人物です。 さいごに 河野一郎は新聞記者を経て副総理、日本自由党幹事長、自由民主党総務会長となった人物でした。 東京オリンピックに向けた道路、設備整備も行った人物であるため、現在放送中の大河ドラマ「いだてん」にも登場しており、俳優の桐谷健太さんが河野一郎を演じられています。

次の