大原 櫻子 お父さん。 大原櫻子が歌上手いのはデビュー時から!出身高校や父親や特技にも注目!

大原櫻子の経歴|本名や出身高校は?父はナレーターで姉は脚本家?愛用ギターも調査

大原 櫻子 お父さん

もくじ• 大原櫻子の家族は有名人だった! 彼女のお父さんは ナレーターの林田尚親(はやしだ なおちか)さん。 担当しているのは「 行列のできる法律相談所」や「 ぐるぐるナインティナイン」の 「 ゴチになります!」のコーナーなど、どれも有名な番組ばかり。 名前は知らなくても、この声を聞いたことがない人はいない!というくらい、 お茶の間に浸透している声ではないでしょうか? 彼女は 父親がナレーターであることをデビュー時には公表していませんでしたが、 2016年に日本テレビ系『おしゃれイズム』に出演し、家族の秘密をちらっと明かしています。 ネット上でも「 知らなかった!」「 あの人がお父さんなの!?」と、かなり反響があったようです。 彼女の武器である恵まれた声は、きっとお父さん譲りなんですね~。 『メレンゲの気持ち』に出演した際には、「広瀬すずが大原櫻子の素顔を暴露!」というテーマが出ていました。 そこでは広瀬すずさんは大原櫻子さんについてこのように分析してしていました。 「 飾らない性格で、嫌と思ったら嫌、なんで?と思ったらなんで?と、きちんと相手に伝える」 「 何か相談すると、なんでなんでマンになる」と、大親友だからこそ言える回答をしています。 広瀬すず曰く「 たまに出る毒が良い」なんだそうです(笑) 大原櫻子の性格はサッパリ系? かわいい見た目とは逆に、友達から「 中身がおっさん」と言われているほど 性格がサッパリ系な大原櫻子さん。 広瀬すずの暴露からもわかるように、いわゆる サバサバ女子みたいです。 あるインタビューでは、自身の性格を「 寝たら忘れるタイプ」「 根性は誰にも負けない」と発言しています。 さらに「女優になりたい」と決定づけたのが、当時天才子役と言われていた ダコタ・ファニング。 自分と同年代の女の子の演技を見て、すごいと思ったんだそう。 歌と演技、どちらもできるミュージカルは自分にピッタリだと思い、 小学生の頃はブロードウェーを目指していたとか。 後に彼女がオーディションで5000人から選ばれた映画『カノジョは嘘を愛しすぎている』のヒロインは、バンドでボーカルを務める女の子。 歌と演技、どちらも活かせる自分にピッタリな役柄でデビューを射止めたなんて本当にすごいですよね! まとめ 歌唱力だけでなく、演技力にも恵まれている大原櫻子。 デビュー時には父親が有名人であることを明かさず、 実力で勝負したところも素敵です。 彼女はまだ21歳。 多方面での活躍にますます期待です!.

次の

大原櫻子の父親(画像)は声優?担当番組のナレーターは行列の他多数?

大原 櫻子 お父さん

引用元:Twitter 名前:大原櫻子 本名:林田さくらこ ニックネーム:サクちゃん 生年月日:1996年1月10日 年齢:23歳(2019年12月現在) 血液型:A型 身長:158センチ 出身地:東京都 特技:ピアノ・バレエ・ダンス 大原櫻子の経歴 大原櫻子さんのデビュー作は、2012年のドラマ 「高校入試」で女優デビューを果たしています。 2013年の映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に出演したことで、大原櫻子さんの名前が知られるようになりました。 2015年にリリースしたアルバム「HAPPY」は、 オリコン3位を獲得するなど歌手としても大活躍を果たしています。 同年2015年の年末大舞台 紅白歌合戦にも出演するなど大原櫻子さん人気は一気に高まりました! 2017年にミュージカルのリトル・ヴォイスにも出演して高い評価を得ています。 大原櫻子の父親はどんな人? 引用元:Twitter 名前:林田尚親 生年月日:1962年8月31日 出身地:東京都 身長:168センチ 所属事務所:大沢事務所 大原櫻子さんの父の林田尚親さんは、 「ザ!世界仰天ニュース」「ぐるぐるナインティナイン・ゴチになります!」「行列のできる法律相談所」などのナレーションを務めるなどその声は誰もが聞いたことがあるナレーターです。 かなり一流のナレーターの父親なので、大原櫻子さんもそんな父親を見て芸能界に憧れをもったのでしょう。 大原櫻子と父親の林田尚親が共演 大原櫻子さんと林田尚親さんが共演した作品と言えば、みなさんご存知 「ザ!世界仰天ニュース」が初共演でした。 実は世界仰天ニュースでナレーターを務めているのが、林田尚親さんなのです。 引用元:Twitter 大原櫻子さんがザ!世界仰天ニュースに出演した際に、驚きの事実にみんなが仰天していましたね! 大原櫻子さんのファンも、さぞかしびっくりしたことでしょう! 深イイ話でナレーターしてる林田尚親さん、大原櫻子の父親なのよね。 芸能界の2世あるあるですが、実は映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の出演は、5,000人以上の応募の中から オーディションを勝ち抜いて抜擢されています。 「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の出演と同時に、 歌手デビューも果たしていますので大原櫻子さんの実力であることがわかります。 例えコネを使ったとしてもここまで人気にはならなかったでしょうね。 因みに小さい頃に父親のコネで番組観覧をしたことはあるようですよ! 引用元:Twitter 2018年の9月に大原櫻子さんは事務所を移籍して 個人事務所を設立して独立しました。 実は大原櫻子さんはデビューしてから何度も事務所を変えており、その理由として大原櫻子さんの父親の 林田尚親さんが関係していると 『週間女性』が報道しました。 その内容は、大原櫻子さんのギャラの支払いに関して事務所と揉めているというのです。 事務所側はその報道に関しては否定しているそうなのでどこまでが真実だったかは定かではありません。 今まで歌手と女優の二足のわらじを履いてきた大原櫻子さん。 個人事務所設立に関しては 今後女優としてお芝居をやりたいという気持ちからだったそうです。 あくまでも 個人の意思で独立したことを強調していた大原櫻子さん。 まだ20代前半の娘に父親の林田尚親さんが何かアドバイスをしたことはあるのでしょうね…。 ネット上でもファンは心配をしていたようですね。 大原櫻子独立してもテレビ出てて本当によかった — コーエン添田 cannotcaz 大手の事務所を移籍したタレントが独立して個人事務所になった場合、しばらくテレビに出れないってのはジンクスになるのか? さんと ちゃんの2人は寧ろ逆で、独立後の方が良い仕事が舞い込んでるような気がします。 さくちゃんの連ドラ主演も、独立後だしね。 — ビジータクヤン busy4fan 大原櫻子さんをみているとてても自分のやりたい道がハッキリしているように思います。 今後の活躍がとても楽しみです。 大原櫻子と父親は似てる?画像比較! 引用元:Twitter 目元がほんのり似ているようにも感じますが、大原櫻子さんはきっと 母親似なのでしょう! 大原櫻子さんの歌声は、声優やナレーターを務めている林田尚親さんに似ていると予想していたのですが、実は違うと大原櫻子さんは明かしています。 大原櫻子さんの母親はカラオケの祭典で100点を取るほどの歌のうまさで、歌の上手さは母親に似たと話していました。 家族の中で一番歌が上手いのは母親ということで、 美声一家ということになりますね。 今後大原櫻子さんの母親が、メディアに登場するなんてことはあるのでしょうか? また父親との今後の共演も楽しみにしておきましょう! まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は大原櫻子さんの父親について調査しました。 大原櫻子さんの活躍も凄いですが父親が林田尚親さんということも驚きの事実でしたね。 今後も親子共演することもあるでしょうか…楽しみです。 大原櫻子さんの今後の活躍も益々楽しみですね!.

次の

大原櫻子の父親は声優の林田尚親だった!似てる?画像で比較してみた

大原 櫻子 お父さん

大原櫻子さんについてのプロフィールはこちら。 生年月日: 1996年1月10日 出生地: 東京都 身長: 158 cm 血液型: A型 職業: 女優、歌手 ジャンル: テレビドラマ、映画、J-POP 活動期間: 2012年 — 著名な家族: 林田尚親(父) 事務所: 藤賀事務所( — 2014年)、フジパシフィックミュージック(2014年 — 2016年)、CHERRY. co(2016年 — 引用: 大原櫻子さんは幼少期からバレエを習っていたことで当初はダンサーとしてスカウトされました。 しかし、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を皮切りに、女優・歌手としてブレークし、目覚しい活躍を見せています。 そして、大原櫻子さんの父親がメジャーなバラエティ番組や情報番組などでナレーションをしている林田尚親さんだということも分かり話題を呼びました。 父親の林田尚親さんは『ぐるぐるナインティナイン(日本テレビ系)』のコーナー「ゴチになります! 」や「クイズあの日のTV欄」、『ザ! 世界仰天ニュース(日本テレビ系)』など多くのメジャー番組でナレーターを務めたり、『シオノギ製薬』や『花王』など数多くのCMでもナレーションをしています。 また大原櫻子さんの母親は一般人のため、名前や顔写真は明かされていません。 大原櫻子さんの話によると母親は歌が上手く、カラオケでアニソンをよく歌うようです。 その林田尚親さんを父に持つ大原櫻子さんの生い立ちや経歴を総まとめしましたのでご紹介していきましょう。 大原櫻子さんがブレークするきかっけとなった映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のオーディションでも決めてとなった歌ですが、幼少期からクラシック音楽を習っていたことから歌うことは身近なことだったようです。 大原櫻子さんは高校時代から本格的にボイストレーニングを始めたようで、高校2年生の頃には学園祭で椎名林檎さんの曲を披露したというエピソードもあります。 ちなみに、大原櫻子さんの高校は不明ながらネット上では桐朋女子高校だと推察されています。 大原櫻子さんには姉がひとりいるようですが、子供の頃からよく通る声でうるさかったため「うるさくらこ」と呼ばれていたそうです。 小学校にあがる頃には大原櫻子さんの髪型は「ちびまる子」ちゃんのようなショートボブだったそうです。 小学校1年生で歌を褒められて歌うことが好きになった大原櫻子 大原櫻子さんは小学校1年生の頃の母親の誕生日にBoAの「Every Heart ミンナノキモチ」を歌ったことで褒められたことがきっかけで歌うことが好きになったそうです。 そして、小学校2年生の頃に大原櫻子さんはアメリカのミュージカル『アニー』の映画版を観たことで歌や演技に興味を持つようになったそうです。 また、当時自分と同じくらいの年齢だった女優のダコタ・ファニングに憧れたことから大原櫻子さんは女優になりたいと思うようになりました。 ミュージカルばかり見ていた大原櫻子さんは、小学校時代はJ-POPはほとんど聴かず、ミュージカルの歌ばかり聴いていたそうです。 大原櫻子さんはこれらの体験から演技と歌が両方できるミュージカル女優になりたいと思い、ブロードウェーを目指すようになったそうです。 大原櫻子、中学校時代に芸能界デビュー 大原櫻子、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で女優デビュー 大原櫻子さんは女優デビュー作となる映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』がそのままブレークにつながる出世作となりました。 大原櫻子さんは17歳の高校時代に友人の勧めで知った映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のオーディションを受けたところ、ヒロインの理子役に5000人の中から選ばれて女優デビューが決まりました。 この映画はのちに「第23回日本映画批評家大賞」で新人女優賞の「小森和子賞」を受賞しています。 演技の勉強をしたことが無い大原櫻子さんがヒロイン役に選ばれた理由は、映画監督の小泉徳宏さん、プロデューサーの亀田誠治さん、原作者の青木琴美さんらに歌唱力が文句なしと認められたからでした。 (マッシュ・アンド・コー)」のボーカルとして、劇中歌「明日も」で歌手デビューも果たしています。 ちなみに、大原櫻子さんは芸能界での活動に専念するために高校を中退、退学したと言われています。 この映画でブレークして以降高い人気を集め続ける大原櫻子さんですが、歴代彼氏との熱愛についてご紹介していきましょう。 大原櫻子さんは話からすると交際したことがある元カレが何人かいるようで、それらの元カレの写真は現在でも思い出として捨てきれずにいるそうです。 普通女性は男性と比べて過去の恋愛とはすっぱり見切りをつけて、思い出の品も捨てて次の恋愛に進むと言われています。 しかし、大原櫻子さんは男性的な感性があるようで、元カレとの思い出の写真は捨てることができないそうです。 大原櫻子さんは現在までに芸能界での彼氏はできたことがないようですが、もしかしたら水面下で一般人男性の彼氏がいる可能性はあるでしょう。 とはいえ、まだデビューしたばかりでこれからさらなる活躍をしたいと考えている大原櫻子さんは、しばらく恋愛は頭から切り離しているかもしれませんね。 大原櫻子さんは結婚願望もあるかもしれませんが、現在はまだ仕事が第一だと考えているでしょう。 大原櫻子の私生活エピソードから性格を探る 大原櫻子は父親と晩酌をよくしている 大原櫻子さんは父親の林田尚親さんとよく自宅でワインを飲んでいるそうで、お酒を飲むことからコミュニケーションはよく取っているようですね。 喉を傷めない歌い方も父親から教わったそうで父子の関係は良好なようです。 大原櫻子さんの私生活エピソードから言える性格を一言でまとめると「オヤジ臭い」ということでしょう。 かわいい顔をしていながらお酒が大好きで焼き鳥屋にひとりで行くというところからも、かなり大衆臭い性格をしているのかもしれません。 さくちゃんの歌声、性格や人柄に自分は引かれました! どんな形であってもこれからも応援していきます! ありがとうさくちゃん — れいじ suzusweetpotato 大原櫻子について総まとめすると・・・ 映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でブレークを果たした女優で歌手の大原櫻子さんについて総まとめしてきました。 大原櫻子さんはまだまだこれからの女優でもありますが、ポテンシャルの高さから今後最も期待ができる若手女優のひとりには間違いないでしょう。 大原櫻子さんは今後映画、ドラマ、舞台以外にもバラエティ番組でも活躍できるようになればもっと人気に火が付きそうですね。

次の