ジグ パラ ジェット。 ジグパラシリーズのフック交換に純正のメジャークラフト「ジグパラ トレブルフック」フックは重要!

【ブログ】 新登場ジグパラジェットの水中映像

ジグ パラ ジェット

【ショアジギ道場R vol. 9】全層を制覇するジグパラジェット攻め 広範囲を素早く探れるジグパラジェットの基本的な使い方は? ジグパラジェット片手に、道場長のヒロセマンが繰りだしたのは、誰もがマネできる、速めに巻き続けるタダ巻きメインの攻め。 出典: ジグパラジェットが持つ遠投性能で、前人未到の到達点まで届かせる勢いでキャスト。 向かい風でもぶっ飛ぶし、追い風の場合はさらに飛距離を稼ぐことができる。 フルキャストが苦手な方でも、メタルジグのキャストに慣れてない方でも軽々とロングキャストできてしまうのが、ジグパラジェットの利点! 着水して底まで沈めたら、リールを巻いて泳がせるだけ。 巻き抵抗も軽いので、アタリはもちろん、潮の有無も感じ取れる。 タダ巻き攻めの代表的な2アプローチ タダ巻き攻めその1は、着底すぐの巻き。 ジグパラジェットのタダ巻きで注意したいことは、特にありません! といいたいところだが、しっかりある。 それは、一般的なタダ巻き寄りも少し速めに巻き続けること。 回収するぐらいの速さでも魚にとっては問題ナシ! 時には速すぎるぐらいがよい時もある。 立ちあがりの早いジグパラジェットは着底してすぐの巻きはじめでウォブリングするため、効率をあげる意味でも素早く巻き、中層あたりまできたら底まで落とすイメージで問題ナシ。 タダ巻き攻めその2は、表層のスキッピング。 ベイトがザワついてナブラが起こっている時は水面を高速巻きで滑らせるスキッピングが効果的。 着水してすぐにベールを起こしてロッドを立てたまま巻いてくるだけ。 スキッピングをうまく演出するコツは、ジグが水面で飛びだしすぎないこと。 あたかもベイトフィッシュがピンピン跳ねて逃げ惑っている動きをイメージ。 ジグパラジェットは細長いシルエットでテール部が厚いため、水噛みもよいのでスキッピングもお手のもの。 ハイギヤリールなら、さらに楽!.

次の

【ショアジギ道場R vol.9】想像を絶するぶっ飛び系メタルジグ「ジグパラジェット」

ジグ パラ ジェット

この記事の目次• メタルジグはソルトルアーの必需品! メタルジグは、鉛やタングステンといった金属で作られているルアーです。 メリットは飛距離が出せることや沈みが速いことで、防波堤や砂浜、磯など、どんな場所でも活躍してくれます。 メタルジグを選ぶときには、シーバス・ヒラメ・青物など魚種によって選び方を変えるのがポイント。 またよく釣れるカラーを知っておくことも釣果に直結します。 この記事では釣り歴25年以上となる僕から、シーバス・ヒラメ・青物それぞれが釣れる使いやすいメタルジグと、釣れるメタルジグのカラーを3色ご紹介します。 シーバスにおすすめのメタルジグ ソルトウォータールアーで最も人気があるシーバス。 シーバスは防波堤や砂浜、磯場、河川といったさまざまな場所で狙うことができます。 シーバス用のメタルジグは、ジャークアクションもフォーリングも安定してこなせるタイプを選ぶのがポイント。 使うときにはジャークとフォールを上手く使って誘っていくのがおすすめです。 メジャークラフト ジグパラ ショート メジャークラフトのジグパラ ショートは、圧倒的とも言える人気を誇るメタルジグです。 その人気の理由は、使いやすさと価格の安さ。 塗装がはがれにくいように多層コーティングを施してあり、前後に刺さりのよいフックが付いているので針掛かりも抜群に良いです。 シーバスはもちろんのこと、ほかの魚種でも使えるので、まずは持っておきたいメタルジグです。 ヒラメにおすすめのメタルジグ ヒラメは、砂に身を潜めて小魚を待ち構える特徴があります。 釣れる主なポイントは、砂浜や底が砂地になっている防波堤です。 ヒラメ狙いのメタルジグは、砂浜からであればただ巻きでアクションするタイプ、防波堤からであれば沈むときにヒラヒラと動く扁平なフラットタイプがおすすめ。 メタルジグを見つけたらヒラメは一気に飛びついてくるので、すぐにフッキングを入れるのが釣るときのポイントとなります。 シマノ 熱砂 スピンビームTG スピンビームTGは、砂浜からのヒラメ狙いに特化したメタルジグ。 「フラッタリングアクション」と呼ばれる不規則な動きで、ヒラメの捕食スイッチを入れるのが特徴です。 前後にフックが付いていますので、ヒラメの噛みつくようなバイトをしっかりと針掛かりさせることができます。 青物におすすめのメタルジグ ブリやヒラマサ、カンパチなどを総称して青物と呼びます。 青物狙いのメタルジグは細長いものを基本に、活性が低いときに合わせて扁平なものも選んでおくのがおすすめです。 動かし方は活性が高いときは連続したジャークアクション、活性が低いときはジャークにフォーリングを加えながら誘うのがコツとなります。 また青物はとても引きが強いので、狙うときにはパワーのあるロッドや巻き上げの強いリールを使うようにしましょう。 デュエル ヨーヅリ ブランカ ブランカは、発売から何十年もの歴史があるメタルジグです。 最大の特徴は「クラッシュホロ」と呼ばれているその模様で、青物はもちろんのこと、ほかの魚種もよく釣れるメタルジグとなっています。 アクションのバランスがとてもよく、ただ巻き・ジャーク・フォールいずれでも使っていくことができます。 メタルジグのよく釣れるカラーはこの3色! メタルジグではさまざまなカラーがあり、選ぶときに迷ってしまう人が多いです。 僕自身がさまざまなカラーのメタルジグを使ってきて良く釣れたのは、 「ブルー」「シルバー」「ゴールド」の3色です。 これに加えて、 全体がピンクやパープルで魚とは似ても似つかないカラーをひとつ持っておくと重宝することがあります。 ぜひメタルジグのカラー選びの際には参考にしてみてください。 おすすめメタルジグでたくさんの魚をキャッチ! さまざまな種類があるメタルジグですが、ご自身がシーバス・ヒラメ・青物のいずれを狙うのかにあわせて、今回ご紹介したおすすめから選んでいただければと思います。 またシーバス・ヒラメ・青物はいずれも美味しい魚なので、釣れたらぜひ持ち帰って召し上がってみてください。

次の

メジャークラフト ジグパラジェットを使ってみた

ジグ パラ ジェット

もくじ• ジグパラ ジェットの特徴・スペック 遠投性能を追求し、さらに飛距離を!ジグパラジェットが新登場! 調子リア重心のフライングシェイプの飛距離重視モデル。 ただ巻きでも生命観溢れるウォブリングアクションで魚を引き寄せます。 引き抵抗の少ないフロント形状は一日中投げ続けても疲れにくく、ヒットタイムを逃しません。 とにかく軽く飛ばしたい・簡単ショアジグを楽しみたい方にオススメなジグパラジェットが発射されます。 飛距離重視のルアーなので、遠浅のサーフでフラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ)狙いに適しています。 また、向かい風の場所や堤防での青物狙い使用にもおすすめです。 アクションは 「ただ巻き」でOK。 ただ巻きでメタルバイブのような動きをしてくれるみたいです。 ジグパラ ジェットのカラーバリエーション ジグパラ ジェットのカラバリは 18種類となっております。 イワシ ピンク 赤金 ブルーピンク ゼブラグロー シルバー 緑金 オールグロー ゼブラパープル ゼブラピンク ブルーイワシ キャンディーイワシ ピンクイワシ ゼブライワシ ゼブラ赤金 ピンクゴールド イカナゴ コットンキャンディ ジグパラ関連の記事はコチラ.

次の