吉野 まこ フェイス ブック。 mface投資、ウソの宣伝容疑 全国181億円集金か:朝日新聞デジタル

下北山村商工会 <奈良県吉野郡下北山村の情報をご案内>

吉野 まこ フェイス ブック

更新日:2019年3月29日 青少年研修センター 青少年研修センターは,鹿児島市街・錦江湾を正面に,桜島・高隈の山並み,開聞岳・金峰山・野間岳等を一望できる標高約380mの台地にあります。 当センターでは,「やる気をおこそう」「なせばなる」「継続は力なり」をモットーに,恵まれた自然の中で,各種の野外活動や文化活動,創作活動,キャンプ活動など日頃味わうことのできない体験活動を通して,豊かな心とたくましく生きる力を育てるための支援をします。 住所 〒891-1305 鹿児島市宮之浦4226-1 電話 099-294-2111 FAX 099-294-2113 E-mail 最新情報• 6月9日• 6月8日• 6月8日• 5月26日• 5月12日• 4月27日• 4月17日• 4月17日• 4月6日• 3月23日 目的別情報•

次の

Toshiaki Yoshino (吉野 敏明)

吉野 まこ フェイス ブック

PHOTOPRESSO内で販売するサービスは以前から告知していていましたが、今回ルールが決まりサービスを開始しました。 オリジナル写真集を販売できる PHOTOPRESSOで作ったフォトブックにプレミアム価格を設定し、販売するというもの。 通常のフォトブックと同様に注文ごとに1冊ずつ作られるため在庫を持つひつようがなく、これまでもあった自費出版とは全く違い、フォトブックの出品料、制作料は無料になっているため出品者側の負担は0円。 販売できるフォトブックの最低価格は40ページのフォトブック1750円と最低ロイヤリティ350円を足して2100円から。 フォトブックは40ページで1750円、204ページで6014円。 ロイヤリティは最大30万円まで設定できるそうです。 写真の配置も見開きやスクエアでポラロイド風、キャプションなども入れることができます。 紙質やサイズなどの選択肢はありませんが、オリジナル写真集を作って、販売できるサービスです。 こんなフォトブックが売れる? ローカルアイドル写真集 現在出版されている写真集の中で沢山売れているのはアイドルの写真集でしょう。 今年はブレッソンの「決定的瞬間」の英語版レプリカが販売されましたが、それよりもAKBの写真集の方が沢山売れていると思われます。 一方で、アイドルの写真集なら確実に売れる、というわけでもありません。 特に地方で活動しているローカルアイドル、ロコドルが写真集を出版するのは非常に難しいでしょう。 そんなローカルアイドルが写真集を出すには低コストで1冊から作れ在庫がないPHOTOPRESSOのオンザマーケットはピッタリのサービスだと思います。 猫ブロガー 猫ブロガーという言葉があるのかわかりませんが、飼っている猫の写真を載せるブログは沢山あります。 実際に写真集を出版したやなど、ブログ発の猫写真集があります。 猫ブログは沢山ありますし、猫好きも沢山いますので、利用する人は沢山出てくると思います。 料理ブロガー 写真を多用したブログに料理ブログがあります。 料理ブログのすごいところはレシピを考えるだけでなく、綺麗に盛りつけた写真を魅力的な写真で紹介しているものが沢山あるところ。 料理ブロガーのレシピ本も沢山でていますが、レシピ本を出していない料理ブロガーはまだまだ沢山います。 文字だけのレシピも画像データにしてしまえばフォトブックに入れることができます。 料理写真とあわせて見開きで配置すればオリジナルレシピ本が作れます。 猫や料理だけでなく、写真を多用したいろいろなブログがあるので、それらを書いている人達は利用するのではないかと思います。 絵師 絵師というのはニコニコ界隈での絵を描く人の呼び方です。 他のフォトブックサービス同様、キヤノンのPHOTOPRESSOでも写真じゃなくJPGならイラストでも印刷してくれると思います。 著作権の侵害などにあたるものは駄目なので、グレーゾーンとされる二次創作はNGと思われますが、オリジナルであればいけるでしょう。 ネットのファンはお金を落とさないなんて言われますが、ファンの人数が多いので需要はあるでしょう。 まとめ 売れるかどうかは別として、写真を1冊にまとめるっていうのは面白いものです。 写真の選択、順番、タイトル・キャプション、などなど。 写真を1冊にまとめることを意識して撮るのも面白いです。 出品料は0円ですので、売れなくても挑戦してみては?.

次の

Toshiaki Yoshino (吉野 敏明)

吉野 まこ フェイス ブック

昨年、私の友人二人がフェイスブックをスタートしました。 名前は仮名で、Aさんと、Bさん、としておきます。 ふたりとも会社経営者です。 AさんとBさんの境遇はとてもよく似ています。 5年前に結婚していて子供がふたりいる。 以前は、企業に務めていたものの 2年前に独立し、会社を立ち上げました。 独立するときは、奥さんの猛反対にあいましたが、AさんもBさんもそれを押し切って 会社を始めたのです。 これから家を買ったり、かわいい子供たちの学費を稼ぐためにも 会社をさらに伸ばしたい! 苦労をかけた奥さんに恩返しをしたい! で、 新規顧客をもっと獲得したい! 売上を倍増させたい! そんな気持ちで、ふたりはフェイスブックをスタートしました。 さて、それから6ヶ月が経過。 Aさんの状況は・・・ 最初は、わけがわからず つまづくことも多かったのですが、 始めて3ヶ月目には、友達の数も2000名を突破。 Facebookページも開設! そして、嬉しいことにFacebookで知り合った友達のTさんから 「相談にのってもらいたい」 ということで、何回かメッセージでコミュニケーションしていたところ、 なんと、コンサルティングの依頼が取れてしまいました! 毎月のコンサル代金が振り込まれるたびに「がんばろう!」と 決意をあらたにするそうです。 Tさんが「Aさんのコンサルでうまくいった」とFacebookに投稿してくれたところ、 新規のコンサルの問い合わせや依頼が毎月毎月メッセージで来るようになりました。 そんなAさんを奥さんも応援してくれてるそうです。 「昨年末は、コンサル代金だけで月100万円以上稼げました。 今年は、さらに自分の専門分野に特化したコンサルや研修に力を入れていきます!」 ということで、新年をはりきった気持ちで迎えたそうです。 そして今年Aさんは3人目の赤ちゃんが迎える予定。 さて、もうひとりのBさんの状況です。 「友達もすごく増えたしFacebookは楽しい!」と言っています。 「大学時代の友達とFacebookで出会い、先日会ってきた」とのこと。 「美味しいお店やセミナーとかの情報収集もできる」 「仕事に疲れ夜遅く帰ってからでも Facebookに入ると誰かとコミュニケーションできるので癒しになる」 ・・・・ 「それはよかったですね」、という私に対し、 Bさんは、 浮かない顔で、こう付け加えたのです。 「実は、最近、妻が超不機嫌で・・・」と。 Bさんは、Facebookに 毎日2時間近く、時間がかかっていました。 朝起きたらパソコンを開けFacebookに入り、 食事もそこそこにまたFacebook、 もちろん移動中も、休憩時間も・・・ 夜仕事が終わってからもまたFacebook ・・・・ 昨夜とうとう奥さんが大爆発して・・・ 泣きながら叫んだそうです。 「毎日FB、Facebookって・・・ 家族もほったらかして、Facebookばっかりやってて・・・ いい加減にしてよ! それで、まったく仕事につながってないじゃない! Facebookからひとりもお客さん来ないじゃない! Facebookから1円も売上になってないじゃない! だったら、そんなことやめてよっ(涙) 私や子供たちを何だと思ってんのよ(憤)! 普通に仕事がんばった方がよっぽどお金になるんじゃない!? もう いいかげんにしてよ(涙)!!」と。 6ヶ月前に同じようにFacebookを始めたAさんとBさんでしたが、 いったい何が明暗を分けたのでしょうか??? 実は、Aさんは私・樺澤と縁あって スタート時からずっとFacebook活用術を私・樺沢から習っていました。 つまりAさんは「自己流でとりあえず」ではなく、 最初から徹底して 「樺沢式」でFacebookをスタートしたわけです。 先日メルマガなどでご紹介した 著者で営業コンサルタントの 吉野真由美さんや スピードブランディングの 鳥居祐一さん 宝地図の 望月俊孝さん スベらない商談力の 小森康充さんをはじめとして たくさんの素晴らしい方々に対し、 私は、Facebookでブランディングを立て、 ビジネスを発展させる、という目線で指導してきました。 Facebookは変化し、成長するSNSですので、 常に最新のことに私自身がトライし、 最先端の情報発信をしてきました。 また、弟子(といっては失礼なくらいスゴイ人もたくさんいますが)の みんなも、好奇心旺盛、チャレンジ精神で、よくついてきてくれたと思います。 なぜ1日の貴重な時間を費やし、 彼らがFacebookをがんばったか?というと、 正しいヤリ方をすると、 必ずやFacebookは答えてくれ、 自分のブランディングが立ち、 3ヶ月以内に、 「大勢の人から応援・支持されてる!」という充実感を得られ、 「仕事が来た!」という喜びがあり、 そしてもちろん 「売上アップ」「業績の大幅拡大」につながったからなんです。 冒頭の質問をあらためてあなたにしたいと思います。 「あなたは毎月手取り100万円以上FBで稼げてますか?」 この世はお金がすべてじゃないけれど お金がないと実現できない夢や幸せがいっぱいあります。 お金があるからこそ家族にできることもあります。 Facebookでブランディングがたち、 毎月手取り100万円以上になった彼らに 私が教えてきたのはこれらのことです。 ・ソーシャルメディアに取り組まないと、3年後にどうなるのか? ・インターネット複数メディア戦略の本質とは? ・あなたの見込み客は、どこにいる? あなたが取り組むべきSNSはスバリこれ。 Facebookだけで充分? それとも併用? ・複数メディアを、時間をかけずに運営する方法 ・Facebookが最大のブランディング・ツールである理由 ・ビジネスするなら、個人ページではなく、絶対にFacebookページで! ・Facebookで成功するための、「秘密の公式」 ・ほとんどの人が知らない。 「親密度」をアップさせる裏テクニック ・Facebookで成功するための、「秘密の公式」 ・ほとんどの人が知らない。 「親密度」をアップさせる裏テクニック ・Facebookで圧倒的にブランディングができる仕組み ・濃いファンを作る絶対法則~「自己開示の法則」 ・個人ページとFacebookページとでは、自己開示の割合を変えろ! ・知らないと絶対に増えない! Facebookファン数増加の方程式 ・・・・ などなど、 必要かつ、これなしには語れないという Facebookでブランディングが立つことで、 ビジネスが自然に発展するように活用する術のすべてを教えてきました。 吉野真由美さんも、 鳥居祐一さんも、 望月俊孝さんも、 小森康充さんも みんなこれらの絶対法則を素直に実践し、 Facebookを活用していった その結果、 吉野真由美さんの 「 Facebookを使うことで、たった10ヶ月で会社の売上が2倍になりました!」 だったです。 また、私・樺沢自身も、 Facebookを始めてからちょうど売上が2倍になりました。 これは偶然ではありません。 Facebookでブランディングが立つことによる必然です。 この話しをするとBさんは、 ものすごくショックがってました。 「Facebookをとにかく始めさえすればなんとかなると思ってました・・・ 甘かったですね・・・ ただただFacebookに時間がすいあがり、 逆に、大事な仕事の時間も減り、 子供と遊ぶ時間もなくなり、 妻は激怒し・・・実家に帰ってしまう寸前なんです。 樺沢先生、こんな僕ですが、 Aさんのように Facebookでじゃんじゃん仕事が来るようになりたいんです! 基礎から実践編、応用編、最新のスキルまで あらためて、僕に全部教えてもらえないでしょうか? 必ずやりますから! 今からでも何とかなりますか? いや、何とかします! だって、これまでつぎ込んできたものを 無駄にしたくないから! 樺沢先生、あらためて僕に、 Facebookで稼ぐ術を全部教えてください!お願いします!」 困っている人を見るとほっとけないのが 私の悪い癖です。 Bさんを救いたい・・・ (奥さんも知ってるので)家族で幸せになってもらいたい、 せっかく会社をやめて独立したんだから成功してほしい、 家や子供の教育といった夢を実現してほしい、 お客さんをたくさん獲得して、会社の売上を倍増してほしい、 Facebookを使ってハッピーで楽しく人生を歩んでもらいたい! そんな気持ちが頭の中をぐるぐる回って・・・ ついBさんに約束してしまったのです。 「わかりました、Bさん。 私が力になります。 ブランディングが立ち、 売り込まないのにどんどんお客さんの方から寄ってくる Facebookでできる、そんな仕組み作りを教えましょう!」と。 吉野真由美さんと私・樺澤のDVD講座 SNSで日本ナンバーワン精神科医・樺澤紫苑と「営業のカリスマ」吉野真由美が教える! 「新Facebookで人気者になり、月手取り100万円になる方法」 のことを、先出のAさんに話したところ、(自分が毎年1000万円以上のコンサル料がとれるようになったので) 「樺沢先生、 それは、1000万円で出してもいいんじゃないですか? いや、毎年毎年、売上が継続するんだから、 もっと価値がある。 1000万円でも安いくらいですよ!」 などと、言ってくれたのですが(笑) 多くの人に喜んでいただきたい、FBでハッピーに楽しく、心豊かに成果につなげてもらいたい、という思いから、とてもそんな金額をいただけません。 でも、貴重で即効果があがるノウハウと、実践例がまるごと入っているので、 SNSで日本ナンバーワン精神科医・樺澤紫苑と「営業のカリスマ」吉野真由美が教える! 「新Facebookで人気者になり、月手取り100万円になる方法」 の価格は、 40000円(税込)にすることにしました。 同志社大学経済学部卒業。 大学時代は、応援団チアリーダー部に所属。 応援団副団長。 その後、生命保険、コンピューターの営業を経て、世界最大手の英語教育会社に入社。 入社3ヶ月でトップセールスとなり、セールスコンテストにおいて、1200名のセールス中、12年間連続上位入賞を果たす。 営業管理職に昇進後、独自に開発したテレアポ、プレゼン、クロージングのスキルを部下に教え、ゼロから立ち上げた営業組織を5年間で売上を20倍(年商20億)に拡大する。 2005年、日本プロスピーカー協会主催、プロスピーカー試験に、過去最高得点で合格。 (2005年5月現在) 2005年10月、英語教育会社を退き、営業組織の売上増大と業績向上を支援するコンサルティング会社、現在のプレゼン話し方研究所株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。 2010年9月(社)日本テレアポ検定協会、(社)日本プレゼン話し方検定協会、(社)国際医療経営学会を設立し、各社団法人の代表理事に就任。 テレアポ、プレゼン、クロージングなどの具体的なセールストークを含めた営業研修では、満足度98. 6%と高い評価と信頼を得ている。 大地震後も、コンサルした企業から「過去最高売上を達成した!」と多数の報告が来るなど、そのスキルとノウハウは、売上アップに直結している、今日からすぐ実践できると評判。 著書『商品がなくても売れる魔法のセールストーク』 が紀伊國屋新宿本店ビジネス書で1位、アマゾン総合で1位のベストセラー。 合計15冊の著書のうち7冊が中国、韓国、台湾に翻訳出版され話題に。

次の