井上頼弥。 三河鈴木氏

三河鈴木氏

井上頼弥

概要 [ ] 三河国の鈴木氏は、藤白鈴木氏の支流を称する。 家祖・(善阿弥)はの伯父で、からの頃に三河国加茂郡矢並郷(矢並町)に土着したと伝えられる。 に矢並を本拠として一帯に勢力を広げて、三河西北部における有力として台頭し、には、寺部(豊田市寺部町)、酒呑(豊田市幸海町)、足助(豊田市)などの諸家に分かれていた。 これら鈴木氏の諸家は、、、などの周辺勢力に囲まれて離反帰服を繰り返しながら、半独立の勢力を保ちつづけた。 (永禄元年)には寺部の鈴木家がから離反したため、今川氏に服属する松平元康(のちの)が初陣として寺部を攻めている。 (永禄3年)ののあとも各々の鈴木氏は今川氏に服していたが、足助鈴木家は(永禄7年)に今川氏から自立した家康によりを攻められて服属し、寺部鈴木家は(永禄9年)に織田氏の部将に攻められて滅ぼされた。 酒呑鈴木家などの諸家はその後も徳川氏に従い、に至ってのとなる。 作者としても有名な江戸初期の禅僧と、後のの復興に大きな功績を残した代官の兄弟はいずれもで、則定鈴木氏の出身である。 なお、4年()鈴木善阿弥(鈴木七郎重善)開基といわれる鈴木山(南嶋4)があり、開基以来今日に至る鈴木姓の檀家がいる。 系譜 [ ]• 『寛政重脩諸家譜』によると、重善より数えて15代目。 足助庄酒呑卿にちなむ。 足助庄にちなむ。 高橋庄(三河国)にちなむ。 古瀬間はもとは松平氏のもの。 の養子。 の家臣。 の養子。 鈴木重三の子、重成の養子。 三宅庄兵衛の四男。 三宅直政の二男。 飯高貞成の三男。 重祐の養子。 祐政の養子。 母は重成の娘。 鈴木兵九郎の子。 勘定奉行の四男。 の養子。 遠山景信(安友次元の子、遠山景秀の養子)の婿養子。 鈴木政直の養子。 の養子。 鈴木八郎右衛門重直の子。 鈴木重武の子。 井上頼功の子。 鈴木重頼の二男。 上田元武の養子。 松平次具の養子。 の次男。 長田重堅の三男。 長田房明の養子。 武井頼庸の養子。 内藤正房の養子。 の次男。 昌忠の兄。 宇都野正恒の養子。 の四男。 後に長山家に戻る。 高山實忠の四男。 脚注 [ ] []• 大日本人名辞書刊行会編 上巻 大日本人名辞書刊行会、1926年、1359頁。 国立国会図書館デジタルコレクション。 参考文献 [ ]• 鈴木淳介『穂積姓鈴木氏: 紀州德川二七〇年鈴木家系譜』1982年。 宝賀寿男 『古代氏族系譜集成 中巻』 古代氏族研究会、1986年。 堀田正敦 『寛政重脩諸家譜. 第7輯』 國民圖書、1923年、19-74頁。 国立国会図書館デジタルコレクション。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2013年12月3日アーカイブ分) - (開設日:(平成15年) 最終更新日:(平成16年))• この項目は、に関連した です。

次の

井上頼弥(JUNON)のプロフィールや年齢は?出身・高校もチェック!|feel peaceful

井上頼弥

概要 [ ] 三河国の鈴木氏は、藤白鈴木氏の支流を称する。 家祖・(善阿弥)はの伯父で、からの頃に三河国加茂郡矢並郷(矢並町)に土着したと伝えられる。 に矢並を本拠として一帯に勢力を広げて、三河西北部における有力として台頭し、には、寺部(豊田市寺部町)、酒呑(豊田市幸海町)、足助(豊田市)などの諸家に分かれていた。 これら鈴木氏の諸家は、、、などの周辺勢力に囲まれて離反帰服を繰り返しながら、半独立の勢力を保ちつづけた。 (永禄元年)には寺部の鈴木家がから離反したため、今川氏に服属する松平元康(のちの)が初陣として寺部を攻めている。 (永禄3年)ののあとも各々の鈴木氏は今川氏に服していたが、足助鈴木家は(永禄7年)に今川氏から自立した家康によりを攻められて服属し、寺部鈴木家は(永禄9年)に織田氏の部将に攻められて滅ぼされた。 酒呑鈴木家などの諸家はその後も徳川氏に従い、に至ってのとなる。 作者としても有名な江戸初期の禅僧と、後のの復興に大きな功績を残した代官の兄弟はいずれもで、則定鈴木氏の出身である。 なお、4年()鈴木善阿弥(鈴木七郎重善)開基といわれる鈴木山(南嶋4)があり、開基以来今日に至る鈴木姓の檀家がいる。 系譜 [ ]• 『寛政重脩諸家譜』によると、重善より数えて15代目。 足助庄酒呑卿にちなむ。 足助庄にちなむ。 高橋庄(三河国)にちなむ。 古瀬間はもとは松平氏のもの。 の養子。 の家臣。 の養子。 鈴木重三の子、重成の養子。 三宅庄兵衛の四男。 三宅直政の二男。 飯高貞成の三男。 重祐の養子。 祐政の養子。 母は重成の娘。 鈴木兵九郎の子。 勘定奉行の四男。 の養子。 遠山景信(安友次元の子、遠山景秀の養子)の婿養子。 鈴木政直の養子。 の養子。 鈴木八郎右衛門重直の子。 鈴木重武の子。 井上頼功の子。 鈴木重頼の二男。 上田元武の養子。 松平次具の養子。 の次男。 長田重堅の三男。 長田房明の養子。 武井頼庸の養子。 内藤正房の養子。 の次男。 昌忠の兄。 宇都野正恒の養子。 の四男。 後に長山家に戻る。 高山實忠の四男。 脚注 [ ] []• 大日本人名辞書刊行会編 上巻 大日本人名辞書刊行会、1926年、1359頁。 国立国会図書館デジタルコレクション。 参考文献 [ ]• 鈴木淳介『穂積姓鈴木氏: 紀州德川二七〇年鈴木家系譜』1982年。 宝賀寿男 『古代氏族系譜集成 中巻』 古代氏族研究会、1986年。 堀田正敦 『寛政重脩諸家譜. 第7輯』 國民圖書、1923年、19-74頁。 国立国会図書館デジタルコレクション。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2013年12月3日アーカイブ分) - (開設日:(平成15年) 最終更新日:(平成16年))• この項目は、に関連した です。

次の

山本 頼弥 助教

井上頼弥

概要 [ ] 三河国の鈴木氏は、藤白鈴木氏の支流を称する。 家祖・(善阿弥)はの伯父で、からの頃に三河国加茂郡矢並郷(矢並町)に土着したと伝えられる。 に矢並を本拠として一帯に勢力を広げて、三河西北部における有力として台頭し、には、寺部(豊田市寺部町)、酒呑(豊田市幸海町)、足助(豊田市)などの諸家に分かれていた。 これら鈴木氏の諸家は、、、などの周辺勢力に囲まれて離反帰服を繰り返しながら、半独立の勢力を保ちつづけた。 (永禄元年)には寺部の鈴木家がから離反したため、今川氏に服属する松平元康(のちの)が初陣として寺部を攻めている。 (永禄3年)ののあとも各々の鈴木氏は今川氏に服していたが、足助鈴木家は(永禄7年)に今川氏から自立した家康によりを攻められて服属し、寺部鈴木家は(永禄9年)に織田氏の部将に攻められて滅ぼされた。 酒呑鈴木家などの諸家はその後も徳川氏に従い、に至ってのとなる。 作者としても有名な江戸初期の禅僧と、後のの復興に大きな功績を残した代官の兄弟はいずれもで、則定鈴木氏の出身である。 なお、4年()鈴木善阿弥(鈴木七郎重善)開基といわれる鈴木山(南嶋4)があり、開基以来今日に至る鈴木姓の檀家がいる。 系譜 [ ]• 『寛政重脩諸家譜』によると、重善より数えて15代目。 足助庄酒呑卿にちなむ。 足助庄にちなむ。 高橋庄(三河国)にちなむ。 古瀬間はもとは松平氏のもの。 の養子。 の家臣。 の養子。 鈴木重三の子、重成の養子。 三宅庄兵衛の四男。 三宅直政の二男。 飯高貞成の三男。 重祐の養子。 祐政の養子。 母は重成の娘。 鈴木兵九郎の子。 勘定奉行の四男。 の養子。 遠山景信(安友次元の子、遠山景秀の養子)の婿養子。 鈴木政直の養子。 の養子。 鈴木八郎右衛門重直の子。 鈴木重武の子。 井上頼功の子。 鈴木重頼の二男。 上田元武の養子。 松平次具の養子。 の次男。 長田重堅の三男。 長田房明の養子。 武井頼庸の養子。 内藤正房の養子。 の次男。 昌忠の兄。 宇都野正恒の養子。 の四男。 後に長山家に戻る。 高山實忠の四男。 脚注 [ ] []• 大日本人名辞書刊行会編 上巻 大日本人名辞書刊行会、1926年、1359頁。 国立国会図書館デジタルコレクション。 参考文献 [ ]• 鈴木淳介『穂積姓鈴木氏: 紀州德川二七〇年鈴木家系譜』1982年。 宝賀寿男 『古代氏族系譜集成 中巻』 古代氏族研究会、1986年。 堀田正敦 『寛政重脩諸家譜. 第7輯』 國民圖書、1923年、19-74頁。 国立国会図書館デジタルコレクション。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2013年12月3日アーカイブ分) - (開設日:(平成15年) 最終更新日:(平成16年))• この項目は、に関連した です。

次の